「幕末・明治維新」カテゴリーアーカイブ

小栗坂とは関係のない幕末の大人物・小栗上野介を想う

お江戸のど真ん中、千代田区に「小栗坂」という坂道があります。長いさいかち坂を登る途中、右に下る小さな坂です。

さいかち坂から下っていく小栗坂。
さいかち坂から下っていく小栗坂。
小栗坂坂名説明柱この坂を小栗坂といいます。『江戸惣鹿子名所大全』には「小栗坂、鷹匠町にあり、水道橋へ上る坂なり、ゆえしらず」とあり、『新撰東京名所図会』には「三崎町1丁目と猿楽町3丁目の間より水道橋の方へ出づる小坂を称す。もと此ところに小栗某の邸ありしに因る」とかかれています。明暦3年(1657)頃のものといわれる江戸大絵図には、坂下から路地を入ったところに小栗又兵衛という武家屋敷があります。この小栗家は「寛政重修諸家譜」から、七百三十石取りの知行取りの旗本で、小栗信友という人物から始まる家と考えられます。

昭和50年(1975)3月 千代田区

「小栗某」を古地図で探す

「何某」(なにがし)とか書かれると、興味が湧くものです。
『新撰東京名所図会』にある「小栗某」を古地図で探すと、

古地図:正保年中(1645-1648年)江戸絵図
古地図:正保年中(1645-1648年)江戸絵図。赤矢印が本吉祥寺橋(今の水道橋)、グリーンラインが小栗坂。(クリックで拡大)

江戸初期の地図には「小栗又兵」(青矢印)とあり、この屋敷が坂名の由来になっているようです。

嘉永七年(1854年)安政四丁巳年
嘉永七年(1854年)安政四丁巳年(1857年)改 尾張屋刊江戸切絵図。赤矢印が水道橋、グリーンラインが小栗坂。

しかしながら、幕末の切絵図には小栗坂の表記はあるものの、「小栗某」は見出すことは出来ません。

『江戸惣鹿子名所大全』では「ゆえしらず」(坂名の由来はわからない)と、すでに江戸時代中に書かれています。長い江戸時代(約260年間)の間には、よくあるパターンです。

壱岐坂の由来の根拠も不明になった例もあり、変遷を繰り返したお江戸ならではのこと。服部坂のように江戸時代を通じて同じ場所に屋敷を構えるケースも多々あります。

小栗坂の場合、小栗又兵は、正保4年(1647年)の江戸大地震や明暦三年(1657年)の明暦の大火後に近くに移転したことはわかっていますが、その後は子孫が途絶えたのか?遠くに移転したのか?いずれにせよ、坂名にのみ残るお武家です。

千代田区観光協会のHPによると、

三崎町一丁目と猿楽町二丁目の間を神田川の方へ上る坂です。昔近くに小栗某の屋敷があったことから、この名が付けられたといわれています。
幕末に活躍した小栗上野介の屋敷とは関係ありません。

と、素っ気なく「小栗上野介」の名が出てきます。
若い頃、毎週、楽しみにして見ていたテレビ番組、糸井重里と石坂浩二の「徳川埋蔵金伝説」に出てきた人物ですぞщ(゚Д゚щ)。

小栗上野介は、江戸幕府一のキレ者。優秀であるがゆえ、請われて勘定奉行、外国奉行、江戸町奉行、陸軍奉行、歩兵奉行、軍艦奉行を歴任。
遣米使節団の一人に抜擢され、欧米の産業革命を見、日本の近代化の道を開きました。

