「古写真」タグアーカイブ

落語「道灌」の舞台を行く

八五郎がご隠居の家に遊びに行き、言葉遊びなんぞをしているうちに、一幅の絵が目に止まります。

男が椎茸の親方みたいな帽子をかぶって、虎の皮の股引きはいて突っ立っていて、側で女が何か黄色いものを持ってお辞儀してるけど、これぇ誰なんですっ?

月岡芳年「太田道灌初歌道志図」

太田道灌公だ
なんすか?大きな冬瓜(とうがん)って?
太田道灌公じゃよ、この絵はな、昔の武将で歌詠みとしても知られた太田道灌公が、狩の帰り、山中で村雨(にわか雨)に逢い、あばら家に雨具を借りにきた場面じゃよ
山奥で油屋って儲かるんすかねえ?
((・_・)……油屋じゃあない、あばら家、壊れかけた家のことをあばら家という
ご隠居は続けて説明します。

あばら家から出てきた娘が『お恥ずかしゅうございます』と言って山吹の枝を差し出し引っ込んでしまった
えっ、雨が降ってるのに山吹ってなんだよっ、ハスの葉とか出しゃあいいじゃねえかっ、『お恥ずかしゅうございます』って恥ずかしいに決まってらあな、笑わせんなあってんでぇヽ(`Д´)ノ
と無駄に怒る八五郎。

まあまあ、おまいさんがわからないのも無理はない、道灌公も意味がわからずに戸惑っていると家来の一人がお畏れながら、

七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだになきぞ悲しき


という古歌
(後拾遺和歌集・兼明親王作)をなぞらえ、実をつけない山吹の『実の』と『蓑』を掛け、雨具はないという断りでございましょうと言った、道灌公は『余は歌道に暗い』と嘆き、それ以来、励み、日本一の歌人になったという話じゃよ
へぇ〜、するってえとそいつあ、断りの歌ですかいっ?
まあ、そうじゃな
そんじゃあ、その歌、わかりやすようにひらがなで書いてもらえますか
そうかい、この歌を覚えようというのかい、感心じゃなぁ
いえねぇ、うちに傘借りに来て返さねえ道灌がいるんすよ、しまいには売っちゃったりして
借りたものを売る奴があるかい
あっしも売ったことあるし
(・_・)……

八五郎が家に帰り、雨を待ち「道灌」を待ち、夕方になります。
おっ、いい具合に降ってきやがった、大村雨だねえ、こりゃあ、みんな大あわてだ、犬の道灌、娘の道灌、あっあーあ、あの道灌転んでやがるっ、ビショビショだねえ、まったくぅ
やがて、友達の熊さんが家に飛び込んできます。

おおっ、八つぁん、提灯貸してくれぇ
はっ?やだね、傘貸してくれって言えねえのかよっ
いや、傘は持ってるんだよ、提灯貸してくれねえか
ん〜ん、じゃあ傘貸してくれって言え、そうすりゃあ提灯貸してやっからあ
ん?変だけどまあいいかっ、じゃあ、傘貸してくれっ
待ってましたとばかり八五郎は山吹の枝を差し出し、

お恥ずかしゅうございます
なんだよ、これ?
これ読んでみろ」と道灌の歌を見せます。
ん?なになに、ななへやへ 花は咲けども山伏の 味噌一樽の鍋と釜敷き?、都都逸かいっ?
都都逸じゃねえよ、変な読み方すんなっ、てめえは歌道に暗いなっ
おうっ、角が暗いから提灯借りに来た

