「千代田区」タグアーカイブ

岩倉具視暗殺未遂事件「赤坂喰違の変」と、生き残った岩倉邸


大久保利通暗殺事件「紀尾井坂の変」が起きた清水谷から紀尾井坂を登ると喰違見附に出ます。
紀尾井坂の変の四年前、ここでも事件が発生しています。右大臣・岩倉具視暗殺未遂事件「赤坂喰違の変」です。

喰違見附

喰違(くいちがい)とは、敵の勢いを弱めるクランクのことで、江戸城外郭の遺構です。
喰違見附から堀を渡る土橋の部分は喰違坂と呼ばれています。

喰違見付
喰違見付のクランク。
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より喰違見付。
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より赤坂仮御所東門(A)、喰違坂(B)、真田堀(C)、喰違見付のクランク(D)、清水谷(E)。

明治七年(1874年)1月14日午後8時、赤坂仮御所で公務を終えた岩倉具視の馬車は東門(A)から退出。紀伊國坂を少し下って左折、土橋の喰違坂(B)を登り、自邸へと、帰路につきます。

赤坂仮御所東門
赤坂仮御所東門(A)。
赤坂仮御所東門から紀の国坂、喰違い坂
赤坂仮御所東門(A)から紀伊國坂交差点を左折、喰違坂(B)へ。
喰違坂
紀尾井坂交差点、喰違坂。

がしかし、ここで元土佐藩士、武市熊吉ら、不平士族九人が待ち伏せていました。

テロにいち早く気づいた岩倉具視は馬車を飛び降り逃げます。が、斬りつけられ、数カ所の傷を負ってしまいます。
車夫は助けを求めに今出てきたばかりの御所に走り戻ります。
暴漢に囲まれ、逃げ場を失った岩倉具視、絶体絶命の大ビンチ

この危機に際し、彼のとった行動とは?

真田堀グランド
真田堀グランド

間一髪、真田堀(C)にダイブ(゚Д゚;)!

夜陰の中、刀に手応えを感じなかった犯人グループはターゲットを見失い、やがて御所からの救援部隊が駆けつけ、逃走するしかありません。

この際、慌てた犯人の一人は現場に下駄を残してしまいます。

喰違見付から。真田堀は戦災の瓦礫で埋め立てられ、上智大学真田堀グランドとなっています。
喰違見付から真田堀を望む。真田堀は戦災の瓦礫で埋め立てられ、上智大学真田堀グランドとなっています。

岩倉具視は、幸いにも眉と腰に軽傷を負っただけで、助けあげられ、九死に一生を得ます。

『岩倉公画伝草稿絵巻』より、第18巻、岩倉は、皇居の壕に身を隠し難を逃れた。
『岩倉公画伝草稿絵巻』より、第18巻「岩倉は、壕に身を隠し難を逃れた」。

知らせを聞いた西郷従道大久保利通は、すぐさま赤坂仮御所に参内。不平士族の仕業という、この事件を重くみた大久保利通は、ときの警視庁大警視、川路利良に早急の調査を命じます。

西郷従道、大久保利通、川路利良
西郷従道、大久保利通、川路利良

残された下駄を手掛りに、販売した下駄屋をつきとめ、購入者が武市熊吉と判明、芋づる式に九人を逮捕。事件後わずか三日のスピード逮捕でした。
当時から日本の警察力には恐れ入ります(`_´)ゞ。

暗殺が未遂に終わった要因

1. 岩倉具視が馬車をいち早く飛び降りたこと。
2. 赤坂仮御所に近かったこと。
3. 逃げ場はないと思われていた土橋から飛び降りたこと。
4. 夜で見通しが効かなかったこと。
5. 堀の中で騒がず、息をこらえ、じっとしていたこと。

「紀尾井坂の変」の場合、大久保利通は馬車内に留まり命を落とします。「逃げるが勝ち」とはよく言ったものです。

岩倉具視は夜8時まで働いていた勤勉さも幸いしています。

古地図で辿る大久保利通、最期のルート「紀尾井坂の変」を参照。

また、岩倉具視は正装の分厚い装束だったことも軽傷で済んだ要因の一つ。

正装の岩倉具視
正装の岩倉具視。岩倉具視の護身用短刀、携帯ピストルと火薬入れ、刀傷と血痕のある袴。

護身用の短刀、ピストルも所持していましたが、交戦せず、堀に飛び込んた咄嗟の判断。
幕末から常に刺客に狙われていた彼なりのことで、危険察知・危機管理能力には感心します( ̄^ ̄ )う〜ん。

岩倉具視邸のビックリ!

