いだてん・金栗四三「震災からパリへ」嘉納治五郎

いだてん・金栗四三「震災からパリへ」

大正十二年(1923年)九月一日午前11時58分32秒、帝都・東京、横浜など首都圏の地が大きく揺れます。 関東大震災の発生です。

地震発生の時刻で止まってしまった一ツ橋・中央気象台の時計。
地震発生の時刻で止まってしまった一ツ橋・中央気象台の時計。
古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より中央気象台。
古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より中央気象台。

マグニチュード7.9の揺れで崩壊、その後の火災で帝都は灰塵と化します。死者四万人、家を失った者二百万人と云われる未曾有の大災害に見舞われます。 不幸中の幸い、金栗四三が奉職していた小石川区竹早町の東京女子師範学校は軽微な被害で済み、避難民を受け入れます。 次々に押し寄せてくる避難民の対応に金栗は全力を尽くします。

東京女子師範学校
東京女子師範学校。

炎に包まれる帝都

山手の高台に位置する小石川区はもともと地盤が良く被害は比較的少ないものでしたが、江戸時代の軟弱な埋立地、下町は大きな揺れで家屋崩壊、その後の火災で壊滅的な状態。丸の内、日比谷、日本橋から京橋、銀座へと続くメインストリートなど、帝都の華と云われた地域、下町の浅草、両国、本所なども焼け野原となってしまいます。

日本橋三越
日本橋三越入口のライオン像。
現・日本橋三越入口
現・日本橋三越入口。
絵葉書:炎上する京橋通り。
絵葉書:炎上する京橋通り。
銀座の焼跡
銀座の焼け跡。
絵葉書:炎上する日比谷の警視庁。
絵葉書:炎上する日比谷の警視庁。
燃えてしまった万世橋駅。
燃えてしまった万世橋駅
輪転機もやられ手書きガリ版で発行された大正十二年(1923年) 九月四日付東京朝日新聞
輪転機もやられ、手書きガリ版で発行された大正十二年(1923年) 九月四日付東京朝日新聞。

嘉納治五郎の決意

震災当日、樺太でスポーツ振興の講演を行っていた嘉納治五郎先生は一報を聞き、いそぎ帰京。富坂下の講道館道場を避難所として開放します。

富坂下の講道館
富坂下の講道館道場。
古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より講道館と女子師範学校。
古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より講道館女子師範学校(クリックで拡大)。

この九月に予定されていた全日本選手権競技会はやむなく延期。怪我人、焼け出された避難民の救助にあたります。 帝都の惨状を目の当たりにした先生は立ち上がります。 「この震災の悲劇を逆に日本国民のためのものとしなければいけない……」 震災後ひと月も経たない九月三十日、焼け残った帝国ホテルの一室に大日本体育協会の理事会・常務委員会を召集します。

絵葉書:震災時の帝国ホテル
絵葉書:震災時の帝国ホテル。

治五郎先生は震災に立ち向かい訴えます。 「まずは自分の身を守りなさい。それに足りたら他人を助けなさい。それさえも足りたのなら大会に出場しなさい嘉納治五郎と「自他共栄」 自他共栄の精神を掲げ、さらに翌年のオリンピック・パリ大会に選手団を送り出し、内外に日本国民の底力、帝都の復興を示そうと提言します。 翌年のオリンピックに日本の派遣は無いと諦めていた選手をはじめ、国民全員が鼓舞されます。 延期されていた全日本選手権競技会はパリへの第一歩として十一月十・十一日両日に開催と決議します。

大正十二年(1923年)十一月十二日付東京朝日新聞より
大正十二年(1923年)十一月十二日付東京朝日新聞より。

震災発生からわずか二ヶ月余、この大会では十一個もの日本記録が生まれ、暗い世相のなか、明るいニュースとなり国民を励まします。

焼け跡の金栗

一方、東京女子師範学校の避難所にも多くのボランティアが駆けつけ、金栗には余裕が出来てきます。しかし、金栗の滝野川の借家には門下生、知人が避難してきて、たちまちの食料難。 金栗と門下の愛弟子・宮原治は金栗足袋、足にゲートルを巻き、作業着にリュック、護身用に杖を持ち慰問団らしき格好をして、焼け跡の中、腹を空かした友のため食料を求めて走り出します。 焼け跡の辻々にはライフルを構えた軍隊、自警団がうろうろ。 厳戒令下 厳戒令下 戒厳令下の危険極まりない状況のもと、被害の少なかった浦和、川越などへと食料の買い出し。帰路には宮原と競争するほど、いつどんな時でも練習を欠かさない金栗です。

オリンピック・パリ大会国内予選会

震災から立ち直ろうと一次予選には五千人以上が参加、史上最大の盛り上がりをみせ、二次予選は大正十三年(1924年)四月十二・十三日両日、場所はアントワープ予選会と同じく帝都の駒場、東京帝国大学農学部グランドで行われます。 もうすでに三十二歳になっている金栗に出場する意思は無かったのですが「マラソン王の御大が参加しなければ盛り上がりに欠ける」との声を受け、後進たちに伴走するつもりで参加します。 門下生たちに声を掛けながらペースメーカーのように伴走しますが、この日はアントワープと同じく雨が降り、寒さのせいか、門下生たちのペースは上がりません。そんな中、無名の埼玉の青年・村岡正夫が先頭に立ち、東京高師・栗本義彦、明治・八島健三ら金栗門下のランナーたちはことごとく遅れてゆきます。 「おいっ、どうした!名もなき選手に抜かれるとは何事か!」「金栗先生、僕らにかまわず行ってくださいゴールの金栗このままでは体育協会関係者、嘉納治五郎先生にも申し訳が立たないと不本意ながらスパート。この頃の金栗には個人の野望など微塵もなく、お国のために後進を育てることだけを考えていたのですが、雨の中、優勝してしまった怪物・金栗。喜びと不甲斐無さが交錯するゴールでした。

大正十三年(1924年)四月十四日付東京朝日新聞より。
大正十三年(1924年)四月十四日付東京朝日新聞より。

オリンピック・パリ大会の代表に選出され、自身三度目のオリンピック、パリへと向かうこととなります。

「パリに沈む日」へとつづく

走れ「いだてん」トップへ

シェアはご自由にどうぞ。