軍事工場の謎のトンネル(前編・後楽園編)


ワトソ子くんがネット上で騒いでいます。
牛天神下、小石川税務署の裏手の工事現場。木々が取り除かれると、崖からトンネルらしき遺物が顔を出したと。

ワトソケ子くん(誤植ではない新キャラ、密かに坂道探偵社入りを画策する歴史好きの子育てに忙しい若奥さん)も興味を抱き、区役所に電話。区の土地ではないので税務署に電話してくださいと言われ、税務署嫌いщ(゚Д゚щ)のためなのか、閉口しているそうな。

謎のトンネル

謎のトンネル

「これ、射撃場のトンネルの出口ではないでしょうか?」
「えっ(*’д’*)、あのトンネル入口は後楽園駅近くにあるねぇ。あれがここまで続いているの?」

後楽園駅前礫川公園にある射撃場トンネル入口跡。

ワトソ子くん曰く、ここは東京砲兵工廠(軍事工場)の跡地なのでライフル銃の弾道実験隧道の出口ではないか?と。

丸ノ内線

崖の上を丸ノ内線が通り、様変わりしてしまいましたが、確かに、ここから約270m東、後楽園駅近くに、ライフル射撃場トンネル入口跡はあります。
けれどもぉ、、、果たしてそうなのか?
坂道探偵の出番のようです。
まずは東京砲兵工廠の調査です。

水戸黄門のお屋敷跡の軍事工場

東京砲兵工廠とは、水戸藩江戸上屋敷敷地跡に、明治以降、作られた軍事工場で主に拳銃、弾薬を製造していました。

古地図:万延2年(1861年)尾張屋版小石川谷中本郷絵図より、ひときわ大きな敷地の「水戸殿」
古地図:万延2年(1861年)尾張屋版小石川谷中本郷絵図より。ひときわ大きな敷地の「水戸殿」。

水戸藩江戸上屋敷跡、東京砲兵工廠は、今でいうと、東京ドーム、ドームホテル、遊園地(東京ドームシティアトラクションズ)、LaQua、特別史跡・特別名勝小石川後楽園、後楽園駅、文京区役所も含まれる広大なものです。よく使われる表現「東京ドーム◯個分うんぬん」。ここでは既に一個入っていますが、約8個分の広さです。

左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図、右:現在図
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より赤矢印が今回露出した謎のトンネル、青矢印がライフル射撃場トンネル入口
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より。赤矢印が今回露出した謎のトンネルの位置、青矢印がライフル射撃場トンネル入口の位置。

東京砲兵工廠の古写真

武家地が多かったこの辺り、明治になると寂れてしまい、東京市小石川区は東京市15区の中で一番、茶畑などの農地が多かったと云います。

そのため名所は小石川後楽園と東京砲兵工廠ぐらいしか無かったらしく、また、富国強兵を推し進めた明治のシンボル的存在だったので古写真は多く残っています。

古写真:明治四年(1871年)小石川橋から見る。
古写真:明治四年(1871年)小石川橋から見る。
古写真:明治四年(1871年)神田川越しに見る右、銃器倉庫、左、材料庫。
古写真:明治四年(1871年)神田川越しに見る右、銃器倉庫、左、材料庫。
古写真:明治四年(1871年)水道橋の上より。
古写真:明治四年(1871年)水道橋の上より。
古写真:大正初期、さいかち坂から水道橋、東京砲兵工廠方面を写した絵葉書。
古写真:大正初期、さいかち坂から水道橋、東京砲兵工廠方面を写した絵葉書。

そんな大軍事工場も自然災害には勝てずに、関東大震災で甚大な被害を受け、再建するよりも手っ取り早いということで九州小倉へ移転が決まります。

古写真:大正12年(1923 年)震災後の砲兵工廠。手前が水道橋。
古写真:大正12年(1923 年)震災後の砲兵工廠。手前が水道橋。

昭和11年(1936 年)株式会社後楽園スタヂアム(現・株式会社東京ドーム)が土地の一部を買い取り、今のようなレジャー産業の地に生まれ変わります。

戦争が終われば、明るい光景が戻ってきます。
珍しい古写真が。株式会社後楽園スタヂアムは破天荒なことをします。後楽園駅前にスキー場とは!

