「古写真」タグアーカイブ

神楽坂と光照寺(牛込城跡)

東京で一番有名な坂、神楽坂。一つの坂の名前というより神楽坂エリアという一大コマーシャルタウンです。お江戸の昔から商業地区として栄えていましたが、その前はというと、、、

14世紀、赤城山の豪族大胡氏(のちの牛込氏)が今の光照寺辺たりに牛込城を築いたのが神楽坂の始まりといいます。
えっ、神楽坂上付近は牛込城の城跡?!
光照寺を見てもここがお城だったとは全く想像できません。

家康公の江戸開幕のころ、荒れ地や沼地だった新宿区で唯一、町としての形態があったところだといわれています。

開幕後、牛込城は軍事的必要性が無くなり廃城となりました。

かつては牛込城だったという光照寺
かつては牛込城の本丸だったという光照寺

神楽坂の兵庫横丁

兵庫横丁は鎌倉時代からの古道で、神楽坂で一番古い道です。
なぜ兵庫かというと牛込城の武器庫(兵庫)があったからといいます。

戦国時代よりも前からあった道だなんて江戸っ子もビックリしたことでしょう。

今では石畳の美しい、最も神楽坂らしい道の一つです。

兵庫横丁
兵庫横丁
兵庫横丁の石畳
兵庫横丁の石畳

牛込城の抜け穴?!

日本出版クラブ会館
日本出版クラブ会館

光照寺の向かいに日本出版クラブ会館があります。
この建物の建設工事中に地下に大きな横穴が発見され、牛込城の抜け穴かと話題になったそうです。

幕府クーデターを計画していた由比正雪が掘った抜け穴か?などの説も出たとか。
(由井正雪は牛込榎町(今の大日本印刷辺り)に居を構えていましたが、ここに抜け穴を掘る必要があったのか?)

また地元の口伝で、こんな話もあります。

 明治の頃、光照寺で働いていた植木職人が急にいなくなり、探すと近所の南蔵院にいた。
 どうやってここに来たのかと尋ねると抜け穴に迷い込んでここに出てきたと言う。
 えぇー!ぬっぬけ穴ぁ〜っと一同、ビックリ!
 話の真相は職人が仕事をサボって南蔵院の和尚さんと将棋を打っていたが、口から出まかせの嘘が広まってしまった。

という話です。ほんとに抜け穴があったら今頃、観光地になっています。

光照寺から南蔵院って道が繋がってるから、人目を避けて、こっそりと行けるんじゃねっ?
と思い、気になって明治の地図をみると、、、

古地図:南蔵院と光照寺
南蔵院と光照寺。明治の地図と昭和の地図

今あるS字カーブ(急勾配なのでS字カーブ)の坂道がありません。この坂道は太くて立派な急坂なのになんで名前がないんだろうと思っていましたが、昭和に開削された坂だったのですね。

S字カーブの坂
S字カーブの坂
南蔵院
南蔵院

明治の地形なら、道も無いし、抜け穴を通って崖下の南蔵院へ、と言っても信じてしまうかもしれません。
獣道ならぬ職人道なるものがあったのかも。

南蔵院の母子の墓石
南蔵院の母子の墓石

余談ですが、、、
南蔵院には珍しい墓石がありました。
母子の合葬墓石で母は延宝七年(1679年)銘、子は慶安元年(1648年)銘。子は不生とあり死産だったのでしょうか?

子どもの死の30年後、あの子といっしょに弔って、と言ったお母さんがいたかと思うと、ジーンと泣けてきて手を合わせました。
しかしながら、ずいぶんと古いものなので、ここ南蔵院も牛込城と関係があるのかもしれません。

話を戻すと、、、
日本出版クラブ会館の話も江戸時代の麹室(こうじむろ)か、食料貯蔵庫だった可能性が高いといわれています。
いつの時代もみなさん話を盛るのが好きです。

神楽坂に牛込城があった証拠として、
神楽坂には「大手門通り」という道があるのです。

後編・大手門通りから牛込城跡へに続く

意外な歴史の神楽坂四部作

神楽坂と光照寺(牛込城跡)
神楽坂と仇討ち事件
神楽坂と漱石先生
神楽坂のオシャレな坂たち

シェアはご自由にどうぞ。

神楽坂と漱石先生

夏目漱石先生は新宿区喜久井町の夏目坂の出身で、晩年の約10年間(明治40年(1907年)〜大正5年(1916年))も実家近くの新宿区弁天町に住み、「三四郎」「それから」「こころ」といった代表作を執筆しました。

晩年に住んだ家の敷地の一部が漱石公園、漱石山房として一般公開されています。
弁天町から神楽坂は一本道。弁天町の漱石山房から神楽坂は漱石先生にとっては、ちょうど良い距離の散歩コースで買物といえばもっぱら神楽坂だったようです。

