「古地図」タグアーカイブ

絵巻、古地図で見る桜田門外の変


三宅坂の小高い丘の憲政記念館(井伊彦根藩邸跡)から桜田門を見ると。この約550メートルの短い距離の間で「桜田門外の変」が起きたと思うと、感慨深いものがあります。

桜田門を臨む
憲政記念館中庭から桜田門を臨む。

東京で一番美しい坂、三宅坂を参照

桜田門外之変図

桜田門外の変図襲撃グループの一人、蓮田市五郎は事件後、傷を負いながらも老中脇坂中務大輔邸に趣意書を持って自訴。

その後、細川越中守邸お預けになっている間に、請われて描いたという絵巻が残っています。

「桜田門外之変図」
「桜田門外之変図」クリックで拡大。

井伊彦根藩邸から桜田門外までの事件を生々しく描いています。

井伊彦根藩邸
井伊彦根藩邸

井伊彦根藩邸

井伊彦根藩邸は今の憲政記念館、国会議事堂前庭の一部を含む広大な一等地に位置していました。

憲政記念館の時計台
憲政記念館の時計台

井伊彦根藩邸の名残り

憲政記念館に入ってすぐ、枯葉のゴミ箱かいな?と思ってしまうものがあります。これは「桜の井」の遺構。

井伊彦根藩邸時代には門前にあり、「柳の井」と並んで名水と呼ばれ、旅人の喉を潤したと云います。

歌川広重「東都名所・外桜田弁慶堀桜の井」
歌川広重「東都名所・外桜田弁慶堀桜の井」
明治5年頃桜の井
明治5年頃の桜の井の遺構。

古写真にも写っていて、道路工事の際、移設されたものだということがわかります。

憲政記念館中庭の石灯籠は?

他にも井伊彦根藩邸時代のものはないかと探すと、、、

憲政記念館の石灯籠

この石灯篭は藩邸時代の遺物なのか(?_?)
年号が入っていないので、千代田区観光協会、憲政記念館に問い合わせると、、、
昭和48年、衆議院議員宿舎で余ったものを移設」と丁寧に教えてくれました。ありがとうございました。
時代ものではなかった囧rz。

井伊彦根藩邸時代のものは「桜の井」の遺構しかないようです。

歌川広重「江都勝景 桜田外の図」
歌川広重「江都勝景 桜田外の図」

安政七年(1860年)三月三日、赤い門を出て、緩やかに下り、桜田門から登城しようとする大老井伊直弼の行列があったのです。

国会前交差点から桜田門を臨む。
国会前交差点から桜田門を臨む。

絵巻、古地図で検証

桜田門外の変の時代背景、経緯は歴史好きの皆さんの方が詳しいと思いますので、残された絵巻、古地図で検証したいと思います。

「桜田門外之変図」(クリックで拡大)。
「桜田門外之変図」(クリックで拡大)。
安政六年(1859年)外桜田絵図
安政六年(1859年)外桜田絵図。三宅坂はさいかちの木が多かったので別名、さいかち坂。地図上にサイカチ河岸と表記されています(クリックで拡大)。

通りに二つの番所(A,B)があり古地図と一致します。
桜田門の対面に二つの門(C,D)があり、古地図の屋敷区分から見ると、松平市正上屋敷の表門と松平安芸守上屋敷の裏門のようです。
絵巻、浮世絵に描かれている通り、井伊彦根藩邸の表門はE地点です。

井伊直弼の行列は、徒士20数名とお付きの従者40名ほど。対する襲撃側は18名。数で見ると井伊側有利ですが、安政七年三月三日、桃の節句(新暦1860年3月24日)は、季節外れの大雪。

刀に柄袋をつけています。
刀に柄袋をつけています。

絵巻でわかるように、井伊側は大名行列の規則でスネを出し、足袋も履かずに裸足。
雨合羽を着、刀には雪除けの柄袋をつけています。身動きが不自由な上、かじかんだ指で刀の柄袋を解くことも難しい状況です。

