「浮世絵」タグアーカイブ

都心の新撰組(近藤勇編)

新宿区の外苑東通りの焼餅坂、市谷柳町交差点。
ここは一昔前まで渋滞のメッカで、光化学スモッグ多発地帯という、なんとも懐かしい公害の汚名が出てきます。渋滞緩和のため、一部、信号を取り除くという暴挙に出た場所です。

牛込柳町交差点
牛込柳町交差点。

外苑東通りは未だに片側二車線工事をしていて、片側一車線のところは渋滞します。

焼餅坂坂上より
焼餅坂坂上より。

焼餅坂という名は団子坂同様、付近に餅屋があったからという他愛のない命名です。
川柳にも「向かい合ひ 焼餅坂の 女房たち」と云うのがあり、そこはかとなく込み上げてくる滑稽な名です。

古地図を見ると今よりも、短く、急坂だったことがわかります。

古地図:安政四年(1857年)改 尾張屋刊江戸切絵図より焼餅坂
古地図:安政四年(1857年)改 尾張屋刊江戸切絵図より焼餅坂(赤矢印)。

近代になって、自動車・都電用の道にするため、真っ直ぐに、緩やかに、そして長くしています。

左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図、右:古地図:昭和30-35年(1955-60年)1万分の1地形図
左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図(青矢印が焼餅坂)、右:古地図:昭和30-35年(1955-60年)1万分の1地形図(クリックで拡大)。

この焼餅坂坂上近くに「試衛館」跡という史跡があります。

試衛館道場

奥には三百年以上前からあったという正八幡神社があり、良い雰囲気を醸し出していますが、寂しく試衛館跡の説明柱が立つのみ。

正八幡神社
試衛館跡の正八幡神社。

「試衛館」跡

この場所は江戸切絵図(青矢印)にあるようにかつての市谷甲良屋敷内で、その一角を借り、近藤勇の養父であり、天然理心流三代目宗家近藤周助が道場を開いていた場所というのが定説です。

一方、新撰組(新選組)生き残りの永倉新八は、北海道小樽新聞に掲載された回想録「新撰組永倉新八」の中で道場は小石川柳町の坂上と言っています(*’д’*)。

小石川柳町
小石川柳町商店街。

この記事は高齢の永倉新八をインタビューしたもので、高齢のための勘違いか、聞き手の聞き違い、勘違いからです。

近藤周助の文章の中に「江戸甲良屋敷西門近藤周助」とあり、甲良屋敷が試衛館跡で間違いないのですが。ではなぜ(?_?)

なぜ勘違いしたのか?

高齢のせいもあるのですが、小石川柳町から善光寺坂を経て、澤蔵司稲荷、伝統院を過ぎるとすぐ、処静院(しょじょういん)があったから勘違いしたのかもしれません。

浪士隊結成の地・処静院

処静院は新撰組の前身である浪士隊結成の地。処静院住職の琳瑞(りんずい)は浪士隊取締役の山岡鉄太郎(鉄舟)とは志を同じする懇意の仲で、浪士隊結成の趣旨に賛同し境内を貸します。

処静院は廃寺となり、この通りの奥が処静院のあった場所です。
処静院は廃寺となり、伝通院前のこの通りの奥が処静院のあった場所です。
江戸名所図会より処静院
江戸名所図会より処静院(赤矢印)クリックで拡大。
不許葷酒入門内
処静院の門前にあった「不許葷酒入門内」の碑。

文久三年(1863年)二月、清川八郎は上洛する十四代将軍家茂護衛のための浪士隊員を広く募集します。
その際、処静院に集結したのが近藤勇、永倉新八、山南敬助、沖田総司、藤堂平助、井上源三郎、水戸藩浪士の芹川鴨ら234名の面々。

