「江戸切絵図」タグアーカイブ

岩倉具視暗殺未遂事件「赤坂喰違の変」と、生き残った岩倉邸


大久保利通暗殺事件「紀尾井坂の変」が起きた清水谷から紀尾井坂を登ると喰違見附に出ます。
紀尾井坂の変の四年前、ここでも事件が発生しています。右大臣・岩倉具視暗殺未遂事件「赤坂喰違の変」です。

喰違見附

喰違(くいちがい)とは、敵の勢いを弱めるクランクのことで、江戸城外郭の遺構です。
喰違見附から堀を渡る土橋の部分は喰違坂と呼ばれています。

喰違見付
喰違見付のクランク。
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より喰違見付。
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より赤坂仮御所東門(A)、喰違坂(B)、真田堀(C)、喰違見付のクランク(D)、清水谷(E)。

明治七年(1874年)1月14日午後8時、赤坂仮御所で公務を終えた岩倉具視の馬車は東門(A)から退出。紀の国坂を少し下って左折、土橋の喰違坂(B)を登り、自邸へと、帰路につきます。

赤坂仮御所東門
赤坂仮御所東門(A)。
赤坂仮御所東門から紀の国坂、喰違い坂
赤坂仮御所東門(A)から紀の国坂交差点を左折、喰違坂(B)へ。
喰違坂
紀尾井坂交差点、喰違坂。

がしかし、ここで元土佐藩士、武市熊吉ら、不平士族九人が待ち伏せしていました。

テロにいち早く気づいた岩倉具視は馬車を飛び降り逃げます。が、斬りつけられ、数カ所の傷を負ってしまいます。
車夫は助けを求めに今出てきたばかりの御所に走り戻ります。
暴漢に囲まれ、逃げ場を失った岩倉具視、絶体絶命の大ビンチ

この危機に際し、彼のとった行動とは?

真田堀グランド
真田堀グランド

間一髪、真田堀(C)にダイブ(゚Д゚;)!

夜陰の中、刀に手応えを感じなかった犯人グループはターゲットを見失い、やがて御所からの救援部隊が駆けつけ、逃走するしかありません。

この際、慌てた犯人の一人は現場に下駄を残してしまいます。

喰違見付から。真田堀は戦災の瓦礫で埋め立てられ、上智大学真田堀グランドとなっています。
喰違見付から真田堀を望む。真田堀は戦災の瓦礫で埋め立てられ、上智大学真田堀グランドとなっています。

岩倉具視は、幸いにも眉と腰に軽傷を負っただけで、助けあげられ、九死に一生を得ます。

知らせを聞いた西郷従道大久保利通は、すぐさま赤坂仮御所に参内。不平士族の仕業というこの事件を重くみた大久保利通は、ときの警視庁大警視、川路利良に早急の調査を命じます。

西郷従道、大久保利通、川路利良
西郷従道、大久保利通、川路利良

残された下駄を手掛りに、販売した下駄屋をつきとめ、購入者が武市熊吉と判明、芋づる式に九人を逮捕。事件後わずか三日のスピード逮捕でした。
当時から日本の警察力には恐れ入ります(`_´)ゞ。

暗殺が未遂に終わった要因

1. 岩倉具視が馬車をいち早く飛び降りたこと。
2. 赤坂仮御所に近かったこと。
3 .逃げ場はないと思われていた土橋から飛び降りたこと。
4. 夜で見通しが効かなかったこと。
5. 堀の中で騒がず、息をこらえ、じっとしていたこと。

「紀尾井坂の変」の場合、大久保利通は馬車内に留まり命を落とします。「逃げるが勝ち」とはよく言ったものです。

岩倉具視は夜8時まで働いていた勤勉さも幸いしています。

古地図で辿る大久保利通、最期のルート「紀尾井坂の変」を参照。

また、岩倉具視は正装の分厚い装束だったことも軽傷で済んだ要因の一つ。

正装の岩倉具視
正装の岩倉具視。岩倉具視の護身用短刀、携帯ピストルと火薬入れ、刀傷と血痕のある袴。

護身用の短刀、ピストルも所持していましたが、交戦せず、堀に飛び込んた咄嗟の判断。
幕末から常に刺客に狙われていた彼なりのことで、危険察知・危機管理能力には感心します( ̄^ ̄ )う〜ん。

岩倉具視邸のビックリ!

ところで岩倉具視邸はどこにあったのでしょうか?

