「武士の名の坂」タグアーカイブ

武家の名がつく坂3ー壱岐坂

壱岐坂下交差点壱岐坂下交差点。壱岐で想像すると「壱岐守」。かつてあった大名屋敷由来の名なので、お江戸の頃はさぞかし細い道で、近年、拡張したのだろうと思い込んでいました。
いや、待てよ?、松平播磨守の名からとった太くて長い「播磨坂」は戦後復興の坂でした。近くの「忠弥坂」も関東大震災後にできています。そのように思うと、この坂、江戸時代から、こんなに真直ぐで長い坂だったのでしょうか?。疑問が浮かんできます。

壱岐坂通り
壱岐坂通り交差点。

壱岐坂通り交差点、壱岐坂上交差点まであります。これはお江戸の坂道としては長すぎます。

壱岐坂上交差点
壱岐坂上交差点。

昭和大正の地図を見ると、

壱岐坂の震災前後
大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図と昭和3-11年(1928-36年)1万分の1地形図の比較。

やはり、太い道が関東大震災の後にできています。
大正12年(1923年)の関東大震災の復興計画によって、新たに開削された昭和の坂、復興の坂なのです。
震災前の地図をよく見ると、「壱岐殿坂」があります。さすがは大名、安藤殿坂のように「殿」まで付いています。

この太くて長い坂は、文京区の坂道Mapでは新壱岐坂となっています。
本来なら、壱岐坂下交差点は新壱岐坂下交差点となるべきです。

文京の坂道Map
25:壱岐坂、26:新壱岐坂。

文京区の坂道Mapでは、壱岐坂は別にあります。これが壱岐殿坂です(以後、江戸時代からある壱岐坂は混乱を避けるため壱岐殿坂と表記)。

新壱岐坂を登る

新壱岐坂を登っていくと、彫刻のあるモニュメントがちょうど、新壱岐坂と壱岐殿坂の交差するところの小さな公園に設置されています。

壱岐殿坂のモニュメント

壱岐坂の碑(壱岐殿坂の碑)
江戸時代には、社寺や大名屋敷は、ほとんど移転することもなかったので交通の重要な目印となっていました。この坂は昔、この地にあった小笠原壱岐守の下屋敷にちなんで壱岐殿坂と呼ばれていました。
当時、小笠原家は、九州佐賀県唐津六万石の大名でした。壱岐坂は、白山通り(本郷1丁目20・22の間)から上り、東洋女子短大の所で通称大横町へ至る細い坂道です。
文京区土木部公園緑地課
モニュメントのある所から見た壱岐殿坂
モニュメントのある所から見た壱岐殿坂。

壱岐殿坂には、文京区土木部公園緑地課設置の碑と、新壱岐坂で分断された壱岐殿坂の東上部(通称大横丁通り)に文京区教育員会設置のものがあります。

壱岐殿坂
壱岐殿坂(大横丁通り)

壱岐坂説明板

壱岐坂
 「壱岐殿坂」ともいう。
 江戸時代からある古い坂である。近隣に屋敷があった武士の名前から坂名がつけられたとみられるが、江戸時代の地誌に「彦坂壱岐守」の屋敷があったことによって名付けられたとか、「小笠原壱岐守下屋敷」があったことによって名付けられたとかあって、江戸時代においても諸説がある(御府内備考)
 この古い壱岐坂は、新しくできた大きな新壱岐坂に途中で分断される形となった。
 文京区教育委員会 平成28年3月

これはつい最近、新しくなったものです。
以前のものはというと、、、

壱岐殿坂、以前の説明板

壱岐坂(壱岐殿坂)
「壱岐坂は、御弓町へのぼる坂なり。 彦坂壱岐守屋敷ありしゆへの名なりといふ。 按に元和年中(1615~1623) の本郷の図を見るに、此坂の右の方に小笠原壱岐守下屋敷ありて吉祥寺に隣れり。 おそらくは此小笠原よりおこりし名なるべし。」(改撰江戸志)
御弓町については 「慶長・元和の頃御弓同心組屋敷となる。」とある。(旧事茗話)
文京区 昭和48年3月