彼らは将軍警護のため京へのぼり、攘夷を優先させ江戸に帰る清川一党と袂を分かち、京へ留まり、その後の活躍はご存知の通り。

浪士隊結成数ヶ月後、清川八郎は麻布一の橋で、四年後、処静院住職の琳瑞は三百坂で暗殺されてしまいます。

幕末は足早に過ぎていきます。

「陽だまりの樹」の三百坂を参照

千代田区九段、青木(モチノキ)坂下の新徴組屯所跡の碑。
千代田区九段、冬青木(モチノキ)坂下の新徴組屯所跡の碑。

清川とともに江戸に帰った浪士組は思想の柱を失い、庄内藩お預かりの新徴組と名乗り、江戸市中の警備にあたることになります。新徴組は日々、江戸市中を巡回、「お巡りさん」の語源になったと云われています。

新撰組は鳥羽伏見の戦いで敗れてから、敗走を余儀なくされ、千葉県流山で近藤勇は捕らえられ、その時、新政府軍の陣があった中山道の板橋宿へと護送されます。

板橋宿

江戸名所図会より板橋驛
江戸名所図会より板橋驛(クリックで拡大)。

江戸から一つ目の中山道の宿場、板橋宿は、江戸から見て下宿(平尾宿)、中宿、上宿の三つの宿場町から成り立ち、近藤勇が二十日間幽閉されたのは平尾宿脇本陣。

板橋宿平尾脇本陣豊田家。碑が経つ建つだけです。
板橋宿平尾脇本陣豊田家跡。碑が建つだけです。
板橋宿平尾脇本陣豊田家
 豊田家は、板橋宿の問屋・脇本陣、平尾の名主を努めた家であり、代々市右衛門を名乗っていました。天正18年(1590)、徳川家康の関東入国に際し、三河国より移住してきたと伝えられています。苗字帯刀を許され、平尾の玄関と呼ばれていました。
 (中略)
 慶応4年(1868)4月、下総流山で新政府軍に捕らえられた近藤勇は、平尾一里塚付近で処刑されるまでの間、この豊田家に幽閉されていました。
 平成19年3月 板橋区教育委員会

近藤勇は「大久保大和」という変名を使い、難を逃れようとします。
指名手配写真など無い時代、新政府東山道軍の中に元新撰組隊士の加納鷲雄がいたため、正体が露見、簡単な裁判の後、即席で設けられた刑場の露と消えます。

近藤勇の首はすぐさま塩漬けにされ京に送られ、胴体は刑場近くの馬捨場と呼ばれる場所に捨てられます。それがここです。

馬捨場

新選組隊長近藤勇墓所

近藤勇宜昌・土方歳三義豊之墓

遺言により新選組永倉新八墓もここにあります。
遺言により新選組永倉新八墓もここにあります。

今でこそJR板橋駅東口駅前ですが、昔は宿場はずれの低い目立たない土地。

近藤勇墓所

地元ではここを馬捨場と呼んでいたようですが、またそれに加えて、行倒れの旅人、岡場所(板橋宿は品川宿、内藤新宿、千住宿と並んで幕府非公認の遊郭としても有名)の女郎、飯盛女なども簡単な供養ののちに捨てるように埋葬されたと云います。

無縁塔
無縁塔。

それを物語るかのように、永倉新八が元新撰組主治医松本良順の協力のもとに建立した「近藤勇宜昌・土方歳三義豊之墓」墓碑の脇には無縁仏供養塔が、人知れずひっそりと佇んでいます。

岡場所であった板橋には吉原同様、投げ込み寺として文殊院があり、遊女の墓なる史跡も存在し、悲しい歴史を想起させてくれます。

文殊院

遊女の墓
文殊院の遊女の墓。

板橋刑場は何処にあったのか?

即席で急遽作られた板橋刑場、近藤勇が処刑されたのはどこだったのでしょうか?

資料には平尾一里塚とあります。中仙道、日本橋から最初の一里塚は本郷、次が平尾宿、三番目が志村。

本郷には本郷追分一里塚跡の説明板があり、志村には緑濃い一里塚がそのままの形で残っています。

志村一里塚

志村一里塚
志村一里塚

志村一里塚は幅広い国道17号線の左右にあり、一部削られたのではないかと思われがちですが、昔から左右離れていたようです。

ところが平尾宿一里塚はというと、浮世絵には美しく描かれているにもかかわらずに、標柱すらありません。

平尾一里塚
平尾一里塚。

思うに板橋刑場として使われたのを嫌い、黒歴史は語らず。ということでしょうか?
調べたところ、ある特定の場所に辿り着きましたが、住人が不快に思うので語らない方が良いかもしれません。

