靖国神社

靖国神社大燈篭は何処から


几号水準点界の一大メジャー
千代田区靖国神社大燈篭の謎

靖国神社の大燈篭
靖国神社の几号水準点が刻まれた金属製大燈篭の台座。

灯篭に「」の字の几号水準点が刻まれているという情報のみで来てみたら、靖国神社には数多くの灯篭があって、探すのに苦労しました。

靖国神社のたくさんある灯篭
靖国神社のたくさんある灯篭

本殿前、本殿に向かって左側の金属製灯篭の台座に几号水準点が刻まれています。難儀しますので、下のグーグルマップを参照してください。

几号水準点とは?

几号水準点の謎

この灯篭は銘文によると、明治12年、名称が招魂社から靖国神社に変ったときに建立されています。
測量のための几号水準点はそれ以降に刻まれたことになります。

明治12年の銘
灯篭台座にある明治12年8月の銘

待てよ、これって田安門の几号水準点を調べたときにあった靖国神社前競馬場入口の標高24.93mの測量点(灯篭)を移設したものではないでしょうか?
明治初期にしか使われていないイギリス式測量法の几号水準点。移設された頃はすでにドイツ式の測量をしていたのでしょう。

明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より田安門
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より田安門の几号水準点(赤矢印)と左上にある九段坂上の競馬場前にある24.93mの測量点。

素朴に考えて、今現在の立地条件で、測量に使う几号水準点の向きが本殿を向いているのは見通しが効かないのでおかしい。移設に間違いないです。

競馬場入口にあったものなら九段坂の頂点に当たるので見通しが良い。競馬場入口にあった灯篭なのか?少し調べる必要がありそうです。

現地調査に走る!

靖国神社入口の灯篭
靖国神社入口の灯篭

靖国神神社前の競馬場前は今の一の鳥居あたりです。
靖国神社の一の鳥居周辺は関東大震災を機に大改修され、明治期のような地形ではありません。
入口に灯篭、石垣はありますが、明治ほどの古さがありません。これは関東大震災以降の意匠です。

古写真、古地図で解明を試みる!

古写真を探すと九段坂の写真にありましたした。
↓が競馬場前の灯籠ですが、かなり不鮮明。
金属製灯篭とはデザインが違うようです。

古写真:九段坂
古写真:九段坂
九段坂の高燈篭(常燈明台)
九段坂の高燈篭(常燈明台)

因みに古写真にあるタワーのような大灯篭は九段坂の通りの反対側の九段坂公園に移設され、今も健在です。
明治の古地図では灯台の表記になっています。東京湾に入港する船の目印になっていました。

靖国神社と競馬場
靖国神社と競馬場(明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より、クリックで拡大)

また、明治の地図に戻り、よくみると、測量点(赤矢印)が二つありました(26.99mと24.93mの二つ)。26.99mは靖国神社の二の鳥居前の灯篭のようです。

二の鳥居へと走る

九段坂を走り登り、一礼して、一の鳥居をくぐり、有名な大村益次郎像を見ます。
この像、皇居でもなく、とんでもないところを見ているなあと思ってたのですが、上野のお山を見てるんですね。
でもなんか、眉毛大きすぎの感は否めません。

靖国神社の大村益次郎像
大村益次郎像

そして、二の鳥居の前に到着。
大きな石灯篭があります。昭和10年に富國徴兵保険(現富国生命)が奉納した日本最大級の石灯籠です。

靖国神社二の鳥居前大灯籠
靖国神社 二の鳥居前の大灯籠

二の鳥居前の石灯籠

昭和10年奉納ということで比較的新しいもの。当然、明治期に使われていた几号水準点はありませんが、興味深いのは側面にあるレリーフです。
右の灯篭が陸軍、左が海軍の日清日露戦争〜満州事変の名場面集です。司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」を思い出してしまいました。

レリーフ:日本海海戦の東郷司令長官
レリーフ:日本海海戦の東郷司令長官
広瀬中佐「杉野は何処に!」の名場面
レリーフ:広瀬中佐「杉野は何処に!」の名場面
赤十字の看護婦さん
レリーフ:赤十字の看護婦さん

などなど、このレリーフ全部で14点、よくみると興味深いです。
多くの方が愛でて、撫でたのでしょう、表面がツルツルになってます。
終戦直後、GHQに撤去されそうになった時、板でレリーフをカバーして隠し、辛うじて難をのがれたという逸話もあります。

しかしながら、この灯篭、昭和10年奉納ということなので、ここにあった灯篭をどこかに移設して、道路を拡張。その後、石灯篭を奉納したと考えられます。

古写真を探すと、、、
走って帰り、図書館で、また、古写真を探すと、、、

古写真:靖国神社二の鳥居
古写真:靖国神社二の鳥居

こんな古写真を見つけました。
細工の細かい金属製の灯篭です。デザインもぴったり一致します。
几号水準点のある大灯篭は競馬場前ではなく、二の鳥居前から移転されたものだったのです。
社殿も今よりずいぶんと背が高かったようです。

明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より靖国神社
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より、靖国神社。赤矢印が池、青矢印が灯篭の位置。

明治の地図を見ると、標高26.99mの測量点が、この金属製灯篭です。

因みに明治の地図にある靖国神社前の噴水池(赤矢印)の古写真もありました。池は今はないのですが、この池のほとりに金属製灯篭は移転されたと思われます。

靖国神社の池
古写真:靖国神社の噴水池

靖国神社大燈篭の几号水準点(M)
拡大すると正確な位置がわかり、クリックするとリンクがありますのでそちらのページに詳しい情報があります。


「靖国神社大燈篭は何処から」への2件のフィードバック

  1. 皇居脇のこの場所ですら明治以降だけでもこんなに変遷しているんですね。靖国神社前に競馬場があったことを知っている人なんていないんじゃないですか?改めて東京という都市の移り変わりの速さを感じさせられますねσ^_^;

    1. ええ、その前、幕末の地図では歩兵屯所ってなっています。西洋式の軍隊の訓練をしていたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。