「中央区」タグアーカイブ

闇坂と二つのお岩稲荷


闇坂(くらやみ坂)。この坂にはこんな謂れがあります。

夜な夜な嫉妬に狂った女がわめきながら走り回る。

こんな謂れがあるのも、そもそも、その坂名とともに近くにお岩稲荷があるからです。

闇坂(くらやみ坂)
闇坂(くらやみ坂)坂上から。
闇坂坂下から。
闇坂坂下から。

闇坂説明柱

闇坂(くらやみざか)
この坂の左右にある松厳寺と永心寺の樹木が繁り、薄暗い坂であったためこう呼ばれたという。(御府内備考)

この坂はお寺とお寺の間にあった薄暗い坂道で、以前は怪談坂、失礼m(_ _)m、階段坂だったのをバリアフリーのため、階段を取り除いたそうです。

二つあるお岩稲荷

闇坂の坂上近くには、四谷於岩稲荷田宮神社と於岩稲荷陽運寺の二つのお岩稲荷があります。どどどっどうして(?_?)?

於岩稲荷田宮神社
於岩稲荷田宮神社。
於岩稲荷陽運寺
於岩稲荷陽運寺。

江戸切絵図を見るとお岩稲荷は今の新左門児童遊園から四谷於岩稲荷田宮神社までの範囲になっています。

古地図:嘉永三年(1849年)万治元年 (1858年)改 尾張屋刊江戸切絵図よりお岩稲荷(青矢印)と闇坂(緑矢印)。クリックで拡大。
左門児童遊園
左門児童遊園。

幕末の切絵図では田宮家は確認できませんが、於岩稲荷陽運寺はお岩さんの夫、田宮伊右衛門の屋敷があったとされる場所です。「お岩さま所縁の井戸」もあります。

お岩さま所縁の井戸
於岩稲荷陽運寺のお岩さま所縁の井戸

実際のお岩さんは田宮家の養子である薄給の夫・伊右衛門をよく助け、奉公に出るなどして家勢を再興させた良妻とされています。怖くはなさそうです。(^▽^) ホッ。

お岩さんのお墓

お岩さんのお墓は豊島区の妙行寺にあります。

豊島区の妙行寺。
豊島区の妙行寺。
四谷怪談お岩さまの寺の碑
四谷怪談お岩さまの寺の碑。
お岩さまの墓。
お岩さまの墓。

お岩さんのお墓というより、田宮家代々の菩提寺です。

東海道四谷怪談

しかしながら、なぜ「海道四谷怪談」という題名なのか?
四谷は東海道ではなく甲州街道とツッコミを入れたくなりますヽ(`Д´)ノ。

作者の鶴屋南北は、十返舎一九の大ヒット作「東海道中膝栗毛」の人気に便乗して、わざわざ東海道と冠をつけたのです(^^*)。

もひとつウンチクを言えば、雑司ヶ谷の高田四谷町が舞台になっているバージョンもあり、神田川も登場します。雑司ヶ谷も東海道ではありません(^^*)。

ももひとつ、四谷も高田四谷町(現・豊島区高田一丁目)も、家康入府当時は四件の家しか無いようなところで「四つ家」とも、四つの谷があったので、とも云われています。

どちらの地名語源も正解のように感じます。
四谷も高田四谷町にも深い谷があり、江戸の郊外でした。

都会に残る鎌倉街道をゆく4 江戸情緒豊かな雑司ヶ谷鬼子母神編を参照

三つ目のお岩稲荷

そうこう調べているうちに、
お岩稲荷がもう一つあるってぇ⁉︎(*’д’*)

新川のお岩稲荷
中央区新川のお岩稲荷。

四谷とは関係のない中央区新川にある於岩稲荷田宮神社。
戦災で焼け、四谷から引っ越したとも、田宮家が戦後、移転したとも云われていますが、真相は?

新川のお岩稲荷

芝居小屋に近いここは歌舞伎俳優初代市川左団次の所有地であったと伝えられています。
「四谷怪談」を演じる役者は、公演前、お岩稲荷にお参りしないと、顔が腫れるなど、不幸が訪れると云う逸話があります。

賽銭箱も明治座の奉納
賽銭箱も明治座の奉納。

そのため、花柳界や歌舞伎関係などの人々がお参りし、賑わっているようです。

都心に三つもあるお岩稲荷、日本人なら誰でも知っている古典的怪談噺「東海道四谷怪談」の人気を物語っているようです。


切絵図にみる紀尾井坂と松陰を斬った一族、首切り浅


紀尾井坂の変」が起きたのは清水谷ですが、なぜ、「清水谷の変」と呼ばないのでしょうか?