服部坂の服部家は、江戸時代、変わることなく、そこにあり理解しやすいのですが、説明板を読んでみると、ここ壱岐殿坂周辺は、複雑なようです。

小笠原家、彦坂家を古地図で探す

各々の説明にある坂名の由来になった「小笠原家」「彦坂家」を古地図で探すと、幕末の切絵図では確認できません。

万延2年(1861年)尾張屋版本郷湯島絵図
万延2年(1861年)尾張屋版本郷湯島絵図。緑矢印の「イキトノザカ」。クリックで拡大。

坂道説明板にある「元和年中(1615~1623) の本郷の図」は手元にありませんが、以下の地図では、、、

古地図:正保年中(1645-1648年)江戸絵図
正保年中(1645-1648年)江戸絵図。グリーンラインが壱岐殿坂で開削途中のような表記。紫矢印が「小笠原壱岐守下屋敷」。

壱岐殿坂、昭和48年の説明板の「改撰江戸志」にあるように「吉祥寺」のお並びに「小笠原壱岐守」が確認できます。

改撰江戸志
 原本は残っておらず成立年代は不明だが文政(1818年から1830年)以前にすでに存在が確認されている。

おそらくは此小笠原よりおこりし名なるべし」と「改撰江戸志」が言っているように、屋敷・寺の移転が多かったエリアなので、江戸時代初期に付いた坂道名は、江戸時代中にすでに、命名の根拠が不確かになってしまっているようです。
寛文年間(1661〜1672年)ではすでに、、、

古地図:寛文10-13年(1670-73年)新版江戸大絵図
寛文10-13年(1670-73年)新版江戸大絵図。グリーンラインが壱岐殿坂、紫矢印が「小笠原」。赤矢印は本吉祥寺橋(今の水道橋)。
駒込の吉祥寺
駒込の吉祥寺

吉祥寺がなく、壱岐殿坂のクランクの仕方も変わっています。

因みに吉祥寺は振袖火事(1657年3月2日)後に駒込に移転しています。水道橋は大火前後は本吉祥寺橋と呼ばれていたのが、古地図上で確認できます。
この辺りの町人は大火後、今の中央線の吉祥寺に移住し、開墾し、彼らが、その地を吉祥寺村と呼んだのが地名の由来です。

彦坂家については時代が少し降り、寛政〜文化期の古地図に見出せます。

古地図:寛政新版江戸安見図(1797年)
寛政新版江戸安見図(1797年)。赤矢印に「ひこさか」。
古地図:文化江戸図(1811年)
文化江戸図(1811年)。赤矢印に「ヒコサカ」。

江戸時代と一言で言っても約260年間もあり、お江戸の頃はココに何があったとは言えないエリアのようです。
なぜ、そのように変遷があるのか?。
武家の配置転換はあったのでしょうが、振袖火事などの度重なる災害も大きな理由の一つです。どうやら、本郷は、江戸時代から幾度となく災害に遭い、復興してきた街のようです。

復興の坂道と復興建築

新壱岐坂、忠弥坂は関東大震災後にできた復興の坂道ですが、文京区本郷(かつては本郷区)は、関東大震災で壊滅的な被害を受け、焼け野原になったため、震災後の復興建築が多く残っているエリアです。

お茶ノ水坂に面する元町公園は、東京市帝都復興計画における52箇所ある小公園の一つです。旧元町小学校も不燃化構造の復興小学校です。

文京区元町公園
昭和5年開園の元町公園。
旧元町小学校
旧元町小学校。赤矢印の変わった窓は美術室。入光を調整しています。

その他、旧職業紹介所、昭和第一高校本館、桜蔭学園本館と、復興建築が密集しています(それぞれ昭和6年ごろ竣工)。

旧職業紹介所(トーキョーワンダーサイト)
旧職業紹介所
旧職業紹介所内部
旧職業紹介所内部

今は「トーキョーワンダーサイト」というギャラリーになっている旧職業紹介所ですが、内部に入ってみると、頑丈すぎる梁を見ることができます。

昭和第一高校本館
昭和第一高校本館
桜蔭学園本館
桜蔭学園本館
桜蔭学園の塀
桜蔭学園本館は外部の装飾もさることながら、塀のカーブさえ美しい。

震災の教訓から丈夫な建物を作ったので、今でも復興建築が多く残っているとも言えます。東日本大震災、熊本地震と、今も災害と戦う歴史が進行中です。文京区本郷エリアは江戸時代からの坂道(壱岐殿坂、外記坂)もありますが、復興の坂道、建築もあり、災害を乗り越えてきた歴史も感じさせてくれる街です。