古写真:昭和28年(1953 年)後楽園駅前にスキー場。
古写真:昭和28年(1953 年)後楽園駅前にスキー場。

新潟から雪を運び、ゲレンデを作ってしまいました。後楽園駅の所在から見ると、この広場は今の文京シビックセンター(文京区役所)辺りでしょうか。

戦争遺物

戦争が残した遺物は多いようです。文京区のコクリコ坂は大塚兵器支廠を貫くように伸びているし、戸山公園には陸軍戸山学校がかつてあり、坂道にトンネル跡が、元町公園脇の坂道、そして異人坂にも防空壕跡があります。

戸山公園脇の横穴跡
戸山公園脇の横穴跡
元町小学校横穴跡
元町公園脇の坂。雨上がりに浮かびあがる防空壕跡。

今回は東京砲兵工廠の遺物を見るため、水道橋駅から水道橋を渡り、外堀通りを越えます。
すると、いきなりの歴史案内板が、、、

藤田東湖護母致命の処
 幕末の勤皇家 藤田東湖(1806-55年)は、水戸の藩士で、藩主徳川斉昭の信任も、きわめてあつかった。
 弘化元年(1844年)藩政改革に尽力したが、逆にそれが幕府の疑惑をまねき、斉昭は謹慎に、東湖は蟄居の身となった。後に許され、斉昭は藩政に復帰し、東湖は江戸詰を命ぜられ、小石川の水戸上屋敷に住み、側用人となった。
 安政2年(1855年)大地震がおこり、藩邸が倒壊した。東湖は母を助けて外に出たが、母がその時、火鉢の火が危ないと、再び屋内に引きかえした。東湖は母を救い出そうと家にもどった時、鴨居が落ちてきた。東湖は老母を下に囲い、肩で鴨居を支え、かろうじて母を庭に出した。しかし、東湖は力つき、その下敷きとなって圧死した。
 その場所は白山通りで、そこに記念碑があったが、拡幅工事のため道の中になってしまった。そこでその碑は、後楽園庭園内に移された。
 文京区教育委員会

なるほど。三百坂の時に読んだ手塚治虫先生の「陽だまりの樹」にもこのシーンは登場します。

藤田東湖、陽だまりの樹のシーン
陽だまりの樹のシーン。藤田東湖 字:斌卿、通称:虎之助、虎之介、武次郎、誠之進、号:東湖、梅庵。

やはりここは戦争遺物だけではない。江戸の歴史も避けて通れないところのようです。

ドームホテルの東側に細長いウォータープールがあり、古地図を見ると、これは千川暗渠の上にあるようです。千川は東京砲兵工廠の中を通っていました。

ウォータープール

古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より千川
古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より千川

ドームホテルの裏手の階段を降りて行くと、大きなレンガの塊があります。

東京砲兵工廠基礎レンガ

掘り出された東京砲兵工廠の工場基礎部。
後楽園球場の外野、センターの位置と説明板にあります。

東京砲兵工廠基礎レンガ説明板

「ここがセンターの位置かぁ。一番・センター・柴田。二番・セカンド・土井。、、、、、九番・ピッチャー・堀内。」
頭の中でジャイアンツV9戦士を諳んじている私がいて、ニヤリと自嘲し、「ナイツかよっ」と自分で突っ込みます。
歳がバレます。

戦時中、後楽園球場には高射砲陣地があり、B29を打ち落としたと云う話、信じられますか?

