「浮世絵」タグアーカイブ

頼朝伝説の牛坂と牛天神

海岸に下りる坂だった?牛坂

文京区牛天神(北野神社)の裏手、北側に面する急坂。網干坂の上の坂。坂下に牛石があったから牛坂(別名、潮見坂・蛎殻坂・鮫干坂)。と、書きましたが、お気づきのように海に関係する坂名がつづいています。

東京の真ん中に位置する文京区の牛天神前は中世の頃は入江だったのです。牛天神を見るとき、いつも急峻な崖の上にあるなあと思っていたのですが、波が削った海食崖だったのです。

かつては崖の裏手の坂(牛坂)を下り、海岸に出ることができたのでしょう。なので、もとは海運安全の神様を祭っていた場所、港のあった場所だったと想像できる地形です。

江戸名所図会より牛天神
江戸名所図会より牛天神(クリックで拡大)

崖の上の牛天神

江戸名所図会を見てみましょう。表門に大きな石段がありますが、今はありません。門前にマンション、住居が建ち、隙間から崖が顔を出してます。

マンション建設の際に削ったのでしょう、もの凄い崖になってます。網干坂側の住居の間から見ても紛れもない崖です。

もとの牛天神表門
もとの牛天神表門のあたり。すごい崖になっています。崖の上が牛天神。
網干坂側からのぞく崖
網干坂側からのぞく崖。

江戸名所図会の左端に牛石が描かれています。この石が網干坂の坂上、牛坂の坂下にあったのですが?今はないようです。ご心配なく、牛天神の境内、本殿の前にあります。

牛石があった辺り(網干坂と牛坂の接する辺り
牛石があった辺り(網干坂と牛坂の接する辺り)

江戸名所図会でいうとオレンジ矢印の位置から青い矢印の位置に移動しています。牛石は頼朝にあやかって「撫で石」とも呼ばれ、牛の口のほうから撫でると願いが叶うといいます。

私が先日、訪れたとき、どこが口だかわからないと、おばちゃんが口を探していたので適当な凹みをココが口と教えてあげました。

今は境内にある牛石
今は境内にある牛石

牛石のいわれについて「江戸志」に、

寿永3(1184)年、源頼朝の東国経営のとき、小石川の入江に舟をとめ、老松につないでなぎを待つ。その間、夢に菅中(菅原道真)が、牛に乗り衣冠を正して現われ、ふしぎなお告げをした。夢さめると牛に似た石があった。牛石これなり。
牛天神(北野神社)
牛天神(北野神社)

牛坂は頼朝が居眠りしながら、波が静まるのを待つのに最適な場所でしょう。その後、頼家が生まれ、平氏を西に追うことができたので、お礼に、ここに社殿を造営した。それが牛天神とのことです。

牛坂かなり急
牛石があったところからみる牛坂。かなりの急坂です。

今の牛坂を見ると確かにここに石があったら交通の邪魔!ってえことでいつの時代か、大八車で境内まで移動したのでしょう。

また、江戸名所図会の中に「揚弓」とわざわざ書いてあり、縁日のライフル射撃みたいな弓射撃場があって面白いです。「裏門」とあるのが現在の表門になっています。

もとの牛天神裏門。今は表門。
もとの牛天神裏門。今は表門。

富嶽三十六景 礫川雪ノ旦の謎

富嶽三十六景 礫川雪ノ旦(こいしかわゆきのあした)
富嶽三十六景 礫川雪ノ旦(こいしかわゆきのあした)

葛飾北斎が書いた「礫川雪ノ旦」(こいしかわゆきのあした)です。この絵は通説では小石川伝通院か、牛天神から見た富士山の風景となっています。

雪が止んで、高台の茶店から神田上水or後楽園の池の向こうに富士山が見える光景です。伝通院の茶店だった場合、伝通院から確かに富士山は見えたでしょうが、尾根道にあたる冨坂(春日通り)越しに富士山を見ることになり、冨坂が描かれていない。

また、尾根が邪魔して神田上水or後楽園の池は見えないと思われます。牛天神からだとすると、神田上水も後楽園の池はバッチリ見えるし、江戸名所図会をみると、茶店らしき二階建てor高床式の建物が描かれているのを発見!この絵、わたくし的には牛天神からだと思うのですが、みなさん、どう思我ますか?

江戸名所図会より牛天神
(クリックで拡大)
江戸切絵図(牛坂)
嘉永七年(1854年)安政四丁巳年 (1857年)改 尾張屋刊 江戸切絵図

江戸切絵図にも牛サカ、牛石の表示があり、お江戸の小さな観光スポットだったのでしょう。

狛犬と狛牛

狛牛

牛天神の狛犬

牛天神には狛犬、狛牛がいらっしゃいます。牛天神だから狛牛。う〜ん、こりゃよくわかるが、狛犬も面白い!よく見ると阿形のほうだけ、子犬にお乳をあげてるんです(*´∀`*)かわいい〜。

文化六歳とあり1809年作、しかも「坂通り」とあり、網干坂の商店街の寄進でしょうか。坂道ファンにとってはグッとくるお品であります。

東京一の観光坂道、九段坂

昔は急峻な坂で九段の石段があったので九段坂(諸説ありますが)。江戸名所図会をみても、確かに九段あります。徒歩では登れるが、段差が大きかったので大八車は一人では無理。坂下には押し屋がいたそうです。

江戸名所図会(九段坂)
江戸名所図会(九段坂、中坂、俎橋)クリックで拡大

面白いことに、江戸名所図会ではお隣の中坂の方が往来が多いのです。江戸後期、商業的に栄えていたのは中坂で九段坂は観光スポットだったと云います。

九段坂は、かなりの急坂でしたが、登ると海が見える絶景。海だけでなく牛ヶ淵、千鳥ヶ淵、江戸城(田安門、清水門)も一望できて、さぞかしキレイだったことでしょう。
夜はお月見の名所としても有名だったといいます。