災害を乗り越えてきたもの

本郷エリアは災害の度に発展していった街と云えますが、今も昔も変わらないものもあります。

瀬川家(旧古市家)住宅
明治20年代頃の築。明治27年(1896)頃より土木学者・古市公威が住み、関東大震災後、瀬川家が継承して今日に至っています。

瀬川家(旧古市家)住宅
ビルの奥に佇む瀬川家(旧古市家)住宅。

瀬川家住宅周辺には、防火用の煉瓦塀も残っています。

煉瓦塀

本郷弓町のクスノキ

本郷弓町のクスノキ、楠の木

江戸時代から「本郷のクスノキ」と呼ばれた名高い巨木です。地上1.5m高での幹周り8.5m。隣のビルの7〜8階まであるので、およそ25mくらいはありそうです。文京区で一番大きな樹木です。

古写真:ニコライ堂から撮った古写真

明治22年(1890年)、ニコライ堂から撮った古写真。外堀、お茶の水坂越しに、薄っすらと写っている当時のランドマーク的存在です。
この木は幾多の災害を乗り越え、この地にあり、これからも、ずっと、本郷を見続けていくことでしょう。

取材協力:本郷いきぬき工房

武家由来の坂道

武家の名がつく坂ー外記坂と消えゆく朝陽館本家
武家の名がつく坂2ー忠弥坂はあったのか?
文京区服部坂のメジャーじゃないけどオモロなポイント
安藤坂の大きなカーブはなぜ?

文京区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

武家の名がつく坂2ー丸橋忠弥の忠弥坂はあったのか?

最近、古いガードレールに興味を持つという、人様には言えないフェチな趣味を持っている坂道探偵社社長であります。

様々なデザインのガードレール

お茶の水坂のガードレール、補修タイプ
お茶の水坂

お茶の水坂のガードレールは、明治のもので戦中の金属供出で鉄パイプが抜かれています。

坂の古いガードレール
茗荷谷

茗荷谷のガードレールにも金属供出の跡、明治期のデザイン。明治後半に坂の脇に池があったことからその時代と推測します。

旧東富坂のガードレール
旧東富坂

旧東富坂は丸の内線の開通によってできた坂なので、昭和30年代のもの。当然ながらパイプも抜かれていません。

淡路坂
淡路坂

昌平坂と対をなす千代田区側の淡路坂にあるガードレールは戦後の立派なもの。

石柱造りで鉄パイプ。各時代とも今のガードレールと違い味があります。

ガードレールに興味が湧いてからあちこち廻り、ワトソ子くんにも調査を依頼した時のことでした。ワトソ子くんは、いつものようにメッセンジャーで写真を送ってくれました。

「坂道社長、忠弥坂にもありましたわ」

忠弥坂のガードレール
忠弥坂にあるガードレール

「ああ、丸橋忠弥由来の忠弥坂かぁ、おっ、これは昭和後期のデザインかな?パイプもあるし、戦中の金属供出跡がないから時代を裏付ける証拠になるね」

「ですです。でもね、社長!ガードレールが新しいデザインなんですよ、それにぃ、、、」
「それにぃ、なぬ?」
「坂の雰囲気が何か違うんです」
「ん?」
てなわけで、、、

坂道探偵出動!

ワトソ子くんは何に違和感を感じたのだろうか?
お江戸初期の武士の名を冠した坂に何を感じたのだろうか?

忠弥坂に思いを馳せ、走って行く途中、おもむろに変なものを見つけてしまいました。

地下鉄のくるくるシンボル
地下鉄のくるくるシンボル

何年か前に石原慎太郎前都知事が「地下鉄の駅を目立たせたい!」と言い出し、「看板のようなものじゃなく、動いたりした方がいい」とのことでこういう物が作られたらしいです。

これって床屋さんのくるくる回っているやつみたいなのですが、あまり浸透していません。地下鉄に乗りたいならまずは地下鉄マークの看板を探します。

回ってすらいないし、このサインは全く目に入らず。
無用の長物、新たに作られたトマソン物件ですわ、こりゃ。

やっと、忠弥坂へ。

工芸高校現場に着くと、ただならぬ雰囲気ではなく、綺麗な坂ではありませんか。

工芸高校がなければ崖上からの見晴らしはさぞかし良かったのでしょう。

そんな景色のいい坂なら、江戸時代に既に名所になって「江戸名所図絵」にも載っているはずです。ん?