なんと!江戸城内曲輪(うちくるわ)、江戸城内堀の内側(現・皇居外苑)、馬場先門内、元老院のお隣にありました。さすがは明治天皇の右腕、右大臣は相当なVIPだったことがうかがえます。

古地図:岩倉具視邸周辺
古地図:岩倉具視邸周辺(クリックで拡大)。
古写真:元老院
古写真:元老院
古写真:馬場先門
古写真:馬場先門
現・土橋の大通りとなっている馬場先門。
現・土橋の大通りとなっている馬場先門。手前の木立の裏に元老院、向こうの木立の裏に岩倉邸があったことになります。

正式な出仕ルートは残されていませんが、このように想像できます。もしかすると半蔵門から皇居を出たのかもしれませんが、最短ルートが桜田門三宅坂、清水谷坂、紀尾井坂、喰違見附経由だったとわかります。

岩倉具視出仕ルート
岩倉具視出仕ルート。岩崎邸(A)、桜田門(B)、喰違見付(C)、赤坂仮御所東門(D)(クリックで拡大)。
清水谷坂
清水谷坂

川路利良大警視の警視庁はどこにあったかというと、なっなんと!現在の東京駅あたりです(北口の線路の下 (≧∇≦))。

古地図;岩倉邸と警視庁
古地図;岩倉邸警視庁(クリックで拡大)。
古写真:警視庁(明治10年頃)
古写真:警視庁(明治10年頃)。
古写真:警視庁消防出初め式
古写真:警視庁出初め式

えっえっ、出初式ってぇー?
当時、東京消防庁は独立していなくて、警視庁が治安も消防も担っていました。この古写真は警視庁出初式の模様です。

そして最大のビックリは岩倉具視邸の古写真が存在するということ!

岩倉具視邸の古写真⁈

近年、ネットオークションで岩倉具視邸の古写真発見!というビックニュースが飛び込んできました。

古写真;岩倉具視邸

ん?、これってぇ軍用電信隊じゃねっ?

以前から古写真「軍用電信隊」と紹介されていたものです。
軍用電信隊は和田倉門外にありました。

古地図:岩倉邸(赤矢印)軍用電信隊(青矢印)。
カメラ画角比較
クリックで拡大。

改めて古地図で比較してみたところ、カメラ画角から、長屋門の門構え、屋敷配置が岩倉邸とピタリと一致!。軍用電信隊とは違うようです。

岩倉公邸ノ内」と裏書のある古写真が発見され、裏書によって真実が判明したというケースです。
明治三年(1870年)〜明治十七年(1884年)まで馬場先門内にあった岩倉具視邸に間違いありません。

古写真;岩倉具視邸

しかしながら、この馬車でテロに遭遇したのかも?と思うと臨場感があります。

邸宅は、もとあった松平下総守の忍藩邸を転用、改築したもので大名屋敷の面影をよく残しています。

古地図:安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖より松平下総守と馬場先門。
古地図:安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖より松平下総守馬場先門

またまたビックリ!
岩倉邸が現存していた。

古写真;岩倉具視邸玄関国家機関の古写真は記録を兼ねているので、よく残っているものですが、明治の元勲の私邸は稀です。
もっと古写真は残っていないかと調べると、、、
ななっ、なんと!移築された岩倉具視邸の一部が残っているってぇ!щ(゚Д゚щ)

しかもご近所、新宿区高田馬場、玄国寺の書院です。
早速、行ってみると、ほんとだぁ、古写真の玄関エントランスの瓦屋根と同じです。

明治十七年、皇居外苑拡張のため移転。各地を転々、大正時代、麹町で取り壊されるところを、住職がもったいないと言って譲り受けたそうです。

岩倉具視邸

鬼瓦は源氏の笹リンドウ。岩倉具視は村上源氏の流れです。
加山雄三、喜多嶋舞さんも岩倉具視のご子孫です。

玄関
玄関上部。

岩倉具視邸側面

建物側面はオシャレな和洋折衷で改築した跡が見られます。庇は銅葺きのようで、明治感が漂います。

岩倉具視邸側面

岩倉具視一般的に、幕末明治をしぶとく生き残ったイメージのある岩倉具視。

五百円札は最近見ませんが、古写真も現物も残っているとは、ビックリの岩倉邸です。

喰違と紀尾井坂下

明治初期、赤坂喰違の変、紀尾井坂の変と続けて起きましたが、明治9年測量を開始し、明治17年発行のこの地図では紀尾井坂下に交番と明かり灯台が設置されています。

明治の治安は、職を失った武士(士族)を中心に守られていくことになります。

次回、書ききれなかった江戸時代のお話から、
「切絵図にみる紀尾井坂と松陰を斬った一族、首切り浅」
お楽しみに(^^*)


愛宕山、出世の石段と桜田烈士


都心の平地に突き出た山、愛宕山は、その高さという地形的性格から、観光地であり、信仰の地であり、測量、放送などにも利用され、産業遺産も盛りだくさん。

江戸名所図会より愛宕山
s 江戸名所図会より愛宕山(クリックで拡大)。
箱根山
築山である箱根山。

愛宕山(標高25.7m)は東京23区内で一番高い自然の山です。
なぜ、自然の山とわざわざ言うのか?
それは自然でない人工の築山、箱根山(標高44.6m)があるからです。

