【名画を歩く】描かれた九段坂

お江戸の頃はお月見の名所と謳われた九段坂。小山のような急坂を登ると星月夜が近くに見えたということでしょうか、坂の町・江戸でも一二を争う人気の観光スポットでした。

坂道橋番付
江戸の坂・橋番付。九段坂は関脇。
秋はイチョウがもえる九段坂。
秋はイチョウがもえる九段坂。

かの葛飾北斎は西洋の遠近法をいち早く取り入れ、九段坂を描いています。

葛飾北斎画「くだんうしがふち」。
葛飾北斎画「くだんうしがふち」。

西洋画の影響で文字もアルファベット風。横を縦にすると……

「くだんうしがふち」と読める北斎の遊び心。

江戸の名坂には、ご維新後すぐ、さらなる名所が加わります。

常燈明台

戊辰戦争に勝利した明治新政府は、明治二年(1869年)九段坂の坂上に、犠牲者を弔うため、招魂社(のちの靖国神社)と常燈明台を建立します。

古写真:明治十年頃の招魂社
古写真:明治十年頃の招魂社(靖国神社)。
靖国神社
現・靖国神社。
靖国神社参道。
靖国神社参道入口。
靖国神社参道入口。

明治新政府の威信を示すため、常燈明台は九段坂の夜を明るく照らし、東京湾からも見え、行く船は灯台として利用します。

古写真:九段坂上の常燈明台
古写真:九段坂上。
写真:九段坂上の常燈明台。
古写真:九段坂上の常燈明台。
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より標高6mから24mに登る九段坂と常燈明台。
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より標高6mから24mに登る急な九段坂と常燈明台(クリックで拡大)。
常燈明台
今は九段坂の北側から南側に移されている常燈明台。

常燈明台は新しい時代の江戸から東京に生まれかわった帝都のシンボル、まさに元祖・東京タワーというべき存在。さかんに錦絵に描かれます。

揚洲周延画「今様東京八景・九段の秋月」、二代目広重「飯田町九段坂の図」。
揚洲周延画「今様東京八景・九段の秋月」、二代目広重「飯田町九段坂の図」(クリックで拡大)。

九段を描いた絵の中で、小林清親の木版画「光線画」は異彩を放ちます。

小林清親画「九段坂五月夜」
小林清親画「九段坂五月夜」。

波乱万丈な清親

小林清親小林清親は下級幕臣の家に生まれ、十四代将軍・家茂公に付き添い上洛。羽・伏見の戦いで敗れ、江戸でも上野戦争で戦います。
維新後、剣豪・榊原鍵吉率いる剣客一座に加わり、木戸銭で飢えをしのぎ、河鍋暁斎に絵の手ほどきを得、写真家・下岡蓮杖に師事。
幕末の動乱期から文明開化の新時代にかけて、常にビックネームと共にいた清親でしたが、画家として開花します。

光線画

清親が新しい木版画「光線画」を生み出した背景には写真技術を学んだことがあるようです。

当時、外国人のお土産として、エキゾチックな日本の写真は大人気。白黒写真に色を手書きする着色写真をはじめ、当時の技術では撮れるはずのない夜景を思わせる月光写真のレタッチ技術も現れます。

この芸術的な月光写真の雰囲気を取入れ、光線画は生まれます。

サイレント映画の一コマのような九段坂上の情景、雨の中を急ぐ人々の動きが路面にリフレクトする光によって伝わります。

小林清親画「九段坂五月夜」

清親は「九段坂五月夜」の他にも印象的な多くの光線画を残しています。

小林清親画「江戸橋夕暮富士」。
小林清親画「江戸橋夕暮富士」。
小林清親画「大川岸一の橋遠景」
小林清親画「大川岸一の橋遠景」。
小林清親画「御厩橋之図」
小林清親画「御厩橋之図」。

小林清親のダイナミックなコントラストを放つ光線画の手法は弟子の井上安治に受け継がれてゆきます。

井上安治が描く東京都心の原風景へ

井上安治画「鹿鳴館」

千代田区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

坂の町・東京の歴史散策。古地図、古写真でタイムスリップ!走って探すお江戸の物語。