「江戸名所図会」タグアーカイブ

白山の網干坂と妖怪「猫股?」猫又坂

文京区には網干坂がいくつかあり、中世のころ、文京区は入江が多かった、海が入り込んでいたということになります。
今では海だったところは平地になり、昔から陸地(今では台地)だったところへ向かって坂道が存在します(小石川の網干坂牛坂胸突坂目白坂など)。
それらは地形マニアには魅力的な坂です。

白山の網干坂は窪地を境に湯立坂と向かい合っています。坂下は近世になって入江が窪地となり、その窪地には川(千川)が流れる「氷川たんぼ」という水田地帯がありました。水田地帯は明治の中頃まであって、千川は大雨が降るとたびたび洪水を起こしていたといいます。そのため治水工事がなされ、昭和9年に千川は暗渠になり、今では洪水の心配はありません。

江戸時代の地図を見ると、

網干坂(嘉永七年1854年尾張屋刊江戸切絵図より)
アミホシサカ(嘉永七年1854年尾張屋刊江戸切絵図より)

確かに田んぼが多い。「氷川たんぼ」です。千川に架かっている橋は祇園橋といいますが表記がありません。アミホシサカの表記はあります。氷川社は今の簸川神社で、別当極楽水宗慶寺とあり、宗慶寺の管理だったということがわかります。

そして目につくのが左端の此水上猫股橋の表記。猫又橋?
気になる、、、切絵図に明記されるほどの名所なのでしょうか?調べると江戸名所図会にも絵がありました。

猫股橋(江戸名所図会)
猫股橋(江戸名所図会)

絵を見る限り、小さく、飾りっ気のない簡素な橋です。なぜ名所なのでしょうか?

現在、千川は暗渠になり数々の橋も存在しませんが、最後に掛けられた猫又橋の親柱の袖石というものが保存されています。この前の坂、不忍通りですが、猫又坂といいます。

猫又橋 親柱の袖石
猫又橋 親柱の袖石
猫又坂(不忍通り)
猫又坂(不忍通り)

説明板を見ると、、、

 この坂下には仙川(小石川とも)が流れていた。むかし、木の根っこの股で橋をかけたので、根子股(ねこまた)橋と呼ばれた。
 江戸の古い橋で、伝説的に有名であった。このあたりに、狸がいて、夜な夜な赤手ぬぐいをかぶって踊るという話があった。ある夕暮れ時、大塚辺の道心者(少年僧)がこの橋の近くに来ると、草の茂みの中を白い獣が追ってくるので、すわ狸かとあわてて逃げて千川にはまった。それから、この橋は、猫貍(ねこまた)橋(猫股橋)と言われるようになった。猫貍は妖怪の一種である。

と書いてあり、最初は木の根っこを渡しただけの橋だと。

妖怪「猫股」?

妖怪「猫股」
妖怪「猫股」
猫股とは
 年月を重ねた(一説によると20年)猫が化けたもの。 外見は凡そ猫そのものだが、尻尾が二股に分かれているのが特徴。また、特筆して大きな体を持っていたり、人間に化ける能力を持つものも居る。

妖怪なので、人の想像で語られるので、多種多様な説がありますが、ここでは「二股の尻尾」と言っています。
お江戸の頃、最初は二股に分かれた木の根っこを渡しただけの簡素なものだったと想像できます。
しかしながら、いつの頃か根っこの橋がその語の発音から、妖怪「猫股」と結びつき、有名になったのでしょう。
想像力が豊かすぎる江戸っ子です。

アニメ「妖怪ウォッチ」の ジバニャンも「猫股」に似ていますね。

網干坂近くの簸川神社

湯立坂の項でも書いた簸川神社は江戸名所図会にも2ページブチ抜きで登場する歴史ある神社です。

氷川社(簸川神社)と網干坂
氷川明神社(簸川神社)と網干坂(江戸名所図会より)

江戸名所図会はよく地形を表していて感動してしまいます。
氷川神社(いまの簸川神社)、網干坂あたりの地形は今も変わっていません。
湯立坂と網干坂を結ぶ「祇園橋」はこの絵を見るまで名前を知りませんでした。
祇園橋と川が流れるところが今の千川通り(共同印刷通り)です。

簸川神社は、はじめ氷川大明神と言って江戸七氷川に数えられたと。明治に入ると氷川神社へ改称し、大正時代、「氷川」は出雲国「簸川」に由来するという説から、簸川へ改めたらしい。
氷川=日(太陽)と川、稲作の神様です。田園地帯が広がっていたここにあるのが当然の神社です。
そう考えると田園の無くなった大正時代に氷川から簸川へ改称するのはガテンがいきます。
でも氷川を簸川と書くのはめずらしいです。

簸川神社の石段
簸川神社の石段

ドン白粉本舗

ドン白粉本舗?

