「キリシタン屋敷」タグアーカイブ

「沈黙 -サイレンス-」のモデル、ジュゼッペ・キアラの供養碑がなぜ此処に。


幕末の匂いが濃かった三百坂、伝通院で「清河八郎」のお墓を探している時に目にしたこの案内板。

伝通院墓地案内図

鎖国をしていた幕府直轄の、そして、家康公生母の菩提寺、葵の御紋が眩しい「伝通院」に?。

伝通院

なぜ、宣教師の、いわゆる「転びバテレン」のジョゼフ岡本三右衛門の供養碑があるのでしょうか。
驚きとともに理解できない不思議さを感じるのでした。

 「陽だまりの樹」の三百坂を参照

ジョゼフ岡本三右衛門の供養碑
宣教師ジョゼフ岡本三右衛門神父の供養碑。

ジュゼッペ・キアラ神父、岡本三右衛門の数奇な生涯

宣教師ジュゼッペ・キアラ、またはカウロ(日本名、岡本三右衛門)は、遠藤周作、狐狸庵先生の小説「沈黙」のモデルとされ、マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙 -サイレンス-」でも知られています。映画の中ではロドリゴ司祭、岡田三右衛門と呼ばれています。

ジュゼッペ・キアラ神父は、1602年、シチリア島生まれのイエズス会宣教師。寛永二十年(1643年)、筑前国で捕らえられます。

同年、江戸に護送され、一旦は伝馬町の牢屋敷に。その後、宗門改奉行の井上政重邸(神田一ツ橋辺り、地図参照)に預けられ、井上政重下屋敷改築後の小石川、切支丹屋敷に入牢させられます。

切支丹屋敷想像図
1600年代の切支丹屋敷想像図。

切支丹屋敷幽閉者第一号でした。

古地図:元禄年間(1688-1703年)江戸大絵図より、神田一ツ橋の井上政重邸と小石川の切支丹屋敷、切支丹奉行組。
古地図:元禄年間(1688-1703年)江戸大絵図より、神田一ツ橋の井上政重邸と小石川の切支丹屋敷切支丹奉行組Aは平川門、B竹橋と非常に江戸城に近い。C今の春日通り茗荷谷駅付近(クリックで拡大)。

ジュゼッペ・キアラ神父は、すでに転びバテレンとなっていたクリストヴァン・フェレイラ神父(日本名、沢野忠庵)が協力する幕府の吟味(一説には三代将軍家光公も直接吟味)と、想像を絶する拷問を受け、浄土宗に「転び」ます。

ちょうどその頃、伝馬町で斬罪となった「岡本三右衛門」という下級武士の姓名、扶持がそのまま与えらます。
さらに、斬罪となった伊豆国三崎西町の某という亭主の後家婦人を娶ることになります。

彼は、隠れキリシタンの吟味に協力し、比較的優遇されましたが、切支丹屋敷にいること三十九年。貞享二年(1685年)没し、伝通院の北、無量院に葬られます。
齢84歳の高齢だったと云われています。

この高齢のジュゼッペ・キアラ神父を切支丹屋敷で世話をしていたのが長助とその妻、はる。彼らは次の入牢者であるジョヴァンニ・バッティスタ・シドッチ神父から洗礼を受けキリシタンとなります。

ジュゼッペ・キアラ神父が告白したキリシタンの伝道規律、キリスト教の真髄を述べた「宗門之書物」は、のちに新井白石が読み感動し、宣教師シドッチ神父を吟味する際、多いに参考にしたと云います。宝永六年(1709年)のことです。

文京区公認キリシタン坂の怪を参照

切支丹屋敷と宣教師シドッチ神父を参照

岡本三右衛門が葬られた無量院

古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より伝通院裏(北側)の無量院(クリックで拡大)。

無量院は江戸の頃、大いに栄え、江戸名所図会にも紹介されています。

江戸名所図会より無量院
江戸名所図会より「祥雲寺と無量院」。古地図、江戸名所図会とも、今は暗渠の千川が描かれています(クリックで拡大)。

戒名入専浄眞信士伝通院の北に位置していた無量院は廃寺となり、昭和52年(1977年)地元有志の方々が、かつての無量院に近い伝通院に、本来の墓碑(戒名、入専浄眞信士)に似せた新しい供養碑を建立したようです。