井伊彦根藩邸に逃げ帰る
井伊彦根藩邸に逃げ帰る者たち。
桜田通り方面に逃げる
桜田通り方面に逃げる者たち。

井伊藩邸に逃げ帰る者、今の桜田通り方面に逃げる者も描かれていますが、柄袋をつけたまま、刀の鞘で応戦した者もいたと云います。

桜田門の門番は門を閉ざし、江戸城への敵の侵入を防ぐのが役目。門外で起きている事件は傍観するだけです。
今でも時々「桜田門」が桜田門を守っています (≧∇≦)。

桜田門が桜田門を守ってる

拳銃を構える男

約三分間の死闘の末、襲撃側が井伊直弼の首級を挙げます。

定説では、拳銃を持っていたのは、リーダーの関鉄之介、直訴状を持ち、籠訴を行った森五六郎の二人。森五六郎が撃った銃弾が井伊直弼に命中したことになっています。

しかし、蓮田市五郎の残した絵巻では、森山繁之介が拳銃を構えています。えっえーっ(*’д’*)!

拳銃を持つ森山繁之介
拳銃を持つ森山繁之介。

一説には水戸藩の武器製造工場「神勢館」で、ペリーがもたらしたリバルバー拳銃「コルト51アーミー」の完コピを造っていたと。

襲撃グループは元水戸藩士。拳銃を手に入れることが出来、5丁用意していたと云います。

命中した銃弾は誰が撃ったのでしょうか?
拳銃を提供したのは誰なのでしょうか?
謎です。

古地図で見る逃走経路

「桜田外の図」部分

襲撃後、それぞれに逃走。見届け役として戦闘に参加せず立ち去る者、老中脇坂中務大輔邸(古地図F)、細川越中守邸(G)に自訴する者など。

その中で、井伊直弼の首級を挙げた元薩摩藩士、有村次左衛門の逃走経路を見てみます。

安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖
安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖(クリックで拡大)。

有村次左衛門は重症を負いながらも、井伊直弼の首を持ち、桜田門外(A)から今の日比谷公園方向に進み、日比谷御門(B)を抜け、濠沿い(今の日比谷通り)に、馬場先門(C)、和田倉門(D)が閉門しているのを横目で見、辰ノ口の遠藤但馬守邸の辻番所前(E)で力尽きます。

日比谷公園入口に残る日比谷御門跡
日比谷公園入口に残る日比谷御門跡。
和田倉門
和田倉門。背後のビルとビルの間に辻番所があったようです。

井伊直弼の首は遠藤但馬守邸で預かります。数時間後、井伊彦根藩邸から使者が首を引き取りに来ます。
その時、使者は、「井伊家家臣、加田九郎太の首を受け取りに」と偽っています!щ(゚Д゚щ)。
もうすでに事件の揉み消しが始まっていました。

将軍のお膝元で、大老が襲われ、首をとられるという事件は、今で言えば、国会議事堂前でテロ集団に襲われ、内閣総理大臣が暗殺されるようなものです。
ゴルゴかゴエモンかよっ!ヽ(`Д´)ノ というぐらいのありえない事件でした。

お家取り潰しになってしまう井伊彦根藩にも、権力の失墜を露呈してまう幕府にとっても、この事件は無かった事にしたかったのです。

ゆえに今になっても、井伊直弼の遺骨はどこにあるのか?事件の黒幕は?などという謎が付きまといます。

「天下の大悪人」と水戸藩主、徳川斉昭からも非難された18人の内、明治まで生き残ったのは二人だけ。
その内の一人、海後磋磯之介(かいごさきのすけ)は「菊池剛蔵」と改名、本名を隠し、警視庁・水戸県警察本部に勤務。明治36年(1903年)没します。

