yass_asai のすべての投稿

古地図に無いアキバー西洋医学所は何処にあったか?

東京というところは殆んどの場合、江戸の古地図、切絵図を見ながら歩けてしまいます。江戸はもともと、湿地と台地が点々したところに町づくりをしたため、頭上を首都高が走りますが堀は残り、坂道は江戸時代と同じ名前でそのままの形で残っているか、自動車用に緩やかに長くしたものでも坂名は同じで、目安となります。

その「殆んど」という大多数に入らないのが、赤坂溜池秋葉原です。

山王日枝神社
山王日枝神社。エスカレーター付の参道。
山王日枝神社鳥居の前の通りがもと溜池。
鳥居の前の通りがもとの溜池。
古地図:元治元年(1864年)尾張屋刊外桜田絵図より山王日枝神社
古地図:元治元年(1864年)尾張屋刊外桜田絵図より山王日枝神社(クリックで拡大)。

溜池は文字通り外堀の一部の溜池であったところを埋め立てた平地であり、池の中を歩いていると思えば、割と理路整然とした町割で切絵図でも迷うことはありません。

難儀なのは秋葉原です。
実は切絵図には秋葉原、アキバハラ、アキハバラも表記はありません(*’д’*)。そのような地名は無かったのです。

江戸切絵図に無い秋葉原という地名

明治二年(1872年)神田相生町一帯(千戸以上の家屋)は大火で焼け、空地が出来き、焼跡は火除地(秋葉ノ原)にされます。
そこに鎮火社を設け、火除けの神様「秋葉大権現」を祀ったのが地名の起こり。その空地に現在の秋葉原駅が出来たという歴史があります。以後、鉄道が縦横に発展してゆきます。

左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より右:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より
左:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より鎮火社。右:明治41-42年(1908-09年)1万分の1測図より(クリックで拡大)。
左:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より右:昭和3-11年(1928-36年)1万分の1地形図より
左:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より、右:昭和3-11年(1928-36年)1万分の1地形図より(クリックで拡大)。

入り組んだ鉄道

御茶ノ水聖橋上より
昇平坂と鉄道。御茶ノ水の聖橋上より。東京メトロ丸ノ内線とJRの立体交差。
淡路坂
淡路坂。

東京に住んでいるとはいえ、この光景は日常ではありません。
御茶ノ水から、江戸より変わらぬ昌平坂か淡路坂を下れば、秋葉原なのですが、交差する鉄道(JR京浜東北・山手線・総武線・東北、上越新幹線)のおかけで高架の鉄道を目印に行くと必ず、触覚のとれたアリ状態に陥ります。

また、駅前の電気街を貫く中央通りや、関東大震災後、後藤新平が作った新都市計画の一端である太い昭和通りがあり、多くの大交差点を作り、目が廻ってしまいます。

秋葉原中央通り
秋葉原中央通り。
秋葉原万世橋上より
秋葉原万世橋上より西方向。
万世橋上より別方向。
万世橋上より東方向。
昌平橋より総武線。
昌平橋より総武線を望む。
昌平橋より中央線。
昌平橋より中央線を望む。

当時、東大阪に住んだ司馬遼太郎先生も目が廻った一人のようです。

松本良順の西洋医学所は何処にあったか?

神田和泉橋
神田川に架かる和泉橋。

司馬遼太郎先生は小説「胡蝶の夢」の中で、余談として、松本良順の、神田和泉橋の西洋医学所の位置を探しに新幹線に揺られて来たが見つけられずに、「碑も立てられていなのである(中略)なんだかばかばかしくなって」神田佐久間町で蕎麦を食べて帰ったとあります (≧∇≦)。