ところで岩倉具視邸はどこにあったのでしょうか?

なんと!江戸城内曲輪(うちくるわ)、江戸城内堀の内側(現・皇居外苑)、馬場先門内、元老院のお隣にありました。さすがは明治天皇の右腕、右大臣は相当なVIPだったことがうかがえます。

古地図:岩倉具視邸周辺
古地図:岩倉具視邸周辺(クリックで拡大)。
古写真:元老院
古写真:元老院
古写真:馬場先門
古写真:馬場先門
現・土橋の大通りとなっている馬場先門。
現・土橋の大通りとなっている馬場先門。手前の木立の裏に元老院、向こうの木立の裏に岩倉邸があったことになります。

正式な出仕ルートは残されていませんが、このように想像できます。もしかすると半蔵門から皇居を出たのかもしれませんが、最短ルートが桜田門三宅坂、清水谷坂、紀尾井坂、喰違見附経由だったとわかります。

岩倉具視出仕ルート
岩倉具視出仕ルート。岩崎邸(A)、桜田門(B)、喰違見付(C)、赤坂仮御所東門(D)(クリックで拡大)。
清水谷坂
清水谷坂

警視庁はどこにあったのか?

川路利良大警視の警視庁はどこにあったかというと、なっなんと!現在の東京駅あたりです(北口の線路の下 (≧∇≦))。

古地図;岩倉邸と警視庁
古地図;岩倉邸警視庁(クリックで拡大)。
古写真:警視庁(明治10年頃)
古写真:警視庁(明治10年頃)。
古写真:警視庁消防出初め式
古写真:警視庁出初め式

えっえっ、出初式ってぇー?
当時、東京消防庁は独立していなくて、警視庁が治安も消防も担っていました。この古写真は警視庁出初式の模様です。

そして最大のビックリは岩倉具視邸の古写真が存在するということ!

岩倉具視邸の古写真⁈

2013年初め、ネットオークションで岩倉具視邸の古写真発見!というビックニュースが飛び込んできました。

古写真;岩倉具視邸

ん?、これってぇ軍用電信隊じゃねっ?

以前から古写真「軍用電信隊」と紹介されていたものです。
軍用電信隊は和田倉門外にありました。

古地図:岩倉邸(赤矢印)軍用電信隊(青矢印)。
カメラ画角比較
クリックで拡大。

改めて古地図で比較してみたところ、カメラ画角から、長屋門の門構え、屋敷配置が岩倉邸とピタリと一致!。軍用電信隊とは違うようです。

岩倉公邸ノ内」と裏書のある古写真が発見され、裏書によって真実が判明したというケースです。
明治三年(1870年)〜明治十七年(1884年)まで馬場先門内にあった岩倉具視邸に間違いありません。

古写真;岩倉具視邸

しかしながら、この馬車でテロに遭遇したのかも?と思うと臨場感があります。

邸宅は、もとあった松平下総守の忍藩邸を転用、改築したもので大名屋敷の面影をよく残しています。

古地図:安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖より松平下総守と馬場先門。
古地図:安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖より松平下総守馬場先門

またまたビックリ!
岩倉邸が現存していた。

古写真;岩倉具視邸玄関国家機関の古写真は記録を兼ねているので、よく残っているものですが、明治の元勲の私邸は稀です。
もっと古写真は残っていないかと調べると、、、
ななっ、なんと!移築された岩倉具視邸の一部が残っているってぇ!щ(゚Д゚щ)

