新永間市街線高架橋

都心の鉄道史跡「新永間市街線高架橋」

新橋ー横浜間の開通以来、明治の中頃、鉄道は目まぐるしい発展を遂げ、新橋停車場はすでに手狭になっています。なにより海に近い新橋停車場は帝都の中心とは言いづらい立地。

古写真:明治十年(1877年)頃の新橋駅
古写真:明治十年(1877年)頃の新橋駅。

明治二十三年(1890年)東京市区改正計画に基づき、東京の表玄関として中央停車場(東京駅)を築き、鉄道によって日本の東西を結ぶ計画が始まります。

が、すでに、鉄道と同じく鉄道馬車、東京市電(路面電車)などの交通網も網の目のように発展しています。

鉄道馬車

東京市電
日比谷の東京市電。

鉄道を帝都・東京の中心部まで伸ばすには、市井の生活・交通を妨げないようにして伸ばすには、どうしたら良いか?

高架鉄道

日本初の鉄道はその三分の一を海の上をゆきましたが、今度は頭上をゆきます。

明治四十二年の幸橋
明治四十二年(1909年)の幸橋上の高架鉄道線。

三連小アーチ設計図

メダリオン設計図

ドイツ人技師がベルリンの高架鉄道をもとに設計した全レンガ造。メダリオンと呼ばれる円形の装飾や総レンガ量節約と軽量化のための三連小アーチを持ち、本家のベルリンの高架鉄道と比べても遜色のないもの。

三連小アーチとメダリオン
三連小アーチとメダリオン。

江戸時代に埋立てられた軟弱な地盤に松の丸太を約20000本打ち込み、レンガ総数5400万個を使い、踏切のない高架鉄道を中央停車場・東京駅へとつなげる国家的事業です。

750トンレンガ積荷試験
750トン積荷試験。
建設中のアーチ
建設中のアーチ。

新永間市街線高架橋

新永間とは銭座町から楽町の間という意味。旧町名なので、なじみが薄いのですが、浜松町ー大手町間、新橋や有楽町あたりのガード下の呑み屋街と言えば、誰もがご存知。

新永間市街線高架橋

誰もが知らず知らずのうちに、明治の鉄道遺産に触れています。

日本初の空中写真

明治三十七年(1904年)築地の海軍大学校から気球が揚ります。
海軍の撮影技師が帝都の俯瞰撮影に成功。この日本初の空中写真に建設中の新永間鉄道高架橋のアーチが点々と写っています。

日本初の空中写真
下の方に新橋停車場が写っています(クリックで拡大)。
日本初の空中写真
クリックで拡大。

日露戦争による工事中断を経て明治四十三年(1910年)完成をみます。以後、地盤沈下や震災・戦災で被害を受けるも補修を繰り返し、百年以上経った今日まで利用され続けています。

