「港区」タグアーカイブ

古地図で辿る大久保利通、最期のルート「紀尾井坂の変」

明治初期の地図を眺めていて、ふと、目に入った「大久保邸」。
明治維新立役者の一人、内務卿・大久保利通邸は、潮見坂、三年坂を登りきった辺り、三年町裏霞が関にありました。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸。

三年町の名は三年坂に由来し、この坂で転んだものは三年以内に死すと云う怖い坂щ(゚Д゚щ)。
大久保利通は転んだことがあったのでしょうか?

三年坂
財務省と文化科学省の間の坂、三年坂
潮見坂
潮見坂

明治十一年(1878年)、邸宅から赤坂仮御所に向かう途中、清水谷の紀尾井坂下付近でテロに遭い、命を落とします。
世に云う「紀尾井坂の変」。「紀尾井坂事件」「大久保利通暗殺事件」とも云います。

皇居の火事が起きなかったら。

紀尾井坂の変が起きる5年前、明治六年(1873年)5月5日、皇居が焼失し、明治十一年頃、明治天皇は赤坂仮御所にお移りになられていました。火事が起きる前なら大久保利通は、桜田門から皇居に入ったはずです。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸と桜田門
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸と桜田門の位置関係(クリックで拡大)。

邸宅(A)から桜田門(B)ならば、テロは起こらなかったかもしれません。

なぜなら、このルートは、明治の元勲、華族の屋敷街(西郷邸などのビックネームがあります)、下士官要請施設である陸軍教導団(C、現・警視庁)参謀本部(D、現・憲政記念館)があり、物騒な維新後にあっても、最も安全な道の一つでした。二度と桜田門外の変は起きそうにありません。

古写真:馬車が入って行く桜田門
古写真:馬車が入って行く桜田門(B
教導団砲兵営
古写真:教導団砲兵営(C

皇居の火事が無かったら、大久保利通は襲われることは無かったのではないか?そう思わせる施設の配置です。

しかし皇居の火事は起き、防備の薄い道を行くことになります。

最期の出仕ルート

赤坂仮御所は今の迎賓館、赤坂御用地のあるところ。馬車でもほんの10分くらいの距離です。

赤坂仮御所東門(H)までのルートは以下の通り。

大久保利通最期のルート
大久保利通最期のルート邸宅(A)から赤坂仮御所東門(H)(クリックで拡大)。

大久保利通邸の今の場所は?

古地図と現在地図を見比べ、大久保利通邸跡を目指します。
大久保利通邸があった場所は、今の内閣府辺りらしいです。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸。
現在図
現在図

この周辺は否応もなくビッカビカの官庁街。
おまわりさんがたくさんいて、睨みを利かせています。

内閣府下交差点

総理官邸前、財務省上交差点を過ぎ、邸宅跡へと進むと、
えっえーー!щ(゚Д゚щ)。雑草生え放題の古い石垣が!

官庁街のこの一角だけ、寂れた空気が漂います。不気味感満載!

古地図をみると屋敷の前に庭があり、西洋風の豪邸です。このことも不平士族に反感を持たれる一因になったと云われていますが、前庭部分は、今現在、閑散とした空地です。

邸宅の門(地図赤矢印)だった位置にゲートがあり、往時を想わせるには充分です。
そして屋敷は内閣府、衆議院第二別館辺り(写真青矢印)にあったようです。

明治十一年(1878年)5月14日朝、邸宅を出た二頭立の馬車は、コの字型に曲がり、茱萸坂を(青矢印)進みます。

クリックで拡大。
茱萸坂
茱萸坂

出ました!難読坂名。
茱萸坂(ぐみざか)と読みます。皀角坂(さいかちざか)と並ぶ難読さです。

茱萸坂(ぐみざか)
 永田町一丁目、国会議事堂の南側を東に下る坂です。その先は潮見坂に続きます。番付坂と呼ばれたこともあります。『新編江戸志』では「丹羽家表門見通し、内藤紀伊守殿本多伊勢守殿中屋敷の間、九鬼長門守殿屋敷の前に出る小坂なり。両側にぐみの木ありし故の名なり。」とあります。
 『新撰東京名所図会』には、「永田町一丁目と三年町の間を清国公使館前に上る坂を呼ぶ。番付坂は茱萸坂の一名にして、昔時山王の祭礼には、必ず此ところにて、花車の番付札ありて其の行列をあらためしよりいう。」とあります。