忠弥坂坂上から
忠弥坂坂上から
外記坂坂上から
外記坂坂上から。微妙にくねっている。

そっ、そうか、ワトソ子くんが言っていたのはこのことだったのか。風貌が良すぎるということだったのです。

江戸時代からの坂道というのは、後年、整備したとしても何らかの特徴を残しているものです。

例えば、外記坂は地形のわかる明治の地図の等高線で見るように坂の中ほどでうねっています。

古地図:外記坂の微妙なうねり
外記坂の微妙なうねり

赤城坂また、赤城坂は坂上部の傾斜がキツイため、クランクして登っていました。

しかし車両通行のためクランクを無くしたので傾斜は凄いものがあります。

当然、ドーナツ坂(滑り止めの丸い模様付き)で、車両は下りの一方通行です。

古地図:赤城坂クランク部分
赤城坂クランク部分

上記のような特徴があると、いくら整備してお化粧しようとも、古くからある坂だということがわかるのです。

忠弥坂はどうかというと、

忠弥坂
凸凹のない忠弥坂

傾斜が激しく変わることなく、穏やかなカーブを有しています。怪しいです( ̄ー+ ̄)ニヤリ…。というかこの坂は車両用に作った新しい坂だと確信を持ってしまいました。

忠弥坂坂道説明板

坂道説明版によると

坂の上あたりに丸橋忠弥の槍の道場があって、忠弥が慶安事件で捕えられた場所にも近いということで、この名がつけられた。
道場のあった場所については諸説がある。
慶安事件は、忠弥が由井正雪とともに、慶安4年(1651年)江戸幕府の転覆を企てて失敗におわった当時の一大事件であった。
忠弥の名は、浄瑠璃や歌舞伎の登場人物としても有名である。
東京都文京区教育委員会
平成元年3月

お江戸初期のクーデター武士の名「丸橋忠弥」、忠弥坂という名を聞くと、誰でも古そうな坂と思ってしまいます。
「丸橋忠弥の槍の道場」の所在がどこかわからないとな⁈、、、網干坂の堀部安兵衛が通っていた直心影流の堀内道場と同様、町道場は、屋敷の一室ということもあり、所在が分からなくなるのが当然で、むしろ、分かる方が稀です。

明治の地図を見ると

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より
グリーンラインが忠弥坂の出来るルート。

ややや、スゴイ崖っぷち!(私の人生のような!)で、忠弥坂は無いのです。

古地図:万延2年(1861年)尾張屋版本郷湯島絵図より
万延2年(1861年)尾張屋版本郷湯島絵図より
グリーンラインが忠弥坂の出来るルート。

江戸切絵図でも、忠弥坂は、もちろん無いのです。

ならば、いつ忠弥坂はできたのか?

そう思い地図を見ると、

左:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図 右:昭和3-11年(1928-36年)1万分の1地形図
左:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図
右:昭和3-11年(1928-36年)1万分の1地形図 グリーンラインが忠弥坂

この坂は関東大震災後に出来ています。
道理で整然とした坂なわけです。

金比羅様
金比羅様

金毘羅宮も元はこの崖下にあったようですが震災で焼失、50メートルばかり北側に遷座しています。復興小学校の元町小学校も出来ています。

復興公園である元町公園(お茶の水坂の項参照)は造成中か?。

関東大震災の瓦礫を片付けるために、重機を入れるために、昼夜(忠弥に掛かる)を徹して作った復興の坂なのかと妄想してしまいます。坂名の由来はむしろこっちの方かもしれません。

ワトソ子くんに一件落着のメッセをするかとスマホを出すと、
背後で声が、、、

「あら、坂道しゃっちょさん!」

どこかのバーで聞いたようなイントネーション!
ハッとして振り返ると、そこにはFB友のガンダム女史が。
ああ、ここはガンダム女史の家の近くだったのです。

「忠弥坂?、地元じゃ、桜陰の坂って呼んでるよ」

はあ(ノ゚⊿゚)ノ、確かに桜陰学園の脇の坂です。忠弥などというレガシーネームは使っていないようです。また「昼夜」由来説が浮上してしまいました。

変なもの

「そうそう、ちょうど良かったあ、神田明神に行ってきたんだけどね〜、いつもと違う道で。途中、傘谷坂(からかさだにざか)の近くで変なもの見つけちゃってさあ〜」

新たなる事件の予感が、、、

次号(傘谷坂の謎のお像)へつづく

武家由来の坂道

武家の名がつく坂ー外記坂と消えゆく朝陽館本家
武家の名がつく坂3ー壱岐坂
文京区服部坂のメジャーじゃないけどオモロなポイント
安藤坂の大きなカーブはなぜ?

文京区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。