高架をたどる

東京市街に高架鉄道を通すため、金杉橋(田町ー浜松町間)あたりから盛土をして線路高を徐々に稼いでいます。
高架線は三キロ余り。

新永間市街線高架橋全線図
クリックで拡大。

浜松町駅を過ぎ、最初に現れる古いレンガのガードは「新銭座ガード」。おそらくここだけに残る旧町名です。

新銭座ガード

次に現れる古風な赤レンガは源助橋架道橋。これもまた源助町という旧町名。

明治四十二年(1909年)の源助橋
明治四十二年(1909年)の源助橋。
源助橋架道橋
源助橋架道橋。
第二源助町高架橋
第二源助町高架橋。

その後、旧町名のガード、高架橋が続きます。

日陰町高架橋
日陰町高架橋。
双葉町高架橋
双葉町高架橋。

小アーチ

アーチ間の三連小アーチは力学上、空洞のままで良いとされていますが、猫の侵入を防ぐため、黒いフタをしたり、レンガで埋めているところもあります。

三連小アーチ

フタがとれて、中を覗ける箇所もあり、明治の職人ワザを見ることができます。

蓋なし三連小アーチ

かと思えば、四連小アーチのところも。

四連小アーチ

アーチ断面図

旧源助町から、やや行くとすぐに、大屋根を設置中の新橋駅が見えてきます。

新橋辺りの新永間市街線高架橋

新橋駅

烏森駅が二代目新橋駅へ

明治四十三年(1910年)烏森駅烏森口
明治四十三年(1910年)烏森駅烏森口。

日本最初の鉄道始発点は汐留の「新橋駅」です。今の新橋駅は、烏森町にできた二代目新橋駅で最初の名は「烏森駅」。

古地図:烏森駅から新橋駅へ
古地図:烏森駅から新橋駅へ(クリックで拡大)。

東京駅開業を機に烏森駅は東海道本線の「新橋駅」と改名。日本最初の駅「新橋駅」は貨物専用の汐留貨物停車場となります。

烏森駅。左が電車用ホーム、右が汽車用ホーム。右に駅舎が写っています。
烏森駅。左が電車用ホーム、右が汽車用ホーム。右に駅舎が写っています。
煉瓦造りの新橋駅
煉瓦造りの新橋駅。

万世橋駅に似た煉瓦造りの瀟洒な駅舎は関東大震災で惜しくも焼失します。

レンガ造りの駅舎のあった東口には動輪のモニュメント「鉄道唱歌の碑」があります。

鉄道唱歌の碑

一方、汐留貨物停車場から築地の魚市場へと引込み線がのび、その線の踏切信号が浜離宮前の街中にポツンと残されています。

汐留の踏切信号

SL広場

SL広場

新橋駅といえば、駅前のSL広場。
このC11−292は大平洋戦争中の昭和二十年(1945年)二月に製造され、播但線や姫新線など主に中国地方で活躍。総走行距離108万3975kmの長命の短距離ランナーです。

C11−292

江戸城の外堀端

内幸町から山下町まで江戸城の外堀端をゆきます。

外堀端の高架鉄道

古写真:初代の帝国ホテル
古写真:初代の帝国ホテル
現・帝国ホテル
現・帝国ホテル。

この区間には帝国ホテルがあり、堀端の光景は、まさに近代的な帝都東京を象徴する夢の高架鉄道で絵葉書が多く残っています。

山下橋と帝国ホテル

山下橋と帝国ホテル

背後に帝国ホテルが写っています。
背後に帝国ホテルが写っています。

幸町の幸でない悲劇

内幸町、内山下町

古写真によると、ここにははじめ、橋がなかったようです。古地図をみても昭和の初期に橋が架けらています。

震災後に架けられた新幸橋。
震災後に架けられた新幸橋(クリックで拡大)。

関東大震災の時、ここには橋がなく、逃げ場を失った多くの人が犠牲になったようです。この悲劇を機に地元有志が募金を集め、橋を架け、東京市に寄付。新幸橋の碑にはそのことが記されています。

新幸橋

幸町あたりの新幹線

やがて、外堀も埋め立てられ、その上を首都高速道路が走りますが、道路公団の私道は深く落ち込み、ここが堀だった事を物語っています。

外堀跡

そんな住所があったの?「有楽町0番地」

銀座ファイブ

堀は埋め立てられ首都高下は商業施設「銀座ファイブ・銀座インズ」になりますが、堀が区境だったため、中央区銀座を名乗る店と千代田区有楽町を名乗る店が混在しています。住所「中央区銀座」は店舗にとってはステータスです。

有楽町0番地

しかしながら、この「内科クリニック」は千代田区有楽町0番地を名乗っています。うそマジほんと?本当です。

有楽町駅から東京駅へ

有楽町駅(新橋方面から見る)
有楽町駅(新橋方面から見る)。
開業時の有楽町駅
開業時の有楽町駅。

明治四十三年(1910年)六月二十五日、有楽町駅が開業。浜松町駅まで電化され、電車の開通を祝っています。

有楽町銀座口

橋脚

いつ見ても美しいと思う橋脚は当時のものです。

東京駅手前の高架下は、はとバスの発着所、事務所、待合に使われ明治の遺産が都市に馴染んでいます。

東京駅高架下

大正三年(1914年)十二月二十日、中央停車場(東京駅)が開業し、鉄道の中心は旧新橋駅から丸の内へと移り、北の万世橋駅と高架橋でつながっていきます。

東京駅

井上勝像

井上勝像

東京駅駅前広場には、日本の鉄道の父・井上勝像が建ちます。

井上勝墓

彼の墓は新幹線と在来線にはさまれた品川の東海寺にあり、鉄道の未来を見守っています。

都心の鉄道史跡トップへ

都心の鉄道史跡「新永間市街線高架橋」グーグルマップはこちらまたはマップ右上の拡大表示ボタンをクリックしてグーグルマップでご覧ください。

シェアはご自由にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です