「豊島区」タグアーカイブ

鎌倉街道を行く3 関所があった宿坂(豊島区後編)

頼朝伝説と堀部安兵衛の新宿区早稲田、太田道灌の面影橋、砦のような造りの寺社など、遠い昔の古鎌倉街道に想いを寄せ、観てきましたが、ここ金乗院前も街道色の濃い地であり、深い歴史に彩られています。

 icon-arrow-circle-right 鎌倉街道を行く1(新宿区編)
 icon-arrow-circle-right 鎌倉街道を行く2(豊島区前編)

宿坂(江戸名所図会より)
宿坂(江戸名所図会より)。残念ながら観音堂は今はない。クリックで拡大。
宿坂宿坂
 中世の頃、「宿坂の関」と呼ばれる所が、このあたりにあった。この坂の名が、宿坂道と残っているのは、おそらくそれにちなむものと思われる。
 “宿坂の関”は鎌倉街道の道筋にあったものといわれ、したがって、ここ宿坂はその街道上の地名と考えられる。古地図によると、鎌倉街道は現在のこの道より、やや東寄りに位置していたが、一応ここも鎌倉街道の名残りといえよう。
 今から三百年ほど前、このあたりには樹木が生い茂り、昼なお暗く、くらやみの坂道として狐狸の類がとびはねて、通行人を化かしたなどという話もいまに伝わっている。

説明書きには「現在のこの道より、やや東寄り」と書いています。明治の地図で見ると、

明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図
明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図。ブルーラインが古鎌倉街道。

東側(赤矢印)に崖があり、そちらの方に蛇行していたのでしょう。

東の崖上から宿坂を見る。
東の崖上から宿坂を見る。

江戸名所図絵を見ても坂はクネクネしています。宿坂西隣りの「のぞき坂」は上下通行車道としては都内ナンバーワンの急坂。

のぞき坂坂上より
のぞき坂坂上より

同じ目白台地を登る宿坂も、かなり急なので少しカーブしながら登っていたということでしょう。

金乗院の裏門あたりに「宿坂の関」と茶屋があったと云います。
宿坂の関は関東お留の関の一つ。中世には、四ツ谷、三軒茶屋、品川、千住などにも関があったと伝えらています。

また今は無き姿見橋の由来になった刑場もこの辺りにあったと云いますが、江戸以前、後北条氏の頃の話で場所の特定もできず、今では単に言い伝えとして残るだけの怖い話です(姿見橋=罪人の後ろ姿を見送る)。

金乗院門前の読めない碑

金乗院

金乗院前の読めない碑

金乗院門前のこの碑、「むせる」?
またまた出現した読めない崩し文字。ということで目白坂の謎の碑の解明でもお世話になった歴史のFBグループに質問するとなんと、「はせ寺」と読むとのこと。
長谷寺?金乗院なのに長谷寺とはこれ如何に?

そうです。ここには太平洋戦争の戦災(昭和20年、1945年5月)にあった新長谷寺の目白不動がお引越しなされているのです。これは新長谷寺にあった寺標です。

目白不動の碑もあり、目白不動と共に移転されています。

金乗院前の碑

金乗院境内に入ると様々な珍しいものが目に入ります。

倶利伽羅不動庚申塔

龍が描かれている庚申塔、こんなレアな庚申塔は見たことがありません。

倶利伽羅不動庚申塔
倶利伽羅不動庚申塔

ここは護国寺のように庚申塔が多いお寺です。近くの南蔵院にも庚申塔は多くあり、この古鎌倉街道沿いは、かなりの人口密度だったのかもしれません。

旗本、大名屋敷が多かった文京区に比べ、この辺りは農地が多く、庶民のものとしての庚申信仰が息づいていたようです。

庚申信仰
 庚申(かのえのさる)の日(60日ごと)人が眠ると三尸(さんし)の虫が人の体から出て天にのぼり天帝にその人の罪を告げるというところから、人びとは一晩中夜明かしをした。
仏教では、庚申の本尊を青面金剛および帝釈天に、神道では猿田彦神としている。これは、庚申の「申」が猿田彦の猿と結び付けられたものと考えられる。

庚申信仰自体、今でいう町内会の宴会のようなもので、地域のリクレーション、地域の団結に必要な潤滑油のようなものと考えます。

金乗院の庚申塔群
金乗院の庚申塔群。
南蔵院の庚申塔群
南蔵院の庚申塔群。

丸橋忠弥の墓

ここ金乗院には「丸橋忠弥の墓」があります。丸橋忠弥といえば、由井正雪と供に、幕府の転覆を図ったクーデター「慶安の変」(1651年)の首謀者。

忠弥坂由来の丸橋忠弥のお墓がこんなところにあるとは思いもしませんでした。

丸橋忠弥の墓
丸橋忠弥の墓。

考えるに、このお墓、どうも眉唾です。クーデターを画策した人物の墓を作るなど、幕府が許すはずも無いのです。
金乗院縁起によると、

鈴ヶ森で処刑された後に一族がひそかに遺骸を貰い受けて紀州に埋葬。後に末裔が金乗院に移し、安永9年(1780年)に墓碑を建てた。

とのこと。私くし的には、八百屋お七の墓のような寺社の観光資源、人寄せプロモーションに思えますが、どうなんでしょうか?