岡本三右衛門供養碑

碑面には、イタリア大使による「安らかに眠りたまへ」の文字が刻まれています。

千姫の墓
千姫の墓

本当に無量院に近い伝通院境内北側となると「千姫の墓」の裏側になってしまうので、これではちょっとということで、西側の隅にあるのでしょうか。

だが、話はここで終わりません。

戒名「入専浄眞信士」のキアラ墓碑
戒名「入専浄眞信士」のキアラの墓碑。

ジュゼッペ・キアラ神父の生涯同様、本来の墓碑も数奇な道を歩いて行くことになります。

行方不明になった墓碑

無量院の墓地は開国後の明治初期、そこにあり、ジュゼッペ・キアラ神父の古い墓碑もそこにあったはずです。
明治42年(1909年)寺の都合か、陸軍の都合かで、墓地は雑司ヶ谷霊園に移されます。

左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1右:東京図測量原図より明治41-42年1万分の1測図
左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1右:東京図測量原図より明治41-42年1万分の1測図(クリックで拡大)。

そして、太平洋戦争のさなか、昭和18年(1943年)、墓碑は、雑司ヶ谷霊園から忽然と姿を消します。

無量院住職、竹中尭献(ぎょうゆう)氏が、四方八方行くえを探すと、その存在が確認されます。

なんと、カトリック信者二人が、目白警察署員立会いのもと、リヤカーに乗せ、教会へ避難させていたというのです。

双方、宗教者ということで和解が成立。今は調布市のカトリック教会サレジオ修道院の構内にあり、手厚く葬られています。

調布サレジオ修道院内の岡本三右衛門墓碑。
調布サレジオ修道院内の岡本三右衛門墓碑。宣教師の帽子の形をしています。

無量院は戦災で焼けてしまい廃寺となりますが、カトリックから浄土宗そしてまたカトリックへと「転び転び」し、大切にされています。元の鞘に収まった感のあるお話です。

それぞれの宗教については語る立場にありませんが、人間は宗教から少しばかり離れた方が良いのかもしれません。
〇〇教徒は入国拒否などという不条理なことが起きないように。

人を救うのは家族・友人はもちろん、iPS細胞だったり、介護ロボットだったりする社会がすぐそこまで来ています。

宇宙の始まりは、インフレーション、ビックバン、自然の法則に従っただけで、その時、神は必要だったのでしょうか?と、ホーキング博士は語りかけています。

宗教で救われることもあるでしょうが、宗教で争いが起きるのも事実です。
私たちは歴史から多くのことを学ばなければいけません。


切支丹屋敷と宣教師シドッチ神父


源平桃あれは春の初めのことでした。
雨の中、近所のお寺の源平桃を見て、涙がこみ上げます。
雨と強い風で散ってゆくのかと心配な日。四季の移ろいは悲しいもの。しかしながら、やがては新緑が芽生え、、、誰か止めろっヽ(`Д´)ノ
と思ったら、あっ、ワトソ子くんからのメッセだ。

「坂道社長、事件です!」
「ん?、私にとっての事件は花が散ってゆくことなんだよ、ワトソ子くん(涙)」
「(*´Д`*) 〜з、また、そんなあ、詩人ぶってる場合じゃありませんことよ!坂道社長の大好きな切支丹(キリシタン)坂関係ですのよ!」
ワトソ子くんは新聞の切り抜きを送ってきました。

シドッチ神父新聞資料

要約すると

シドッチ神父の遺骨文京区茗荷谷の「切支丹屋敷跡」で2年前に3体の人骨が出土。うち1体は江戸時代のイタリア人宣教師シドッチの可能性が高いことがわかった。シドッチはキリシタン禁制下の日本に潜入した最後の宣教師とされる。
 文京区によると、マンション建設に伴う発掘調査で、2014年7月に3基の墓と人骨が出土した。国立科学博物館によるDNA鑑定や、人類学的分析で、うち1体は「170センチ超のイタリア人中年男性」と判明。文献から「175・5~178・5センチ」の長身で享年47とわかっているシドッチの特徴とも一致したことから、「ほぼ間違いない」と結論づけた。禁教下の宣教師とみられる人骨で個人が特定されるのは初めてという。
 別の2体の人骨は神父が入信させた夫妻の可能性があるという。1体は日本人男性と判明。もう1体の性別などは不明だが、歯にお歯黒のようなあとがあり、華奢(きゃしゃ)な骨のため女性と考えられるという。