よく超高高度で侵入してくるB29まで弾が届かなかったと云われていますが、私の父はB29が落ちるのを見たそうです。

B29爆撃機

「後楽園球場の高射砲はよく当たるんだよ」
「え〜、球場に高射砲?」
「少しでも高いところからの方がいいから二階スタンドから撃ってたんだよ、花火のようでキレイだったよ」

昭和20年の航空写真より後楽園球場
昭和20年(1945 年)の航空写真より後楽園球場

呑みながら話しているので「よく当たる」の頻度はわかりませんが、確かに撃墜していたのです。
考えてみるとB29が落ちてくるというのも恐怖です。修羅場をくぐり抜けてきた人間は凄い。サラッと言っていました。

特別史跡・特別名勝「小石川後楽園」

特別史跡・特別名勝「小石川後楽園」
文京シビックセンター、東京ドームを背にする小石川後楽園。

山縣有朋次に小石川後楽園に向かいます。
東京砲兵工廠の真ん中になぜ上屋敷の庭園が残っているのか?

庭園好きで知られる山県有朋(椿山荘の項参照)の計らいと云われおり、山県元帥ならあり得ると納得。都市景観には緑が必要だから庭園を残そうと言うフランスの軍事顧問に賛同したそうです。

小石川後楽園にも戦争遺物があります。
まずはこの碑。古地図を見るとわかるように、これは東京砲兵工廠の敷地をかたどっています。

陸軍造兵廠東京工廠跡記念碑
陸軍造兵廠東京工廠跡記念碑
古地図:左、明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図 右、明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図

また、江戸時代の居酒屋を模したという「丸八屋」。この建物の前に円盤状のものが。

丸八屋

説明板はありませんが、造弾器の一部と云われています。しかしながら、なぜ、こんなところにあるのでしょうか?
どこからか持ってきたとしか思えないけれども、なんとなくマッチしていて、風流に見えるから不思議です。

椿山荘では驚いた山県元帥の審美眼の為せる技でしょうか?

関東大震災の瓦礫
関東大震災の瓦礫

関東大震災の瓦礫。陸軍時代のレンガ、瓦があちこちに埋まっています。

レンガ混じりの石段

大震災後の補修と思われるレンガ混じりの石段、レンガのある礎石など、陸軍という観点から観ると名園の別の魅力が浮かび上がります。

園内北角には「藤田東湖護母致命の処」の碑。

「藤田東湖護母致命の処」の碑

これがかつて水道橋近くにあって、白山通り拡張のためにここに移転したというものです。
学者で親孝行者。銅像を建ててもいいくらいのお話です。

小石川後楽園を出ると新しい外壁に、また江戸時代の香りが。
石垣に刻印石があります。丸の内、鍛冶橋の外堀から移設された物です。◯に山は備中成羽藩3万石・山崎家治の普請です。

後楽園外塀
小石川後楽園外塀
刻印石
刻印石

射撃場のトンネル跡

後楽園駅前まで来ました。
ここまで、東京ドーム周辺、小石川後楽園と見てきましたが、謎のトンネルの手がかりは無し。
しいて言えば、この射撃場トンネル入口のレンガは時代がやや新しいように思います。

これと小石川税務署裏、今回、露出したトンネルは結びつくのでしょうか?
後半でいよいよ謎が解決!

 icon-arrow-circle-right 後編・消えた坂道、天神坂へと続く(クリック!)


軍事工場の謎のトンネル(後編・消えた坂道、天神坂)


後楽園駅前、礫川公園のトンネル跡。これは小石川税務署裏まで続いているのか?前編で考察した水戸藩江戸上屋敷とは関係あるのか?

後楽園駅前、礫川公園のトンネル跡。
後楽園駅前、礫川公園のトンネル跡。

前編・後楽園編はこちらから

どうも礫川公園の隧道入口のレンガは明治に比べ時代が新しいような気がします。
しかも税務署の方角を向いていません。

小石川税務署裏で露出したトンネルらしきもの。

古地図を見てもそうです。また、明治の当初、射撃場は地下では無かったようです。

古地図:明治13-19年(1880-86年)第一軍管地方2万分の1迅速測図原図より射撃場
古地図:明治13-19年(1880-86年)第一軍管地方2万分の1迅速測図原図より射撃場
古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より射撃場
古地図:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より射撃場

