「坂道」タグアーカイブ

家光が来た?藤坂と狩場


家光公と藤坂の謎

藤坂は、別名を富士坂。
坂上から富士山が見えた、う〜ん納得。

またの名を禿坂。
坂下を川が流れていた。禿とは、かむろ、つまりカッパの意味、う〜んまた納得。

一般的には藤坂。
1650年、将軍家光公が高田で鷹狩りの後、この坂下の伝明寺に寄り、藤棚を見て、いたく感動して、藤寺と命名したので。
これはあやしい。

藤坂
藤坂上から。今では富士山は見えません。
藤棚のある藤寺伝明寺
藤棚のある藤寺伝明寺

豊島区高田から江戸城に帰るなら、わざわざ遠回りして、ここは通らないような気がします。新宿区を通るし、文京区を通るなんて方向音痴です。怪しいお話なので古い地図で調べてみたら、驚きの事実を発見!

藤坂説明板

明治初期の地図でこの辺りを見ると今の共同印刷辺りに、なにやら懐かしのインベーダーっぽい形の池が⁈

狩場
明治7-17年 5千分の1東京図測量原図より
藤坂
嘉永七年尾張屋刊 江戸切絵図より

江戸時代の切絵図では松平播磨守の下屋敷か小野佑三郎下屋敷になっている辺りです。

そうです、このインベーダーは狩場なのです。
鷹狩りの練習場というか、郊外に行かなくても近所で鷹狩りが出来る施設。
今でいうところのゴルフの打ちっ放し的なもの。
鷹狩りは将軍、大名のレジャーですからねえ。
狩場では普段から鴨を飼っていて、
インベーダーの足のところで餌付けをして、
それらをデコイにして、
釣られて来る野生の鳥を、
鷹を放って、とっ捕まえる。
なんとシステマチックな!。

このような施設は大名の下屋敷に多く存在していたらしく、桂離宮ではまだ現物が見れるそうです。
う〜ん、明治初期までこんなものがあったなんて驚きますよね。

この狩場に家光公が訪れたのかどうかはわかりません。
なお且つ、家光公が没したのは1651年。その前年は元気だったのでしょうか?謎です。

 


本妙寺坂と遠山の金さん


本妙寺坂と
巣鴨にある遠山の金さんのお墓の関係

本妙寺は、もともと文京区本郷丸山にあり、1657年、振袖火事の出火元として有名です。一説には本郷の幕府有力者が真の火元で、隣接する本妙寺が身代わりになった、とも言われております。
そりゃそうです、火元になって取り潰しにもならず、現在まで残っているのだから。

明治44年、巣鴨に寺、墓所とも移転。文京区本郷には本妙寺坂と坂名だけに名残りが残ることになったのです。
お寺がないので何の変哲もない坂ですが、本妙寺坂は菊坂エリアの一部です。見所は菊坂エリアをご参照ください。

しかしながら、移転先の本妙寺が気になって、走って行ってみました。

移転先、巣鴨の本妙寺

本妙寺が、なんで巣鴨に移転?と疑問に思ったんですが、走っててわかりました。この辺り一帯は都営の染井霊園。静かで立派な一大墓所パークが広がっています。染井は桜のソメイヨシノでも有名です。

染井霊園
染井霊園
遠山の金さんのお墓
遠山の金さんのお墓

さて、遠山の金さんのお墓も移転してきました。金さんのお墓の脇には「天保十三年 遠山氏先栄の碑 遠山景元建」と描かれた碑があり、金さんの揮毫と思われます。「この碑が見えねえかっ!」と一括された気がしました。

天保十三年 遠山氏先栄の碑 遠山景元建
天保十三年 遠山氏先栄の碑 遠山景元建

そのほか、鷺坂上にあった大名家、久世大和守代々の大規模な墓など、墓所も移転って相当な大工事だったのでしょう。

久世大和守代々の墓
大規模な久世大和守代々の墓の数々