えっ(*’д’*)、切支丹屋敷跡で、3体の人骨が出土。
イタリア人宣教師シドッチ神父の遺骨
が見つかる!だってぇ!
これは世界的な大ニュースですщ(゚Д゚щ)。
すぐ探偵社に帰り、ブログ解析をチェックするとアクセスがうなぎのぼり。

文京区謎多き数々のキリシタン坂
文京区公認キリシタン坂の怪

この2ページのアクセスが半端ではありません。
一日で777ページビューの記録を作ってしまいました。
これはたいへんなことです。
もう一度、キリシタン屋敷について調べなければと、坂道探偵は思うのでした。

御府内往還内沿革図書

今から約350年前の御府内往還内沿革図書を見ると、切支丹屋敷の変貌がわかってきます。時代とともにキリシタン屋敷は徐々に縮小されていくのです。

御府内往還内沿革図書
御府内往還内沿革図書

開設当初は水色エリア、1670年代で7700坪。
青色エリアは1705年頃、4765坪。
紫色エリアは1792年頃で2935坪と云われています。
青矢印が今の庚申坂(江戸・明治の地図では切支丹坂)、Aが、今は丸ノ内線の隧道と文京区公認の切支丹坂ですが、わたくし的は切支丹屋敷設立当初の入口の石段坂と妄想しています。その入口を示すかのように古写真(昭和40年代)では「切支丹屋敷の碑」が入口近くにあったようです。

古写真:切支丹屋敷の碑

切支丹屋敷の碑は移動され、今ではちょうど、縮小期のキリシタン屋敷跡に立っています。

隧道から切支丹屋敷入口
切支丹屋敷の碑が建っていたのは今の青矢印辺り。

切支丹屋敷の碑

そして、切支丹屋敷を調査する上で欠かせないのが「切支丹屋敷図(切支丹山屋敷図)」。ここに描かれている「長助はる夫婦の墓」(赤矢印)。これは今回見つかった男女2体に間違いないと思われます(断言はできない模様ですが)。この墓と並んで宣教師シドッチ神父が埋葬されたのでしょう。墓の出土位置から見て、この「切支丹屋敷図」は縮小に至る中間期の1705年からの図のようで、シドッチ神父が亡くなった年、1714年とつじつまが合います。青矢印の「大草家邸宅」が気になります。

切支丹屋敷図
切支丹屋敷図(小日向志より)
切支丹屋敷想像図
1600年代の切支丹屋敷想像図。

長助とはる

切支丹屋敷幽閉第一号となった「ジュゼッペ・キアラ(カウロ)神父」。のちに改宗させられ、岡本三左衛門(1601年〜1685年)と名乗る。彼の世話をしていた夫、長助と妻、はるの夫婦。ジュゼッペ・キアラ神父の死後、しばらくして、1708年からシドッチ神父の世話をすることになります。

一説によると、二人とも隠れキリシタンの子で生涯、切支丹屋敷を出ることは無かったと云います。二人はシドッチ神父の優れた人柄に触れ、彼から洗礼を受け、キリスト教信者となります。信者にとって、信教を隠すことは恥ずべきこと。彼らは入信したことを自ら告白し、処刑されるのでした。

「沈黙 -サイレンス-」のモデル、ジュゼッペ・キアラの供養碑がなぜ此処にを参照

彼らの墓(赤矢印)はキリシタン屋敷内に作られ、死んでも、この屋敷を出ることは許されませんでした。
今回、出土した日本人男女と思われます。

3基の墓
3基の墓

169号墓はヨーロッパ系男性。長持転用の棺。ほぼキリスト教の埋葬形式。
他二墓は長助はる夫婦の可能性が高いと云われています。

シドッチ神父

ローマ法王から日本への布教の命を受けたイタリア・シシリー島出身の宣教師、ヨハン・シドッチ。彼が日本に渡来したのは宝永5年(1708年)でした。

シドッチ神父の所持品だった「親指のマリア」。今は国の重要文化財。
シドッチ神父の所持品だった「親指のマリア」。今は国の重要文化財。

渡日前の4年間、フィリピンのマニラに留まり、日本人漂流者などから、日本語、日本の風習を学び、「郷に入らずんば、郷に従え」で、チョンマゲ、和服、大小を脇に差して、屋久島へと上陸するのでした。時は鎖国下の日本。即刻、捕らえられ、茗荷谷の切支丹屋敷に収容されることとなります。