今も東京で一番有名な坂といえば、神楽坂か九段坂ですが、商業的には神楽坂が一番でしょう。
一方、九段坂のほうは、北の丸公園の入口(田安門)、武道館、桜の名所の千鳥ヶ淵、そして靖国神社という一大観光スポットへと続く坂道です。

葛飾北斎の浮世絵「くだんう志がふち」がある説明板
葛飾北斎の浮世絵「くだんう志がふち」が描かれた説明板

読めない漢字、俎橋

九段坂を登る手前、江戸名所図絵の下方で目につくのが「まないた橋」の表記。

俎橋
俎橋

九段坂は坂下で日本橋川に架かる俎(まないた)橋と繋がっています。
俎橋???これを読める人はなかなかいません。近くにお台所町があったのでその名がついたという説と、当初はまないたのような平たい板を渡しただけの橋だったという説があります。

台所町跡
台所町跡の碑

坂下近くには江戸城清水門もあります。

清水門
清水門
あまり知られていない時代劇チックな坂のある清水門
清水門の内側。

清水門をくぐると、あまり知られていない坂があり、時代劇の一場面を想像してしまいます。

九段下のランドマークだった「戦利水槽」⁈

九段下の九段会館(旧軍人会館)は東日本大震災の被害を受け、近々、その外観の半分以上を残してリノベーションするようです。

九段会館

九段会館のある場所は明治、大正期の古地図を見ると公園だったようです。しかもこの地図には、見慣れない「戦利水槽」の文字が、、、

明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より戦利水槽
明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より戦利水槽。
大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より戦利水槽。
大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より戦利水槽。

これは何なのかとググると、、、

戦利水槽
戦利水槽

このような絵葉書が出てきます。FB友に聞くと、日露戦争時に破壊した鉄道の蒸気機関用給水塔との情報をいただきました。

しかしながら、今では忘れ去られているこのようなものが、明治大正期のランドマークだったとは驚きです。なおかつ、これを国威高揚のために持ってくるとは、凄いアイデアです。

牛ヶ淵

九段坂の牛ヶ淵側を登っていきます。

疲れて倒れた牛がここに落ちたので牛ヶ淵。九段坂はそれほど急坂だったのです。

牛ヶ淵
牛ヶ淵
古写真:九段坂と都電
古写真:九段坂と都電

今の九段坂は関東大震災を機に大改修が行われ、ゆるい勾配になりましたが、ゆるい勾配になる前は、都電が上りきれないので、牛ヶ淵沿いの一段低いところを走っていました。

九段坂を登り、最初にみえてくるのが田安門。みなさんご存知、日本武道館の入口です。

田安門
田安門
田安門から見る武道館と渡櫓門
田安門から見る武道館と渡櫓門。

やや登り、目に入ってくる変わった建造物、高燈篭(常燈明台)。昔は海からも見えたので灯台としての役目をしていて、品川沖をゆく船から見えたと云います。どうりで灯台のような形をしています。

九段坂の高燈篭(常燈明台)
九段坂の高燈篭(常燈明台)

さすがに観光スポットだけあって残されている写真は多いです。

古写真:九段坂と常燈明台。
古写真:九段坂と奥の方に常燈明台。
古写真:牛ヶ淵方面から見た九段坂
古写真:牛ヶ淵方面から見た九段坂。確かに灯台っぽい常燈明台。
古写真:靖国神社前の高燈篭
古写真:坂上、靖国神社前の高燈篭

古写真によると高燈篭(常燈明台)は、九段坂上にあったようですが、今では九段坂公園に移設されています。
九段坂公園には明治の重鎮、大山巌、品川弥二郎の銅像もあります。

大山巌像
大山巌像
品川弥二郎像
品川弥二郎像

牛ヶ淵の反対側を歩くと、靖国神社が見えます。なんとも、名所の多い坂です。

九段坂と靖国神社
九段坂と靖国神社

池波正太郎先生の九段坂

九段坂で思い出すのが、池波正太郎先生が小説「江戸切絵図散歩」で少年時代の思い出を語っています。要約すると

九段坂を登り、坂上の堀端で写生をしていると、パナマ帽をかぶってステッキをついたご老人が絵に見入っていた。
ご老人は絵をくれないかと言う。
池波少年は絵を手渡すと、ご老人は5円札(当時としては大金)を渡そうとする。
いらないよ、あげるよと断って靖国神社の方へ歩いて行くとご老人はあとをついてくる。
なんでついてくるのと尋ねると、ご老人は目をまっ赤にして涙がこぼれそうになっていた。
池波少年はびっくりして九段坂を一気に駆け下りた。

家に帰ってお母さんにいうと
「その人はあなたぐらいの子を無くしたのだろうよ」と

これを読んだ時、ホロリと泣きました (´;ω;`)ウッ…。
そして池波先生のファンになると同時に、江戸切絵図に興味を持つきっかけとなるのでした。
池波先生のように、さらりと感動できるような文章を書きたいものです。

池波先生は「現代の道は人のためでなく、車輌のための道である」とおっしゃっています。確かにそうです。

坂道は人が登れば苦しいし、下れば楽々感を得る。坂下が平地だと安堵感と同時になんとなく物足りなくも思います。
坂道を車でゆけば、そんな感慨は生まれません。
坂道は人に感情の機微を与えてくれるので好きなのです。

九段坂は歴史があり趣のある見所の多い坂です。

靖国神社に関してはこちらをご参照ください。