ともあれ、困窮する浪人を救うためのクーデターだったので、一部では忠弥ファンも多いのです。文京区の忠弥坂付近で槍の道場を開いていたというので興味シンシンなのですが、江戸初期のお話ゆえ、伝説の域を出ていません。

もう一つ珍しいものは、鍔塚

鐔塚
鐔塚

刀に詳しい方に聞いてみると、刀の鍔(つば)はもともと壊れにくい頑丈なものなので供養するのは珍しいとのこと。近くに鍔を作る職人がいたのではないかと推測されていました。

門を出て正面の家に面白いものを発見。
鳶口、刺又、半鐘。火消し?

火消し道具

古写真でしか見れないような道具が屋外に掛けてあり、タイムスリップしたような気になります。

火消し装束
古写真:火消し装束。赤矢印が鳶口。

根生院の道標

そして、道の角には道標。
金乗院から東に約70m行くと江戸時代の門が残る根生院(こんしょういん)があります。

根生院

明治35年(1902年)下谷池之端から移転してきた寺院です。風雪に耐え色あせた朱塗りの門が佇みます。

根生院の門

ここは元大名屋敷の庭園、明治維新後も徳川田安家邸だった地であり、戦前は池あり丘あり樹木ありの四季折々の風情が楽しめ、殊に菖蒲の頃は見物客で賑わったと云います。

明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より根生院
明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より根生院。砂利場という地名は神田川の砂利採取場があったため。

明治の地図を見ると確かに大きな池が確認でき、往時を偲ぶことができます。そんな庭は空襲でことごとく破壊されましたが、門だけは奇跡的に焼けずに残りました。

根生院の庚申塔
根生院の庚申塔。
宿坂下にあったと云う藤稲荷の道標
宿坂下にあったと云う藤稲荷の道標。
道標
クリックで拡大。

門前にはやはり庚申塔と、以前は宿坂下にあった道標と云われるものがあります。江戸名所図絵で云うと赤矢印のものかもしれません。

金乗院、根生院を見て、宿坂を登り、目白通りの向こうに古鎌倉街道は続きます。

鬼子母神参道入口

次は古鎌倉街道がそのまま参道になっている江戸情緒豊かな雑司ヶ谷鬼子母神編です。

 icon-arrow-circle-right 鎌倉街道をゆく4 雑司ヶ谷鬼子母神編へ続く

太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)

いつもはお江戸の昔を探しているわけですが、前回の新宿区の古鎌倉街道は頼朝伝説の濃い地であり、なおかつ古墳さえもあり、その歴史の深さには驚くべきものが。

何気ない小径もその歴史を知れば、あたかもタイムマシンに乗ったかのようです。

面影橋
面影橋

豊島区の鎌倉街道今回は面影橋を逆方向の北方面、豊島区へと。そして、相棒のワトソ子くんにいただいたお題。古地図のわけのわからない描写。沼の中の土地。

川にかかる赤表示は面影橋であるのだろうけれども、一体これは何なのか?

まあ、走ればわかると言うので、行ってみます。面影橋を北へ渡るといきなり、、、

太田道灌、山吹の里

橋の北詰、オリジン電気入口の前に山吹の里の碑が立っています。

山吹の里の碑
山吹の里の碑
太田道灌が鷹狩りの際、この辺りで急に雨に降られます。ある貧相な農家で「蓑を所望したいが」というと、農家の娘は何も言わずに山吹の一枝を差し出します。この娘は口も聞けず、私の言うこともわからないのかと怒ってその場を立ち去ります。その後、家来のものに、そのことを話すと、それは後拾遺和歌集にある歌「七重八重 花は咲けども山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき」の「実の」と「蓑」をかけておりますぞと。
そのことを知った道灌は、自分の歌道の暗さを恥じ、励み、一流の歌人になるのでした。

落語「道灌」でもおなじみのくだりです。

山吹の里(江戸名所図会より)
山吹の里(江戸名所図会より)クリックで拡大。

江戸名所図会の挿絵では脇に川が流れ、橋が架かり、神田川沿いのここが、あたかも、その地のように思えるのですが、「山吹の里」を名乗る地が関東地方には多々あります。

幼少の頃から鎌倉建長寺に入り学び、歌道に明るかった道灌が「山吹の歌」を知らないはずがなく、後世の作り話であることは明確です。

では、なぜ、ここに碑があるのか?

