「古写真」タグアーカイブ

靖国神社大燈篭は何処から


几号水準点界の一大メジャー
靖国神社大燈篭の謎

靖国神社の大燈篭
靖国神社の几号水準点が刻まれた金属製大燈篭の台座。

灯篭に「」の字の几号水準点が刻まれているという情報のみで来てみたら、靖国神社には数多くの灯篭があって、探すのに苦労しました。

靖国神社のたくさんある灯篭
靖国神社のたくさんある灯篭。

本殿前、本殿に向かって左側の金属製灯篭の台座に几号水準点が刻まれています。難儀しますので、下のグーグルマップを参照してください。

几号水準点って何?を参照

几号水準点の謎

この灯篭は銘文によると、明治12年8月、名称が招魂社から靖国神社に変ったときに建立されています。
測量のための几号水準点はそれ以降に刻まれたことになります。

明治12年の銘
灯篭台座にある明治12年8月の銘

この几号水準点は靖国神社前競馬場入口の標高24.93mの測量点(灯篭、古地図赤矢印)を移設したものではないかという憶測がすぐ浮かびました。

明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より九段坂周辺。
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より九段坂周辺。

素朴に考えて、今現在の立地条件で、測量に使う几号水準点の向きが本殿を向いているのは見通しが効かないのでおかしい。移設に間違いないようです。

競馬場入口にあったものなら九段坂の頂点に当たるので見通しが良い。競馬場入口にあった灯篭なのか?もう少し調べる必要がありそうです。

現地調査に走る

靖国神社入口の灯篭
靖国神社入口の灯篭。

靖国神神社前の競馬場前は今の一の鳥居あたりです。
靖国神社の一の鳥居周辺は関東大震災を機に大改修され、明治期のような地形ではありません。
入口に灯篭、石垣はありますが、明治ほどの古さがありません。これは関東大震災以降の意匠です。

古写真、古地図で解明を試みる

古写真を探すと九段坂の写真にありましたした。
↓が競馬場前の灯籠ですが、かなり不鮮明。
金属製灯篭とはデザインが違うようです。

古写真:九段坂
古写真:九段坂
九段坂の高燈篭(常燈明台)
九段坂の高燈篭(常燈明台)

因みに古写真にあるタワーのような大灯篭は九段坂の通りの反対側の九段坂公園に移設され、今も健在です。
明治の古地図では灯台の表記になっています。東京湾に入港する船の目印になっていました。

靖国神社と競馬場
靖国神社と競馬場(明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より、クリックで拡大)

また、明治の地図に戻り、よくみると、測量点(赤矢印)が二つありました(26.99mと24.93mの二つ)。26.99mは靖国神社の二の鳥居前の灯篭のようです。

二の鳥居へと走る

九段坂を走り登り、一礼して、一の鳥居をくぐり、有名な大村益次郎像を見ます。
この像、皇居でもなく、とんでもないところを見ているなあと思ってたのですが、上野のお山を見ているのだそうです。
しかしながら、眉毛大きすぎの感は否めません。

靖国神社の大村益次郎像
大村益次郎像

そして、二の鳥居の前に到着。
大きな石灯篭があります。昭和10年に富國徴兵保険(現富国生命)が奉納した日本最大級の石灯籠です。

靖国神社二の鳥居前大灯籠
靖国神社 二の鳥居前の大灯籠

二の鳥居前の石灯籠

昭和10年奉納ということで比較的新しいもの。当然、明治期に使われていた几号水準点はありませんが、興味深いのは側面にあるレリーフです。
右の灯篭が陸軍、左が海軍の日清日露戦争〜満州事変の名場面集です。司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」を思い出してしまいました。

レリーフ:日本海海戦の東郷司令長官
レリーフ:日本海海戦の東郷司令長官
広瀬中佐「杉野は何処に!」の名場面
レリーフ:広瀬中佐「杉野は何処に!」の名場面
赤十字の看護婦さん
レリーフ:赤十字の看護婦さん

などなど、このレリーフ全部で14点、よくみると興味深いです。
多くの方が愛でて、撫でたのでしょう、表面がツルツルになってます。
終戦直後、GHQに撤去されそうになった時、板でレリーフをカバーして隠し、辛うじて難をのがれたという逸話もあります。

しかしながら、この灯篭、昭和10年奉納ということなので、ここにあった灯篭をどこかに移設して、道路を拡張。その後、石灯篭を奉納したと考えられます。

古写真を探すと、、、
走って帰り、図書館で、また、古写真を探すと、、、

古写真:靖国神社二の鳥居
古写真:靖国神社二の鳥居

こんな古写真を見つけました。
細工の細かい金属製の灯篭です。デザインもぴったり一致します。
几号水準点のある大灯篭は競馬場前ではなく、二の鳥居前から移転されたものだったのです。
社殿も今よりずいぶんと背が高かったようです。

明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より靖国神社
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より、靖国神社。赤矢印が池、青矢印が灯篭の位置。

明治の地図を見ると、標高26.99mの測量点が、この金属製灯篭です。

因みに明治の地図にある靖国神社前の噴水池(赤矢印)の古写真もありました。池は今はないのですが、この池のほとりに金属製灯篭は移転されたと思われます。

靖国神社の池
古写真:靖国神社の噴水池

東京一の観光坂道、九段坂を参照

靖国神社大燈篭の几号水準点(K
拡大すると正確な位置がわかり、クリックするとリンクがありますのでそちらのページに詳しい情報があります。


菊坂エリア(菊坂、鐙坂、炭団坂)