「横穴跡と731部隊」の箱根山を参照

江戸名所図会より愛宕山山上
江戸名所図会より愛宕山山上(クリックで拡大)。

山上の愛宕神社は火伏せ、防火の神として信仰を集めました。

また、眺望が良く、江戸湾の水平線まで望めたと云います。行楽地として江戸の民に愛され、近代ではその高さから測量地点として利用されてきました。

愛宕山のビックリ測量遺産を参照

愛宕山の出世の石段

愛宕神社の男坂は「出世の石段」と呼ばれています。

古写真:明治四年頃、坂下右は小西酒店。お酒を買って山上で一杯。
古写真:明治四年頃、坂下右は小西酒店。お酒を買って山上で一杯。

出世の石段

出世の石段

この急坂を馬に乗って駆け上がるとは信じられません。
子供もコケています (≧∇≦)。

月岡芳年画「曲垣平九郎」
曲垣平九郎 月岡芳年画
寛永十一年(1634年)徳川家光公が山上に咲く梅を見て、「梅の枝を馬で取ってくる者はいないか」と言ったところ、讃岐丸亀藩の家臣、曲垣平九郎が見事成功!。全国にその名を轟かせたと云います。

その後、成功したのは5〜6人と云われています。

文政十三年(1830年)発行の「嬉遊笑覧」という本に、備前藩士、森彦三が成功とありますが、いつ成功したのか明記がなく確証のない話です(「嬉遊笑覧」という題名ですから(笑))。

嘉永七年(1854年)稲葉家家臣、雄嶋勝吉の記録
明治六年(1873年)東京蔵前片町の石井清三郎の記録
も確証がありません。

「芝区史」にある信頼できる記録は
明治十五年(1882年)曲馬師、石川清馬。
大正十四年(1925年)陸軍参謀本部馬丁、岩木利夫。
そして近年、TV番組で挑戦した
昭和五十七年(1982年)スタントマン、渡辺隆馬。

曲垣平九郎以降、確かな記録は、明治・大正・昭和と、ずいぶんと時代が離れています。なぜでしょうか(?_?)

江戸時代は68段、今は86段

江戸時代のどの記録を見ても石段の数は68段と云っています。現在86段ですので江戸時代は一段の高さがもっと高かったことになります。しかも、サラブレットではなく、小さい馬だったことでしょう。

そう思うと、曲垣平九郎は実在の人物ですが、この話は伝説だったのか(?_?)
平九郎の名誉にために信じます。その方が楽しいし(^^*)。

愛宕山は古写真の宝庫

東京の真ん中の観光地ゆえに、絵葉書・古写真が多く残っています。

幕末、明治初期の写真黎明期に活躍したフェリーチェ・ベアト(1832年ー1909年)は愛宕山から江戸の香りが残る街のパノラマ写真を撮っています。

愛宕山からのパノラマ西側
古写真:愛宕山からのパノラマ北側(クリックで拡大)。
古写真:愛宕山からのパノラマ東側
古写真:愛宕山からのパノラマ南側(クリックで拡大)。

手前の長屋塀は越後長岡藩牧野家の中屋敷(古地図A)。その右、木々の向こうに大和小泉片桐家上屋敷(B)。

古地図:万延二年(1861年)尾張屋版愛宕下之図
古地図:万延二年(1861年)尾張屋版愛宕下之図

愛宕山からの眺望

今となってはビルに囲まれ、見通しも効きません。

明治中頃の山頂「愛宕山公園」左に出世の石段の手すり。
明治中頃の山頂「愛宕山公園」左に出世の石段の手すりが見えます。

愛宕山の愛宕塔

明治初期の地図で愛宕山は標高25.93mとなっていますが、もっと高くと思ってしまうのが人の欲というものです。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より
古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より
古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より

明治後期になると、塔の記号(赤矢印)が現れます。

明治22年オープンの愛宕塔。大人四銭、小人二銭。
明治22年(1889 年)オープンの愛宕塔。入場料大人四銭、小人二銭。

明治二十二年(1889年)、展望タワー「愛宕塔」ができ、この通りの奥には昭和五年(1930 年)、愛宕山トンネルが開通します。

愛宕山トンネル
愛宕山トンネル

愛宕塔があったところには、大正十四年(1925年)、現NHKの東京放送局(JOAK)が建設され、ラジオ放送が開始されます。

NHK放送博物館
NHK放送博物館。もとNHK愛宕山放送局。

山頂にあの浪士十八人が集結

安政七年三月三日(新暦1860年3月24日)雪の朝、桜田門外の変を起こした十八人は、ここ愛宕山の茶店に集結、身支度を整えています。

愛宕山集合之図 月岡芳年画
愛宕山集合之図 月岡芳年画(クリックで拡大)。

桜田烈士

桜田烈士

桜田烈士

明治四年頃の愛宕山山頂。茶店も確認できます。
明治四年頃の愛宕山山頂。茶店も確認できます。
愛宕山からのパノラマ北側
愛宕山からのパノラマ。この写真でいうと左が江戸城方面(クリックで拡大)。

桜田烈士碑 この山頂で江戸城桜田門方面を眺めたことでしょう。
出世の石段を登り「出世」を夢見たのでしょうか?
出世せずとも世の中は変わると思ったのでしょうか?

愛宕山を降り、江戸城下の大名行列を見物しに行けば、人目には江戸見物に来たグループと思えるでしょう。

十八人は、巧みに観光客を装い、桜田門外へと向かうのでした。

「絵巻、古地図で見る桜田門外の変」