う〜ん、植物系坂名は難しいものです。

ルートの説明にもどって。
茱萸坂突き当りの清国公使館(現・内閣総理大臣公邸、衆議院第一議員会館)を右折。

古写真:清国公使館
古写真:清国公使館
もと清国公使館。ここを右折
もと清国公使館前。ここを右折。

機動隊やおまわりさんがいっぱいいて、なぜか睨まれます。

気にせず、現・国会議事堂の裏の通り(古地図赤矢印)をやや行き、

国会議事堂裏通り
国会議事堂裏の通り
古写真:ドイツ公使館
古写真:ドイツ公使館

ドイツ公使館(古地図B、現・国会図書館)の前を左折。

この辺りで写真を撮っていると、なにやら不審に思ったおまわりさんが近づいてきます。ついにキタぁ「職務質問」!

国会図書館前。ここを左折。
国会図書館前。ここを左折。

「何されてるんですか?」
私は後方のビルを指差し、
「いやね〜、あそこが大久保利通邸だったって知ってます?」
想定外の返答に戸惑うおまわりさん。
「知りません、そうなんですかぁ」
「古地図を見ながらチャリってるんですよぉ」
「そうですかぁ、お気をつけて(^_^;」

そんなに私は不審人物に見えるのでしょうか?と心配になりますが、私はテロリストではありません、よくいる古地図好きの一市民です(よくはいないかもぉ)。お仕事ご苦労様ですm(_ _)m。

途中から旧道(左側)に入れます
途中から左側の旧道(古地図緑矢印)に入れます。

今では太い国道246号線(通称ニーヨンロク)をやや行くと旧道(古地図緑矢印)があるので、そちらに折れます。
やや行って三べ坂(古地図C)へ右折、登りきると、赤坂御門(赤坂見附)が見えてきます。

三べ坂
三べ坂
赤坂見附の石垣
三べ坂を登ると赤坂見附の石垣(赤矢印)が見えます。
赤坂見附跡
赤坂見附跡。古写真の門の左側部分。
古写真:赤坂見附
古写真:赤坂見附と見附から下って行く土橋。見附とは敵を見つけるという意味。高いところに位置しているのが普通です。
石垣の一部が残る赤坂見附。昔、土橋だったあたり。

なぜ、赤坂見附を通らなかったのか?

赤坂見附の枡形を抜け、大きな土橋(D)を下り、紀伊國坂(I)を登り、赤坂仮御所東門(H)を目指したほうが、どうみても近道です。
が、なぜか、馬車は、赤坂見附を迂回して清水谷へ向かいます。

赤坂見附から赤坂仮御所東門まで
赤坂見附から赤坂仮御所東門まで(クリックで拡大)。
紀の国坂
紀伊國坂(I


なぜ、赤坂見附を通らなかったか?これには二つの説があって、ただ単に清水谷が好きだったからというのと、赤坂見附通りの人通りを、避けたと云う説。

古地図、古写真では赤坂見附を下ると多数の民家(青矢印)がひしめき、交通事故や暴漢が飛び出す危険性もあります。

明治5年、赤坂見附からみた元赤坂
明治五年(1872年)、赤坂見附からみた元赤坂の町。

一方、清水谷(F)の通りは皇室の御用地で、ひと気も少なそうです。

古地図、古写真をみるかぎり、赤坂見附通り危険説に軍配が上がりそうですが、人通りを避けた、そのことがかえって悲運を招きます。

大久保利通は清水谷ルートを行く。

赤坂見附を迂回して細道(E)を下り、清水谷(F)から、紀尾井坂(G)を登り、堀を越えれば、赤坂仮御所の東門(H)が見えてきます。

東京ガーデンテラス紀尾井町

近年、Eの細道は東京ガーデンテラス紀尾井町内の階段として復活しています。

地図でみると標高差約10mを下ります。
それにしても坂が多い(*´Д`*) 〜з
これが東京の特徴です。

清水谷
清水谷の通り(F)。明治のころは木々が茂り、薄暗い森のような感じだったのでしょう。
紀尾井坂
紀尾井坂。かなりの勾配です。
赤坂仮御所の東門
赤坂仮御所東門(H

明治十一年(1878年)5月14日、どんよりした曇り空。
この日、彼は紀尾井坂を登ることができませんでした。

事件は清水谷で起こった!