新撰組(新選組)の近藤勇沖田総司らが治療を請うた松本良順の西洋医学所はどこにあったのか?こんなに変わってしまった秋葉原駅周辺で見つけるのは困難です。

都心の新撰組(近藤勇編)を参照
都心の新撰組(沖田総司編ー終焉の地は何処なのか?)を参照

司馬先生風に言えば「神田和泉橋、神田相生町は、まことに変わることを拒まない町である」です。

私が代わりに探し出しますよ!司馬先生(,,・`_´・)、キリッ。

西洋医学のタイムライン

西洋医学所は幕末の短い間に神田和泉橋通りに存在し、江戸城無血開城と同じく、幕府機関である西洋医学所も明け渡さなけれならなかったのです。

西洋医学所の祖は民営のお玉ヶ池種痘所にあり、官営(幕府営)、官営(新政府営)と発展し、現在の東京大学医学部の礎となっています。

安政五年(1858年) 5月、民間の種痘所、神田お玉ヶ池に開設。

お玉ヶ池種痘所の碑
お玉ヶ池種痘所の碑。
古地図:嘉永三年(1850年)尾張屋刊日本橋北内神田両国浜町明細絵図より千葉周作とお玉ヶ池。
古地図:嘉永三年(1850年)尾張屋刊日本橋北内神田両国浜町明細絵図より千葉周作お玉ヶ池(クリックで拡大)。

お玉ヶ池には、西洋医学の祖を示すために東京大学医学部が建てた碑があるので司馬先生も見つけた場所です。
ここにはかつて大きな池が存在していましたが、江戸時代中に埋め立てられ、お玉ヶ池の史跡はお玉稲荷とそのそばに申し訳程度の池があるのみです。

お玉稲荷

現在のお玉ヶ池

また、「お玉ヶ池の先生」と呼ばれた千葉周作の道場「玄武館道場」跡がありますが何も残っていません。

千葉周作玄武館道場跡
千葉周作玄武館道場跡。矢印から矢印の範囲。

しかしながら、この通りを坂本龍馬清川八郎山岡鉄舟などの幕末のビッグネームが闊歩していたと想像すると胸が熱くなります。

清川八郎、坂本龍馬、山岡鉄舟

想像力こそががお江戸歩きのコツ (≧∇≦)。

安政五年(1858年) 11月、神田相生町からの出火で種痘所が類焼する。伊東玄朴宅を臨時の種痘所として種痘業務を続ける。

古地図:嘉永四年(1851年)尾張屋刊江東都麻布絵図より伊藤玄朴。
古地図:嘉永四年(1851年)尾張屋刊江東都麻布絵図より伊藤玄朴(クリックで拡大)。
台東一丁目交差点
台東一丁目交差点。

もと伊東玄朴宅の近く、蔵前橋通り、昭和通りの交差する台東一丁目交差点に説明板があります。

安政六年(1859年) 7月、将軍家定の病状が重症化する。1849年より禁止されていた蘭方医術が解禁され、伊東玄朴らが奥医師となる。9月、下谷和泉橋通りに種痘所を再建する。

万延元年(1660年)7月、幕府からの公式な援助を得られることになる。10月 、幕府官立の種痘所となる。

文久元年(1861年)3月、種痘奨励のため「種痘諭文」を発行する。

官営種痘所開設のチラシ
官営種痘所開設のチラシ。

種痘を奨励のために幕府が「種痘諭文」というチラシを作っていて、これには誰でも種痘所に来れるようにと、地図(北が下)が載っています。

文久三年(1863年) 2月、医学所と改称。7月、三代目頭取に松本良順。

古地図:文久二年(1862年)尾張屋刊東都下谷絵図より伊藤玄朴と種痘所。
古地図:文久二年(1862年)尾張屋刊東都下谷絵図より伊藤玄朴種痘所(クリックで拡大)。

良順が頭取になる一年前の文久二年(1862年)の切絵図に、種痘所が現れます。

種痘諭文の地図も参考にすると、藤堂和泉守上屋敷の北側、今の住所で言うと台東区一丁目30、28辺りです。
司馬先生、この辺りです。

西洋医学所跡

碑も説明板もなく、司馬先生が呆れるのも無理はありません。

前左)松本良順、(前右)師のポンペ
(前左)松本良順(前右)師のポンペ。

小説「胡蝶の夢」の中では、ここで良順はオランダ軍軍医、師のポンペからいただいた西洋医学のシンボルともいえる頭蓋骨標本を弟子に手渡し、今戸へと向かいます。

のちの戊辰戦争へと、軍医としての戦に歩みだして行きます。

西洋医学所跡

探してもさがしても、痕跡は何一つありませんが、ここに近藤勇沖田総司が訪ねてきたのかと想像し、敗者の歴史は消えてゆくものだと思うと、少しだけ涙します。

古地図:明治2年(1869年)東京全図より医学校兼病院。
古地図:明治2年(1869年)東京全図より医学校兼病院

明治二年の地図では、もぬけの殻となった藤堂和泉守上屋敷跡に「医学校兼病院」とあります。
YKK80ビル(もと藤堂和泉守上屋敷)の裏手に大きな三井記念病院があり西洋医学の血筋は今も途絶えていません。

YKK80ビル
YKK80ビル。
YKK80ビル前の看板
クリックで拡大。
三井記念病院
クリックで拡大。
三井記念病院
三井記念病院。

都心の新撰組(沖田総司編ー終焉の地は何処なのか?)

