「江戸切絵図」タグアーカイブ

小石川宗慶寺極楽水碑の几号水準点

文京区小石川宗慶寺極楽水碑の几号水準点

宗慶寺の極楽水碑の下部に刻まれているはずの几号水準点が埋まっています 。
なので地図マニアのツワモノが発掘した画像をインサート。

公的資料:地理局雑報にある記載
小石川久堅町八拾五番地極楽水碑臺石 11.3104m
古地図:明治20年(1887年)東京実測図より小石川久堅町八拾五番地(クリックで拡大)。
古地図:明治20年(1887年)東京実測図より宗慶寺と小石川久堅町八拾五番地(クリックで拡大)。

几号水準点って何?を参照

お江戸の頃の宗慶寺

江戸名所図会より宗慶寺極楽水
江戸名所図会より宗慶寺極楽水。

今とずいぶんと趣が違います。門から入って右側に極楽水があり、名水極楽水は有名でこの辺りの地名にもなってます。

このお寺宗慶寺も極楽水碑も播磨坂の開削によって吹上坂の方に移動しています。

播磨坂 吹上坂

嘉永七年(1854年)尾張屋刊 江戸切絵図
嘉永七年(1854年)尾張屋刊 江戸切絵図より極楽水と井戸マークの表記があります。

漱石先生がいう極楽水

極楽水はいやに陰気なところである。近頃は両側へ長家が建ったので昔ほど淋しくはないが、その長家が左右共闃然として空家のように見えるのは余り気持のいいものではない。貧民に活動はつき物である。働いておらぬ貧民は、貧民たる本性を遺失して生きたものとは認められぬ。余が通り抜ける極楽水の貧民は打てども蘇み返る景色なきまでに静かである。——実際死んでいるのだろう。ポツリポツリと雨はようやく濃かになる。
抜粋: 夏目漱石 「 琴のそら音」

時代は明治になって、極楽水周辺は「いやに陰気なところである」と夏目漱石先生は書いています。両側に貧民長屋が建ち並び、それらに全く活気がないと。
死んでいるとまで言っています(;  ̄ェ ̄)。
そこまで言う、、、

今では立派なマンションが建ち、さくらまつりで賑わう播磨坂も整備され、一等地です。

【悲報】極楽水碑が工事中?!

2015年1月2日、極楽水碑が倒されていました。どうやらお堂を改修中で入口の極楽水碑が邪魔で一時的に移動されているようです。再度建てるときは几号が見えるように建ててほしいと願っています。

倒れてる極楽水碑
倒れてる極楽水碑

【続悲報】極楽水碑は立ったけど

2015年9月、久しぶりに吹上坂を走ると、極楽水碑はお寺の元の位置に立っていました。

が、しかし、コンクリートで固められ几号水準点が見えません。掘り返すことすら出来ませんが、今後、長い間、この碑は残り、几号水準点も残ってゆくことでしょう。

極楽水碑

撤去等で年々、数が少なくなっています。撤去されていたら、ご報告ください。

シェアはご自由にどうぞ。

徳川慶喜邸と小日向の新坂

徳川慶喜公、終焉の地と新坂の謎

徳川慶喜公、終焉の地
徳川慶喜公、終焉の地

慶喜公は駿府での長い謹慎生活を許され、明治30年、東京に戻られました。このとき尽力したのが元幕臣の勝海舟だと聞いております。

慶喜公は最初の4年間、豊島区巣鴨に住んでいましたが、屋敷の隣に山手線が通るというので騒音を嫌い、文京区小日向に引越しました。今の慶喜公屋敷跡は国際仏教大学の敷地になっています。

大学の門の前にひっそりと徳川慶喜公屋敷跡の碑が建っているのと慶喜公遺愛の大イチョウの木があるだけです。

ググったら慶喜公小日向邸の写真が出てきましたが跡形もなく変貌していますねえ。慶喜公は大正2年この地で亡くなったそうです。享年76歳、歴代将軍の中で最長寿だったそうです。

慶喜公邸

IMG_0530
晩年は趣味に没頭されていらっしゃったというので、この地で撮られた写真でしょうか?
慶喜公邸にあった大イチョウの木
慶喜公邸にあった大イチョウの木

国際仏教大学の脇の新坂から見ると丸の内線と隣接していますので慶喜公はまたまた引越したと思われます(  ̄ェ ̄)。

新坂から慶喜公邸をみると丸ノ内線が
新坂から慶喜公邸をみると丸ノ内線が、、、
小日向の新坂
新坂

小日向の新坂はなぜ作られたのか

慶喜公も歩いたと思われるこの新坂は改修されて走りやすい坂道です。新坂というくらいだから新しい昭和の坂かなあ、と思いきや江戸時代に開削された当時としては新しい坂(1710年代に開削といいます)。

なので新坂という名になったらしいです。ではなぜ、この坂を開削したのでしょうか?疑問に思い古地図(嘉永七年尾張屋版 )をみると、

嘉永七年尾張屋版 江戸切絵図(新坂)

シンザカの表記があります。その西隣の無名の坂(キリシタン坂という人もいる、キリシタン坂を参照)は木戸で閉ざされています。

この坂の入口には、いまでも木戸番ならぬ交番があって笑ってしまいますわ(*’ヮ’*)。なんとなく木戸も想像できてワクワクします。地図オタの楽しみの一つです。

無名坂の入口
無名の坂の入口
無名の坂から
無名の坂を行くと慶喜公邸時代のものと思われる石垣が続く
慶喜公邸の勝手口か
古い石段を発見!慶喜公邸の裏口の石段か勝手口か?

また、天保十四年岡田屋版で見ると

天保十四年岡田屋版江戸切絵図(沼地)
天保十四年岡田屋版江戸切絵図

川とも沼地ともつかない表記になっています。この坂は湿地帯の一部で尚且つ木戸で閉ざされ、武士しか通れなかった坂だったと想像できます。なのでもっと歩きやすい、町人も通行可能な道として開削したのだと妄想しております。
なるほど合点がついた( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

新坂という名前の坂は文京区に6つもあるといいます。新坂めぐりランなんてえのも考えてしまいます。

シェアはご自由にどうぞ。