「東京の坂道(千代田区)」カテゴリーアーカイブ

お茶の水坂とさいかち坂


文京区のお茶の水坂はJR水道橋駅から順天堂前交差点まで、約750メートル続く長い坂です。というか外堀通りの一部です。

ランには持ってこいの長坂なのですが、名所、気になるものが多く、ついつい足を止め、探索してしまう魅力的な坂なのです。

お堀の向うの千代田区側も興味シンシンです。

お茶の水坂の由来

お茶の水坂説明板

お茶の水坂
 この神田川の外堀工事は元和年間(1615-1626)に行われた。それ以前に、ここにあった高林寺(現向丘二丁目)の境内に湧き水があり"お茶の水"として将軍に献上したことから、「お茶の水」の地名がおこった。
 『御府内備考』によれば「御茶之水は聖堂の西にあり、この井名水にして御茶の水に召し上げられしと…」とある。
 この坂は神田川(仙台堀)に沿って、お茶の水の上の坂で「お茶の水坂」という。坂の下の神田川に、かって神田上水の大樋(水道橋)が懸けられていたが、明治34年(1901)取りはずされた。

 お茶の水橋低きに見ゆる水のいろ
 寒む夜はふけてわれは行くなり
 島木赤彦(1876-1926)

 文京区教育委員会 平成9年3月

説明板にある湧き水のあった高林寺を
地図で探すと、、、

正保年中(1645〜1648年)江戸絵図より光林寺
正保年中(1645〜1648年)江戸絵図より光林寺

この古い地図に「光林寺」とあります。明暦の大火(1657年)後に移転しています。場所は坂中腹の今の順天堂、医科歯科大周辺に広大な敷地としてあったと思われます。

この説明板で「”お茶の水”として将軍に献上」とありますが、将軍への献上なので最上級敬語として「御茶ノ水」(おんちゃのみず)が最も古い呼び名のようです。

ここの辺りは変遷の激しいエリアです。

天保十四年(1843年)岡田屋 御江戸大絵図よりサクラノババ
天保十四年(1843年)岡田屋 御江戸大絵図よりサクラノババ
嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より鉄砲鋳場
嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より鉄砲鋳場

湯島聖堂が出来て、お隣は「桜の馬場」(馬術練習場)だったのに、幕末10年間の間に「鉄砲鋳場」(鉄砲製造所)になっていて、幕府の慌てぶりが伺えます。

神田上水懸桶跡

神田上水懸桶跡
神田上水懸桶跡
千代田区側の懸桶説明板
千代田区側の懸桶説明板

お茶の水坂と言えば、神田上水懸桶(かけひ)。水道水専用の橋が架かっていたのです。
今では碑しかないのですが。

江戸名所図会より神田上水懸桶
江戸名所図会より神田上水懸桶
古写真:年代不明(明治初期)水道橋と懸桶
古写真:年代不明(明治初期)水道橋と奥に見える懸桶

神田川の仙台堀をまたいで、神田上水の水道水を江戸市中へ供給していたのです。仙台堀ってぇ伊達政宗の仙台藩が開削を担当したのです。それ以前は「神田山」だったところです。

え〜っ!と、それだけでも驚きですが、川の上をクロスする水道の橋、珍しくて観光名所だったことでしょう。

IMG_6842

そんなものがここにあったと想像するだけでも楽しいものです。

左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1右:東京図測量原図より明治41-42年1万分の1測図
左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1右:東京図測量原図より明治41-42年1万分の1測図

明治初期の地図では「万年筧」(まんねんかけひ)とあります。明治34年、廃止されています。

シンメトリーな元町公園

お茶の水坂中腹の元町公園のデザインテーマは、シンメトリーでしょうか。

あちこちに対称形が見られ、廃墟感すら漂う、心をくすぐる公園です。

文京区元町公園

大正12年に関東大震災が発生した後、東京市は帝都復興計画の中で、大公園3箇所、小公園52箇所の震災復興公園の設置を計画しました。
 小公園は、地域住民の利用のほか、隣接する小学校の校庭の延長となる教材園及び、運動補助場として、さらに、災害時の避難場所とする目的で計画されました。
 元町公園は小公園の1つとして、昭和5年、旧元町小学校に隣接する敷地に開園しました。
文京区HPより