大久保利通と車夫、従者の乗る二頭立馬車の一行は、清水谷を降りきります。すると、道に、摘んだような花を持つ書生風の男が二人立っています。

馬車は二人をやり過ごし進むと、森の奥から花を持った別の二人が現れ、道をふさぎます。従者が馬車を降り、退くように頼むと、次の瞬間、隠し持っていた短刀が馬の足に!。

清水谷公園前から紀尾井坂下を望む
清水谷公園前から紀尾井坂下(G)方面を望む。

北白川宮邸これを合図に潜んでいた二人も現れ、計六人の不平士族に囲まれてしまいます。

危機を察した車夫は馬車を走らせようとしますが、斬られた一頭がへたり込み、進むことができません。従者も斬りつけられますが、間一髪逃れ、近くの北白川宮邸に助けを求めに走ります。

残された車夫は斬られ、大久保利通は「無礼者!」と一喝するも、馬車から引きずり出されてしまいます。

16箇所の傷、喉に突き刺された短刀は地面にまで到達していたと云う悲惨な最期でした。

清水谷公園内の紀尾井坂の変の石碑
清水谷公園内の紀尾井坂の変の石碑。全高6.27mの大きなものです。

ここに薩摩の二つの星の一つ、大久保一蔵は、西郷さんを追うように、堕ちてしまいます。享年49歳。

彼の死後、残ったのは借金の山。
国のために必要な金を、私財を投げ打って集めていたと云い、遺族への返済要求は、一つもなかったと云います。
本物の政治家でした。

清水谷公園

清水谷公園

ところで暴漢が摘んだ花は何だったのでしょうか?
今では、ビルに囲まれわからないのですが、ここが深い渓谷だと教えてくれる清水谷公園の地形。
都会とは思えない光景です。

清水谷公園の斜面

ここには山岳地帯で見るような可憐なスミレが木々の下に自生していました。

清水谷公園のスミレ

 

紀尾井坂を登った喰違見附でも事件が起きています。

岩倉具視暗殺未遂事件「赤坂喰違の変」と生き残った岩倉邸

幕末・明治維新トップへ

千代田区の名坂トップへ

以下のグーグルマップをご利用いただければ、古地図同様のルートで歩くことができます。

シェアはご自由にどうぞ。

愛宕山、出世の石段と桜田烈士

都心の平地に突き出た山、愛宕山は、その高さという地形的性格から、観光地であり、信仰の地であり、測量、放送などにも利用され、産業遺産も盛りだくさん。

江戸名所図会より愛宕山
s 江戸名所図会より愛宕山(クリックで拡大)。
箱根山
築山である箱根山。

愛宕山(標高25.7m)は東京23区内で一番高い自然の山です。
なぜ、自然の山とわざわざ言うのか?
それは自然でない人工の築山、箱根山(標高44.6m)があるからです。

「横穴跡と731部隊」の箱根山を参照

江戸名所図会より愛宕山山上
江戸名所図会より愛宕山山上(クリックで拡大)。

山上の愛宕神社は火伏せ、防火の神として信仰を集めました。

また、眺望が良く、江戸湾の水平線まで望めたと云います。行楽地として江戸の民に愛され、近代ではその高さから測量地点として利用されてきました。

愛宕山のビックリ測量遺産を参照

愛宕山の出世の石段

愛宕神社の男坂は「出世の石段」と呼ばれています。

古写真:明治四年頃、坂下右は小西酒店。お酒を買って山上で一杯。
古写真:明治四年頃、坂下右は小西酒店。お酒を買って山上で一杯。

出世の石段

出世の石段

この急坂を馬に乗って駆け上がるとは信じられません。
子供もコケています (≧∇≦)。

月岡芳年画「曲垣平九郎」
曲垣平九郎 月岡芳年画
寛永十一年(1634年)徳川家光公が山上に咲く梅を見て、「梅の枝を馬で取ってくる者はいないか」と言ったところ、讃岐丸亀藩の家臣、曲垣平九郎が見事成功!。全国にその名を轟かせたと云います。

その後、成功したのは5〜6人と云われています。

文政十三年(1830年)発行の「嬉遊笑覧」という本に、備前藩士、森彦三が成功とありますが、いつ成功したのか明記がなく確証のない話です(「嬉遊笑覧」という題名ですから(笑))。