しかもご近所、新宿区高田馬場、玄国寺の書院です。
早速、行ってみると、ほんとだぁ、古写真の玄関エントランスの瓦屋根と同じです。

明治十七年、皇居外苑拡張のため移転。各地を転々、大正時代、麹町で取り壊されるところを、住職がもったいないと言って譲り受けたそうです。

岩倉具視邸

鬼瓦は源氏の笹リンドウ。岩倉具視は村上源氏の流れです。
加山雄三、喜多嶋舞さんも岩倉具視のご子孫です。

玄関
玄関上部。

岩倉具視邸側面

建物側面はオシャレな和洋折衷で改築した跡が見られます。庇は銅葺きのようで、明治感が漂います。

岩倉具視邸側面

岩倉具視一般的に、幕末明治をしぶとく生き残ったイメージのある岩倉具視。

五百円札は最近見ませんが、古写真も現物も残っているとは、ビックリの岩倉邸です。

喰違と紀尾井坂下

明治初期、赤坂喰違の変、紀尾井坂の変と続けて起きましたが、明治9年測量を開始し、明治17年発行のこの地図では紀尾井坂下に交番と明かり灯台が設置されています。

明治の治安は、職を失った武士(士族)を中心に守られていくことになります。

次は書ききれなかった江戸時代のお話から、
「切絵図にみる紀尾井坂と松陰を斬った一族、首切り浅」


古地図で辿る大久保利通、最期のルート「紀尾井坂の変」


明治初期の地図を眺めていて、ふと、目に入った「大久保邸」。
明治維新立役者の一人、内務卿・大久保利通邸は、潮見坂、三年坂を登りきった辺り、三年町裏霞が関にありました。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸。

三年町の名は三年坂に由来し、この坂で転んだものは三年以内に死すと云う怖い坂щ(゚Д゚щ)。
大久保利通は転んだことがあったのでしょうか?

三年坂
財務省と文化科学省の間の坂、三年坂
潮見坂
潮見坂

明治十一年(1878年)、邸宅から赤坂仮御所に向かう途中、清水谷の紀尾井坂下付近でテロに遭い、命を落とします。
世に云う「紀尾井坂の変」。「紀尾井坂事件」「大久保利通暗殺事件」とも云います。

皇居の火事が起きなかったら。

紀尾井坂の変が起きる5年前、明治六年(1873年)5月5日、皇居が焼失し、明治十一年頃、明治天皇は赤坂仮御所にお移りになられていました。火事が起きる前なら大久保利通は、桜田門から皇居に入ったはずです。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸と桜田門
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸と桜田門の位置関係(クリックで拡大)。

邸宅(A)から桜田門(B)ならば、テロは起こらなかったかもしれません。

なぜなら、このルートは、明治の元勲、華族の屋敷街(西郷邸などのビックネームがあります)、下士官要請施設である陸軍教導団(C、現・警視庁)参謀本部(D、現・憲政記念館)があり、物騒な維新後にあっても、最も安全な道の一つでした。二度と桜田門外の変は起きそうにありません。

古写真:馬車が入って行く桜田門
古写真:馬車が入って行く桜田門(B
教導団砲兵営
古写真:教導団砲兵営(C

皇居の火事が無かったら、大久保利通は襲われることは無かったのではないか?そう思わせる施設の配置です。

しかし皇居の火事は起き、防備の薄い道を行くことになります。

最期の出仕ルート

赤坂仮御所は今の迎賓館、赤坂御用地のあるところ。馬車でもほんの10分くらいの距離です。

赤坂仮御所東門(H)までのルートは以下の通り。

大久保利通最期のルート
大久保利通最期のルート邸宅(A)から赤坂仮御所東門(H)(クリックで拡大)。

大久保利通邸の今の場所は?

古地図と現在地図を見比べ、大久保利通邸跡を目指します。
大久保利通邸があった場所は、今の内閣府辺りらしいです。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大久保邸。
現在図
現在図

この周辺は否応もなくビッカビカの官庁街。
おまわりさんがたくさんいて、睨みを利かせています。

内閣府下交差点

総理官邸前、財務省上交差点を過ぎ、邸宅跡へと進むと、
えっえーー!щ(゚Д゚щ)。雑草生え放題の古い石垣が!