地面を掘り下げ、周りを土塁で囲ったような表記です。

夏目漱石先生の「こころ」にこんな記述があります。

散歩がてらに本郷台を西へ下りて小石川の坂を真直に伝通院の方へ上がりました。電車の通路になってから、あそこいらの様子がまるで違ってしまいましたが、その頃は左手が砲兵工廠の土塀で、右は原とも丘ともつかない空地に草が一面に生えていたものです。私はその草の中に立って、何心なく向うの崖を眺めました。

西富坂

「小石川の坂」とは電車の通路と言っているので市電の通る「西富坂」のことです。西富坂から伝通院に向かって登っていくと、左手には砲兵工廠があり、土塀があったようです。レンガ塀ではなく土塀。弾丸がめり込みやすく流れ弾の反射を防げるということでしょうか。

東富坂
西富坂

東富坂はかつての射撃場に沿うようにここでカーブしています。

西富坂は、かつての射撃場に沿うように、かつての水戸上屋敷の敷地に沿うように、ここでカーブしています。
消滅してしまった江戸時代の東富坂と違い、西富坂は主要幹線道路となっています。

もう一つの射的場

明治期には文京区弥生にも射的場があり、そこは等高線を見る限り、かなり掘ったようで驚かされます。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より「東京共同射的会社。
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より「東京共同射的会社。

砲兵工廠の射撃場は、弥生のこれとは違い、掘った土を積み上げ、ガードフェンスにしていたようです。

余談ですが、弥生、かつての射的場近くに「弥生土器ゆかりの地」の碑が立っています。

「弥生土器ゆかりの地」の碑
「弥生土器ゆかりの地」の碑

実は弥生式土器の出土地は正確に把握できておらず、東京大学校内だとか、向ヶ岡貝塚だとか、異人坂だとか、いま現在、碑のある場所だとか、意見が様々。射的場も埋められ、この周辺は急速に開発が進み、往時の面影が全くないのが原因です。
ひょっとすると、射撃場造成の際、掘り下げている時に出てきたのかもしれないと坂道探偵は睨んでいます( ̄ー+ ̄)ニヤリ…。

古地図:東京共同射的会社と「弥生土器ゆかりの地」の碑の位置関係。
古地図:東京共同射的会社と「弥生土器ゆかりの地」の碑(青矢印)の位置関係。

い文字

だいぶ、ずれてしまいましたが、話を元に戻します。
礫川公園のトンネル入口から、トンネルが伸びていると思われる方向へと歩いて行くと東京都戦没者霊苑があります。

東京都戦没者霊苑
東京都戦没者霊苑

ここも高射砲陣地だった云われており、昭和20年(1945 年)の航空写真を見ると、確かに、それらしきものが写っています。

昭和20年の航空写真

赤矢印に円弧を描く高射砲陣地らしきもの。射撃場トンネル入口(青矢印)らしきものも写っています。
関東大震災後、砲兵工廠は移転しますが、太平洋戦争まで軍の施設の一部は継続して残っていました。明治期の射撃場は地下トンネル構造となり残ります。

痕跡を探しながら、どんどん行くと、
えっ、えーーーΣ(゚Д゚;)。
お隣の中央大学との間の壁に赤いペンキで「弾道外面」の文字が!

弾道外面

私にとっては新発見です。早速、帰って図書館で資料を漁りまくります。

日本ライフル射撃協会ライフル射撃場実測図。青矢印の地点に「弾道外面」の文字。

こんな地図がありました。日本ライフル射撃協会が行った実測図です。
赤文字「弾道外面」は、この実測の時のものでしょう。
事情を知らなければ、意味不明の赤ペンキ文字で「はぁ?何これ(ノ゚⊿゚)ノ」ですが、やはり地下ライフル射撃場は税務署方向(南西方向)ではなく、西富坂の方へ(北西方向)延びていました。ほかに地下トンネルは無いようです。

かつて、地下ライフル射撃場はオリンピック競技の練習にも使われていて、後楽園駅から専用の出口もあったそうです。

ならば、税務署裏のトンネルは何なのか?