氷川神社(簸川神社)は戦災で失われ往時の姿ではないですが、ここの石段、立派で走り上がるにはもってこいです。あっ!石段の最下段の目立つところに「ドン白粉(おしろい)本舗」?
石段を寄進した「ドン白粉本舗」って(;゜д゜) なにっ?
ググると「ドンの歌 」っていうのしかヒットしない。大正時代、野口雨情が作詞したドン白粉本舗のCMソングらしい、、、

おけせうするなら
ドンでけせうなされ
ドンはけせうの女王さま
ドンはけせうの女王さま

社名も歌もおちゃらけています。
この歌のSPレコードあったら聞きたいな〜
大正時代は「ドンびき!」なんて言葉は存在しなかったと思われます。

こんな面白いものもありますが、ほかにも史跡が近くにあります。
この網干坂は有名な小石川植物園の西側を登っています。広い小石川植物園の敷地の西側には東京大学総合研究博物館小石川分館があります。この建物は明治9年、東京大学に建設された旧東京医学校を移設したもので、国の重要文化財に指定されています。明治の香りがする建物です。

東京大学総合研究博物館小石川分館
東京大学総合研究博物館小石川分館

共同印刷に近いこのエリア、印刷関係の会社が点在しています。この建物も古くて味があります。

春陽堂書店(白山)
レトロな雰囲気の春陽堂。ロゴがいい味です。

文京区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

狐の伝説、善光寺坂と澤蔵司稲荷

善光寺坂2
坂下より。やや長い善光寺坂。

この坂には善光寺があるので善光寺坂。江戸情緒タップリの坂ですが、善光寺は、もとは伝通院の子院で縁請院といい、明治17年(1884年)、信州の善光寺の分院になったので、坂名も明治以降に付いた比較的新しいものです。
坂を登って行くと、風格と寂びを兼ね備えた善光寺の門が中腹に見え、もうすこし登ると、これまた、歴史が深く、面白いいわれのある澤蔵司稲荷が見えてきます。

善光寺もう一つの門(月参堂)
善光寺のもう一つの門(月参堂)
江戸切絵図(澤蔵司稲荷)
嘉永七年(1854年)安政四丁巳年 (1857年)改 尾張屋刊 江戸切絵図
今の善光寺の前身である縁請院、門も描かれ、慈眼院澤蔵司稲荷の表示もあり、崖も描かれています。
家康の生母・於大の方の菩提寺である伝通院の大きな敷地には伽藍が描かれ、今は暗渠の小石川(谷端川)もみてとれます。

スーパー修行僧を祀る澤蔵司稲荷

澤蔵司(たくそうず)と名乗る青年が浄土教を修学したいと小石川伝通院を訪ね来て入門しました。彼は優秀でわずか3年で浄土宗の奥義を極めてしまいました。
ある日のこと、学寮長が寝ていると、澤蔵司は夢枕に立ち、

「そもそも余は太田道潅公が千代田城内に勧請せる稲荷大明神(狐の化身)なるが浄土の法味を受け多年の大望ここに達せり。
 今より元の神に帰りて長く当山を守護して法澤の荷恩に報い長く有縁の衆生を救い、諸願必ず満足せしめん。速く一社を建立して稲荷大明神を祀るべし。」

と言って雲の彼方へ消えて行ったと、、、

稲荷大明神のお告げなので、元和6年(1620年)、慈眼院が別当寺となり澤蔵司稲荷を建立し、スーパー修行僧、狐の化身、澤蔵司を祀りました。

澤蔵司稲荷
澤蔵司稲荷の石段。江戸名所絵図に描かれているA地点の石段。石段前の善光寺坂の傾斜に注目!
澤蔵司稲荷(江戸名所図会)
澤蔵司稲荷(江戸名所図会)

この澤蔵司さん、面白い伝説があります。彼はお蕎麦が好きで、小石川伝通院門前のお蕎麦屋さんによく通っていました。お蕎麦屋さんのご主人がある日、売り上げの中に木の葉が何枚か混ざっているのに気付きます。木の葉が混ざっている日とそうでない日がある。よくよく考えたら澤蔵司さんが来た日だけ木の葉が混ざっていたと。

無銭飲食常習犯じゃん!それとも手品師かっ?食したものはキツネそばに間違いない!

