「千代田区」タグアーカイブ

小栗坂とは関係ない小栗上野介を想う


お江戸のど真ん中、千代田区に「小栗坂」という坂道があります。長いさいかち坂を登る途中、右に下る小さな坂です。

さいかち坂から下っていく小栗坂。
さいかち坂から下っていく小栗坂。
小栗坂坂名説明柱この坂を小栗坂といいます。『江戸惣鹿子名所大全』には「小栗坂、鷹匠町にあり、水道橋へ上る坂なり、ゆえしらず」とあり、『新撰東京名所図会』には「三崎町1丁目と猿楽町3丁目の間より水道橋の方へ出づる小坂を称す。もと此ところに小栗某の邸ありしに因る」とかかれています。明暦3年(1657)頃のものといわれる江戸大絵図には、坂下から路地を入ったところに小栗又兵衛という武家屋敷があります。この小栗家は「寛政重修諸家譜」から、七百三十石取りの知行取りの旗本で、小栗信友という人物から始まる家と考えられます。

昭和50年(1975)3月 千代田区

「小栗某」を古地図で探す

「何某」、なにがし、とか書かれると、坂道探偵の血が騒ぐものです。
『新撰東京名所図会』にある「小栗某」を古地図で探すと、

古地図:正保年中(1645-1648年)江戸絵図
古地図:正保年中(1645-1648年)江戸絵図。赤矢印が本吉祥寺橋(今の水道橋)、グリーンラインが小栗坂。(クリックで拡大)

江戸初期の地図には「小栗又兵」(青矢印)とあり、この屋敷が坂名の由来になっているようです。

嘉永七年(1854年)安政四丁巳年
嘉永七年(1854年)安政四丁巳年(1857年)改 尾張屋刊江戸切絵図。赤矢印が水道橋、グリーンラインが小栗坂。

しかしながら、幕末の切絵図には小栗坂の表記はあるものの、「小栗某」は見出すことは出来ません。

『江戸惣鹿子名所大全』では「ゆえしらず」(坂名の由来はわからない)と、すでに江戸時代中に書かれています。長い江戸時代(約260年間)の間には、よくあるパターンです。

壱岐坂の由来の根拠も不明になった例もあり、変遷を繰り返したお江戸ならではのこと。服部坂のように江戸時代を通じて同じ場所に屋敷を構えるケースも多々あります。

小栗坂の場合、小栗又兵は、正保4年(1647年)の江戸大地震や明暦3年(1657年)の明暦の大火後に近くに移転したことはわかっていますが、その後は子孫が途絶えたのか?遠くに移転したのか?

いずれにせよ、坂名にのみ残るお武家です。

千代田区観光協会のHPによると、

三崎町一丁目と猿楽町二丁目の間を神田川の方へ上る坂です。昔近くに小栗某の屋敷があったことから、この名が付けられたといわれています。
幕末に活躍した小栗上野介の屋敷とは関係ありません。

と、素っ気なく「小栗上野介」の名が出てきます。
若い頃、毎週、楽しみにして見ていたテレビ番組、糸井重里と石坂浩二の「徳川埋蔵金伝説」に出てきた人物ですよщ(゚Д゚щ)。

そうです、千代田区には小栗坂とは関係のない、あの埋蔵金伝説の小栗上野介の屋敷跡があるのです。

小栗上野介屋敷跡

小栗坂から東に約600m、神田駿河台のビル群の一角、東京YWCA会館あたりが小栗上野介の屋敷跡です。

小栗上野介屋敷跡

小栗上野介屋敷跡プレート小栗上野介ここに生まれる

ここに生まれ育った小栗上野介(1827~1868)は、幕末の外交・財政政策をリードし、横須賀に大造船所を建設してわが国の造船業が近代化する道を開いた。

幕末の大人物なのですが、なんとも、殺風景すぎるプレートが一枚あるだけ、、、寂しい。

靖国神社に銅像のある陸軍の大村益次郎に比べ、海軍の礎を築いたと云われる小栗上野介の評価は低いようです。新政府軍ではなく幕府軍の重要人物だったからでしょうか。

それに、YWCAも以前の建物に比べると味気ない囧rz。

ywca
右は1962年のYWCA。昭和4年(1929年 )竣工の関東大震災後の復興建築です。

古地図では、、、

嘉永二年(1849年)近吾堂版江戸切絵図
古地図:嘉永二年(1849年)近吾堂版江戸切絵図より、小栗又市。(クリックで拡大)

「小栗又市(又一)」とあります。家康公の三河時代から仕えた直参旗本で、一番槍の小栗。数々の戦で、又もや一番槍!とのことでつけられた通称です。
武勇の誉れ高い家柄だったことが伺えます。

古地図:文久二年-(1862年)改 尾張屋刊江戸切絵図より小栗豊後守
古地図:文久二年-(1862年)改 尾張屋刊江戸切絵図より小栗豊後守。(クリックで拡大)

安政6年(1859年)、従五位下豊後守に叙任したので、以降の古地図では「小栗豊後守」となります。

ではなぜ今、小栗上野介と呼ぶのか?