慶喜公が恭順せず、小栗上野介の策で、徹底抗戦していれば、官軍の面々の命は無かったであろうと大村益次郎に言わしめた人物です。

榎本武揚率いる幕府海軍を駿河湾に展開、箱根で幕府陸軍と挟み撃ちにするという作戦でしたが、慶喜公が恭順。作戦は遂行されませんでした。

千代田区には小栗坂とは関係のない、幕末の大人物、小栗上野介の屋敷跡があるのです。

小栗上野介屋敷跡

小栗坂から東に約600m、神田駿河台のビル群の一角、東京YWCA会館あたりが小栗上野介の屋敷跡です。

小栗上野介屋敷跡

小栗上野介屋敷跡プレート小栗上野介ここに生まれる

ここに生まれ育った小栗上野介(1827~1868)は、幕末の外交・財政政策をリードし、横須賀に大造船所を建設してわが国の造船業が近代化する道を開いた。

幕末の大人物なのですが、なんとも、殺風景すぎるプレートが一枚あるだけ(´・ω・`)。

靖国神社に銅像のある陸軍の大村益次郎に比べ、海軍の礎を築き、日本の近代化への道を開いたと云われる小栗上野介の評価は低いようです。

靖国神社の大村益次郎像
靖国神社の大村益次郎像。

新政府軍ではなく幕府軍の最重要人物だったため、日本史から消されたと言っても過言ではありません。

家康公以来の名家「小栗又一」

嘉永二年(1849年)近吾堂版江戸切絵図
古地図:嘉永二年(1849年)近吾堂版江戸切絵図より、小栗又市。(クリックで拡大)

古い地図では「小栗又市(又一)」とあります。家康公の三河時代から仕えた直参旗本で、一番槍の小栗。数々の戦で、又もや一番槍!とのことでつけられた通称です。
武勇の誉れ高い家柄だったことが伺えます。

古地図:文久二年-(1862年)改 尾張屋刊江戸切絵図より小栗豊後守
古地図:文久二年-(1862年)改 尾張屋刊江戸切絵図より小栗豊後守。(クリックで拡大)

安政6年(1859年)、従五位下豊後守に叙任したので、以降の古地図では「小栗豊後守」となります。

ではなぜ今、小栗上野介と呼ぶのか?

小栗 忠順(おぐり ただまさ・1827~1868年)は、文久3年(1863年)、上野介に遷任されます。
そして、幕府瓦解後、領地であった上野国(現在の群馬県高崎市倉渕町権田)に移り住みます。
勘定奉行であったため、徳川の軍資金を持ち帰ったのではないか?というような誤解が生じますが、これは彼の功績を汚すような噂に過ぎません囧rz。

小栗上野介の功績、横須賀製鉄所(造船所)

雨の中、横須賀を訪れます。

三笠公園。東郷平八郎像と戦艦「三笠」。
三笠公園。東郷平八郎像と戦艦「三笠」。

明治45年夏、東郷平八郎元帥は小栗上野介の遺族を自宅に招き「 日本海海戦で完全な勝利を得ることができたのは、小栗さんが横須賀造船所を作っておいてくれたおかげです」と礼を述べています。

小栗上野介がフランスから借金をして建設した横須賀製鉄所(造船所)。ここから日本の近代化が始まりました。

横須賀ドック
横須賀ドック
横須賀造船所
明治初期の横須賀造船所。
横須賀造船所
この長い建物は船で使うロープを編む工場。
横須賀造船所
横須賀造船所内

ヴェルニー公園、小栗上野介の胸像横須賀造船所(現・在日米軍横須賀海軍施設、ドライドックは当初のものが現役)の対岸はヴェルニー公園。

フランス人技術者ヴェルニーと仲良く建つ小栗上野介の胸像があります。
ここでもなぜか「小栗公園」ではなく「ヴェルニー公園」と、敗者に厳しい現実があります。

ヴェルニー記念館には日本の製鉄のマザーマシンと呼ばれる鍛造スチームハンマーがあります。広角24mmでやっと入る大きさです。幕末のマシンがなんと平成12年まで現役でした。

ヴェルニー記念館のスチールハンマー(元治二年1865年・オランダ製)
スチームハンマー(元治二年1865年・オランダ製)
昭和40年(1965年)横須賀製鉄所100周年時の写真
昭和40年(1965年)横須賀製鉄所100周年時の写真。