漱石公園
漱石公園
再現された漱石山房
再現された漱石山房のベランダ
ベランダでくつろぐ漱石先生
ベランダでくつろぐ漱石先生の写真が窓に貼ってあります。

漱石山房にて

藁店の「和良店亭」

漱石先生は神楽坂、地蔵坂の藁店(わらだな)にある寄席「和良店亭」に通って、落語を楽しんでいたといいます。

地蔵坂(藁店)
神楽坂のメインストリートから登っていく地蔵坂

藁店という地名は藁を売っていたお店(燃料店)があったのでそう呼ばれ、藁店にある寄席「和良店亭」って全部「笑う」の「わら」に掛かっていてイキです。(笑)
当時、神楽坂には寄席が5店もあったといいます。

神楽坂から藁店に入るところに文房具店「相馬屋」があり、漱石先生はいつもここで原稿用紙などを買っていて、お得意さんだったようです。尾崎紅葉先生も贔屓にしていたとのこと。

相馬屋
相馬屋

小説「それから」のヒロイン、三千代とは?

漱石先生の旧居、漱石山房から神楽坂へ行く途中に宗柏寺というお寺があります。

宗柏寺
明治の面影はないが近代美のある宗柏寺

明治の頃、このお寺の隣に鰹節屋があり、その鰹節屋のおかみさんが漱石先生のお気に入りだったと。。。
日記に度々、このおかみさんが登場します。

明治42年3月14日(日)
 今日も曇。きのふ鰹節屋の御神さんが新らしい半襟と新らしい羽織を着てゐた。派手に見えた。歌麿のかいた女はくすんだ色をして居る方が感じが好い。

歌麿が出てくる感想にセンスを感じます。。。

4月2日(金)
 散歩の時鰹節屋の御神さんの後ろ姿を久振に見る。

どうも気になるご様子。。。

4月3日(土)
 鈴木禎次曰く。夏目は鰹節屋に惚れる位だから屹度長生をすると。長生をしなくても惚れたものは惚れたのである。

鈴木氏は夏目家の親戚で漱石先生の健康を気遣ってこう言ったのでしょうか。
「惚れたものは惚れた」と開放的ですらあります。

そして鈴木氏宛の書簡にも、、、

今日散歩の帰りに鰹節屋を見たら亭主と覚しきもの妙なる顔をして小生を眺め居候。果たして然らば甚だ気の毒の感を起こし候。其顔に何だか憐れ有之候。定めて女房に惚れてゐる事と存じ是からは御神さんを余り見ぬ事に取極め申候。

手紙に書くほど気になるご様子。。。

いつも遠くから見ているだけだったが、旦那に睨まれ、おかみさんを余り見ないことにしたと。
「余り見ぬ」というところが漱石先生らしい。チラッとは見たいらしい。

漱石先生のエピソードにはいつも気負いが無く、天才なのに人間味があってホッとします。

古地図:明治後期の地図(漱石山房)と宗柏寺
明治後期の地図(矢印が漱石山房)と右上に宗柏寺。鰹節屋がどこだったかは、今となってわかりませんが。

小説「それから」は、親友の妻に恋してしまい、親友との仲も切れてしまうという問題作。

日記の内容からして、「それから」のヒロイン、三千代のモデルは、鰹節屋のおかみさんではないかと言われています。
並外れた妄想力に脱帽してしまいます。
鰹節屋の亭主はたいへんな役回りを背負わされてしまったということでしょうか 。

「それから」の三千代の描写はというと、、、

色の白い割に髪の黒い、細面に眉毛のはっきり映る女である。一寸見ると何所となく寂しい感じの起こる所が、古版の浮世絵に似ている
三千代は美しい線を綺麗に重ねた鮮やかな二重瞼をもってゐる。眼の格好は細長い方であるが、瞳を据えて凝と物を見るときに、それが何かの具合で大変大きく見える。

やはり、「浮世絵に似ている」でバレてますね。
さぞかし鰹節屋のおかみさんはキレイな方だったのでしょうね。

漱石先生は出不精だったようで、遠くまで行って取材するということはありませんでした。
なので私のランニングコースと漱石先生の行動範囲は、かぶることが多く、近所の坂道、橋など作品の中に、頻繁に登場させてくれます。
それにしても明治の人はよく歩いたものだと思うこともあります。「都電に乗って」という描写が出てくると付いていけませんが。

漱石先生は私にコースを教えてくれるランの先生でもありますわ (*’ヮ’*)。

古写真:明治の神楽坂
古写真:明治の神楽坂
漱石の散歩道
漱石公園にあった漱石散歩道コース

【追記】
2017年9月24日、漱石公園に漱石山房記念館がオープン。

漱石山房記念館
漱石山房記念館
漱石の書斎
漱石の書斎を再現。

「我輩」の墓も位置は変わりましたが健在です。

猫の墓
猫の墓

猫の墓説明板

意外な歴史の神楽坂四部作

神楽坂と光照寺(牛込城跡)
神楽坂と仇討ち事件
神楽坂と漱石先生
神楽坂のオシャレな坂たち

新宿区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。