官庁街のこの一角だけ、寂れた空気が漂います。不気味感満載!

古地図をみると屋敷の前に庭があり、西洋風の豪邸です。このことも不平士族に反感を持たれる一因になったと云われていますが、前庭部分は、今現在、閑散とした空地です。

邸宅の門(地図赤矢印)だった位置にゲートがあり、往時を想わせるには充分です。
そして屋敷は内閣府、衆議院第二別館辺り(写真青矢印)にあったようです。

明治十一年(1878年)5月14日朝、邸宅を出た二頭立の馬車は、コの字型に曲がり、茱萸坂を(青矢印)進みます。

クリックで拡大。
茱萸坂
茱萸坂

出ました!難読坂名。
茱萸坂(ぐみざか)と読みます。皀角坂(さいかちざか)と並ぶ難読さです。

茱萸坂(ぐみざか)
 永田町一丁目、国会議事堂の南側を東に下る坂です。その先は潮見坂に続きます。番付坂と呼ばれたこともあります。『新編江戸志』では「丹羽家表門見通し、内藤紀伊守殿本多伊勢守殿中屋敷の間、九鬼長門守殿屋敷の前に出る小坂なり。両側にぐみの木ありし故の名なり。」とあります。
 『新撰東京名所図会』には、「永田町一丁目と三年町の間を清国公使館前に上る坂を呼ぶ。番付坂は茱萸坂の一名にして、昔時山王の祭礼には、必ず此ところにて、花車の番付札ありて其の行列をあらためしよりいう。」とあります。

う〜ん、植物系坂名は難しいものです。

ルートの説明にもどって。
茱萸坂突き当りの清国公使館(現・内閣総理大臣公邸、衆議院第一議員会館)を右折。

古写真:清国公使館
古写真:清国公使館
もと清国公使館。ここを右折
もと清国公使館前。ここを右折。

機動隊やおまわりさんがいっぱいいて、なぜか睨まれます。

気にせず、現・国会議事堂の裏の通り(古地図赤矢印)をやや行き、

国会議事堂裏通り
国会議事堂裏の通り
古写真:ドイツ公使館
古写真:ドイツ公使館

ドイツ公使館(古地図B、現・国会図書館)の前を左折。

この辺りで写真を撮っていると、なにやら不審に思ったおまわりさんが近づいてきます。ついにキタぁ「職務質問」!

国会図書館前。ここを左折。
国会図書館前。ここを左折。

「何されてるんですか?」
私は後方のビルを指差し、
「いやね〜、あそこが大久保利通邸だったって知ってます?」
想定外の返答に戸惑うおまわりさん。
「知りません、そうなんですかぁ」
「古地図を見ながらチャリってるんですよぉ」
「そうですかぁ、お気をつけて(^_^;」

そんなに私は不審人物に見えるのでしょうか?と心配になりますが、私はテロリストではありません、よくいる古地図好きの一市民です(よくはいないかもぉ)。お仕事ご苦労様ですm(_ _)m。

途中から旧道(左側)に入れます
途中から左側の旧道(古地図緑矢印)に入れます。

今では太い国道246号線(通称ニーヨンロク)をやや行くと旧道(古地図緑矢印)があるので、そちらに折れます。
やや行って三べ坂(古地図C)へ右折、登りきると、赤坂御門(赤坂見附)が見えてきます。

三べ坂
三べ坂
赤坂見附の石垣
三べ坂を登ると赤坂見附の石垣(赤矢印)が見えます。
赤坂見附跡
赤坂見附跡。古写真の門の左側部分。
古写真:赤坂見附
古写真:赤坂見附と見附から下って行く土橋。見附とは敵を見つけるという意味。高いところに位置しているのが普通です。
石垣の一部が残る赤坂見附。昔、土橋だったあたり。

なぜ、赤坂見附を通らなかったのか?