横須賀造船所(製鉄所)では尺貫法でなく、日本で初めてメートル法を採用。
日本初の株式会社、ホテルの建設も小栗の手によるものです。

慶応四年(1868年)、日本初のホテル築地ホテル館
慶応四年(1868年)、築地。日本初のホテル「築地ホテル館」。

司馬遼太郎先生は小説「明治という国家」で、小栗上野介のことを「明治の父」と呼び、大隈重信は「明治新政府の近代化構想は小栗のそれを模倣したに過ぎない」とまで言っています。

彼は滅びゆく幕府のことは承知していましたが、横須賀造船所は今後の日本に必要だと、国のことを考えていました。
吉田松陰もそうですが、偉人は自分のこと、自らの組織よりも国家のことを考えています。

湯島大小砲鋳立場、関口大砲製作所にも尽力していて、お江戸の坂道を調べていても、度々、登場します。
知れば知るほどの大人物です。

ん?、ヴェルニー公園のヴェルニーと小栗上野介の胸像の間にあるこの石は群馬県倉渕町から贈られたものです。

倉渕村権田の河原石

菩提寺「東善寺」

彼は江戸で最後まで抗戦した彰義隊の隊長に推されますが、大義名分が無いと固辞、領地に下ります。

上野国(群馬県)倉渕町権田の菩提寺「東善寺」を訪れた時も雨。まるで江戸っ子の涙のようです。

東善寺

東善寺
東善寺

小栗上野介の墓

小栗上野介の墓

小栗上野介の墓
小栗上野介墓所。

新政府軍によって、罪なくして処刑された場所には碑が立ちます。この辺りの石がヴェルニー公園にあるのです。

小栗上野介終焉の地
小栗上野介終焉の地

明治新政府によって日本の歴史から消されてしまった小栗上野介。小栗坂の「小栗又兵」のように、千代田区の歴史からも消えない事を願います。

千代田区のプレートと菩提寺「東善寺」の銅像
千代田区のプレートと菩提寺「東善寺」の銅像

目白坂、目白不動と幕末の関口水車、関口大砲製作所

江戸切絵図を見ると、神田川と目白坂の間に、この目白地区の名の由来になった「新長谷寺別当目白不動」があります。

新長谷寺は戦災で焼け、廃寺となり、目白不動尊は豊島区の宿坂の金乗院にお引越しなされています。

古地図:安政四年(1857年)改 尾張屋刊江戸切絵図より
安政四年(1857年)改 尾張屋刊江戸切絵図より。赤矢印に目白坂。青矢印に新長谷寺別当目白不動。

江戸名所図絵では、目白不動の伽藍とともに、目白坂が描かれています。

江戸名所図絵より目白不動堂
目白不動堂(江戸名所図絵より)クリックで拡大

料理屋、茶屋はあるものの、市ヶ谷亀ヶ岡八幡牛天神にあったような芝居小屋、楊弓場などのプレイスポットがなく、なんとなく上品な雰囲気。

なぜかというと、目白不動は三代将軍家光公の庇護を受けてからというもの、他の寺社に比べ、別格だったようです。

資料によると境内の立て札には

第一 境内に於いて鳥獣及細虫の類を害すべからず
第二 樹木を折取及び地を掘るべからず
第三 塵埃洟唾を以て寺中の浄地を 汚すべからず
第四 酒肉五辛を携帯して入るべからず
第五 日没後女入るべからす
第六 寺中に於いて吸煙を薫ずべからず
第七 歌舞戯謔及囲碁相撲を為すべからず

獣、鳥、虫さえ採ってはいけない。木を折るな。土を掘るな。ゴミを捨てるな。鼻水出すな。唾吐くな。酒、つまみ、持ち込み禁止。日が暮れたらデートするな。禁煙。見せ物・囲碁・相撲興行禁止。。。と手厳しい。