Deepな路地裏がオモロな菊坂周辺

文京区本郷のこのあたりは下町情緒と文豪の香り漂うエリア。菊坂、鐙坂(あぶみさか)、炭団坂(たどんさか)と名坂揃いです。
菊坂の名の由来はこの辺り一帯、菊畑だったので、と言います。たぶん貧乏旗本や御家人が内職で菊を栽培していたのでしょう。坂と言われれば坂ですが、言われなければ気付かないほどの傾斜です。
文豪のひとり、樋口一葉の旧居跡が菊坂下道にあります。菊坂下道はもと東大下水(ひがしおおげすい)という下水が流れていました。文京区ふるさと歴史館に行って帰るとき、初めてここを走って、暗渠ではないか?と直感的に思い、明治の地図で見ると、、、

明治41-42年一万分の一測図(菊坂周辺)
明治41-42年一万分の一測図(菊坂周辺)

不鮮明ですが青いライン(東大下水)がみてとれます。

菊坂下道は川というわけではなく道の脇に下水が通っていてドブ板を渡していたようですね。
一葉一家は菊坂下道から南に少し入った路地裏にある借家に住んでいました。行ってみると、、、

一葉の井戸
一葉の井戸

こんな迷宮のような異次元空間が東京の真ん中にあったとはビックリです。
この辺りは自動車も簡単に入って来れないエリアなので、渡船でしか行けなかった月島のように古き良き文化が残りそうに思います。

樋口一葉が使った井戸が残っていて井戸端会議の声が聞こえてきそうです。
一葉一家は明治23〜25年(1890〜1892年、一葉18〜20歳のティーンエイジ)までここに住んでいましたが、安藤坂の中島歌子の歌塾「萩の舎」に住み込み女中(ビンボーだったので)をしながら学んでいた時期もあったようです。

この頃の一葉は朝日新聞の小説家、半井桃水さんに一目惚れして師事、ルンルンだったと。
そんなこと普通はバレないんですが、一葉が亡くなるとき、日記は焼いてくれと頼まれた妹さんでしたが、一葉の作品を残そうと日記も発表。夏子(一葉の本名)ちゃんの可憐な娘心も明らかになるのでした。一葉の死後16年経って知った半井さんは目が点だったといいます(・_・)。

ここは一部私道なので訪れるとき私語は絶対厳禁です。
ご近所の迷惑にならないようにお願いします。

このような稀有なエリアは宣伝して観光地化するより、ひっそりと訪ね、ひっそりと残すのがいいと思います。

一葉が通ったという菊坂の伊勢屋質店も、寂しい雰囲気を醸し出してます。

伊勢屋質店
一葉が通った伊勢屋質店
伊勢屋質店説明板
伊勢屋質店説明板
菊坂から菊坂下道へ降りる階段坂
菊坂から菊坂下道へ降りる階段坂。郷愁を感じます。
菊坂下道の床屋さん
菊坂下道にある床屋さんもどこか懐かしい。
安藤坂の「萩の舎」跡
今はマンションが建つだけの安藤坂の「萩の舎」跡
樋口一葉像
五千円札よりチョットいけてると思いませんか?樋口一葉の肖像。

クネっと曲がる鐙坂(あぶみさか)

馬具の一つで、馬に乗るとき鞍に座り、足をかけるところを鐙といいます。坂のカーブが鐙の形に似ているので鐙坂といいます。(異説はありますが)
この坂、味ありますよね〜。TVドラマの撮影にもよく使われるそうで、着物を着たキレイな未亡人が降りてきそうな趣きがあります。

鐙坂
鐙坂
菊水湯
鐙坂入口にある懐かしい趣きがグッドな銭湯「菊水湯」前を下水が流れていました。

明治の地図を見ると鐙坂と表記されています。菊坂、炭団坂の表記はないのになんで?と思いましたが地図左上にある★印に注目。これは軍司令部のマークで日清日露戦争の召集令状は全てここから発信していたと言います。そのような重要機関があったので鐙坂の表記は必要だったと思われます。鐙坂の司令部とでも呼ばれていたんでしょうか?あまり知られていない過去ですが、今では全く面影がありません。

明治41-42年一万分の一測図(鐙坂周辺)
鐙坂と★マークに注目

この鐙坂を登って行くと「金田一京助・春彦旧居跡」の説明板があります。金田一京助の当時の家とは違いますが古〜い家屋が建っていて雰囲気ありありです。

金田一京助・春彦旧居跡の説明版
金田一京助・春彦旧居跡の説明版

金田一京助・春彦旧居跡

鐙坂の路地
鐙坂の路地。味がありますが私道ですので住人以外は通行不可です。

転げ落ちると真っ黒!炭団坂

崖上と崖下を一直線に結ぶ急坂。文京区らしい地形です。江戸期に急坂ランキングがあったとしたら、ここかキリシタン坂がナンバーワンを争うと思います。
江戸の頃は、舗装も階段もなく、急なので、雨でも降れば、登ろうとした人が炭団(たどん )のように真っ黒になって落ちてきたといいます。
明治の写真を見ても車止め無し(;▽;)道を間違えた自動車が時々、転がり落ちてきたらしいです。こっちの話の方がドリフターズのコントっぽくってオモロです。

炭団坂(坂上より)
炭団坂(坂上より)

明治の写真の左側の崖道、よくみるとガードレールもないですねえ。怖っ!((((; ゚Д゚)))
この崖道を行くと坪内逍遥の住居跡で「常磐会」という寄宿舎だったところです。正岡子規も3年間寄宿していたとのこと。

炭団坂(坂下より)
炭団坂(坂下より)

まだまだ話題が尽きないディープなエリア、宮澤賢治の下宿跡もあるそうですが見逃しました。次回の宿題です。