逢坂

逢坂の悲しい二つの伝説(江戸時代の幼児虐待?堀兼の井戸伝説、ナベヅル?)


 icon-arrow-circle-left 逢坂の悲しい二つの伝説(さねかずらの伝説)からの続き

もう一つの伝説、堀兼の井戸

新宿区、神楽坂の逢坂。
その坂下には悲しい伝説が残る井戸があります。

堀兼の井とは、「ほりかねる」からきており、掘っても掘ってもなかなか水が出ないため、皆が苦労してやっと掘った井戸という意味である。堀兼の井戸の名は、ほかの土地にもあるが、市谷船河原町の堀兼の井には次のような伝説がある。
昔、妻に先立たれた男が息子と二人で暮らしていた。男が後妻を迎えると、後妻は息子をひどくいじめた。ところが、しだいにこの男も後妻と一緒に息子をいじめるようになり、いたずらをしないようにと言って庭先に井戸を掘らせた。息子は朝から晩まで素手で井戸を掘ったが水は出ず、とうとう精根つきて死んでしまったという。
平成三年十一月  東京都新宿区教育委員会

「堀兼の井戸」は全国にあって、掘るのがたいへんだった井戸には、だいたい同じような伝説があります。これも暇な知識人が作ったお話でしょう。古写真も残っています。

古写真:逢坂
古写真:明治39年の逢坂。写真右に堀兼の井戸が写っています。よく見ると中央にナベズルの小道も見えます。

逢坂

現在の堀兼の井戸この井戸、なんと、金属製手押しポンプとなって、今でも現役です。
昔の井戸の写真が貼ってありました。

やってみたら水がジャンジャン出ます。
枯れていません!

掘って一度、出てしまったら、もう止まらないということでしょうか?

気になる「ナベヅル」

古地図:嘉永七年(1854年)尾張屋刊 江戸切絵図よりナベヅル
嘉永七年(1854年)安政四丁巳年 (1857年)改 尾張屋刊 江戸切絵図

なべづる江戸後期の地図でみると、逢坂近くに「ナベヅルト云」。こんなおもしろい表記があります。
これは囲炉裏に吊るす鍋の取っ手に似ている形状なので「ナベヅル」。逢坂が急坂なので迂回路としてあったと思われます。「ナベヅル」の方を使えば、重い荷も運べたようです。

ナベヅル
写真右の小道が迂回路である「ナベヅル」。

今の「ナベヅル」(写真右、自転車が降りてくる道)はアンスティチュ・フランセ東京(旧日仏学院)の裏庭に通じているだけで分断されています。
そりゃそうです、今ではトラックでスイスイ登れるのですから。

こんな数々の面白いネーミング、物語を作ってくれた暇人はいったい誰でしょう?

坂上は神楽坂にしては平坦な土地です。そこに、江戸初期から理路整然とした町を開発して住んだのは御徒組(おかちぐみ)の人々。

古地図:御徒組(嘉永七年(1854年)安政四丁巳年)
嘉永七年(1854年)江戸切絵図より御徒組

上野の御徒町にも名を残す、戦では馬を使えない下級武士軍団です。戦乱の世が終わり太平の世を迎え、よほどヒマだったのでしょう。

神楽坂周辺は一つの坂だけでは語れない関連性が多々あります。
以下のリンクから神楽坂周辺をご参照ください。

 icon-arrow-circle-right 新宿区の名坂のページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。