白山神社

紫陽花祭りの白山神社と薬師坂

紫陽花毎年梅雨の時期「あじさい祭」で盛り上がる白山神社。
FB上でも数々の書き込みが。。。
私くしも参戦したい!
走るかっ╭( ・ㅂ・)و ̑̑
おっと、その前に下調べが必要です。

江戸名所図絵をみると、、、

江戸名所図絵より白山権現社
江戸名所図絵より白山権現社。クリックで拡大

もとは白山御殿の地(今の小石川植物園)から移転してきたと云われる白山権現社。
珍しく裏門方向から描かれています。表門には門前町がびっしり。しかも境内には、旗桜ってぇ何?、そして、やたらと(ほこら)が多い。

安政四丁巳年
安政四丁巳年 (1857年)改 尾張屋刊 江戸切絵図

青ラインが薬師坂です。坂上に薬師坂の名の由来になった妙清寺があります(今はありません)。
浄雲寺坂の由来になった浄雲寺心光寺も。
今も昔もお寺が多いですねぇ。
切絵図には、大きく「富士」と描かれています。「八幡太郎ハタカケサクラ」の表記あります。

ググると境内の富士塚はあじさい祭の期間中のみ一般公開とあります。富士塚も大好きです!

はたして祠はたくさんあるのか?行かねば。

薬師坂

薬師坂(薬師寺坂、浄雲寺坂、白山坂)

薬師坂(薬師寺坂、浄雲寺坂、白山坂)
 「妙清寺に薬師堂有之候に付、里俗に薬師坂と相唱申候」(『御府内備考』)坂上の妙清寺に薬師堂があったので、薬師坂と名づけられた。また、坂下に浄雲院心光寺があったので、浄雲寺坂とも呼ばれた。また近くに白山神社があり、旧町名が白山前町で、白山坂ともいわれるなど、別名の多い坂の一つである。
 『新撰東京名所図会』には、「薬師堂は、土蔵造一間半四面。「め」の字の奉額、眼病全快者連名の横額あり」、と明治末年の姿を記している。
 このお薬師は特に眼病に霊験あらたかであったようである。土蔵造は、江戸の防火建築で、湯島本郷辺の町屋が土蔵塗屋づくりを命じられたのは、享保15年(1730)の大火後である。現存するものに無縁坂の講安寺本堂がある。
 文京区教育委員会 平成14年3月

坂下から行くと静かな趣きのある心光寺が目に入ります。

心光寺
心光寺

薬師坂を少し登れば白山神社の表参道が見えてきます。

白山神社参道
白山神社参道

参道入口角には、FB上で話題のジャズ喫茶「映画館」も人気。

映画館

あるのか?祠

白山神社境内に入ると、、、
江戸名所図絵同様、祠がたくさんあります。

八幡様
八幡様

八まん

伏見稲荷
伏見稲荷

いなり

福受稲荷
福受稲荷
七社合祀の祠
七社合祀の祠

祠と言うには大きすぎる神社もあります。

松尾神社
松尾神社

神明これは、江戸名所図絵で云うと「神明」ではないでしょうか?
御由緒書きには昭和28年改修、松尾大明神の文字も見えますから。
酒造の神様は、ずいぶんと酒造会社から感謝されているようですね。
清酒感を出すためか社(やしろ)が青白い。なんだか飲みたくなってしまいます(≧∀≦)。

八幡太郎ゆかりの桜もあるし、、、

永承6年(1051年)、八幡太郎源義家が奥州平定の途中、この地を通った時、源氏の白旗をこの樹にかけ戦勝を祈願したとの言い伝えが。そんな古くからあるの(?_?)。

白旗桜

旗桜

実は昭和12年、枯死し、現在は二代目と云われています。もしかすると三代、四代目かもしれませんねぇ。

 

富士塚

浅間神社
富士浅間神社

富士あじさい祭の期間中だけ登れる富士塚なんですが、どうもこれぇ、新しいようです。切絵図ではもっと大きい敷地のようだし、合目石もない(?_?)。山頂の社も新しいけどぉ、と思ったら傍に、古い石が、、、移転もの(?_?)不明です。

富士塚お社

富士塚を降りて探索。やややや、孫文先生が座った石とな、、、

孫文先生が座った石

江戸名所図絵以降に、名所が増えています(≧∀≦)。

わたり廊下白山神社の拝殿と本殿の間の渡り廊下は江戸名所図会にも描かれています。
しかしながら、背の低いオラでさえも屈んでくぐる程の低さです。
お江戸の頃の人はあまり背が高くなかったと云いますが、、、、

わたり廊下

神輿庫がいっぱい

祠が多いのは、確認できましたが、お神輿の倉庫が多い!

神輿庫

そして、目に入ってくるのは旧町名。
江戸っ子の心意気を感じます。文京区さん、なんとか旧町名を復活していただけないでしょうか。だって、上御殿町なら、どの辺りだか、一発で分かる。そこを白山と呼ぶと白山のどこ?ということになってしまいます。よろしくお願いいたしますm(_ _)m。

アイノミチ

アイノミチ切絵図にある「アイノミチ」ってぇ?
愛の道?
うっふ〜ん、ロマンチックですぅ(#^.^#)。
と思いましたが、調べてみると、
相の道=T字路、追分の意味らしい(*’д’*)。

そーです。この近くには、すでにT字路である追分があるので、追分と区別するためアイノミチと呼んだのでしょう。
なんかジジイのくせに、ちょっとフワフワメロメロになった自分が恥ずかしい。

かつての相の道
かつての相の道。アップダウンのあるなかなか美味しい坂。

一里塚?

白山神社の立派な裏門階段。ここは鍛えるには持ってこいです。
走り登って、か〜るく熱射病。。。(・∀・|||)

白山神社裏門
白山神社裏門

裏門の通りをまっすぐ行くと、なんだか、へんな道割、、、

カミソリ土地

一里塚はこのような形で残っているところもあるのですが、
地図を見比べてみると、、、

IMG_7088
昭和の終わりに白山通りが開通

白山通りの開通で出来てしまった三角地帯!トマソン物件的にはカミソリ建築と言って、とんがった建物がありますが、ここはカミソリ土地でした(≧∀≦)。

まだ祠はあるような気がして、白山神社に戻って探索。

倉庫

これはなんだぁ?金網越しに覗いてみると、、、、

出口出口!(*’д’*)、
そろそろ退散いたします。
お後がよろしいようでm(_ _)m

文京区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です