文京区元町公園

正面エントランスの対称形。

カスケード

カスケード(水槽階段)も。

対称形滑り台

滑り台、砂場まで対称形。

凸凹対称形

これは凸と凹の十字の対称。ワクワクします。
とことん、シンメトリーに拘っています。

文京区はこの公園の歴史的価値を認め、昭和50年、復元的改修を行っています。なぜ、復元的改修と言っているかというと完全なオリジナルに復元出来なかったらしい。

元は鋳物だったフェンスこの柵は角パイプ製ですが、オリジナルはなんと鋳物製。
鋳物の街、川口市出身の私としては、これを鋳物で作るとしたら相当な技術と想像します。鋳型を作るのも鋳型に流すのも、たいへんそうです。

その鋳物製の柵、他の金属製のものは戦中の金属供出で失われたようで、作成時の最高技術も失っていたのかもしれません。

ほとんど人が訪れない古風で静かな公園です。坂の中腹にあり、水道橋駅、御茶ノ水駅どちらからも遠いのです。
あまり人が訪れないためなのか、ここにスポーツセンターを建てる計画があるようです。歴史を残すか、区民の健康を考えるか、頭の痛いところです。

この公園を出てトイメンのお堀側をみると、

お茶の水坂の柵

おやっ!変わった柵が見えます。

お茶の水坂の柵タイプ

柵に興味シンシン。坂下からお堀側を見てみます。

お茶の水坂の柵タイプ

坂下部のものは石柱の間にフェンスが取り付けられていて、それほど古くありません。

やや登り、坂中腹、おや?、古い石柱に凹があります。もっと登るとパイプ付きのものがあります。

補修タイプ

まだ行くとパイプ一本だけタイプ、白いパイプもあります。柵があるのに金網フェンスで二重防御も。

直交ジョイントタイプ

うわっ!これは柵が直角に曲がっていたところ!面白いので勝手に「直交ジョイントタイプ」と名付けてしまいました。

なぜ、こんなにいろんなタイプがあるのか、パイプのないところはパイプが朽ちたとは考えにくい。なぜなら、パイプが現存しているところもある、同素材なら同時期に朽ちるはずです。
不思議です。なぜ?

考えられるのは元町公園と同じように、戦中の金属供出
危ないところだけパイプを残したようです(崖下は深いですから)。そして、白パイプは取り過ぎてしまった危ない箇所を戦後に修復。坂下近くの凹無しタイプは近年、石柱のデザインを踏襲しての入れ替え新設でしょう。
金網フェンスとの二重防御のところは、最も危険ということ!

明治25年(1892年)の御茶ノ水坂
明治25年(1892年)の御茶ノ水坂。東京名所より。
古写真:明治24年(1891年)のお茶の水橋周辺
古写真:明治24年(1891年)のお茶の水橋周辺

あぶないので、以前は土塁があったようです。ここは中国の赤壁にあやかって仙台堀の「小赤壁」と呼ばれていたところです。

古写真:明治40年の御茶ノ水坂
古写真:明治40年のお茶の水坂

明治40年の古写真にガードレールを確認できます。元町公園同様、古いデザイン、古いものを残そうと気を配っていることが分かります。文京区の配慮がうかがえます。

因みに茗荷谷で見た古いガードレールとデザイン的には同じです(大小の違いはありますが)。

茗荷谷の古いガードレール
茗荷谷の古いガードレール

茗荷谷のものも、デザイン的にみて、やはり明治期設置の可能性が高いです。しかもパイプのあるとこ無いとこってぇ戦中の金属供出だったのかぁ!と謎も解けるし、なんかスッキリ!。

旧東富坂のガードレール
旧東富坂のガードレール

旧東富坂にあるガードレールは坂の開削時期からみて昭和30年代のデザインと思われます。当然、パイプは抜かれていません。

不思議な通路

不思議な神田川への降り口お茶の水坂途中の神田川沿いに、川へ降りる通路があるのですが、鍵が閉まっていて降りることができません。
見たところ、よい散歩道なのですが、なぜでしょう?

 

気になる神田川への降り口

古写真を探すと、、、

古写真:神田川のバラック
古写真:戦後の神田川沿いのバラック

なんだか、この古写真で鍵の意味がわかります。いずれにせよ、増水したら危険なところです。

対岸の千代田区側を探索

対岸にはガードレールは無かったのか?調べるために坂上のお茶の水橋を渡り対岸に。

古写真:明治40年のお茶の水橋
古写真:明治40年のお茶の水橋
現在のお茶の水橋
現在のお茶の水橋
明治41-42年1万分の1測図より
明治41-42年1万分の1測図より

明治後期の地図で確認したところ、文京区側には柵記号がありますが、千代田区側はJR中央線の前身である甲武鉄道が開通していて、鉄道のフェンスはあったと思われます。

千代田区側から千代田区側からみた仙台堀
千代田区側からみた仙台堀

御茶ノ水駅から水道橋駅に下っていくと、

皀角坂 (さいかち坂)説明柱

絶対読めない漢字の坂が!