嘉永七年(1854年)稲葉家家臣、雄嶋勝吉の記録
明治六年(1873年)東京蔵前片町の石井清三郎の記録
も確証がありません。

「芝区史」にある信頼できる記録は
明治十五年(1882年)曲馬師、石川清馬。
大正十四年(1925年)陸軍参謀本部馬丁、岩木利夫。
そして近年、TV番組で挑戦した
昭和五十七年(1982年)スタントマン、渡辺隆馬。

曲垣平九郎以降、確かな記録は、明治・大正・昭和と、ずいぶんと時代が離れています。なぜでしょうか(?_?)

江戸時代は68段、今は86段

江戸時代のどの記録を見ても石段の数は68段と云っています。現在86段ですので江戸時代は一段の高さがもっと高かったことになります。しかも、サラブレットではなく、小さい馬だったことでしょう。

そう思うと、曲垣平九郎は実在の人物ですが、この話は伝説だったのか(?_?)
平九郎の名誉にために信じます。その方が楽しいし(^^*)。

愛宕山は古写真の宝庫

東京の真ん中の観光地ゆえに、絵葉書・古写真が多く残っています。

幕末、明治初期の写真黎明期に活躍したフェリーチェ・ベアト(1832年ー1909年)は愛宕山から江戸の香りが残る街のパノラマ写真を撮っています。

愛宕山からのパノラマ西側
古写真:愛宕山からのパノラマ北側(クリックで拡大)。
古写真:愛宕山からのパノラマ東側
古写真:愛宕山からのパノラマ南側(クリックで拡大)。

手前の長屋塀は越後長岡藩牧野家の中屋敷(古地図A)。その右、木々の向こうに大和小泉片桐家上屋敷(B)。

古地図:万延二年(1861年)尾張屋版愛宕下之図
古地図:万延二年(1861年)尾張屋版愛宕下之図

愛宕山からの眺望

今となってはビルに囲まれ、見通しも効きません。

明治中頃の山頂「愛宕山公園」左に出世の石段の手すり。
明治中頃の山頂「愛宕山公園」左に出世の石段の手すりが見えます。

愛宕山の愛宕塔

明治初期の地図で愛宕山は標高25.93mとなっていますが、もっと高くと思ってしまうのが人の欲というものです。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より
古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より
古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より

明治後期になると、塔の記号(赤矢印)が現れます。

明治22年オープンの愛宕塔。大人四銭、小人二銭。
明治22年(1889 年)オープンの愛宕塔。入場料大人四銭、小人二銭。

明治二十二年(1889年)、展望タワー「愛宕塔」ができ、この通りの奥には昭和五年(1930 年)、愛宕山トンネルが開通します。

愛宕山トンネル
愛宕山トンネル

愛宕塔があったところには、大正十四年(1925年)、現NHKの東京放送局(JOAK)が建設され、ラジオ放送が開始されます。

NHK放送博物館
NHK放送博物館。もとNHK愛宕山放送局。

山頂にあの浪士十八人が集結

安政七年三月三日(新暦1860年3月24日)雪の朝、桜田門外の変を起こした十八人は、ここ愛宕山の茶店に集結、身支度を整えています。

愛宕山集合之図 月岡芳年画
愛宕山集合之図 月岡芳年画(クリックで拡大)。

桜田烈士

桜田烈士

桜田烈士

明治四年頃の愛宕山山頂。茶店も確認できます。
明治四年頃の愛宕山山頂。茶店も確認できます。
愛宕山からのパノラマ北側
愛宕山からのパノラマ。この写真でいうと左が江戸城方面(クリックで拡大)。

桜田烈士碑 この山頂で江戸城桜田門方面を眺めたことでしょう。
出世の石段を登り「出世」を夢見たのでしょうか?
出世せずとも世の中は変わると思ったのでしょうか?

愛宕山を降り、江戸城下の大名行列を見物しに行けば、人目には江戸見物に来たグループと思えるでしょう。

十八人は、巧みに観光客を装い、桜田門外へと向かうのでした。

「絵巻、古地図で見る桜田門外の変」

【追記`】
2017年4月、鳥居が赤く鮮やかに塗り替えられました\(^o^)/

愛宕山鳥居

幕末・明治維新トップへ

シェアはご自由にどうぞ。