清らかな水の湧く谷「清水谷」。この地名は全国いたるところにあり、混乱を招く恐れがあります。

一方、「紀尾井坂」は、彦根藩の中屋敷に囲まれていた稀有な環境の坂道。日本広しと云えども「紀尾井坂」はここだけです。「紀尾井坂の変」と言えば、間違いなくこの辺りを指すことになるです。

古地図で辿る大久保利通、最期のルート「紀尾井坂の変」と参照。

古地図:嘉永三年(1849年)万治元年 (1858年)改 尾張屋刊江戸切絵図より紀尾井坂
古地図:嘉永三年(1849年)万治元年 (1858年)改 尾張屋刊江戸切絵図より紀尾井坂

州中屋敷跡は現・東京ガーデンテラス紀尾井町、清水谷公園。

東京ガーデンテラス紀尾井町
東京ガーデンテラス紀尾井町
清水谷公園
清水谷公園

張中屋敷跡は現・上智大学。

上智大学
上智大学

伊中屋敷跡は現・ホテルニューオオタニ。

ホテルニューオオタニ
ホテルニューオオタニ

また切絵図で面白いのは現・清水谷公園のあるところ(赤矢印)にではなく、現・上智大学の裏の通りを「シミズダニ」と表記しています。

シミズダニ

この上智大学の裏通りをまっすぐ行くと、なるほど、この坂道から清水谷は始まっているのだとわかります。

清水谷の始まり

紀尾井坂と同じように三つの家からとった名前の坂道が近くにあります。

三べ坂

紀尾井坂に対抗したのか、安・岡・渡で「三辺坂」。

古地図:嘉永三年(1849年)万治元年 (1858年)改 尾張屋刊江戸切絵図より三べ坂
古地図:嘉永三年(1849年)万治元年 (1858年)改 尾張屋刊江戸切絵図より筑前守・安摂津守・渡丹後守屋敷に囲まれた三辺坂。

江戸っ子らしい洒落たネーミングですが、「三辺坂」では「部」はどうなるヽ(`Д´)ノ 。
部部辺坂のほうが良かったような?
でもぉ、それでは言いずらいし、今では「三べ坂」とカナで表記しています。

三べ坂
三べ坂

山田浅右衛門がポッツンと?

また、幕末の切絵図をみていると、おもしろいことに気づきます。紀尾井坂を下り、清水谷坂を登り、まっすぐいくと町人地が続くのですが、町人地である平川町にポッツンと一軒のお武家が、、、

古地図:嘉永三年(1849年)万治元年 (1858年)改 尾張屋刊江戸切絵図より紀尾井坂と山田浅右衛門
古地図:嘉永三年(1849年)万治元年 (1858年)改 尾張屋刊江戸切絵図より紀尾井坂と山田浅右衛門(クリックで拡大)

山田浅右衛門」の一軒だけが、四方を町人地で囲まれ真ん中に。なぜこんなことになっているのでしょうか?

山田浅右衛門とこの切絵図の版元「金燐堂」も宣伝よりしくチャッカリ表記されています。
山田浅右衛門とこの切絵図の版元「金燐堂」も宣伝よろしくチャッカリ表記されています(^^*)。
平川町の山田浅右衛門邸のあったあたり
平川町の山田浅右衛門邸のあったあたり。

徳川家刀剣類御様御用

山田浅右衛門(または山田朝右衛門)は、特別な家柄で、主君を持たない、どこにも組しない、いわゆる浪人の身分です。
がしかし、代々、役職があり、それは、将軍家の刀剣試し切り役、正規の役職「徳川家刀剣類御様(おためし)御用」。

どう試すのかって?
そうです!斬首の執行人なのですщ(゚Д゚щ)。

初代 山田浅右衛門貞武
二代 山田浅右衛門吉時
三代 山田浅右衛門吉継
四代 山田浅右衛門吉寛
五代 山田浅右衛門吉睦
六代 山田浅右衛門吉昌
七代 山田浅右衛門吉利
八代 山田浅右衛門吉豊
九代 山田浅右衛門吉亮

元禄のころから、この役に就いていたと云う一族です。
かといって、もらえる「試し切り料」は微々たるもの。
幕府から家禄をもらっていないわけで、何が収入源だったのでしょうか?