千代田区の皀角坂(さいかち坂)

皀角坂 (さいかち坂)

昔、さいかちの樹が多くあったので、さいかち坂。

さいかちの樹と実
さいかちの樹と実。Photograph by Azul

さいかちの樹と実坂別名チャンピオンは今のところ新宿区の庚嶺坂(ゆれいざか)ですが、皀角坂 (さいかち坂)は、別名、皀坂(さいかち坂) 皀萊坂(さいかち坂)と読み同じだけど、難読漢字チャンピオン!どれでも読めません。3つでチャンピオン?。
実はもっとあるのです。
同じ「さいかち」読みなのですが、漢字変換はおろか、とあるアプリの異体字にも出てきません。なので作字してしまいました。こんなことは滅多にありません。

皀(さいかち)の異字体バージョン

難読漢字坂しかも別字多い部門チャンピオン決定です。
皀角坂を降りて行くと!

レール製フェンス跡

ありましたフェンスの跡!いつの時代のものかわかりませんが使用済線路リサイクル版のフェンスの痕跡です。
線路で思い出しました。

ドルトムント・ワニオン社製の線路を利用した柱

水道橋駅の線路間の柱は使用済線路をリサイクルしたものです。
芸術的なリサイクルです。
その古い線路は、明治19年(1886年)製造、ドイツ国「ドルトムント・ワニオン社」製。
サッカーの香川真司が移籍して初めてドルトムントという地名を知りましたが、明治時代からドルトムントと関係とは。
頑張れ!香川!o(^-^)o

 

追記】ご連絡いただき、もありました!皂角子(そうかくし)、、、読みが違っていましたm(_ _)m。
作字するこたぁ無かったぁΣ(≧△≦)。
皂莢(そうきょう)さいかちは、梍莢、梍、皁莢、西海士、西海子の表記もあるそうです。

いずれにせよ、
最強の難読漢字坂しかも別字多い部門チャンピオンです。
そうかくし=総隠しとなると、またゴミ坂疑惑が湧いてきます。


東京一の観光坂道、九段坂


昔は急峻な坂で九段の石段があったので九段坂(諸説ありますが)。江戸名所図会をみても、確かに九段あります。徒歩では登れるが、段差が大きかったので大八車は一人では無理。坂下には押し屋がいたそうです。

江戸名所図会(九段坂)
江戸名所図会(九段坂、中坂、俎橋)クリックで拡大

面白いことに、江戸名所図会ではお隣の中坂の方が往来が多いのです。江戸後期、商業的に栄えていたのは中坂で九段坂は観光スポットだったと云います。

九段坂は、かなりの急坂でしたが、登ると海が見える絶景。海だけでなく牛ヶ淵、千鳥ヶ淵、江戸城(田安門、清水門)も一望できて、さぞかしキレイだったことでしょう。
夜はお月見の名所としても有名だったといいます。

今も東京で一番有名な坂といえば、神楽坂か九段坂ですが、商業的には神楽坂が一番でしょう。
一方、九段坂のほうは、北の丸公園の入口(田安門)、武道館、桜の名所の千鳥ヶ淵、そして靖国神社という一大観光スポットへと続く坂道です。

葛飾北斎の浮世絵「くだんう志がふち」がある説明板
葛飾北斎の浮世絵「くだんう志がふち」が描かれた説明板

読めない漢字、俎橋

九段坂を登る手前、江戸名所図絵の下方で目につくのが「まないた橋」の表記。

俎橋
俎橋

九段坂は坂下で日本橋川に架かる俎(まないた)橋と繋がっています。
俎橋???これを読める人はなかなかいません。近くにお台所町があったのでその名がついたという説と、当初はまないたのような平たい板を渡しただけの橋だったという説があります。