都心では珍しいJR埼京線の踏切手前、日本橋からみて踏切の手前とだけ言っておきます。

板橋埼京線踏切

 

桜田神社

都心中の都心、沖田総司編

絵巻、古地図で見る桜田門外の変

三宅坂の小高い丘の憲政記念館(井伊彦根藩邸跡)から桜田門を見ると。この約550メートルの短い距離の間で「桜田門外の変」が起きたと思うと、感慨深いものがあります。

桜田門を臨む
憲政記念館中庭から桜田門を臨む。

東京で一番美しい坂、三宅坂を参照

桜田門外之変図

桜田門外の変図襲撃グループの一人、蓮田市五郎は事件後、傷を負いながらも老中脇坂中務大輔邸に趣意書を持って自訴。

その後、細川越中守邸お預けになっている間に、請われて描いたという絵巻が残っています。

「桜田門外之変図」
「桜田門外之変図」クリックで拡大。

井伊彦根藩邸から桜田門外までの事件を生々しく描いています。

井伊彦根藩邸
井伊彦根藩邸

井伊彦根藩邸

井伊彦根藩邸は今の憲政記念館、国会議事堂前庭の一部を含む広大な一等地に位置していました。

憲政記念館の時計台
憲政記念館の時計台

井伊彦根藩邸の名残り

憲政記念館に入ってすぐ、枯葉のゴミ箱かいな?と思ってしまうものがあります。これは「桜の井」の遺構。

井伊彦根藩邸時代には門前にあり、「柳の井」と並んで名水と呼ばれ、旅人の喉を潤したと云います。

歌川広重「東都名所・外桜田弁慶堀桜の井」
歌川広重「東都名所・外桜田弁慶堀桜の井」
明治5年頃桜の井
明治5年頃の桜の井の遺構。

古写真にも写っていて、道路工事の際、移設されたものだということがわかります。

憲政記念館中庭の石灯籠は?

他にも井伊彦根藩邸時代のものはないかと探すと、、、

憲政記念館の石灯籠

この石灯篭は藩邸時代の遺物なのか(?_?)
年号が入っていないので、千代田区観光協会、憲政記念館に問い合わせると、、、
昭和48年、衆議院議員宿舎で余ったものを移設」と丁寧に教えてくれました。ありがとうございました。
時代ものではなかった囧rz。

井伊彦根藩邸時代のものは「桜の井」の遺構しかないようです。

歌川広重「江都勝景 桜田外の図」
歌川広重「江都勝景 桜田外の図」

安政七年(1860年)三月三日、赤い門を出て、緩やかに下り、桜田門から登城しようとする大老井伊直弼の行列があったのです。

国会前交差点から桜田門を臨む。
国会前交差点から桜田門を臨む。

絵巻、古地図で検証

桜田門外の変の時代背景、経緯は歴史好きの皆さんの方が詳しいと思いますので、残された絵巻、古地図で検証したいと思います。

「桜田門外之変図」(クリックで拡大)。
「桜田門外之変図」(クリックで拡大)。
安政六年(1859年)外桜田絵図
安政六年(1859年)外桜田絵図。三宅坂はさいかちの木が多かったので別名、さいかち坂。地図上にサイカチ河岸と表記されています(クリックで拡大)。

通りの濠側に二つの番所(A,B)があり古地図と一致します。
桜田門の対面に二つの門(C,D)があり、古地図の屋敷区分から見ると、松平市正上屋敷の表門と松平安芸守上屋敷の裏門のようです。
絵巻、浮世絵に描かれている通り、井伊彦根藩邸の表門はE地点です。

井伊直弼の行列は、徒士20数名とお付きの従者40名ほど。対する襲撃側は18名。数で見ると井伊側有利ですが、安政七年三月三日、桃の節句(新暦1860年3月24日)は、季節外れの大雪。

刀に柄袋をつけています。
刀に柄袋をつけています。

絵巻でわかるように、井伊側は大名行列の規則でスネを出し、足袋も履かずに裸足。
雨合羽を着、刀には雪除けの柄袋をつけています。身動きが不自由な上、かじかんだ指で刀の柄袋を解くことも難しい状況です。