海後磋磯之介が残した事件覚書には、文差しに直訴状をつけ、籠訴に走る森五六郎が描かれています。

籠訴する森五六郎
籠訴する森五六郎


文京区の怪しげな淫祠まとめーおもしろいお地蔵さん


巷では、なんでこうなるの?というように理解に苦しむお地蔵さんがいらっしゃいます。
仏像は仏教信仰をもとに祀られるわけですが、仏教の教義に依らない民間信仰、民衆の想い・願いが詰まった祠(ほこら)が数多く存在します。それらは「淫祠」と呼ばれています。

散歩の達人、永井荷風先生は「淫祠は大抵その縁起と、またはその効験のあまりに荒唐無稽な事から、何となく滑稽の趣を伴わすものである」と言っています。

ご近所文京区の滑稽な淫祠をご紹介します。

林泉寺「縛られ地蔵尊」

しばられ地蔵

地下鉄茗荷谷駅から茗荷坂へと下っていくと林泉寺があります。

大岡政談のお話で有名な「縛られ地蔵」。

寺の境内で居眠りしていた呉服屋の丁稚が反物を盗まれます。
犯人探しに策をめぐらす南町奉行大岡越前。

犯行現場のそばにいながら、悪事を見逃すとは、地蔵も同罪!ということでお地蔵さんに縄をかけ召し捕り、江戸市中を引き回し奉行所へと向かいます。

物見高い野次馬たちが奉行所へとなだれ込みます。「許可なく奉行所へ入るとは、不届至極。罰として反物一反の科料を申し付ける!」と。
後日、集まった反物の中に盗まれた反物があり、犯人は御用。
めでたしめでたし。

良くできたお話です。
大岡政談では葛飾区の南蔵院のお地蔵さんとなっています。

大岡政談の物語の多くは、中国の故事を元にした創作で、「縛られ地蔵」は日本全国各地に存在します。

思うに、「縄をかけ、結ぶ」という行為は「願をかける」「願いを結ぶ」に通じ、一般に拡まったのでしょう。

古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より。「シバラレ地蔵」の表記が。
古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より。「シバラレ地蔵」の表記(クリックで拡大)。

しばられ地蔵

願いが叶ったら縄を解くのがルール。
しかし、この世はそんなに甘くない。
お地蔵さんは太りに太り、時々、無理矢理ダイエットさせられてしまいます。

最近(2017年2月)、林泉寺は建て替え工事中で、お地蔵さんは近くに避難。

新しいしばられ地蔵

あれ?お地蔵さん、なんか新しくなってるしっщ(゚Д゚щ)。
エイジングケアも欠かさないようです。

大黒天「とうがらし地蔵尊」

小石川伝通院前にある福聚院大黒天は、江戸時代から栄え、明治になってからも、縁日には多くの見せものが出店し、賑わったと云います。

福聚院大黒天
福聚院大黒天、福寿幼稚園。
嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より大黒天
古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より伝通院門前の大黒天(クリックで拡大)。
江戸名所図会より大黒天
江戸名所図会より大黒天(クリックで拡大)。

娯楽の少なかった明治の世。樋口一葉女史、幼少の頃の永井荷風先生もお気入りプレイスだったようです。
今では、境内が福聚幼稚園の庭になり、昼間入ると変質者と間違われる恐れ大。
入口を入って左手にトウガラシのレイをまとったお地蔵さんがいらっしゃいます。

唐辛子地蔵

ん?「せきどめ地蔵尊」。でっ、なんで咳止めにトウガラシ?

明治の中頃、トウガラシ好きなおばあさんが持病の喘息に苦しんでいました。しかし、医者の制止も聞かず、トウガラシを食べて亡くなってしまいます。

そこで近所の人が憐れみ地藏尊を造り、トウガラシを供えたそうです。その後、喘息に苦しむ人々が祈願すると治り、お礼にトウガラシを供えるようになったと云います。

亡くなるのも悲しいが、トウガラシを食べるのも辛いですよ。
たぶん、咳が出て食べるのも大変だったろうに。
トウガラシの誘惑に負けたおばあさん(*´Д`*) 〜。
って、そんなに辛党のおばあさんっていたの?
元祖「ヒーハー女子」かよっヽ(`Д´)ノ !

