夏目坂と漱石先生と堀部安兵衛

夏目漱石先生の誕生の地の前の坂、夏目坂。この坂、漱石先生の父、直克が命名した坂名だといいます。
代々夏目家は新宿区喜久井町の名主だったとかで喜久井町の名も夏目家の家紋、菊に井桁からとって、き・く・い・まち。坂名、町名までも自分のものにしてしまう豪快さがあります。

夏目家はずいぶんと裕福だったらしく、漱石先生も生活苦など微塵もありません。漱石先生と早稲田田圃あたりを散歩した正岡子規先生は、お米というものは稲の実だということを漱石は知らなかったと書いているくらいです。

夏目漱石誕生の地の碑
夏目漱石誕生の地の碑

夏目家の隣の小倉屋酒店

明治初年、夏目家のお隣さん、小倉屋酒店に強盗が入ったと。店主の半兵衛さんはウチにはお金がないので夏目さんちに行きなさいと言い張って、強盗は言われるがまま、夏目家に押し入った。

漱石先生の父、直克は、しぶしぶお金を出したという話が残っています。(漱石先生の小説、「硝子戸の中」より)

小倉屋の隣が漱石先生誕生の地
小倉屋の隣が漱石先生誕生の地

また、小倉屋酒店で有名な逸話は堀部安兵衛(当時は中山安兵衛)が高田の馬場の決闘前に力水ならぬ力酒で気合を入れたということ。本当でしょうか?古地図で調べてみることに。

古い地図で見ると

正保年間(1645年から1648年)の古い地図を見ると、お江戸開幕の間もないころとあって、坂名、町名がない省略やデフォルメも激しいけど、もうすでに夏目坂らしき道は描かれています。高田の馬場がまだ工事中のような形になっているのが面白いです。

古地図:正保年中(1645-1648年)江戸絵図(市ヶ谷牛込)
正保年中(1645-1648年)江戸絵図(市ヶ谷牛込周辺)クリックで拡大

新版江戸大絵図

安兵衛が活躍する元禄時代(1688年から1704年)のチョイ前の寛文10-13年(1670-73)新版江戸大絵図という地図をみると、町名も明記され、だいぶ正確な地図になってます。

高田の馬場がクッキリと出来ていて、わせだ、漱石先生誕生の地である馬場下横町(馬バ下ヨコ丁)の表示もあります。
(クリックで拡大してみると詳細がわかります)
だいぶ今の地図に近いです。

古地図:新版江戸大絵図寛文10-13年(1670-73)
新版江戸大絵図寛文10-13年(1670-73) クリックで拡大

安兵衛は当時、市ヶ谷の御納戸町に住んでいたのでこの地図でいうとB地点にあたります。義理の叔父さん、菅野六郎左衛門は松平家家臣で大名屋敷内(今の自衛隊市ヶ谷駐屯地)の長屋に住んでいたというのでA地点あたりだと想像できます。

講談の安兵衛では八丁堀から高田の馬場まで走ることになっていますが、これは全くのフィクションです。

安兵衛は、忠臣蔵四十八士の堀部弥兵衛に見初められ、堀部家に婿入りしてから八丁堀に住みます。

高田の馬場の決闘当時は、婿入り前で独身、名前も中山安兵衛、住まいも市ヶ谷の浄瑠璃坂の坂上の御納戸町でした。

因みに八丁堀からだと13キロ強ランです。最短ルートでも江戸城の外堀をぐるっと周り、神楽坂入口から今の早稲田通りを駆け上り、馬場下に下りてきて、小倉屋にて升酒で一服休憩。。。
なっなんて、すんごい盛ってる話になっちゃてます。
ただ神楽坂方面から来ても、市ヶ谷方面から来ても交差点にある小倉屋(地図上の緑)は通るので講談の話とも、つじつまが合っちゃってます。

夏目坂と早稲田通り
夏目坂と早稲田通りの交差点にある小倉屋酒店

高田の馬場決闘の事件調書が細川家に残っていて、安兵衛は「叔父さんたち(叔父さんと草履持ちたち)と一緒に歩いて高田の馬場へ行った」と言っています。

これが本当だとすると、市ヶ谷方面から高田の馬場へ行くには夏目坂を下りて行った公算が非常に強いです(近道ですから)。

そして、小倉屋で、夏目家の隣で、力酒による気合を入れたことは十分考えられます。

かなり史実に近い考察だと思うんですが。ただ、叔父さんが酒を飲んでない?叔父さんは下戸だったのでしょうか?