台所町跡
台所町跡の碑

坂下近くには江戸城清水門もあります。

清水門
清水門
あまり知られていない時代劇チックな坂のある清水門
清水門の内側。

清水門をくぐると、あまり知られていない坂があり、時代劇の一場面を想像してしまいます。

九段下のランドマークだった「戦利水槽」⁈

九段下の九段会館(旧軍人会館)は東日本大震災の被害を受け、近々、その外観の半分以上を残してリノベーションするようです。

九段会館

九段会館のある場所は明治、大正期の古地図を見ると公園だったようです。しかもこの地図には、見慣れない「戦利水槽」の文字が、、、

明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より戦利水槽
明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より戦利水槽。
大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より戦利水槽。
大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より戦利水槽。

これは何なのかとググると、、、

戦利水槽
戦利水槽

このような絵葉書が出てきます。FB友に聞くと、日露戦争時に破壊した鉄道の蒸気機関用給水塔との情報をいただきました。

しかしながら、今では忘れ去られているこのようなものが、明治大正期のランドマークだったとは驚きです。なおかつ、これを国威高揚のために持ってくるとは、凄いアイデアです。

牛ヶ淵

九段坂の牛ヶ淵側を登っていきます。

疲れて倒れた牛がここに落ちたので牛ヶ淵。九段坂はそれほど急坂だったのです。

牛ヶ淵
牛ヶ淵
古写真:九段坂と都電
古写真:九段坂と都電

今の九段坂は関東大震災を機に大改修が行われ、ゆるい勾配になりましたが、ゆるい勾配になる前は、都電が上りきれないので、牛ヶ淵沿いの一段低いところを走っていました。

九段坂を登り、最初にみえてくるのが田安門。みなさんご存知、日本武道館の入口です。

田安門
田安門
田安門から見る武道館と渡櫓門
田安門から見る武道館と渡櫓門。

やや登り、目に入ってくる変わった建造物、高燈篭(常燈明台)。昔は海からも見えたので灯台としての役目をしていて、品川沖をゆく船から見えたと云います。どうりで灯台のような形をしています。

九段坂の高燈篭(常燈明台)
九段坂の高燈篭(常燈明台)

さすがに観光スポットだけあって残されている写真は多いです。

古写真:九段坂と常燈明台。
古写真:九段坂と奥の方に常燈明台。
古写真:牛ヶ淵方面から見た九段坂
古写真:牛ヶ淵方面から見た九段坂。確かに灯台っぽい常燈明台。
古写真:靖国神社前の高燈篭
古写真:坂上、靖国神社前の高燈篭

古写真によると高燈篭(常燈明台)は、九段坂上にあったようですが、今では九段坂公園に移設されています。
九段坂公園には明治の重鎮、大山巌、品川弥二郎の銅像もあります。

大山巌像
大山巌像
品川弥二郎像
品川弥二郎像

牛ヶ淵の反対側を歩くと、靖国神社が見えます。なんとも、名所の多い坂です。

九段坂と靖国神社
九段坂と靖国神社

池波正太郎先生の九段坂

九段坂で思い出すのが、池波正太郎先生が小説「江戸切絵図散歩」で少年時代の思い出を語っています。要約すると

九段坂を登り、坂上の堀端で写生をしていると、パナマ帽をかぶってステッキをついたご老人が絵に見入っていた。
ご老人は絵をくれないかと言う。
池波少年は絵を手渡すと、ご老人は5円札(当時としては大金)を渡そうとする。
いらないよ、あげるよと断って靖国神社の方へ歩いて行くとご老人はあとをついてくる。
なんでついてくるのと尋ねると、ご老人は目をまっ赤にして涙がこぼれそうになっていた。
池波少年はびっくりして九段坂を一気に駆け下りた。

家に帰ってお母さんにいうと
「その人はあなたぐらいの子を無くしたのだろうよ」と

これを読んだ時、ホロリと泣きました (´;ω;`)ウッ…。
そして池波先生のファンになると同時に、江戸切絵図に興味を持つきっかけとなるのでした。
池波先生のように、さらりと感動できるような文章を書きたいものです。

池波先生は「現代の道は人のためでなく、車輌のための道である」とおっしゃっています。確かにそうです。

坂道は人が登れば苦しいし、下れば楽々感を得る。坂下が平地だと安堵感と同時になんとなく物足りなくも思います。
坂道を車でゆけば、そんな感慨は生まれません。
坂道は人に感情の機微を与えてくれるので好きなのです。

九段坂は歴史があり趣のある見所の多い坂です。

靖国神社に関してはこちらをご参照ください。