赤坂見附の枡形を抜け、大きな土橋(D)を下り、紀伊國坂(I)を登り、赤坂仮御所東門(H)を目指したほうが、どうみても近道です。
が、なぜか、馬車は、赤坂見附を迂回して清水谷へ向かいます。

赤坂見附から赤坂仮御所東門まで
赤坂見附から赤坂仮御所東門まで(クリックで拡大)。
紀の国坂
紀伊國坂(I


なぜ、赤坂見附を通らなかったか?これには二つの説があって、ただ単に清水谷が好きだったからというのと、赤坂見附通りの人通りを、避けたと云う説。

古地図、古写真では赤坂見附を下ると多数の民家(青矢印)がひしめき、交通事故や暴漢が飛び出す危険性もあります。

明治5年、赤坂見附からみた元赤坂
明治五年(1872年)、赤坂見附からみた元赤坂の町。

一方、清水谷(F)の通りは皇室の御用地で、ひと気も少なそうです。

古地図、古写真をみるかぎり、赤坂見附通り危険説に軍配が上がりそうですが、人通りを避けた、そのことがかえって悲運を招きます。

大久保利通は清水谷ルートを行く。

赤坂見附を迂回して細道(E)を下り、清水谷(F)から、紀尾井坂(G)を登り、堀を越えれば、赤坂仮御所の東門(H)が見えてきます。

東京ガーデンテラス紀尾井町

近年、Eの細道は東京ガーデンテラス紀尾井町内の階段として復活しています。

地図でみると標高差約10mを下ります。
それにしても坂が多い(*´Д`*) 〜з
これが東京の特徴です。

清水谷
清水谷の通り(F)。明治のころは木々が茂り、薄暗い森のような感じだったのでしょう。
紀尾井坂
紀尾井坂。かなりの勾配です。
赤坂仮御所の東門
赤坂仮御所東門(H

明治十一年(1878年)5月14日、どんよりした曇り空。
この日、彼は紀尾井坂を登ることができませんでした。

事件は清水谷で起こった!

大久保利通と車夫、従者の乗る二頭立馬車の一行は、清水谷を降りきります。すると、道に、摘んだような花を持つ書生風の男が二人立っています。

馬車は二人をやり過ごし進むと、森の奥から花を持った別の二人が現れ、道をふさぎます。従者が馬車を降り、退くように頼むと、次の瞬間、隠し持っていた短刀が馬の足に!。

清水谷公園前から紀尾井坂下を望む
清水谷公園前から紀尾井坂下(G)方面を望む。

北白川宮邸これを合図に潜んでいた二人も現れ、計六人の不平士族に囲まれてしまいます。

危機を察した車夫は馬車を走らせようとしますが、斬られた一頭がへたり込み、進むことができません。従者も斬りつけられますが、間一髪逃れ、近くの北白川宮邸に助けを求めに走ります。

残された車夫は斬られ、大久保利通は「無礼者!」と一喝するも、馬車から引きずり出されてしまいます。

16箇所の傷、喉に突き刺された短刀は地面にまで到達していたと云う悲惨な最期でした。

清水谷公園内の紀尾井坂の変の石碑
清水谷公園内の紀尾井坂の変の石碑。全高6.27mの大きなものです。

ここに薩摩の二つの星の一つ、大久保一蔵は、西郷さんを追うように、堕ちてしまいます。享年49歳。

彼の死後、残ったのは借金の山。
国のために必要な金を、私財を投げ打って集めていたと云い、遺族への返済要求は、一つもなかったと云います。
本物の政治家でした。

清水谷公園

清水谷公園

ところで暴漢が摘んだ花は何だったのでしょうか?
今では、ビルに囲まれわからないのですが、ここが深い渓谷だと教えてくれる清水谷公園の地形。
都会とは思えない光景です。

清水谷公園の斜面

ここには山岳地帯で見るような可憐なスミレが木々の下に自生していました。

清水谷公園のスミレ

 

紀尾井坂を登った喰違見附でも事件が起きています。

岩倉具視暗殺未遂事件「赤坂喰違の変」と生き残った岩倉邸

以下のグーグルマップをご利用いただければ、古地図同様のルートで歩くことができます。