余談ですが、JR高田馬場駅と高田の馬場跡はメチャ離れています。JR駅のあるところは、もとは戸塚という地名でした。戸塚では東海道線の戸塚があるので紛らわしい。

別の名で近所の有名なスポットはどこじゃ?ということで駅名が高田馬場になってしまったと。少し遠いけど、まぁ良いか!という大らかさがあります。

 

湯立坂と銅御殿

東京の坂道ランキングではいつも上位にくる湯立坂。戦後の区画整備を免れたので緩やかなS字カーブを持つことで情緒が生まれています。教育の森公園の木々の緑の脇を通り、石垣も多く、坂の中腹には重要文化財の銅(あかがね)御殿、元大名屋敷の庭園、占春園もあり、雰囲気を盛り上げています。

湯立坂(切絵図)
湯立坂の表記はないが、アミホシサカと氷川社の表記があります。(嘉永七年(1854年)安政四丁巳年 (1857年)改 尾張屋刊 江戸切絵図)

坂下の千川通りは暗渠で、中世のころは海の入江だったところです。千川通りを入江と見立てると、対岸には、白山の網干坂がありますので海の入江だったことは間違いないです。また坂下のある公園の名前は窪町東公園。旧町名からしても坂下は、窪地だったことがうかがえます。

窪町東公園
窪町東公園。旧町名の窪町が使われています。

文京区には、もう一つ、牛天神の網干坂もあり、谷の部分は入江だったところが多いのです。この入江や窪地が湯立坂という名前に関係しています。

湯立坂の由来について

坂上の教育の森公園入口脇に,文京区が設置した標識があります。

湯立坂  ゆたてざか

「里人の説に 往古はこの坂の下は大河の入江にて
 氷川の明神へは河を隔てて渡ることを得ず。
 故に此所の氏子ども 此坂にて湯花を奉りしより 坂の名となれり。」
 (江戸志)
武蔵風土記には,
このあたりのことを簸川原とあり,
アユ,ウナギそしてセリなどのとれる所としている。
事実小石河(千川とも後年云う)が流れていた。

我方(わがかた)を 思ひふかめて 小石河
いづこを瀬とか こひ渡るらむ

道興准皇「廻国雑記」
(文明18年(1484年)6月より3月までの北陸,関東,奥州諸国の遊歴見記)より。

文京区 昭和48年3月

この坂下には千川があり、氷川(今は簸川)神社に渡ることができなかったので,神社の氏子は川の手前で湯花を捧げたため,この名がついたと。

簸川神社
氷川(今は簸川)神社

しかしながら、入江があったとしても、そこに流れ込む川には橋があったはずで、少し遠回りすれば向こう側へは渡れます。どうもおかしい?

一説に、むかし氷川神社の氏子衆は氏子意識が強くて、よそものは入れない。なので氏子以外はこの坂でお湯を沸かし(湯立をし)お茶を飲みながら対岸の氷川神社の桜(花)を愛でたと聞いたことがあります。

湯立湯花の話もこの説のほうがわかりやすく、しっくりきますが、地域エゴはいかんと言うことでしょうか?文京区はこの説を採用しないのが当然ですね。いまの簸川神社はだれでも参拝できるオープンな空間です。

湯花についての私論

湯花とは,湯の沸騰時に上がる泡のことで神社で巫女などがこれを笹の葉につけ,参詣人にかけ浄めたといいます。
沸騰はしてなくとも湯花らしきものは池にもあります。教育の森公園内の占春園はジャングルの様相で池の底からガスが噴き出し泡が立つことがあります。

ジャングルのような占春園
ジャングルのような占春園

占春園の池2

占春園の池
占春園の池

ひょっとすると、湿地帯であったこの辺りはそんな湯花に似た光景が多く、このことを指しているのかも、と妄想しました。清らかな渓流であったとしても落ち込みでは泡立ちます。全くの自説ですが。

占春園案内

※ジャングルのような占春園は元の守山藩主松平家の中屋敷庭園跡ですが、筑波大学が管理し、自然観察の場としているので(自然のなすがままにしているので)ジャングルなのです。決して整備が行き届いていないわけではありません。

銅(あかがね)御殿

この坂で、もう一つ忘れてないけないのが国の重要文化財である銅御殿があり、枯れた味わいを醸し出しています(年数回の公開、申し込み制)。

銅(あかがね)屋敷
銅(あかがね)御殿
湯立坂から見る銅(あかがね)屋敷
湯立坂から遠目に見る銅(あかがね)御殿
銅御殿の門
銅御殿の門

門は砂浜を模してツルツルの石の通路。そして、檜一枚板の門扉。

門の鴟尾
門の美しい鴟尾

門柱

門柱は石に嵌め込まれています。

銅御殿の門を入ると

門を入るとゴツゴツした路面。門前の砂浜イメージから、渓流のイメージに変わります。両脇の石垣は丈夫な組み方で、地震で崩れたことはないのですが、木の根が伸び、その力で崩れることがあるそうです。

銅御殿
銅御殿

大正初期の建築(大正2年(1913)竣工)、千葉の山林王、磯野敬が建てた耐震・耐火性を重視した近代和風住宅です。銅板を至るところに貼ったので、できた時は金ピカだったそうです。関東大震災、戦火も乗り越えた建築は、今でも細部まで歪みがないと云います。

車止めエントランス
車止めエントランス

車止めエントランスの柱はエンタシス。

車止めエントランスの天井
車止めエントランスの天井

エントランスの天井は寺社仏閣でもそうはない凝りようです。

銅御殿の庭石

磨くだけで何百万円もかかったという庭石。

細部まで銅貼り

細部まで銅貼り。銅御殿は文京区が誇る貴重な遺産です。

坂の町・東京の歴史散策。古地図、古写真でタイムスリップ!走って探すお江戸の物語。