都心の道灌

山吹の里を名乗る比定地は数々あれど、このお話は、全くのフィクションです。

山吹の里の碑

江戸名所図会には、その場所が、あたかも実在したかのように、「高田の馬場の北」と書いてあり、今そこには怪しげな「山吹の里」の碑が建っています。

太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)を参照

山吹の里(江戸名所図会より)
山吹の里(江戸名所図会より)クリックで拡大。

新宿中央公園には山吹の群生に囲まれた「久遠の像」なる銅像が。

新宿中央公園「久遠の像」
新宿中央公園「久遠の像」。新宿区には「山吹」と言う地名もあります。

まあ、伝説なのでどこでも名乗れるわけで(^^*)。

東京では、江戸城の礎を築いたとして、太田道灌の人気は高く、JR日暮里駅東口には「回天一枝」の像。

「回天一枝」の像
「回天一枝」の像。

その昔、都庁のあった有楽町、今の東京国際フォーラムには、彫刻家として名高い朝倉文夫氏制作の狩衣の太田道灌像が、皇居方面、江戸城を見据えています。

朝倉文夫氏制作の太田道灌像。
朝倉文夫氏制作の太田道灌像。
有楽町都庁時代の太田道灌像。
有楽町都庁時代の太田道灌像。

実はこの落語には元ネタがあります。
天保四年(1833年)刊「落噺笑富林(わらうはやし)」という本に、八百屋の亭主が主人公の噺で、

落噺笑富林

七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに 無きぞ悲しき」この歌を聴いて、
「何でも夕立が降ってきて、『雨具を借せ』という者があったら歌を読もう」といふうち、大夕立降りきたり、友達駆け込み「傘でも着る物でも、雨具を借してくれろ」といふゆゑ、八百屋の亭主、白瓜と丸漬けと茄子を並べて、
「丸漬けや茄子白瓜ある中に 今一つだに無きぞ悲しき」
友人「この中に胡瓜がねへの」
亭主「ハイ、胡瓜(かっぱ)はござりませぬ」。

 
私は焼肉屋でミノを注文し、みんな食べられてしまったあとに、
「ミノひとつだに無きぞ悲しき (T-T)」と言うようにしています。

お後がよろしいようでm(_ _)m

シェアはご自由にどうぞ。

落語「崇徳院」の舞台を行く

明治の頃、東京のお話です。熊さんは大家さんに呼ばれます。
大家の息子、若旦那が病にふせっており、医者にみせると、どうやら心の病。持っても五日と告げられます。

若旦那は仲のいい熊さんにだけ訳を話すと言います。
息も絶え絶えの若旦那。

あぁ〜うぅ〜、二十日ばかり前、上野のお山、清水様にお参りに行ったんですよ〜
おっ、そりゃいいですねえ〜、清水堂といえば眺めがいいっ、不忍池、弁天様はもちろん、湯島の天神、神田の明神、左のほうには聖天の森から待乳山まで

古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より
古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より清水堂(赤矢印)、不忍池の弁天様(A)、湯島天神(B)、神田明神(C)青矢印が待乳山なので、ずいぶんと遠くまで見えたようです(クリックで拡大)。
清水観音堂
清水観音堂。
不忍池弁天様
不忍池の弁天様。
明治中期の湯島天神
明治中期の湯島天神
現在の湯島天神
現在の湯島天神。
神田明神
神田明神
待乳山聖天
待乳山聖天。


お参りを済ませて、清水様の茶店で休んでいると、お供を三人ばかり連れたお嬢さん風の人に出会います。
お嬢さんが茶袱紗(ふくさ)を落としたので拾いあげ、渡してあげます。

古写真:上野清水観音堂境内。
古写真:明治後期の上野清水観音堂境内。
清水観音堂、茶屋のあった辺り。
清水観音堂、茶屋のあった辺り。

その人のお顔を見ると、水の垂れるような女、あぁ〜
えっ?、ひどいねえ、ビショビショ!グチャグチャな女だ!みかんを踏んづけたようだねぇ、たくっ
違いますよぉ熊さぁん、いい女のことを水の垂れるようなというんですよぉ、あぁ〜

そのあと、どこからともなく桜の枝に結んだ短冊が落ちてきて、それをお嬢さんから渡されます。そこには、

瀬を早み 岩に瀬かるる 滝川の

という百人一首、崇徳院の上の句があります。
下の句は「われても末に あわむとぞ思ふ」と続く恋の歌。
川の流れは岩にぶつかり左右に別れますが、岩の後方では流れがまた、元のように。
末にはまた会い、夫婦になりましょうという意味です。

