熈代勝覧

お江戸日本橋の風俗絵巻をゆく1今川橋周辺

ドイツのとある収集家の屋根裏部屋で一本の絵巻が見つかります。ベルリン国立アジア美術館は他の美術品とともに寄贈を受けますが、この収集家が中国美術専門だったため、長らく中国美術と思われて埋もれていたこの絵巻。

熈代勝覧の人々
熈代勝覧絵巻部分(クリックで拡大)。

1999年初夏、日本の専門家が見ると世紀の大発見。文化文政期のお江戸日本橋を克明に描いたものでした。

熈代勝覧

題字は「熈代勝覧・天」。「熈代勝覧」とは「熈(さや)ける御代の勝(すぐ)れたる景観」という意味。天・地か天・地・人セットの一巻と思われ、他巻の発見が期待されるところ。

日本橋北内神田両国浜町絵図より
日本橋北内神田両国浜町絵図より(クリックで拡大)。

古地図でいうとグリーンのライン約700mが描かれている範囲。

まさに日本一の商店街、今川橋から日本橋までの日本橋通りのにぎわいを描き、そこに展開される市井の人々を活写したもの。12メートルに及ぶ絵巻には、なんと人物1671人、野犬20匹、馬13頭、牛車4輌、猿1匹、鷹2羽が描かれています。

室町一丁目の人々

なぜ日本橋が日本一の商店街になったのか?

日本橋通り

江戸の大部分を焼いた明暦の大火後、類焼を防ぐため、日本橋の通りは二倍に広げられ、店舗から2メートル近くのび、庇柱のあった庇は禁止、柱も取り払われ、メインストリートは今と同じ広さとなり、火除地的な性格を持つものとなります。

広くなったメインストリートには多くの問屋・商店、出店が建ち並び、日本橋の魚河岸へと人々が行き来します。
お江戸の華・火事から生まれた街という点では銀座と同じ。

銀座の歴史を参照

三越前駅コンコース

今川橋から日本橋までを描いたこの絵巻、縦43X横1232cmもあります。その1.4倍の高精細プリントアウトが地下鉄三越前駅コンコースに展示されています。

三越前駅コンコース

あまりの長さ、興味深いツッコミどころ満載の人々・建物。道行く人もしばし足を止め見入っています。

今川橋

今川橋は現・今川橋交差点にあったわけでなく、一つ南側の小道に説明板があります。

今川橋跡

今川橋跡の碑があるこの小道は竜閑川の脇道だったようです。

今川橋のたもと
絵巻では赤矢印の位置。

今川橋周辺

今川橋周辺
クリックで拡大。

絵巻は今川橋から静かに始まります。

印は以下に拡大画像と注釈があります。詳しく見ると笑ってしまう場面、いまでは消えた風俗もあり興味津々。

橋のたもとの茶屋

橋番屋

警備業務を任された橋番屋には助成として副業が許されます。ここでは茶屋を営業。旅人が一服します。

牡蠣殻葺きの屋根

牡蠣殻

火事の延焼を防ぐために町触れで瓦葺き屋根が推奨されてはいたものの牡蠣殻でも許可。冴えない町人が空を見上げています。

今川橋の瀬戸物屋

瀬戸物屋

日本橋魚河岸の料理を飾るには食器が必要。かつての今川橋周辺は瀬戸物屋が軒を連ねていて今のカッパ橋商店街を思い起こします。尚且つ、江戸では空前の植木ブーム。変化朝顔、菊などのために植木鉢も売れ筋となって大忙し。

琵琶法師

ご存知、琵琶を背負った平家物語を語る盲目の法師。

通白銀町
クリックで拡大。

掃除しよ

掃除しよ

勝手に店先に現れ「掃除しよ掃除しよ」と言いながら掃除。小金を徴収する職業。絵巻には片側だけで88軒の問屋・商家があるので微々たる金額も積り積もって……。

お忍びの武士

お忍びの武士

何やら訳ありの武士は顔を隠す……借金かアルバイトか?

雪駄(せった)直し

雪駄直し

店舗のいらない移動修理商売は路上に座り込んで。歩いているうちに雪駄が壊れることもしばしば。人通りの多いところに出没。

辻占い

辻占い

占いに興味があるのは今もむかしもご婦人。当たるも八卦当たらぬも八卦。占台の上にはおひねりに包んだ見料が二つ……あまり当たらないとお見受けします。

カッパ桐油屋

カッパ桐油屋

看板がカッパそのものな山田屋平左衛門の雨具店。桐の油は水を弾きます。

刃物研ぎ

刃物研ぎ

移動修理屋。魚河岸の近くでは繁盛する商売。

書物問屋

須原屋

書林の看板は須原屋善五郎の出版・本屋。須原屋茂兵衛の暖簾分け。須原屋書店は今も各地に残ります。

通白銀町2
クリックで拡大。

仏具屋

仏壇仏具の万屋

坊主に手を引かれる小坊主が指差すのは万屋半兵衛の仏壇仏具店。さぞや業界では有名店。

おしるこ屋

しるこの藤屋

看板に「しるこ餅 代十二文 ぞうに ぜんざい」とある藤屋。表通りにしては質素な平家の牡蠣殻葺き。これから商売に精を出してゆくゆくは大店に……。

牛車

牛車

大八車、馬車、牛車のなかでは最大積載量のお江戸のトラック・牛車が闊歩。

通白銀町から本石二・三丁目
クリックで拡大。

付け木売りと煙管売り

付け木売りキセル売り

付け木とは硫黄を塗った発火しやすい木材。着火剤のルーツ。種類豊富な煙管(キセル)を売り歩く煙管売り。

売薬・入歯屋

入歯屋

のれんに「本家清養丹 御入歯」とあります。清養丹は詳細不明。清涼剤か歯科薬か?入歯は緻密で硬いツゲの木で作り、家康公も使っていたとの記録があります。

子どもの巡礼

子供の巡礼

お伊勢参りに出発か?勧進柄杓を差し出せば、道行く人も私の代わりに代参して来てくれと金銭を施す。なんとも心豊かな時代。

寺子屋入門の親子

寺子屋入門の親子

一方こちらは「勉強は嫌だ」と駄々をこねる子を引く親。肩に担ぐは文机。寺子屋では筆記用具はもちろん、入門時の机も持参が慣わし。


次は季節感豊かな十軒店の市へ

十軒店周辺へとつづく

中央区トップへ

 

シェアはご自由にどうぞ。