伊勢五米店

文京区白山(旧大原町)路傍の几号


文京区白山3丁目37(旧大原町)路傍の几号水準点

IMG_4284

几号に詳しい方がおっしゃるには三角点(巣鴨)の付属予備点とのことです。
なんとなく旧道かなあと思われる道、レトロな建物も多いこの辺り、あまり信号の無い裏道という感じで走りやすい。古い明治の地図をみるとこの辺りは茶畑、桑畑で、民家はまばら。畑の中の仕事道だったのでしょうか。

几号水準点とは

白山の几号水準点(明治の地図)
↓が几号のある位置
伊勢五米店
伊勢五米店

几号も古い測量遺産なんですが、几号の近くにある「伊勢五米店」のほうに興味が、、、このお米屋さん、300年以上前から続いているけど、古すぎて創業年はいつだかわからないという(*’д’*)、国の登録有形文化財です(立派!)初代の伊勢屋五郎右衛門からとって「伊勢五」という屋号、主屋は明治初期の建設、蔵は土蔵づくりの二階建てで大正十二年頃の建築だそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。