寺社はお江戸のプレイスポットだったという私の持論からすると、なんとも拍子抜けです。

ドンチャン騒ぎをしたいなら、近くの桜木町へ(大日坂の項参照)ということなのかもしれません。

このあたりは、清潔で、風光明媚な場所だったのです。この地ゆかりの松尾芭蕉が句を詠んでいます。(胸突坂と神田川の項参照)

五月雨に 隠れぬものや 瀬田の橋  芭蕉

橋の架かる神田川が流れ、向こうには早稲田田圃が広がっていたのは確かです。

眺めが近江の瀬田にある義仲寺に似ていたので、ここを見立てて詠んでいます。

そのような景観に恵まれて、目白不動は、心安らかに、祈りを捧げる癒しの空間だったと思われます。

目白の時の鐘また、門を入って右側に、「鐘樓」があります。
これは、時刻を告げる時の鐘「目白の鐘」として親しまれていました。

新長谷寺目白不動堂(明治東京名所図絵より)
新長谷寺目白不動堂(明治東京名所図絵より)

目白下大洗堰切絵図には、神田上水(お江戸の飲料水用水道設備)の堰を確認できます。
お江戸の最新テクノロジーとして江戸名所図絵にも描かれています。

江戸名所図絵より目白下大洗堰
目白下大洗堰。(江戸名所図絵より)クリックで拡大
大滝橋
大滝橋

神田上水が暗渠となった後も大洗堰は存在し、昭和12年(1937年)、江戸川(大洗堰からお堀までの神田川を特に江戸川と呼ぶ)の改修の際に取り壊され、かつて堰があった跡には大滝橋が架けられています。

今も江戸川公園に大洗堰の遺構を見ることができます。

この堰はこの辺りの地名「関口」の由来となっています。

神田上水取水口
今は江戸川公園内にある神田上水取水口遺構。
古写真:大正8年(1919年)の目白下大洗堰。
大正8年(1919年)の目白下大洗堰。

軍事用の水車があった?

あまり知られていない話ですが、関口には元禄13年(1700年)から水車がありました。神田上水から掛樋(木製パイプのようなもの)で水を引き水車へ落とし神田川に流す構造です。

鈴木春信画(続絵本江戸土産より)
鈴木春信画「関口村」(続絵本江戸土産より)赤矢印が掛樋。一段上の神田上水から水を引いています。

最初は米つき、製粉に使われていましたが、幕末には水力で大砲の砲身を穿つ(砲身の穴を開ける)ために使われていたことがあります。経緯はというと、、、

幕末、慌てる幕府

古地図:湯島大小砲鋳立場
幕末の切絵図では「御鉄砲鋳場」とあるが、万延2年(1861年)、組織改正で「湯島大小砲鋳立場」となります。

湯島聖堂の西隣りは始め「桜の馬場」という馬術練習場でした。

嘉永6年(1853年)、ペリーが来航してからというもの、幕府は危機を感じ、ここに「湯島大小砲鋳立場」を建て、本格的に大砲の生産に乗り出します。

青銅製の大砲の銃身を穿つ作業を外注していたのですが、キリを使い人力で正確に大砲の穴を開けてゆくなど、到底無理な話。
粗悪品の山を抱える結果となります。

そこで幕府自前で、水力(水車)を使ってキリで穴を開けることを考えます。お堀の水運を使って砲身を運べる水車といえば、神田川の関口だったのです。

フランス式山砲
フランス式山砲

文久2年(1862年)、幕臣、小栗上野介が中心となり、関口水道町に「大砲錐入り場」が開設されます。

しかし、この頃すでに欧米では、青銅製の大砲から、最新の高性能な鉄製へと主流が移ります。

元治元年(1864年)、幕府は滝野川に反射炉を作り鉄製大砲の製作へと方針変換。全く忙しい慌てぶりです。

関口の大砲製作所は割と短い年月でその役目を終えています。 関口で作られた大砲は「フランス式山砲」40門、「カノン砲」28門。「山砲」は影義隊の戦い(慶応4年1868年)で使用されたと云います。