井伊彦根藩邸に逃げ帰る
井伊彦根藩邸に逃げ帰る者たち。
桜田門外之変図
襲撃側はしっかり足袋を履いています。
桜田通り方面に逃げる
桜田通り方面に逃げる者たち。

井伊藩邸に逃げ帰る者、今の桜田通り方面に逃げる者も描かれていますが、柄袋をつけたまま、刀の鞘で応戦した者もいたと云います。

桜田門の門番は門を閉ざし、江戸城への敵の侵入を防ぐのが役目。門外で起きている事件は傍観するだけです。
今でも時々「桜田門」が桜田門を守っています (≧∇≦)。

桜田門が桜田門を守ってる

拳銃を構える男

約三分間の死闘の末、襲撃側が井伊直弼の首級を挙げます。

定説では、拳銃を持っていたのは、リーダーの関鉄之介、直訴状を持ち、籠訴を行った森五六郎の二人。森五六郎が撃った銃弾が井伊直弼に命中したことになっています。

しかし、蓮田市五郎の残した絵巻では、森山繁之介が拳銃を構えています。えっえーっ(*’д’*)!

拳銃を持つ森山繁之介
拳銃を持つ森山繁之介。

一説には水戸藩の武器製造工場「神勢館」で、ペリーがもたらしたリバルバー拳銃「コルト51アーミー」の完コピを造っていたと。

襲撃グループは元水戸藩士。拳銃を手に入れることが出来、5丁用意していたと云います。

命中した銃弾は誰が撃ったのでしょうか?
拳銃を提供したのは誰なのでしょうか?
謎です。

古地図で見る逃走経路

「桜田外の図」部分

襲撃後、それぞれに逃走。見届け役として戦闘に参加せず立ち去る者、老中脇坂中務大輔邸(古地図F)、細川越中守邸(G)に自訴する者など。

その中で、井伊直弼の首級を挙げた元薩摩藩士、有村次左衛門の逃走経路を見てみます。

安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖
安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖(クリックで拡大)。

有村次左衛門は重症を負いながらも、井伊直弼の首を持ち、桜田門外(A)から今の日比谷公園方向に進み、日比谷御門(B)を抜け、濠沿い(今の日比谷通り)に、馬場先門(C)、和田倉門(D)が閉門しているのを横目で見、辰ノ口の遠藤但馬守邸の辻番所前(E)で力尽きます。

日比谷公園入口に残る日比谷御門跡
日比谷公園入口に残る日比谷御門跡。
和田倉門
和田倉門。背後のビルとビルの間に辻番所があったようです。

井伊直弼の首は遠藤但馬守邸で預かります。数時間後、井伊彦根藩邸から使者が首を引き取りに来ます。
その時、使者は、「井伊家家臣、加田九郎太の首を受け取りに」と偽っています!щ(゚Д゚щ)。
もうすでに事件の揉み消しが始まっていました。

江戸城伏見櫓
江戸城伏見櫓

将軍のお膝元で、大老が襲われ、首をとられるという事件。

今で言えば、国会議事堂前でテロ集団に襲われ、内閣総理大臣が暗殺されるようなものです。

ゴルゴかゴエモンかよっ!ヽ(`Д´)ノ というぐらいのありえない事件でした。

彦根城
国宝彦根城

お家取り潰しになってしまう井伊彦根藩にも、権力の失墜を露呈してまう幕府にとっても、この事件は無かった事にしたかったのです。

ゆえに今になっても、井伊直弼の遺骨はどこにあるのか?事件の黒幕は?などという謎が付きまとっています。

「天下の大悪人」と水戸藩主、徳川斉昭からも非難された18人の内、明治まで生き残ったのは二人だけ。
その内の一人、海後磋磯之介(かいごさきのすけ)は「菊池剛蔵」と改名、本名を隠し、警視庁・水戸県警察本部に勤務。明治36年(1903年)没します。

海後磋磯之介が残した事件覚書には、文差しに直訴状をつけ、籠訴に走る森五六郎が描かれています。

籠訴する森五六郎
籠訴する森五六郎