小栗 忠順(おぐり ただまさ・1827~1868年)は、文久3年(1863年)、上野介に遷任されます。
そして、幕府瓦解後、領地であった上野国(現在の群馬県高崎市倉渕町権田)に移り住みます。
勘定奉行であったため、徳川の軍資金を持ち帰ったのではないか?というような誤解が生じます。
彼の功績を汚すような噂です囧rz。

船で世界を一周し、先進国の産業革命を見、日本の工業化の必要性を説き、その礎を築いた偉大な人物です。
司馬遼太郎先生は小説「明治という国家」で、小栗上野介のことを「明治の父」と呼びました。

明治45年夏、東郷平八郎元帥は小栗上野介の遺族を自宅に招き「 日本海海戦で完全な勝利を得ることができたのは、小栗上野介さんが横須賀造船所を作っておいてくれたおかげです」と礼を述べたと云います。

横須賀造船所
古写真:横須賀造船所

湯島大小砲鋳立場、関口大砲製作所にも尽力していて、お江戸の坂道を調べていても、度々、登場します。知れば知るほどの大人物です。

機会があり、上野国(群馬県)の菩提寺「東善寺」を訪れました。銅像もあります。新政府軍によって、罪なくして処刑された場所には碑が立ちます。

小栗上野介終焉の地
小栗上野介終焉の地

小栗坂の「小栗又兵」のように、千代田区の歴史から消えない事を願います。

千代田区のプレートと菩提寺「東善寺」の銅像
千代田区のプレートと菩提寺「東善寺」の銅像

 


フミサカ、文坂?コミサカ、ゴミ坂?と幽霊坂


千代田区の幽霊坂と消えた坂の秘密の項で「フミサカ」を「文坂」と想定して書きましたが、読者の方から、

「安政七年(1860年)版の切絵図だとフミサカじゃなくて、微妙にコミサカって読めるんだけど、、、」

とのご指摘がありました。

嘉永六年(1853年)尾張屋刊江戸切絵図より「フミサカ」
嘉永六年(1853年)尾張屋刊江戸切絵図より「フミサカ
安政七年(1860年)尾張屋江戸切絵図より「コミサカ」
安政七年(1860年)尾張屋江戸切絵図より「コミサカ

確かに安政七年版では「コミサカ」に見え、
「コミサカ」だった場合は、コミサカ=ゴミ坂

ゴミ坂(ゴミ捨て場があったところ)だと名乗ってしまったことになります。

因みに現代の地図を重ねると聖橋、本郷通りは以下のルートになります。

聖橋、本郷通り

明治28年東京市神田区区分図

気になって調べると、明治28年の地図が地形に詳しく、以前、この坂はもの凄いクランクだらけ(緑色)だったようです。

明治28年東京市神田区区分図
明治28年東京市神田区区分図より

この坂(緑ライン)から続く幽霊坂(青ライン青矢印の方向へ下る)のゴミを目隠しするクランクです。

フミサカの辺り
赤矢印が今の幽霊坂の坂名柱あたりで幽霊坂(青ライン)へと、写真奥の方へと下っています。

これは文坂ではなくゴミ坂であることの有力な根拠になります。

フミサカ説の根拠

一方、フミサカ説の根拠は、ゴミ坂と呼ぶのを嫌い、別名で呼ぶ、よくあるパターンです。

江戸時代には住所表記はなく、「拙宅は駿河台、○○坂上にあり申す」などと、坂名は住所代わりだったのです。
その時、ゴミ坂の坂上とは言いたくないので、別名で言ったりします。フミサカはゴミザカの別名だったのかもしれません。

定火消屋敷新宿区、神楽坂の庚嶺坂(ゆれいざか)、文京区の立爪坂のように、別名をつけたのかもしれません。

この辺りの小旗本か、または、暇な火消屋敷の人々の言葉遊びでつけた別名とも思えてきます。

 鬼門の方角、太田姫稲荷神社

余談ですが、もう一度、この地図を見てください。聖橋のところにあった太田姫稲荷はどこへ行ってしまったのでしょうか?

聖橋、本郷通り、太田姫稲荷神社

聖橋南詰には御神木があるのですが。

太田姫稲荷神社御神木
太田姫稲荷神社御神木

太田姫稲荷神社

調べると、太田姫稲荷神社(青矢印)は、聖橋が掛かる時、移転していました。

移転先は東京都千代田区神田駿河台1丁目2−3。

太田姫稲荷神社は太田道灌が江戸城内に築き、後に徳川家康が江戸城から見て、鬼門の方角にあたる神田川のほとりに遷座しました。

移転した千代田区神田駿河台の地も江戸城から見て、鬼門の方角です。これだけ文明が進歩しても、鬼門だけは外さない東京。

江戸城の鬼門の方角には、平川門(鬼門の方角にあり不浄門とも呼ばれています)から、神田明神、湯島天神、上野寛永寺と続きます。

都市の発展は古来からの風習に守られているのかもしれません。
そう思うと不思議な気持ちになります。

ゴミ坂を考察した以下のページもご参照ください。

庚嶺坂は幽霊坂?
庚嶺坂(ゆれいざか)の多すぎる別名

文京区には二つの幽霊坂があります。
文京区の二つの幽霊坂についての考察

芥坂の別名を持っています。
立爪坂の別名と歌川広重、スケッチの場所

新宿区に二つのゴミ坂があります。
新宿区の二つのゴミ坂と江戸市中引き回しコース

神社の裏に芥坂。
新宿区の御殿坂と筑土八幡神社

胸突坂にも疑惑が。
胸突坂と神田川

もとはもっと多くのゴミ坂が存在したはずですが本名を隠しているケースもあり、ゴミ坂探しも面白いものがあります。