「几号水準点」タグアーカイブ

千代田区日比谷公園に残る2つの几号水準点


日比谷公園心字池の亀石

日比谷見附

日比谷見附

日比谷公園の東側の有楽門から入ったところが日比谷見附跡、その裏にあるのが心字池です。この池のほとりの亀に似た形の石に几号水準点が刻まれています。

几号水準点って何?を参照

日比谷公園亀石の几号水準点

この亀石、どこからか移設されたものだといいます。
定かではないのですが、牛込御門の石垣を移設したという説が有力だと云います。

公的資料:地理局雑報にある記載
牛込門枡形石垣 12.2014m
牛込御門
古写真:牛込御門。

牛込御門は今でいうとJR飯田橋駅西口、神楽坂方面出口の橋のところです。ずいぶんと遠いところから持ってきたものです。しかも几号が見えるように設置するとは不思議です。

日比谷公園烏帽子石の几号

日比谷公園烏帽子石

日比谷公園烏帽子石の几号水準点

こちらの烏帽子石は日比谷公園、西側の入口、幸門の交番裏にあります。大きな石の中央下部に几号水準点があります。
烏帽子石は出処がはっきりしていて、市ヶ谷御門の石垣だったものです。市ヶ谷御門は今のJR市ヶ谷駅のあるところです。

古写真:市ヶ谷御門。
公的資料:地理局雑報にある記載
市ヶ谷門枡形石垣 18.9836m

亀石もですが、なぜ、几号水準点は日比谷公園に移設されたのでしょう?案内板には永く保存するためって書いてありますが、市ヶ谷で取り壊された門の石垣の内の一つに過ぎないこの石をなぜ、選んだのか?几号水準点が見えるように設置するとはなぜでしょうか?

想像すると、、、

日比谷公園が造営された明治35年の時点で几号水準点はすでに使われていません。
明治政府が貴重な測量遺産を意図的に残そうとしたのか?
イギリス式測量の研修用なのか?(公園内の二つの几号が微妙に離れて設置されていることが根拠)

陸地測量部の修技所(研修センター)のあった外桜田門からも近いです(桜田門の几号を参照)。垂直に立った烏帽子石はいまでも標高測量の基準点として立派に機能すると思います。

日比谷公園心字池の亀石の几号水準点(H
日比谷公園烏帽子石の几号水準点(I
拡大すると正確な位置がわかり、クリックするとリンクがありますのでそれぞれのページに詳しい情報があります。


中央区一石橋、迷子しらせ石の几号水準点


几号水準点界の価値あるお宝、迷子しらせ石

一石橋は江戸城にも、呉服橋、日本橋の商業地にも近く、神田と日本橋を結ぶ、相当通行量の多かった橋と思われます。そんな人通りの多い橋のたもとに江戸っ子たちは迷子尋ね人用に掲示板ならぬ掲示石を立てました。正面に美しい書で「満よひ子の志るへ」(迷子の標)、左面に「たつぬる方」(迷子を捜している人)、右側に「志らする方」(知らせる人)と刻んであります。

几号水準点って何?を参照

一石橋南たもとの迷子しらせ石
正面に「満よひ子の志るへ」

側面上部の窪みに迷子の背格好、年齢などの情報を紙に書いて貼り付けました。(投稿欄とコメント、、、お江戸のコミニュケーションツールですね)2ちゃんねるもFBもツイッターもない時代の人情味あふれる遺物です(同じようなものは人の集まる湯島天神にもあり、そちらは奇縁氷人石といいます)。

一石橋南たもとの迷子しらせ石
左面に「たつぬる方」
一石橋南たもとの迷子しらせ石
右側に「志らする方」

深く美しい彫り

明治になって、正面下部に几号水準点も刻まれて、江戸東京博物館にレプリカが展示されているくらい、民俗学的にも測量史的にも一級の史料です。

迷子しらせ石の几号
迷子しらせ石の几号水準点。

古写真を見ると、、、

私だけが国宝級だと思っているのですが、当時から有名だったらしく古写真も残っています。

古写真:迷子しらせ石
古写真:迷子しらせ石

ずいぶんと埋まった状態です。几号水準点が刻まれたのはこの後と推測できます。

古写真:一石橋
古写真:一石橋

一石橋のたもと、人力車の横に建っています。お堀の対岸は江戸城城内で、お堀は今の外堀通りです。場所が地図とも一致し、この頃、几号水準点が刻まれたと思われます。

古地図には、几号水準点の「不」の字と9.61(9.61尺)とあります。

古地図:明治20年(1887年)東京実測図より一石橋
古地図:明治20年(1887年)東京実測図より一石橋迷子知らせ石の几号水準点(クリックで拡大)。
公的資料:地理局雑報にある記載
一石橋迷子知ルヘ石  2.9227m

五斗+五斗で一石橋?

因みに一石橋の名の由来は橋の北側の金座(今の日本銀行)の後藤庄三郎、南側の呉服商の後藤縫殿助の屋敷があり、橋が壊れた時二人の後藤の援助で再建されました。
後藤の読みから「五斗」、「五斗+五斗で一石」と、シャレで一石橋と名付けられた(;  ̄ェ ̄)
なんともシャレ好きな江戸っ子らしいエピソードです。

迷子しらせ石、几号水準点の位置(J
拡大すると正確な位置がわかり、クリックするとリンクがありますのでそれぞれのページに詳しい情報があります。