神楽坂

神楽坂のオシャレな坂たち

神楽坂からは大小様々な坂が延びています。坂道だらけの神楽坂ですがオシャレな坂が多く、TVドラマ「拝啓、父上様」の反響も大きく観光の目玉にもなっています。

フランス坂

坂下に銭湯熱海湯があったので熱海湯坂と呼ばれていましたが、「拝啓、父上様」でヒロインの「リンゴの君」がリンゴを落としてから一躍有名になり、今風にフランス坂とか、リンゴの坂と呼ばれています。
この辺りは日仏学院が近いのでフランスの方が多く住んでいます。
日仏学院も今はアンスティチュ・フランセ東京というらしい。
すごく言いづらいっす (≧∇≦)。
フランス坂、リンゴの坂の他に、坂下に銭湯「熱海湯」あるので熱海湯階段、熱海湯坂、一番湯の路地、カラン坂(芸者さんの下駄の音orタライの中で鳴る石鹸の音)などの別名があります。

フランス坂
フランス坂
入母屋造りの銭湯「熱海湯」
入母屋造りの銭湯「熱海湯」

無名の坂

「拝啓、父上様」で、おかみさんが猫に餌をあげていた坂です。坂下は熱海湯のコインランドリーで、ここで主人公の一平君は洗濯をしていました。
無名の坂ですが、オラは勝手にコインランドリーの坂と呼んでいます。坂を登るとアグネスホテル。倉本聰氏が宿泊して、この物語を書いていたホテルです。

アグネスホテルから降りてくる無名の坂
アグネスホテルから降りてくる無名の坂

クランク坂

「拝啓、父上様」では坂下の空地に料亭の車が停めてあり、ここから築地へ通っている設定でした。写真左側のところ、今は駐車できる空地はなく、モダンなお店ができています。
神楽坂エリアは複雑な地形でどこもクランクだらけですがここだけをクランク坂といっています。

クランク坂
クランク坂

袖摺坂

「拝啓、父上様」の中で一平君と彼女が、狭そうに肩を寄せて登っています。
それもそのはず、上り下りする人の袖が摺り合うので袖摺坂
暗い過去もありそうですが、江戸時代からの古い坂です。

袖摺坂
袖摺坂

瓢箪坂

ひょうたんのシルエットのようにクネックネッと曲がっているので瓢箪坂といいますが、感覚的にそんなに曲がってないように感じます。
近辺に瓢箪がなっていたとする説のほうがシックリします。

瓢箪坂
瓢箪坂

駒坂

こんな小さな坂ですがちゃんと名前があり「駒坂」。瓢箪坂と繋がるので「ひょうたんから駒」ということで駒坂といいます。このカーブと手すりが欧米かっ、というくらいオシャレです。
これでもれっきとした区道なんです。
いつ見ても観光客と思しきご老人が降りてきますが、神楽坂観光コースでは下りるような道順になっているのでしょうか?

駒坂
駒坂
駒坂(坂上より)
駒坂(坂上より)

兵庫横丁の坂

新宿区まちなみ景観賞も受賞している情緒のある兵庫横丁
横丁内のレトロな旅館「和可菜」は、寺山修二氏、野坂昭如氏、山田洋次氏、早坂暁氏、倉本聰氏などが滞在し、数々の名作を誕生させました。
静かな場所なので、近くの出版社が、早く仕事しろとカンズメにしていたと思われます (≧∇≦)。

兵庫横丁の坂
兵庫横丁の坂
兵庫横丁(和可菜)
兵庫横丁(和可菜)

軽子坂

神楽坂と平行して登る坂で神楽坂が商業の坂なら、軽子坂は運輸の坂です。
江戸名所図会にも描かれていて、お堀端にある揚場(船荷を陸揚げする場所)から伸びています。
軽子とは軽籠持、運送人夫のことで、そういえば、神楽坂より緩く登りやすい坂です。
坂上から左(西側)に折れれば神楽坂です。神楽坂の雑踏をさけたいときはこちらを登るといいでしょう。

軽子坂

軽子坂

江戸名所図会(神楽坂と軽子坂)
江戸名所図会(神楽坂と軽子坂)

この坂は神楽坂よりもずっと古い坂で古鎌倉街道ではないかという研究者もいます。
街道監視のための牛込城の出城が筑土八幡にあったという人もいます。筑土八幡の崖を見ると納得してしまう説です。

庚嶺坂(ゆれいざか)

江戸初期の頃この辺りに梅林があり、将軍秀忠公が中国の梅の名所「大庚嶺」に因んで命名したとか。
幽霊坂、若宮坂、行人坂、祐玄坂、祐念坂、唯念坂、新坂と、別名が多すぎ!
坂別名コンテストがあれば優勝します。
お江戸の頃は芥坂のようなゴミ坂だった可能性大ですが、坂の景観はグットです。

庚嶺坂(ゆれいざか)
庚嶺坂(ゆれいざか)

意外な歴史の神楽坂四部作

神楽坂と光照寺(牛込城跡)
神楽坂と仇討ち事件
神楽坂と漱石先生
神楽坂のオシャレな坂たち

新宿区の名坂トップへ

神楽坂のオシャレな坂たちグーグルマップはこちら
または下記マップ右上の拡大表示ボタンをクリックしてグーグルマップでご覧ください。

シェアはご自由にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です