太田道灌大正時代の初め、田中光顕が数寄屋造りの草庵「一夢庵」をこの地に建てます。彼がこの碑を面影橋のたもとに置いたようです。

田中光顕は道灌愛用の品々を蒐集するほどの愛好家でしたが、大正時代末、近隣の火事の類焼で一切のものを消失。

江戸名所図会に描かれているような道灌愛用の笠もあったそうな。本物だったかどうかは眉唾ですが。

山吹の里説明板

山吹の里の碑家紋また、説明板に書かれているように、この碑はお武家の奥方の墓石のリサイクル版です。

そうと知らなくても、書体が新しすぎるし、ご婦人の墓石によく使われる如意輪観音だし、うっすらと家紋、刻字も残っているしリサイクルバレバレな碑です。

古鎌倉街道、いきなりの道灌伝説。豊島区側も興味深いものがあります。

姿見橋

姿見橋は農業用水にかかる小さな橋だったようで面影橋のことを姿見橋というケースもあります。幕末の江戸切絵図では面影橋のことを姿見橋と表記しています。

永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図より牛込市ヶ谷大久保絵図
嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図牛込市ヶ谷大久保絵図より。
嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図雑司ヶ谷音羽絵図より
嘉永七年(1854年)尾張屋刊江戸切絵図雑司ヶ谷音羽絵図より。

おそらく神田川の蛇行、洪水、河川修理などで幕末には消滅した用水に架かっていたのが本来の姿見橋。

1830年代刊行の江戸名所図会では別々に描かれています。

面影橋と姿見橋(江戸名所図会より)
面影橋(傍のはし)と姿見橋(江戸名所図会より)クリックで拡大。

姿見橋の伝説はというと、

夫の友人に横恋慕されたあげくに夫を殺されてしまった悲運の美女が、その仇討を遂げ、川の流れにその姿を映して、自分の美貌を憎み、身を投げたと。

まあ、「自分の美貌を憎み」というありえない話で、伝説というものは、とかくキレイな話にしたがります。

一方、ブラックな説では、北条氏が支配した時代、近くに仕置場(処刑場)があり、罪人の後ろ姿をこの橋のたもとで見送ったと。血生臭い中世を考えると、こちらの説の方が正しいように思います。

今は無き姿見橋があったところは、江戸名所図会でいうと、左手に氷川。右手に南蔵院の手前。

氷川、南蔵院、姿見橋
氷川、南蔵院、姿見橋
氷川神社
氷川神社。正確には高田総鎮守氷川神社。平安時代、在原業平も参拝したという言い伝えがあります。
南蔵院
南蔵院
南蔵院
南蔵院本堂

氷川神社、南蔵院位置関係

奥に変則十字路。あれっ?何かに似ている?
ワトソ子くんのお題の地?航空写真で見てみてもそっくりです。

航空写真

正保年中(1645-1648年)江戸絵図より
正保年中(1645-1648年)江戸絵図より。この地図ではこげ茶色が沼地。沼地の中に土地がある。

早速、ワトソ子くんにメッセ。返信は、、、

「そうです、坂道社長。そのようですわ。この大雑把な地図は江戸の初めの開発期のものです。鎌倉街道がクランクしています。

南蔵院には、鎌倉時代「鏡が池」という大きな池があったので大鏡山南蔵院と号しています。
大きな池があったので自然と街道はクランクしたのでしょうが、片側にも沼地があり、その中心に今は氷川神社があります。

想像すると宿坂の関所を突破した敵を左右から撃退するための天然の要害、砦だったように思われます」

「そっ、そうだね。この地図を見ると、まるで堀で囲まれたお城のようだね」

ここは中世、軍事施設だったような気がします。寺社は軍隊が集結するのに都合の良い地です。クランクで敵の勢いを弱め、左右から攻撃できる。今となっては中世のことはわかりませんが、坂道探偵にはそのように思えてなりません。

中世の頃、出城だった赤城神社、砦だった筑土八幡などの例を見ると怪しい地形です。

戦いを繰り返していたであろう中世。豊島氏、太田氏、後北条氏と支配者が入れ替わり、主要な街道であるこの道に砦、敵を迎え撃つ軍事施設はいくつもあったはずです。今となっては遠い昔で、知るすべはありません。

ともあれ、江戸期には名所の一つに数えられています。

高田南蔵院、氷川社など(江戸名所図会より)
高田南蔵院、氷川社など(江戸名所図会より)クリックで拡大
古鎌倉街道クランク部
古鎌倉街道のクランク部。ここに右橋、高札場、茶屋があった。

高札場、茶屋クランクしたところに「右橋」があり、有事の際はこの橋を落とせば、、、などとまた軍事的なことを考えてしまいますが、立証する資料がないのでこの辺で止めておきます。

また、高札場、茶屋も描かれていて、古くは交通の要衝だったことを物語ります。
なんとも、面白い地形です。
南蔵院の六地蔵 また、江戸名所図会を注意深く見ると、南蔵院境内に六地蔵が描かれていて、今も健在です。
昔は屋根が付いていたようですが。

六地蔵

クランクして古鎌倉街道を進むと、やっとのことで鎌倉街道の関所があったという宿坂に辿り着きます。

宿坂
鎌倉時代、関所があったという宿坂。

ここも見るからに、歴史が深そな予感が。

 icon-arrow-circle-right 鎌倉街道を行く3 宿坂(豊島区後編)へ続く。