千代田区桜田門の几号水準点


外桜田門
外桜田門
外桜田門の内側の桔梗門
外桜田門の内側の桔梗門
外桜田門の内側の桔梗門の几号水準点
外桜田門の内側の桔梗門の几号水準点

桜田門は江戸城の多くの門と同じく桝形門で外部からの進入を防ぐため、二重の門になっています。外側の門は外桜田門、内側の門を桔梗門といいます。
几号水準点は桔梗門にあります。外桜田門から入り、直角に曲がり、桔梗門をくぐって探すと石垣の下部に几号はあります。
なんでこんなところにあるのかな?と思ったのも束の間、几号水準点のある位置からは振りかえれば、都会とは思えないほどの視界が広がっておりました。見通しがいいです。

几号水準点とは

IMG_4266

皇居周回ランニングコースの注意点

桜田門は皇居周回ランニングコースで唯一、江戸城内に入れるエリアでランも歴史も楽しめます。

皇居周回ランニングコース(桜田門)
皇居周回ランニングコース(桜田門)

ただし皇居公式行事のあるときは下の写真のようになりますのでご注意ください。

桜田門が桜田門を守ってる
桜田門が桜田門を守ってる

桜田門のトイメン、今の警視庁のあるところは明治39年ごろの地図によると陸地測量部修技所とあり、この辺りでイギリス式の測量法も研修してたのかなあ?  と妄想しております。

明治39年ごろの地図 陸地測量部修技所

また今の国会議事堂前庭のあるところは陸地測量部でそこに日本水準原点があります。
桜田門から近いので走って行ってみることに……

全ての道の原点は日本橋、全ての高さの原点はここにあったのかー日本水準原点

日本水準原点標庫
日本水準原点標庫

日本水準原点標庫

国会議事堂前庭、憲政記念館の敷地に日本水準原点標庫があります。この石造りの建物のなかに日本の標高の基準となる石柱が納められています。
日本水準原点は、日本の高さの大親分。コレ無しでは富士山の標高3376mも算出できないという日本全国の標高の基準なんです。
坂道マニア、高低差マニアにとっては国宝級のお宝です。

日本水準原点の標高は、、、
1893年、設置時24.5000m
1923年、関東大震災後24.4140m
2011年、東日本大震災後24.3900m
とだんだん東京は沈んでいるけど(*’д’*)

現在、この日本水準原点を標高24.3900mとして日本中の全ての標高が算出されているといいます。

一等水準点「丁」
一等水準点「丁」

日本水準原点を取り巻くように一等水準点「甲」「乙」「丙」「丁」というものがあり、「甲」「乙」「丙」はマンホール蓋の下で守られていますが「丁」だけ地面に露出しています。このオッパイみたいなとんがりが高さを表すため、重要なんですね。

因みに国会議事堂前庭は井伊直弼の彦根藩邸があったところ。桜田門まではたったの600メートルですよ。走ればあっという間の、この600メートルの間で日本の歴史が変わるドラマがあったなんて感慨深いです。

桜田門の几号(D)
拡大すると正確な位置がわかり、クリックするとリンクがありますのでそちらのページに詳しい情報があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。