「オススメ」タグアーカイブ

日本初の洋風国民広場「日比谷公園」事始め

日比谷練兵場図絵
日比谷練兵場図絵
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より日比谷練兵場。
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より日比谷練兵場(クリックで拡大)。

江戸の大名屋敷地だった日比谷は維新後、陸軍の練兵場となりますが……。

近衛砲兵屯所
近衛砲兵屯所

皇居のお膝元、竹橋の近衛砲兵兵舎で起きた陸軍の反乱事件(竹橋事件)に脅威を感じた明治新政府は日比谷の練兵場を青山へ移転することを決断。跡地は東京市に返還されます。

明治五年頃の日比谷練兵場
明治五年頃の日比谷練兵場

練兵場跡地は徐々に荒れ果て「日比谷が原」などと呼ばれ、ここで盗賊が出没する物騒な有様に。

この頃の作家・田山花袋の「東京の三十年」に……

日比谷は元の練兵場で、原の真ん中に大きな銀杏樹があって、それに秋は夕日が差し、夏は砂塵、冬は泥濘で此方から向こうに抜けるのすら容易でなかった。ことに、今の有楽門から桜田門に通じる濠に沿った路は雨が降ると路がわるく、車夫は車の歯の泥濘に埋れるのを滴した(こぼした)ところである。そしてそれが少なくとも明治二十七、八年まで、そういう風であった。

とあり、残念な日比谷を伝えています。

日比谷公園計画

明治二十一年(1888年)の東京市区改正委員会会議で、土木界の巨人・古市公威博士は「今の練兵場跡は埃っぽくてしょうがない。これを公園にしてはどうか」と鶴の一声。

古市公威銅像
東京大学の古市公威銅像。

皇居に続く重要な道路(現在の日比谷通り)に面した広大な公園計画は国家プロジェクトの一つとなり、設計が始まります。

東京市は和洋折衷(洋7;和3)の国民広場を求めますが、西洋の公園など見たことが無い人がほとんどの時代。設計は難航します。

明治二十七年、田中芳男案。
明治二十七年、田中芳男案。
明治二十七年、小平義親案
明治二十七年、小平義親案。

まずは博物学者の田中芳男博士と宮内省造園技師の小平義親がプレゼンを行いますが東京市から色よい答えがもらえません。

明治三十一年、長岡安平案
明治三十一年、長岡安平案。

続いて、浅草公園などの実績がある東京市公園・造園責任者の長岡安平が乗り出しますがボツ。

ついに真打・辰野金吾の登場

辰野金吾
辰野金吾。

なかなか決定の採決が出ない中、西洋留学帰りの辰野金吾に白羽の矢が立ちますが、のちの東京駅、日本銀行本店などの設計で知られる彼はジョサイア・コンドル直弟子の建築家であり造園は専門外。勝手がわからずに苦悶していました。まるで宮殿の前庭のようなシンプルすぎるデザインにゴーサインは出ません。

明治三十二年、辰野金吾案
明治三十二年、辰野金吾案

そんな中、多摩川の水源調査を請け負っていた林学者の本多静六博士が東京市庁の辰野金吾事務所をたまたま訪れ、公園の図面を見て、いつくかの私見を述べます。その的確な提言に辰野金吾は驚き「君は公園にそんなに詳しいのかね!」となかば強引に仕事を押しつけ、本多博士を東京市に推薦します。

本多静六博士案

本多静六先生
本多静六先生。

ドイツ留学の経験がある本多博士は西洋庭園の知識は持ち合わせますが、和風庭園の知識はほとんどありません。そこで自分にないものは先人の知恵を生かします。いわば作曲家というより編曲家がオーケストラをまとめていくようなもの。

東京市官吏案
東京市官吏案。

東京市の公園官吏5人が設計した案をもとに自分のアイデア、得意の土木、排水などの知識を盛り込み、巧みに和洋折衷を実現していきます。

明治三十四年本多静六案
明治三十四年、本多静六案。

かくして本多博士の案が採用されることになりますが、次なる難題は東京市の財政難。
本多博士はこの頃、東京帝国大学農科大学の教授を務めており農学校で育てて余った草木を日比谷に持ってきて植えるなど工面します。珍しい高価な植物を公園に植えても盗まれるだけだと官吏は危惧しますが、「国民のモラル向上が公園の目的の一つだ」と答えます。まさに公園というものを知る人の金言です。

日比谷公園の生みの親・本多博士の有名な逸話を語る樹がのこっています。

首かけイチョウ

首かけイチョウ

明治三十四年(1901年)の東京市区改正により日比谷通りが幅二十四間に拡張されます。

明治末の日比谷十字路
明治末の日比谷十字路。拡張された日比谷通り。

その時、日比谷十字路近くにあったイチョウの大木は銘木店に売られ伐採される寸前。本多博士は心を痛め、なんとかしてこの木を救おうと動き出します。東京市参事会議長の星亨に直談判し、イチョウの移植を訴えます。星亨議長は本職の植木屋でも移植は無理とサジをなげたのだから、いくら林学の専門家でも無理だろうと渋ります。
本多博士は意地になって、
植木屋には不可能でもわれわれにはそれを可能にする学問の力がある」と主張。
「保証できるのか?」
一尺大のハンコを押して保証する!
「そんなハンコ、アテにならん!」
それなら、この首を賭ける!この首に賭けても移植させて見せる!
と啖呵を切ります。

現・日比谷門
現・有楽門。

首かけイチョウ

開店時の松本楼
開店時の松本楼。

有楽門外から園内の西洋レストラン「松本楼」の手前までレールを敷き、慎重に25日間かけて移植。運搬途中に新芽が出たというから驚きです。
イチョウは仏教伝来とともに朝鮮から渡ってきた種で、ヨーロッパでは氷河期に絶滅。和洋折衷の庭園には相応しい木だと本多博士には判っていました。

このような本多博士の苦労の末、日比谷公園は明治三十六(1903年)年六月一日、開園式典を迎えます。

開園時

次回に続く。

シェアはご自由にどうぞ。