「病院坂」はどこか?

横溝正史の怪奇小説「病院坂の首縊りの家」の中で……。
昭和二十八年九月七日のこと。金田一耕助は品川駅で国電を降りると、駅前のタクシーを拾って「魚藍坂下」と運転手に行き先を告げます。

品川駅
品川駅

「君、このクルマ、高輪台町をとおるかしら」
「いえ、泉岳寺前をとおって、伊皿子から魚藍坂下へ出るつもりなんですが……」
「ああ、それじゃ、君、多少廻り道になっていいから、高輪台町をとおってくれないか。バックしなきゃいけないかな」
「いえ、それは大丈夫です。高輪北町のところから左折すればいいんですから」
「じゃ、そうしてくれたまえ」

と、このような金田一耕助とタクシー運転手の会話。
金田一耕助は殺人事件の発端になった高輪台町通りの本郷写真館の前を通りたく思い、タクシー運転手に依頼しています。

昭和二十八年(1953年)港区詳細図。赤点線が運転手の行こうとした経路、青点線が金田一耕助が依頼した経路(クリックで拡大)。

金田一耕助は高輪台町通りの本郷写真館をチラ見して、魚藍坂下に辿り着きタクシーを降ります。

魚藍坂下。
病院裏坂
病院裏坂。

魚藍坂下から続く急な激坂の病院裏坂をひとりで登り、殺人現場である屋敷の表門まで来ています。
病院表坂に比べて裏坂は空襲(病院も焼けた設定)からの復興が進んでいないと語っています。

病院表坂
病院表坂。写真左側が高輪皇族艇。

芝公園に高射砲陣地があったため、高輪も無差別爆撃のとばっちりを受けたとも言っています。

米軍偵察機による空中写真。芝東照宮の南側が高射砲陣地。
芝公園ののどかな野球場。ここに戦時中、高射砲陣地がありました。
芝公園ののどかな野球場。ここに戦時中、高射砲陣地がありました。

その通り、激しい無差別爆撃は泉岳寺の山門を残して辺りを焼け野原にしてしまいます。

昭和二十年(1945年)五月、焼け残った泉岳寺山門。
昭和二十年(1945年)五月、焼け残った泉岳寺山門。

泉岳寺の戦災

病院も空襲で焼け落ちたが院長の屋敷だけは焼け残り、殺人現場となる設定。地図で参照すると、屋敷は、どうやら、高輪御殿(現在の上皇上皇后両陛下のお住まい)をモデルにしているようです。

高輪御殿
大正期の高輪御殿。
現在の高輪皇族邸入口。
現在の高輪皇族邸入口。

ごのように、史実や実際の地理を元にしている小説だとわかりますが、病院が見当たらず、病院坂の由来がわかりません。そこでもっと古い地図で探してみると……。

明治二十年東京実測図より
明治二十年(1887年)東京実測図より(クリックで拡大)。

明治時代、高輪御殿のある高輪西台町は海軍病院の広い敷地。
福永肇著「日本病院史」によると、明治六年(1873年)高輪西台町の旧熊本藩細川邸の敷地に海軍省が創設。明治四十一年(1908年)築地(現在の国立がんセンター)に移転。
明治期にだけ高輪台に存在した大病院。いま、この辺りを病院坂と呼ぶ人はいません。

港区トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

坂の町・東京の歴史散策。古地図、古写真でタイムスリップ!走って探すお江戸の物語。