地下ライフル射撃場の線は途切れました。
税務署裏のトンネルは何なのか、図書館で資料を探します。

春日町(小石川後楽園)遺跡調査報告書の一つに、「警視庁施設建設に伴う発掘調査報告書」というものがあります。
現在、税務署の裏の崖上には警視庁第五方面本部があり、そのビルを建設した時の発掘調査の模様を記しています。

ここでは旧石器時代の矢じり、縄文弥生の土器片、貝類、中世・江戸の器、二分判金貨などが出るわ出るわ。さすがは文京区の複合遺跡です。

そして明治期のレンガ敷き。防衛省防衛図書館所蔵の地図付きで紹介しています。

出土したレンガ敷き
出土したレンガ敷き
東京砲兵工廠全図(クリックで拡大)。
東京砲兵工廠全図(クリックで拡大)。

地図上の黒枠部が発掘エリアなので、このレンガ敷きは火薬庫の一部ではないかと言っています。

この地図でも、やはり射撃場(青矢印)は掘り下げていて全長300mはあります。西富坂側には塀のようなものがあり、漱石先生の描写通りです。

そして火薬庫の南に坂道が4本(A B C D)あり、崖下へと続いています。東側の2本(C D)は直線直角で、いかにも陸軍が明治以降に作ったもののようですが、西側の2本(A B)はクネって交わるラフな形状です。これは江戸時代からのもの、水戸上屋敷時代からのものに違いないと直感が走ります。

江戸時代の水戸上屋敷の地図を探すと、、、

水戸藩上屋敷内を流れる神田上水図に、坂道の表記(赤矢印)があります。

上水絵図
上水絵図
小石川後楽園内の神田上水跡
小石川後楽園内の神田上水跡

そして、水戸藩士が残した地図を、昭和45年に書き写したという水戸藩邸内地図には「天神坂」と名前入りの表記が(赤矢印)。

水戸邸上屋敷之図
水戸邸上屋敷之図(クリックで拡大)。

がけ下と言ふ」の表記もあります。崖上は「台御殿跡畠なり」とあり、今の小石川税務署裏、今回、露出したトンネル辺りの地形と一致します。因みに青矢印は、前編で述べた東湖先生圧死の地です。よく見ると「義公此の能楽堂和堂にて藤井紋太夫正、御手打遊せたる所」と怖い表記もあり、興味深いщ(゚Д゚щ)。

「天神坂」、今では存在しない坂道です。
ましてや藩邸内。一般町人が利用する切絵図に載っているはずもなく、私にとっても初見です。

小石川後楽園図(部分)
小石川後楽園図(部分)

小石川後楽園図という絵画にも崖上から降る坂道(青矢印)が描かれています。
天神坂は東京砲兵工廠全図のA Bの坂道に間違いないでしょう。

天神坂は消えた

明治初期の地図にはこの坂道「天神坂」(A B)は、東京砲兵工廠内にありますが、明治後期の地図では忽然と姿を消しています。

古地図:左、明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図 右、明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図
古地図:左、明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図  右、明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図

なぜでしょうか?
そうです。この坂道を利用し掘り下げ(または坂道中腹から掘り)、ドーム型レンガ造の倉庫を作り、安全を期すために上に土を被せた。崖下は火工場の表記。

ということは、弾薬などの危険物保管庫ではないでしょうか。
坂道探偵はこのように推理します( ̄ー+ ̄)ニヤリ…。

崖下の砲兵工廠

古写真を見ていて気付きました。なんと、この辺りと思われる古写真があったのです。

古写真:明治37年、現後楽一丁目辺り
古写真:明治37年(1904 年)現後楽一丁目辺り。

明治37年(1904 年)東京砲兵工廠内でも日露戦争戦勝を祝うとあります。左側に崖があるので、崖下の火工場と思われます。
今後の発掘調査はあるのでしょうか?。

謎のトンネル

TBSさん、「徳川埋蔵金」より「帝国陸軍軍資金」の方が面白いかもぉ(≧∇≦)。