家事息子

江戸人情噺「火事息子」の舞台を行く

火事と喧嘩は江戸の華なんてえことを申します。
神田三河町に伊勢屋という大きな質屋があります。伊勢屋の若旦那は物心ついた頃から大の火事好き。オモチャと言っても纏(まとい)やハシゴなど。
火事だというと店の仕事はそっちのけで飛び出して行く始末。
親も心配でたまりませんが、ある日、体に鮮やかな彫り物をして、それを見た親から、とうとう勘当されてしまいます。

嘉永三年(1850年)日本橋北内神田両国浜町絵図より神田三河町
嘉永三年(1850年)日本橋北内神田両国浜町絵図より神田三河町(クリックで拡大)。
神田三河町(内神田一丁目付近)
鎌倉橋近くの内神田。左側が旧神田三河町。

出火

何年かたった冬の寒い夜。神田三河町付近から出火。ガーンガーンと半鐘の音が響きわたり、火の粉が降りだしてまいります。

四谷消防博物館より
四谷消防博物館より

火事が迫り来るというのに、大切な蔵に目塗り(窓や扉の隙間に泥を詰める)がしていないと、質屋としての面目が建たねえと、大旦那はぼやきながらも防火に懸命です。左官屋はどこも出払っていて、番頭を屋根に上らせ、目塗りをさせますが、素人なもんで、てんやわんやの大騒ぎ。

その時、火の粉の降る中、どこからともなく屋根から屋根へと、颯爽と飛んできた一人の火消し人足があります。

浮世絵火消し身体中に見事な彫り物、ざんばら髪の後ろ鉢巻に法被(はっぴ)という粋な出で立ち。
高いところで手が使えずに、慌てふためいている番頭の帯を折釘へ引っ掛けて、両手が使えるようにしてやります。

四谷消防博物館より
四谷消防博物館より

俺がやりゃあ造作もねえが、それじゃあ、おめえさんの忠義になるめえ
どこのどなたか存じ上げませんが、ありがとうござっ……
おぉ、番頭!俺だよっ」と声を掛けられ、その火消し人足の顔を見上げると、
とっ、徳さんっ!щ(゚Д゚щ)

親子の再会

やがて風向きも変わり、火事は収まります。
心配をした見舞客でごった返す中、父親の名代で近所の若旦那が丁稚を連れだってやってきます。それを見て、質屋の大旦那は大きくため息をつきます。

あれは伜と同い年、親孝行なこったぁ、それに引き換え、うちの馬鹿野郎、今ごろ、どこでどうしていることやら(*´Д`*) 〜з

作業を終えた番頭が帰ってきます。

あのぉ〜、旦那様、助けていただいた火消しの方にお会いになっていただけますか?
ああ、もちろんですとも、仕事とはいえ屋根から屋根へと見事な身のこなし、惚れ惚れしましたねぇ、お礼を言わなければいけませんねぇ
でも、それがあぁ……
ん?、なんだい、そうかいそうかい、うちのお客さんというわけだね、質に入れたものもぜ〜んぶ、お返してやりますともぉ、よしよし
いえ、そのぉ〜
ん?それじゃあ足らないというのかい?金子もいくらか包んでもぉ苦にはなりませんよ、蔵も無事、質屋の面目も建ったんだから、よしよし
いえ、そうじゃなくて、あの火消し、実はぁ〜、若旦那の徳三郎さんなんです

それを聞いた途端、大旦那は血相を変え、

とっ、徳三郎だってぇ!うちの馬鹿息子、危ねえことをしやがってっ、怪我でもしたらぁ……あっいや、勘当したやつがどうなろうと知ったこったぁありませんっ、会いたくありませんねっ
とやせ我慢。番頭は機転を利かせて、
いえ、旦那様、一度勘当したら、他人も同然と云います、他人様なら、お会いになってお礼を言うのが道理かとぉ……
ん、う〜ん、そ、そうか、それもそうですね、今では赤の他人です、よしっ、礼に行きましょう

二人は台所で休んでいる徳三郎のところへ行きます。

着色古写真:彫物
着色古写真:彫り物

えぇ〜、本日は誠にありがとうございます、が、見ての通り、見舞客でごった返しております、今日のところはお引きとりを願いたく存じます」と番頭とともに頭を下げる大旦那。
はい、では失礼して、伊勢屋の旦那、お変わりないようにお見受けし、嬉しく思います」と徳三郎も頭を下げます。
それを聞いてムカっとした大旦那。
お変わりないようでだとぉ、体に立派な絵かいて変わりやがってぇ!……ああぁ、いえ、失礼いたしました、さぞかし、あなたの親御様も泣いていることと存じます

事の始終を聞いたお女将さんが泣きながら現れ、我が子を抱きしめます。

とっ、徳三郎〜、とっ、徳三郎〜
お女将さんもお変わりないようで……
とっ、徳三郎〜、こんなに立派になってぇ、あたしゃねぇ、会いたくて会いたくて、近所で火事が起きないかと、毎日毎日、お仏壇にお願いしてたんだよお〜おぃおぃ
はぁ(ノ゚⊿゚)ノなんだぁ、おめえ、近所迷惑なことをっ、たくっ」と大旦那はしかめっ面。
寒そうだねぇ、徳三郎、ささっ、着物をお着っ
待てぇ、そんなヤクザなやつに着物をやることはねえ!うっう〜ん、その辺に捨てておけば、その方が拾ってくだろうよ
あっ、そうですねぇ、ささ、捨てましょう捨てましょう、箪笥(タンス)ごと捨てましょう、誰かぁ手伝っておくれえ〜
おめえ、箪笥ごとってぇ、馬鹿だねぇ、少しずつ捨てりゃあ、そっ、そちらの方がちょくちょく拾いに来てくれるだろうよ
と目を赤くする大旦那。
黒紋付ああ、そうでしたねぇ、あ〜た、この子は小さい時から色白で黒紋付がお似合いでしたわ、黒紋付に丁稚の定吉もつけて捨てましょう
な、なんだってぇ、そんなことまでするんだいっ?

やっと会えたんですもの、火元に礼にやりましょう

いつの世も親子の情は変わらないものですm(_ _)m。

落語の古地図 トップへ

江戸人情噺「火事息子」グーグルマップはこちら
またはマップ右上の拡大表示ボタンをクリックしてグーグルマップでご覧ください。

シェアはご自由にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です