トウガラシに含まれる成分「カプサイシン」の刺激で暖かくなったように感じますが、その効用と関係あるのでしょうか?

喜運寺「豆腐地蔵尊」

明暦の大火後(1657年)、駿河台から小石川に移転してきた喜運寺には豆腐地蔵がいらっしゃいます。

喜運寺

古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より「豆腐地蔵」
古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より「豆腐地蔵」の表記(クリックで拡大)。
享保年間(1716~1736年)、喜運寺門前に豆腐屋さんがあり、ここによく豆腐を買いに来る小坊主がおりました。ところが、その小坊主が買いに来る日にかぎって売上げの中に小石が数個入っているのに主人は気づきます。
豆腐屋主人の吉兵衛は、小坊主が怪しいと考え(当然です)、ある日、小坊主が来たので、そっとその後を追います。まもなく、それに気がついた小坊主は足早に逃げ出します。
追う吉兵衛、逃げる小坊主。「待ちやがれ!」と叫び、吉兵衛は包丁(物騒ですが)で小坊主の肩をひと打ち!。悲鳴とともに、小坊主は姿を消してしまいます。

驚いた吉兵衛は、これこそ狐の仕業かと思い、あたりを見ると、地面に石のかけらが落ちています。
石は水のようなもので濡れ、点々と喜運寺まで続いておりました。不思議に思った吉兵衛。境内のお地蔵さんを見ると、なんと肩先が欠けております。
さっきの拾った石の欠けらをそこに当てるとピッタリ。小坊主は、お地蔵さんの化身だったのです。

なんだか、お蕎麦の好きな狐の化身、澤蔵司稲荷のお話に非常によく似ています。
永井荷風先生の実家に出た狐の話もあり、小石川にはずいぶんと狐がいたようです。

狐の伝説、善光寺坂と澤蔵司稲荷を参照
金剛寺坂と永井荷風先生を参照

豆腐地蔵
「豆腐地蔵」の御前立ち。

このお地蔵さんは御前立ち(ご本尊を模したもの)で、ご本尊は秘仏です。
そういえば、御前立ちの肩には欠落がありませんねえ。

この豆腐地蔵の縁起は、大火・洪水などの大災害、経年変化で、崩壊が進んでいるご本尊を暗示しています。

きっとこんな風に。。。

法傳寺「顔なし地蔵」

顔なし地蔵

当山は明暦の大火(1657年)本郷より移転を命ぜられ、ここ小石川に拝領地を賜りました。
このお地蔵様は、それから二年後(1659年)火災で亡くなられた方々の御供養と厄除けの為、建立されたものであります。萬治二巳亥五月五日覚俊と刻まれております。
其の後二体も造られましたが、現在残っておりますのは最初に造られたこのお地蔵様だけであります。
度重なる火災や戦争で、お顔の部分が破損致しましたが蓮台の上のお姿は長い年月皆様を見守り、皆様から見守られながら現在に至って居ります。

遍照山 法傳寺
古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より法傳寺
古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より法傳寺(クリックで拡大)。

崩壊してもお立ちになっているお地蔵さん。こちらは「淫祠」とは呼べませんが、こんなお姿になっても、祀られるということは、きっとご利益大。
自然にこうなってしまったプリミティブ・アートです。
円空仏や木喰仏とは違った趣、人為的でない美があります。

源覚寺「こんにゃく閻魔」

こんにゃく閻魔

古地図:万延2年(1861年)尾張屋版本郷湯島絵図より「源覚寺」
古地図:万延2年(1861年)尾張屋版本郷湯島絵図より「源覚寺」(クリックで拡大)。

源覚寺は、おそらく、こんにゃく消費量日本一のお寺。原材料まで教えてくれる親切さに手を合わせます。

こんにゃく閻魔
お供え物はこんにゃく。
こんにゃく芋
こんにゃく芋

でっ、なんで「こんにゃく」?
で、また、おばあさんの登場です。

おばあさんが眼の病気を患い、この閻魔大王像に日々祈願していたところ、夢に閻魔大王が現れ、「満願成就の暁には私の片方の眼をあなたにあげて、治してあげよう」と告げたと云います。
その後、おばあさんの眼はすぐ治り、以来、おばあさんは感謝のしるしとして自分の好物である「こんにゃく」を断って、ずっと閻魔大王に供え続けたと云います。

