新宿区大京町の几号水準点


新宿区大京町の几号水準点

外苑西通り大京町交差点の次の信号を入ったところの路傍に(グーグルマップ参照)ポツリと明治の産業遺産があるのですが。

公的資料である「地理局雑報」に記されている「青山六道辻甲賀町一番地新設石柱(新宿区霞丘町六道の辻)」もしくは「四ッ谷元大木戸玉川上水堰際新設石柱」からの移設かといわれています。標石は高さ20センチほどで道路上に突出しています。

几号水準点とは

嘉永七年1854年尾張屋刊江戸切絵図より
嘉永七年1854年尾張屋刊江戸切絵図より中央が几号水準点の位置、が四ツ谷大木戸。が六道の辻。

幕末期の地図でみると、四ッ谷大木戸、六道の辻ともずいぶん離れていますねぇ。どっちからの移設なんでしょう?
専門家が言うには四ッ谷大木戸は、大木戸と几号水準点ごと撤去消失と考えられ、六道の辻からではないかと。

余談ですが、新撰組の沖田総司は幕府の蘭方医、松本良順に匿われ、慶応4年(1868年)「千駄ヶ谷丁」の植木屋さんの家で亡くなってるんですよ。ビッグネームが登場するところですが、電車開通や神宮造営で変貌、面影が全くありません。
おぬし、それが書きたくて切絵図を使ったな、とミエミエですが。。。

あっ、明治の話でしたね。

六道の辻を明治の地図でみると、、、

中央が六道の辻。明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図と今の比較
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図(中央が六道の辻)と現在の比較(クリックで拡大)

えっ(*’д’*)、六道近くに標高の書かれた測量点が三つもある!
しかも六道の辻って今の神宮絵画館前庭のグランドになっていて全く変わっています。捜索不可能ですm(_ _)m。
しかしながら六道の辻って道が入り組んでいるところだったんですねぇ。時代劇にでてくる「辻斬り」ってこういうところで起こりそうです。
いまでは跡形もなく整地され、ごっそりグランドです。
ここたぶん、人工衛星の赤外線写真でみると道筋が顕れるのでは?(≧∀≦)、ちょっと見てみたい。

高さ20センチがどうも気になる、、、

新宿区大京町の几号水準点大京町の几号水準点

水平設置に間違いないのですが、
この高さ20センチってどうも気になる( ̄^ ̄ ;)。
そーです。市ヶ谷新見付の几号水準点の明治初期(19.10メートルの表記)と後期(18.9メートルの表記)では測量結果が20センチ低くなっていました。

市ヶ谷新見付の几号水準点
市ヶ谷新見付の几号水準点 左:明治初期 右:明治後期(クリックで拡大)

市ヶ谷新見付の几号水準点は、当初はこのように道路に凸っていたのを、新見付が出来て、交通の邪魔だといって道路に埋めたものだったのかぁ。

だとすると市ヶ谷新見付の几号水準点と似ている小日向の几号水準点も水平設置で凸っていたのを埋めたのかも。
小日向の標石の×印の傷は埋めるときに付いたと考えられます。
素人ながら、だんだん謎が解けて来たような気がします。

【追記】
几号に詳しい方からお知らせがあり、これは水準点ではなく、千駄ヶ谷の三角点の付属予備点というものらしいです。お知らせいただきありがとうございましたm(_ _)m。
いずれにせよ、われわれ素人には珍しい「不」の字が描かれた貴重な石であるのは確かです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です