新撰組一番隊隊長及び撃剣師範、近藤勇もその腕にはかなわなかった剣の達人、美男剣士と伝えらている沖田総司の生年は確かではありません。天保13年(1842年)とも天保15年(1844年)生まれとも。

生まれた場所は今の西麻布と云われています。都心中の都心です。史跡を訪ねると、そこは六本木ヒルズ近く(*’д’*)。

国立新美術館
国立新美術館。
六本木ヒルズ
六本木ヒルズ。

テレビ朝日通りの奥まったところに沖田総司ゆかりの桜田神社はあります。

桜田神社

桜田神社

桜田神社周辺にはかつて陸奥白河藩阿部播磨守下屋敷があり、沖田総司はこの屋敷の長屋で生まれ、母に連れられこの神社に初参りしたと伝わります。

桜田神社

ん?桜田?あの桜田門外の変の?と思い調べて見ると、

治承四年(1180年)源頼朝の令により霞山桜田明神として霞ヶ関桜田門外に鎮座。寛永元年(1624年)には現在の場所に遷られた。文治五年(1189年)頼朝公が30貫の田畑を寄進、一般農家の田と区別するため、御神田の畔に桜を植えたのが「桜田」の由来という。
 東京都神社庁
古地図:文久元年(1861年)尾張屋刊東都麻布絵図より
古地図:文久元年(1861年)尾張屋刊東都麻布絵図より。桜田神社は「霞山イナリ」と表記されている。沖田総司が生まれたのは阿部播磨守下屋敷

霞ヶ関から麻布へ遷座ということは、桜田門より古く、桜田の名のルーツはこちらでした。

古地図を見ると、表通りから参道が伸び、奥まったところに位置していて、今と同じです。

総司は、この地から幕末の嵐の中へ飛び込んで行きます。

幕府軍の敗走と労咳の悪化

新撰組は京都で活躍し、名を馳せたのはご存知の通り。

諸説ありますが、総司は元治元年(1864年)6月5日、池田屋事件で倒れ(永倉新八「新選組顛末記」に持病の肺患が再発とあります)戦線を離脱。以後、労咳(肺結核)の病状は悪化していきます。

新撰組のいる幕府軍は、鳥羽伏見の戦いで敗れ、慶応四年・明治元年(1868年)1月10日、幕府の軍艦(富士山丸、順動丸)に分乗し江戸へと敗走。

銃弾を受け重症の近藤勇と労咳の総司は、1月15日、幕府御典医・松本良順のいる神田和泉橋の西洋医学所に頼りますが、2月上旬になると、新政府軍が江戸へと接近。
西洋医学所は閉鎖、今戸の称福寺へと移ります。

神田和泉橋
神田和泉橋。
称福寺
称福寺。

時はすでに、江戸城無血開城直前。風雲急を告げ、新政府軍の追手を逃れるために今戸へ、、、

えっえーーーщ(゚Д゚щ)
なんでまた人気の多い浅草裏手の今戸に?。
神田和泉橋から船で負傷兵・病人を運べる利点はあります。がしかし、すぐに行方が判明してしまいそうですが?。
そのわけは古地図を見ると理解できます。

古地図:嘉永六年(1853年)尾張屋刊i今戸箕輪浅草絵図より
古地図:嘉永六年(1853年)尾張屋刊i今戸箕輪浅草絵図より(クリックで拡大)。

穢多村

松本良順は、当時、今戸八幡と呼ばれていた今戸神社(古地図紫矢印)に寓居、身を隠し、野戦病院となる称福寺(古地図緑矢印)に通いつめます。
八幡と称福寺の上の広い地域に穢多村(古地図青矢印)が存在します。実はこの穢多村が大きく関係しているのです。

ここでは多くを語りませんが、穢多村の穢多とは、江戸時代の被差別階級のことで、主に動物の殺生をする人々のことを指します。
殺生とはいえ、武士にとっても武具に必要な革製品。その牛革・馬革などの製造販売特権を与えられ、それなりの財力はありましたが、身分的は士農工商の下です。