トウガラシと違って、こんにゃくの誘惑に勝利したおばあさんです。確かに閻魔様の右目が曇っていますので、おばあさんに片目をあげたようです。

豆腐、トウガラシ、こんにゃくの次は生命維持必須要素のNacl「塩」です。

源覚寺「塩地蔵尊」

源覚寺には、溶けかけた雪ダルマのような「塩地蔵」もいらっしゃいます。

塩地蔵

塩地蔵尊
当山開創寛永元年(1624年)以前よりこの地にあって人々の信仰を集めたと伝えられる。

地蔵尊のお身体に塩を盛ってお参りすることから塩地蔵と称し、その由来には、古来より塩は清めとして用いられることにより、参詣者の身体健康を祈願するものと解かれる。

自分の体の悪いところと合致するお地蔵さんの部所を塩で清めます。
やはり、私と同じように、顔が悪い方が多いようで、おそらく、お顔はたくさん撫でられ削られ、無くなっているのではないでしょうか?

トウガラシ、豆腐、こんにゃく、塩と、食材・調味料が揃ったところで、次は調理器具です。

大円寺「ほうろく地蔵尊」

ほうろく地蔵

古地図:万延二年(1861年)尾張屋版本郷湯島絵図より大円寺と八百屋お七の墓のある円乗寺。
古地図:万延二年(1861年)尾張屋版本郷湯島絵図より大円寺と八百屋お七の墓のある円乗寺(クリックで拡大)。

ほうろく地蔵尊

このレゲエファッションっぽいお地蔵さんは、火あぶりの刑になった八百屋お七に代わって、業火を「ほうろく」(浅い素焼きの土鍋)で受けているとも、また、封禄が上がりますようにと「ほうろく」を被っているとも。
かなりタイプの違う謂れに悩んでしまいます。
どちらを信じれば良いのでしょうか。
とにもかくにも恋愛成就も家禄上昇も一挙にお願いできます。

浄心寺坂と八百屋おの七の墓を参照

調理器具も揃いましたが、この食材ではペペロンチーヌ風おつまみしか作れそうにありません。
そうなると、なんだか酒類が欲しくなります。

日輪寺「甘酒婆地蔵尊」

妖怪ではありません。
お寺の門前で甘酒を売っていたおばあさんです。

甘酒婆地蔵尊
甘酒婆地蔵尊
古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より日輪寺
古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より日輪寺(クリックで拡大)。
明治の中頃、日輪寺門前で、ひどい咳に悩まされながら甘酒を売っていた老婆がおりました。老婆は死後、咳の神になって同じ病気の子供たちを救うと言い残して死んだと云います。
 そこで咳に悩む人は、この地蔵に甘酒を入れた竹筒や徳利を供えて願をかけると、霊験があるとされ、子供の百日咳が流行した時には大勢の人が願掛け、そのお礼参りの際には皆が甘酒を供えたそうな。

噺家かとも思える風貌ですが、シビアな縁起が出てきて内心あせります。

でも、凄っ、淫祠の縁起には、おばあさんが度々登場しますが、こちらは、おばあさんそのものです。

一般庶民が祀られたザ・淫祠オブ淫祠ズです。
ひょっとするとこのおばあさん、相当インパクトのある面白いBBAで有名な人気者だったのかもしれません。

江戸切絵図にも淫祠の多くが表記されています。
お江戸の頃から寺社も檀家も多い文京区なので、多くの民間信仰が芽生えたのでしょう。

七福神巡りも良いが、淫祠巡りも楽しいかも。
文京区さん、いい観光資源になりますよ(^^*)。
皆さんの街ではどんなお地蔵さんがいらっしゃいますか?。