「几号水準点」タグアーカイブ

千代田区大手門の几号水準点


大手門は江戸城の表玄関。大名は大手門か桜田門から入城するのがしきたりだったそうです。もしも大手門だけしか使えなかったなら桜田門外の変ではなくて大手門外の変になっていたかもしれません。

大手門の入口の高麗門にも几号水準点が刻まれています。
ここには警備詰所があって、いつもおまわりさんがいるので、あいさつしてから几号水準点を探索しましょう。あいさつ無しだと不審がられます。

几号水準点とは

大手門の几号水準点の位置
大手門の几号水準点の位置

大手門の几号水準点

2015年2月現在、大手門の渡櫓は改修工事中です。東日本大震災のとき、漆喰にヒビが入り、痛々しかったのですが、本来の美しい姿に戻している最中です。
この渡櫓は関東大震災で大破、空襲で全焼するという災難続き。昭和後期になって再建されましたが、またまたまたの災難でした。

一方、入口の高麗門はほぼ江戸時代の様子をとどめてます。
改修工事が終わったら続報でお知らせします。

大手門は皇居東御苑の出入口(大手門、平川門、北桔橋門が出入口)(きたはねばしもん)ですので、開園日は宮内庁HPでチェックするのがいいと思います。

明治の地図をみると、、、

明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より桜田門と大手門
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大手門と桜田門

桜田門の几号水準点の位置には6.540メートルと記載がありますが、大手門の青矢印のあって然るべきところには測量点の記載がありません(*’д’*)。

正確な資料は残っていませんが、この地図の原図製作時期が明治9-17年(1876-84年)と長く、大手門の几号測量は原図制作期間中か、その後とも考えられます。少なくとも桜田門よりも新しい几号水準点だとわかります。

【朗報】
2016年、気がついたら、渡櫓の修理が終わっていました。

大手門

大手門の几号水準点の位置(E)
拡大すると正確な位置がわかり、クリックするとリンクがありますのでそちらのページに詳しい情報があります。


文京区湯島天神(湯島天満宮)の几号水準点


湯島天満宮夫婦坂
湯島天満宮夫婦坂

湯島天神(湯島天満宮)のご祭神は、天之手力雄命(アメノタヂカラヲノミコト)と菅原道真公です。
地図を見ると、銅鳥居と本殿を結ぶ線は真南を向いて、その軸線上に妻恋神社、神田明神、ニコライ堂が存在しています。
まるで湯島天神が引き寄せたようなパワーを感じます。
アメノタヂカラヲノミコトは天岩戸でアマテラスが岩戸から顔をのぞかせた時、アマテラスを引きずり出した神様です。
どうりで太陽が見える真南を向いてるわけです。

湯島天神は坂道でも「天神男坂」「天神女坂」「天神夫婦坂」と名坂揃いです。

天神女坂
天神女坂
天神男坂
天神男坂

司馬遼太郎先生はこれらの坂道、崖を見て、中世、ここに砦があったのではないかと、小説「街道をゆく」の中で言っています。
それを証明する資料が存在しないのでその案は諦めています。
さすが司馬史観と云われる姿勢が一貫しています。
私のように妄想だけで文章書いていません。

湯島天神(湯島天満宮)銅鳥居

さて、几号水準点はどこに、、、

湯島天神の銅鳥居に几号水準点が刻まれています。
この鳥居は青銅製で寛文7年(1667年)に創建され、寛文11年(1671年)修理した銘があり、数々の災害を乗り越えてきた貴重なものです。都指定文化財にも指定されています。

青銅の部分に刻まれためずらしい几号水準点かと思ったのですが、本殿に向かって左の石製台座に刻まれてました。
くっきりときれいに彫られ保存状態も良好です。
それにしても青銅下部の唐獅子がメッチャかわいいです。
ここから見ると南に向かう通りがまっすぐ伸びていて測量するとき見渡しが良かったと思われます。

几号水準点とは

湯島天神鳥居の几号水準点
湯島天神鳥居の几号水準点
古写真:湯島天神銅鳥居
古写真:湯島天神銅鳥居。通りの道がずいぶんと狭い。現在の道はだいぶ拡張されたんですね。

同じ石つながりで
奇縁氷人石

石は人類史上、最も優秀なストーリッジだと思うオラとしては見逃せない「奇縁氷人石」をご紹介します。
湯島天神は数々の行事とともに、幕府公認の三大富くじ(谷中感応寺、目黒滝泉寺、湯島天神は江戸の三富と呼ばれた)抽選会場の一つで、人がたくさん集まる場所でした。なので一石橋の迷子知らせ石のような「奇縁氷人石」があります。右側に「たつぬるかた」、左側には「をしふるかた」と書かれています。お江戸は人口が多く、迷子も多かったようです。

この迷子掲示板「奇縁氷人石」は嘉永3年(1850年)、お江戸で初めて建てられたものとのことです。

奇縁氷人石右たつぬるかた
奇縁氷人石。右に「たつぬるかた」
左をしふるかた
左に「をしふるかた」