えっえーーーщ(゚Д゚щ)!漢方薬⁈
執行後の遺体は彼のものとなり、各部位を漢方薬にして売っていたようです。
労咳(結核)に効くとされた「浅山丸」は有名でした。
「熊の胆」とかいうけど人間の部位が材料のものもあったのですねぇ。てっ、ちょー怖っ((((; ゚Д゚)))

大悪人のものとなると「肝が据わってるっ!」と高値で取引されたそうな。マジかいな?(^^*)
でもなんだか効きそうに思えてくる畏怖の作用。

また、町道場も開いていて、勝海舟のお父さん、勝小吉が通っていたという話もあります。七代目吉利の頃のようです。

松陰を斬った七代目山田浅右衛門吉利

七代目の吉利は小伝馬町牢獄で、吉田松陰を斬っています。

小伝馬町牢獄跡
小伝馬町牢獄刑場跡(大安楽寺)

松陰は、死の間際でも落ち着きはらい、役人に「ご苦労様です。」と挨拶までして、毅然としていたと、のちに語っています。山田浅右衛門には辞世の句を理解できるよう文学の素養も必要とされていたようです。

松陰先生終焉の地
刑場跡の大安楽寺の向かい・十思公園に立つ「松陰先生終焉の地」の碑。
松陰辞世の句
 身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂
松陰辞世の句の碑
松陰辞世の句の碑。「二十一回猛士」は松陰のペンネーム。

維新後の九代目山田浅右衛門吉亮

明治5年(1872年)牢獄は市ヶ谷に移ります。市ヶ谷監獄署の刑場があった場所に青峰観音というお地蔵さんが建っています。

青峰観音
青峰観音

現在地図と見比べると、青矢印が刑場のようです。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より市ヶ谷監獄。
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より市ヶ谷監獄。
新宿区台町坂の南側(写真右)に市ヶ谷監獄署がありました。
新宿区台町坂一帯に市ヶ谷監獄署がありました。

維新後も変わらず、斬首は行われていて、最後の首切り役人・九代目吉亮は「紀尾井坂の変」「赤坂喰違の変」の犯人も斬っています。
「赤坂喰違の変」の犯人九名は、1日で斬ったと云い、さすがに疲れると見え、刑のあった日は門人と呑み明かしたと云います(尋常な気持ちでいれるわけがありません)。

岩倉具視暗殺未遂事件「赤坂喰違の変」と、生き残った岩倉邸を参照。

高橋お伝

日本で最後に斬首に処せられたのは「毒婦・高橋お伝」と云われています。

講談話等では、あまりの色香漂ううなじに、浅右衛門の手許が狂い、仕損じてしまいます。それを恥じてこの職を辞めたと云うことになっていますが、実際には、明治13年(1880年)刑法により、残忍な斬首は廃止され絞首刑となっています。

谷中霊園にある戯作者・仮名垣魯文により建立された墓碑「高橋お伝の墓」。
九代目山田浅右衛門吉亮と高橋お伝
九代目山田浅右衛門吉亮と高橋お伝
墓碑説明板より「高橋お伝」
「高橋お伝」の墓碑説明板より。
高橋 お伝 1850~1879
嘉永3年、上野国前橋に生まれる。明治初期の稀代の悪婦として知られる。最初の夫、浪之助が悪病にかかり身体の自由を失ったのでこれを毒殺し、他の男のもとに走り、その後、各地を放浪しながら悪事を重ねた。明治9年、浅草蔵前の旅館丸竹で、古着屋後藤吉蔵をだまして殺害、所持金200両を持って逃走、京橋新富町で捕らえられ、同12年、30歳で死刑に処せられる。毒婦お伝の名は都下の新聞、仮名垣魯文のお伝一代記『高橋阿伝夜叉譚』などで有名になる。しかし、彼女は貧困と差別のうちに男に利用された気の毒な存在と見る見方も強まっている。碑は物語で利を得た魯文が世話人となって作られた。

小伝馬町、市ヶ谷、谷中霊園を訪ね、最後に、松陰を斬った七代目吉利の墓がある四谷の勝興寺に。

七代目吉利

「第七世 浅右衛門吉年」となっています。明治17年( 1884年)没。仕事とはいえ松陰を斬った男。複雑な感情が芽生えてきます。

勝興寺すぐ近くに須賀神社があり、脇には最近、超有名になった坂があります。

須賀神社

「君の名は。」の坂道

「紀尾井坂の変」「赤坂喰違の変」「首切り浅」と重いお話が続きましたが、次はか〜るく(^^*)

「君の名は。」のラストシーン聖地巡礼と坂道の歴史ウンチク

へと続く。