松本良順と弾左衛門
松本良順と弾左衛門。

松本良順の弟子に穢多身分の者がいて、うちの棟梁の下痢が治らないというので、穢多棟梁十三代目・矢野弾左衛門(浅草弾左衛門)を診察したというのが事の始まり。

将軍の脈を診るような御典医が診察してくれるというので、弾左衛門は喜びますが、良順には思惑がありました。

弾左衛門は関八州、関東以北に大きな勢力を持つ棟梁(一説には大名クラス)です。良順は弾左衛門に「薩長に味方するなよ」と念を押し、以後の戊辰戦争の布石を打ちます。
弾左衛門の方は、幕府軍支援、戦争資金の用立てと引き換えに穢多の身分格上げを要求します。

かくして両者の利害は一致し、幕府軍に協力し隠れる場所を提供、そして匿い、維新後の戦の道へと歩みだします。

沖田総司の終焉の地は何処なのか?

永倉新八が晩年に残した「同志連名記」に、総司は「浅草今戸の松本良順先生宿にて病死」とあり、今戸神社が沖田総司終焉の地とされる根拠になっています。
そう思った方が筋が通っていますが、、、

今戸神社沖田総司終焉の地の石碑
今戸神社の沖田総司終焉の地の石碑。

しかし、新撰組の金銭出納帳に慶応四年・明治元年(1868年)2月28日十両沖田渡」とあります(*’д’*)。

死期が迫ったこの頃、もう幕府軍についていく体力もなく、隔離・転地療養を試みたのではないかと思われる節もあるのです。

千駄ヶ谷池尻橋の植木屋の離れ

子母澤寛著「新選組遺聞」の中に、近藤勇の娘婿、近藤勇五郎の談話として、総司は千駄ヶ谷池尻橋の植木屋「植甚」の柴田平五郎宅、川のそばの離れに匿われていたと(*’д’*)。

古地図:文久二年(1862年)尾張屋刊内藤新宿千駄ヶ谷図
古地図:文久二年(1862年)尾張屋刊内藤新宿千駄ヶ谷図より(クルックで拡大)。

切絵図「内藤新宿千駄ヶ谷図」の端には、「池尻ト云」「植木ヤ」の表記があり、穏やかな田園風景が想像できます。

明治16年(1883年)測量明治19年(1886年)製版5千分の1東京図測量原図より
明治16年(1883年)測量明治19年(1886年)製版5千分の1東京図測量原図より(クリックで拡大)。

明治16年(1883年)測量の5千分の1東京図測量原図には、母屋と川の近くに小屋(青矢印)が確認できます。近藤勇五郎が言っていた「離れは八〜十畳ほどの広さ」とも一致します。

ここは今の住所で言うと新宿区大京町29です。
外苑西通りの緩やかな名もなき坂道を下り大京町交番前、その場所に行ってみると「伝・沖田総司逝去の地」という説明板があります。

伝・沖田総司逝去の地

伝・沖田総司逝去の地
「伝・沖田総司逝去の地」(クリックで拡大)。

伝・沖田総司逝去の地

「伝」とついているのは確証がとれないという意味です。
そばには、川底だったであろう深い所もあり、後ろには新宿御苑の杜が広がっています。

伝・沖田総司逝去の地のガードレール

伝・沖田総司逝去の地近くの元川跡
伝・沖田総司逝去の地近くの川跡。

こちらの方が沖田総司終焉の地にふさわしい寂しさを含み持っています。

総司を匿うため機密にされ、人知れず駕籠にゆられて千駄ヶ谷に転地。永倉新八には「病死した」と告げたのかも知れません。

総司、慶応四年・明治元年5月30日(1868年7月19日)死去。
享年24とも25とも27とも。
4月25日、板橋刑場の露と消えた近藤勇のことも知らずに。

総司最後の言葉は「婆さんや、いつもの黒猫はもう来たかい?」と伝わっています。

都心の新撰組(近藤勇編)を参照

専称寺

専称寺

総司の墓は桜田神社から110mほど南の専称寺にあります。
墓石を削り持ち帰るなどの心ないファンも多く、普段は非公開。総司忌にだけ公開されています。

総司は短い生涯を激しく燃え、六本木に戻り眠っています。