大手門通り

神楽坂と光照寺(大手門通りから牛込城跡へ)

大手門通り

前編からの続き

神楽坂のメインストリート、毘沙門天の脇から入る道を大手門通りといいます。
ここが牛込城への入口だったと気づく人は誰もいません。

大手門通り
大手門通り

緩やか坂道を登り光照寺の方角に向かっています。
今ではここからは光照寺へ行けませんが。

隠れキリシタンの墓?

また余談ですが、、、
全く城跡の名残りがない光照寺ですが、光照寺には隠れキリシタンの墓石と言われるものがあります。なぜ隠れキリシタンかというと戒名が「桐安」ーキリスト教の「キリエ」、額の花飾りが十字架を形どっている、との理由から。「私は空飛ぶ円盤に誘拐された」ぐらい怪しい話です。

隠れキリシタンの墓
隠れキリシタンの墓?

今では隠れキリシタンの墓?は諸国旅人供養碑の一部としてまとめられてます。
これは神田の旅籠、紀伊国屋主人が行き倒れの旅人を不憫に思い建立したものです。

諸国旅人供養碑
諸国旅人供養碑

昔の旅は、命がけだったということがよく分かります。
そこをいくと松尾芭蕉は足も早く元気だったので芭蕉忍者説なんてえものが出てきたわけです。

総合的に見ると

走ってみた感覚でいうと、光照寺が本丸、神楽坂上周辺が第二郭、兵庫横丁が第三郭でしょうか?

等高線のある明治の地図でみてみましょう。
光照寺は標高27メートルの崖上にあって、確かに城郭を作るには最適な場所だったと想像できます。
ここから江戸湾に入る舟も監視できたといいます。

A地点が光照寺、B地点が大手門通り、C地点が兵庫横丁。
この地図でみると、ややややっ、D地点がお城の石垣の角っぽいです!(*’д’*)

古地図:牛込城跡の考察
牛込城跡周辺(明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より)

そう思って後日、大手門通りを行くと、、、

光照寺墓地の崖
光照寺墓地の崖。牛込城の石垣の名残りか?

こんな光景でした。崖上は光照寺の墓地です。
お城の石垣の角っぽい!
地形はなかなか変わりません。
牛込城跡らしい唯一の痕跡です。

ところで「牛込」という地名は、大宝律令(701年)の頃、牛牧という牧場がこの地に建てられたのが始まりといいます。古代の国営牧場としての名称で「駒込」「馬込」などもそれにあたります。

ついに古代まできてしまった。
神楽坂周辺には古い歴史があります。

観光客で賑わう神楽坂ですが、神楽坂のこんな歴史を予備知識にして散策するのも楽しいかと思います。

【続報】牛込城跡近くの赤城坂の赤城神社も地形的にみて、砦だったのかもしれないと疑念があります。
【続続報】筑土八幡神社周辺も出城だった可能性があります。

意外な歴史の神楽坂四部作

神楽坂と光照寺(牛込城跡)
神楽坂と仇討ち事件
神楽坂と漱石先生
神楽坂のオシャレな坂たち

新宿区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です