関口大砲製作所辺り
治水工事がなされ、川幅も広がりましたが、この辺りに関口大砲製作所があったと思われます。

のどかな水車

その後、関口の水車は元の農業用へと。のどかな光景を取り戻します。

伊藤晴雨画「関口水車」(明治末頃)
伊藤晴雨画「関口水車」(明治末頃)

写真が趣味だった最後の将軍慶喜公は、明治36年から小日向新坂脇に、屋敷を構えていたので、関口までは歩いて10分足らず。
関口の風景を写真に収めています。

古写真:慶喜公が撮った関口。
古写真:慶喜公が撮った関口。赤矢印が掛樋。(明治末)

竹久夢二の最初の奥さん「岸たまき」は、関口近くの早稲田鶴巻町で絵葉書屋「つるや」を営んでいました。夢二は彼女の元へ足しげく通っていたので、この辺りは周知の場所。
この水車も描いています。

竹久夢二画「BROKENMILL AND BROKEN HEART」
竹久夢二画「BROKENMILL AND BROKEN HEART」

明治41年8月の台風で壊れた水車と壊れたハート?。ナイーブすぎます、夢二先生。

目白坂を登る

古地図:目白坂の寺社お江戸の坂道らしく、クネクネ曲がり、だんだんとキツくなってゆく目白坂。

坂道ダッシュには最適ですが、今でも江戸切絵図と同じ並びで、寺社が多くあり、寄り道してしまいます。

旧町名「関口駒井町」の案内板もあります。

目白坂入口
目白坂入口

旧関口駒井町案内板

旧関口駒井町
古くは、関口村の畑池であった。宝永元年(1704年)町家を設け、元文2年(1737年)ころ町奉行支配となった。
町名の由来は明らかではないが、「若葉梢」に次の記事がある。駒止橋(現・駒塚橋)の項目に、丸太橋であったころ、この上四ツ谷の南土手に馬多く宿して、駒込の馬市に出していた。目白不動の門前駒井町にも駒店(馬を売る)があった。
駒店があり、駒がいるから駒居ー駒井の町名が生まれたのであろう。
明治4年、新長谷寺門前、大泉寺門前および武家地を合併した。目白坂上に新長谷寺があった。「時の鐘」として有名であったが、戦災にあい廃寺となった。

坂を登ると、最初にみえてくるのが大泉寺(1600年創建)。

大泉寺
大泉寺

大泉寺のお隣が永泉寺(1634年開山)。太宰治の心中相手といわれる「山崎富栄」の墓があります。

永泉寺
永泉寺

次は、少し奥まったところに養国寺(1624年創建、1610年とも)。

養国寺
養国寺

最後は、正八幡神社(創建年不明、1606年、1611年とも)。

正八幡神社
正八幡神社

正八幡神社関口八幡宮とも呼ばれ、江戸名所図絵にも描かれています。
鳥居をくぐり、階段を登り、本殿が見えてきます。
昔と変わらない情景です。

目白坂関口八幡宮(江戸名所図絵より)
目白坂関口八幡宮(江戸名所図絵より)

目白不動の跡には、今では高級マンションが建っています。

目白台ハウス

謎の碑発見!

小さなお社目白坂を登りきり、もう少し行くと小さなお社があります。この境内に入り、お参りしようとすると、

えっえ〜〜щ(゚Д゚щ)!
変わった碑を発見!読めない!なんと書いてあるのか、さっぱりわかりません。しかも立入禁止って!
坂道探偵の出番です!謎の碑の解明なるか?新たなる事実も!

謎の碑

 icon-arrow-circle-right 「ビッグネームが登場⁈目白坂の謎の碑」に続く、、、