稲荷蕎麦 萬盛
澤蔵司がそばを食べていたという創業380有余年!の「稲荷蕎麦 萬盛」は今も健在。

 小石川=礫川?。

いきなりの芭蕉ですが、句碑が澤蔵司稲荷にあります。

一しぐれ 礫や降りて 小石川
 はせを(芭蕉)

芭蕉は近くの関口で神田上水で働いていた人だからここにも来たのかなぁ。小石川と礫(小石)をかけています(礫をツブテと読む説が有力ですが、私はコイシと読んでいます)。

小石川に来てわざわざ礫という字を使っているんだから、ツブテはないと思いますよ〜〜東京都文京区民としては。
またコイシと読めば「恋し」にもカブるしロマンあるじゃないっすか?

「一しぐれ 礫や降りて 」は、小石ほどの雨なのか、雨が降って礫層が崩れ落ちたとも解釈できます。勝手な妄想ですが。

芭蕉の句碑(一しぐれ 礫や降りて 小石川)
芭蕉の句碑(一しぐれ 礫や降りて 小石川)

この辺りは小石川or礫川(レキセン、コイシカワとも読む)といいますが、地層的にいうと崖に礫層が露出しているところが多く、この礫層は小石が多いので崩れやすい。なので崖のいたるところに、礫層だけが崩れて出来た横穴があったそうです。その横穴に狐が多く住んでいたと。

なるほど、永井荷風先生の小説「狐」(金剛寺坂の項を参照)の言っている通りだし、霊屈「お穴」が出来るわけです。

鎮守の森の霊屈「お穴」

いくつか鳥居をくぐって、鎮守の森の窪地に行きます。鎮守の森は常緑樹が多く落ち着きます。雰囲気もいいし、気分がスッキリします。

霊窟「お穴」入口
霊窟「お穴」入口
澤蔵司稲荷(B地点)
この石段(図会B地点)を降りて「お穴」へ。
澤蔵司稲荷(江戸名所図会)
澤蔵司稲荷(江戸名所図会)青矢印あたりが窪地の位置。伝通院本坊から澤蔵司稲荷へ続く参道、右側から続く蔵司稲荷の前の善光寺坂も描かれています。 坂の手前側に崖(C地点、今は墓所)が多く描かれていて今と同じ地形です。

霊屈「お穴」という祠のあるところは台地の窪地(図会青矢印の地点あたり)です。
ここは、お江戸の頃と変わらない光景が見れるところです。
崖にできた横穴である祠は今は塞がれていますが、以前は本当に狐が住んでいたといいます。

何か閉じ込めるために塞いだのでしょうか?怖っ!。
この祠は自然の地形を利用したもので、お稲荷さん信仰にはそんな地形的な要因もあるのでしょう。

お江戸の頃の小石川は崖あり窪地ありのこんな光景があちこちにあったと想像できてワクワクします。

鎮守の森
窪地の鎮守の森
霊窟お穴
霊屈「お穴」
今は石で塞がれている「お穴」
今は岩で塞がれている「お穴」

ここに初めて来た時は、ほんとタイムスリップした思いでした。東京にもこんな所があるんだと感心しました。
明治の頃、石組みなどを整備したといいますがマズマズの面影を留めています。歴史好き、地形マニア必見のスポットです。

また、この鎮守の森が空襲の火災を受け止め、善光寺や他の住居の類焼を防いだという感謝すべき話もあり、ご利益もあります。

道にハミ出してる御神木

澤蔵司の魂が宿っているといわれる御神木。江戸名所図会にも描かれているこの椋の木(ムクノキ)は江戸時代、伝通院本坊から澤蔵司稲荷へ続く参道の途中に存在していました。図会では、ちょうど茶屋のある付近の赤矢印の高い木と思われます。

澤蔵司さんはこの木の葉っぱを使ったんでしょうか?。

この木の目の前に住んでいた幸田露伴はこの木を長年、榎木(エノキ)だと思っていたそうです。

澤蔵司稲荷(江戸名所図会)

御神木の椋の木
道にはみ出す御神木の椋の木。
椋の木と幸田露伴邸跡
椋の木と写真右が幸田露伴邸跡(今もご子孫の方が住んでいます)

近世になって道路を通す時、木を切ろうとしたところ事故が多発!切るのを止めて、道を曲げたという噂が、、、なんか平将門の首塚みたいな話です。そういわれて見ると一部切った跡があります。

ここを走っている時、御神木の前で、気持ち悪くなったことがありました。御神木の霊力が普段の行いが悪い私に祟ったのか?プラシーボ効果か?凄いパワーです。

真相はこの木も空襲の火災を受け止め、一部焼けてしまい、そこを切ったそうです。
しかしながら、樹齢300年ともいわれるこの木を残してくれた文京区のお役人さんには感謝です。ありがとうございます。

文京区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。