六代将軍家宣の時代、幕政の補佐役であった、新井白石が彼を尋問し、「西洋記聞」「菜覧異言」などの著作をもたらします。新井白石は彼からキリスト教の教義、西洋の学問(天文、地理学など)を聞き、シドッチ神父の人柄、学の深さに感銘を受けています。

新井白石はキリスト教の教義を否定しつつも、幕府に対して、神父を「イタリアへ返す」「幽閉する」「処刑する」の三策を上申しています。白石本人は、イタリアへ返したかったらしいのですが、幕府は幽閉作を採るのでした。
その後、長助、はる夫婦に洗礼を施したことが罪に問われ、土牢に幽閉されます。彼は自ら食を絶ち、天へ召されるのでした。享年47歳、正徳4年(1714年)。
調べれば調べるほど、良い人柄が感じられる偉大な方です。

キリシタン屋敷跡

予備調査を終え、シドッチ神父、長助、はるを想いながら、キリシタン屋敷跡を訪れます。

切支丹坂から隧道
庚申坂(切支丹坂)から隧道へ

庚申坂(江戸、明治の地図では切支丹坂となっている)を下り、獄門橋があったであろう丸ノ内線の隧道をくぐり、キリシタン屋敷入口へ。

切支丹支の電柱

この辺りは調べた人によると「切支丹支」のプレートのある電柱が43本あると云います。電柱が歴史を物語るとは面白いことです。
そして、今はマンションが建つ現場へと到着。

切支丹屋敷エリア
赤いパイロンが立っているところが新築マンションで切支丹屋敷があったエリア
小日向一丁目東遺跡説明板
小日向一丁目東遺跡説明板

あれっ?もう説明板があります。どうやら人骨鑑定の結果前に建てたもののようです。
大草家邸宅なになに、これは素晴らしい。さすが文京区の台地。どこを掘っても縄文時代からの複合遺跡です。
なるほどぉ、切支丹屋敷図で裏門近くにある大草家(切支丹屋敷図上で青矢印)が気になっていたんですが、位置が確認できました。

大草家
青字で大草大次郎家。黒枠のエリアが今回の発掘調査現場。

これをじっくり見ていると、ご婦人に話しかけられました。世間の注目度が伺えます。私は予習をしているので説明はバッチリです。ウンチクを述べ、しばし歓談。
この説明板によると、遺骨の発見された場所は、マンションの駐車場辺りです。行ってみます。

人骨出土現場

ここで墓があった辺りを見ていると、また、紳士に話しかけられました。お墓のあった場所を探しているようです。
私がこの辺りだと教えてあげると、彼は神妙な顔になり、こう言います。

「日本人として、恥ずかしいことです。宣教師の墓を発見だなんて、あまり声を大きくして言えないことですね」

この紳士は、苦笑いをしています。
私は思わず「そうでしょうか?」という言葉を発しています。
少しばかり拍子抜けしたような紳士の顔付き。私は続けます。

「過去に何があったかを記録し、同じ過ちを犯さないために、歴史という学問があるのではないでしょうか?そんなことを言っていてはドイツのアウシュヴィッツ収容所はどうなるのですか?人々が何らかの反省をしに訪れているのではないでしょうか?」

ちょっと熱く語ってしまって反省する私は、気を落ち着け、続けます。

「ここには祈念堂を建てて、世界中の人が訪れるように期待しているのです。そうすればシドッチ神父の苦労は報われます。そして文京区から世界的な巡礼地が生まれるはずです」

紳士は苦笑いから、少しばかりの純な笑いに変わり、

「そうですね。あなたの言う通りかもしれません。同じ過ちを繰り返さないための何かが必要ですね」

最後に二人は無言のまま祈り、軽く挨拶をして別れました。

後日、ワトソ子くんと現場を訪れると、春の気配を強く感じます。

コデマリ「桃も桜も散ってしまったけど、ほら、可愛いコデマリが咲いているよ。って聞いてないじゃん囧rz」

ワトソ子くんは古地図に見入りながら、言います。
「坂道社長!この地図によるとあたしが若い頃、旦那といっしょに住んでたアパートも切支丹屋敷の一部に入りますわ」
「え?旦那ってぇ、今の旦那?」
「もぉっ、当たり前じゃないですかっ!私は坂道社長の歴史を見て、勉強しているんです。坂道社長のような間違いをしてはいけないと、、、云々」
どこかで聞いたよなセリフ。耳が痛い囧rz。
お後がよろしいようでm(_ _)m。