小倉百人一首より崇徳院
小倉百人一首より崇徳院。

それ以来、何を見てもお嬢さんを思い出す始末。
恋わずらいです。

あの掛軸のダルマさんがお嬢さんに見える、鉄瓶がお嬢さんに見える、あぁ〜
大家さんから
熊さん、そのお嬢さんを探し出してくれたら、あなたが今住んでる三軒長屋をさしあげましょう
と言われます。

三軒長屋の大家を夢見て、同じく大家の奥さんを夢見る女房に、腰にわらじを二十足くくりつけられ、
いいかい、あんた、人の多いとこに行くんだよ、お湯屋(銭湯)とか床屋とかさぁ
女房に、そう言われて、街に繰り出します。

えぇ〜瀬を早みぃ、え〜瀬を早みぃ
おぅ、納豆屋さんっ」「納豆屋じゃないよっ、たく
子供達がぞろぞろと後をついてきます。
シッシッ!おじさんは紙芝居じゃないのよっ

混んでる床屋へ

そういえば人のたくさんいる、混んでいるお湯屋とか床屋に行けと言われたのを思い出し、床屋へ。

明治後期、神楽坂の藁店。左側に理髪師の看板。右は寄席。
明治後期、神楽坂の藁店。左側に「理髪師」の看板。右側は寄席。
明治後期、神楽坂の床屋
明治後期、神楽坂の床屋。

こんちわ、混んでますかぁ?
すぐできますよ、お客さん
さよならっ
こっちぁ訳あって人の多いところを探してるんだとブツブツ言いながら、次の店へ、
こんちわ、混んでますかぁ?
あいにく混んでまして、もう少し後に来ていただければ
お願いしますっ
変なお客と思われますが、待合で、
えぇ〜瀬を早みぃ、え〜瀬を早みぃ」と始めます。
一人のお客に
それは崇徳院様の歌ではないですか?
おっ、よくご存知で
うちの娘がね、その歌をどこかで覚えましてねえ、それにハマってますよ
えっ、娘さん水垂れてますか?
水は垂れてませんがねぇ
みかん踏んづけてますか?
最近、草餅を踏んだようですがねぇ
おいくつですか?
今年で八つになりました
(・_・)…………え〜瀬を早みぃ〜

そして、お湯屋を18件、床屋を36件、廻ってまいります。

こんちわぁ〜、混んでますかぁ〜
混んでますけどぉ、お客さん、さっきも来た人ですよねえ
ええ、もう肌は脂がぬけちゃってカピカピ、も、もう剃る毛も無いんで植えてもらえますか?
植えたことはぁありませんがねえ
せ、せを、瀬を早みぃ〜、せ、せ、せを〜囧rz、」
お客さん、ずいぶんと元気が無くなりましたねえ

床屋で休んでいると、近くの人が現れます。
聞けば、大店のお嬢さんが恋わずらい。上野のお山で若い男に袱紗を拾ってもらい、別れ際に崇徳院の短冊を渡したとのこと。

その男を探し出せば、大家が積樽を二十もしてくれるってんでぇ長屋中お祭り騒ぎよ、こいつぁ日本人には違いねえだろう、日本中探せってんで、おととい北海道代表が旅立ち、昨日は九州代表が、えへ、あっしが四国代表ってぇもんよ

熊さんは、三軒長屋がここにいたぁと大喜び。危うく四国に旅立つところだったと四国代表。てめえがうちの長屋へ来い、てめえがうちの長屋へと、二人がもみ合ううちに床屋の鏡を割ってしまいます。
床屋の主人に責められ、熊さんがひと言。

ご主人、心配はいらない、割れても末に買わんとぞ思う

お後がよろしいようでm(_ _)m。

シェアはご自由にどうぞ。