改修中の大手門

千代田区大手門の几号水準点


大手門は江戸城の表玄関。大名は大手門か桜田門から入城するのがしきたりだったそうです。もしも大手門だけしか使えなかったなら桜田門外の変ではなくて大手門外の変になっていたかもしれません。

大手門の入口の高麗門にも几号水準点が刻まれています。
ここには警備詰所があって、いつもおまわりさんがいるので、あいさつしてから几号水準点を探索しましょう。あいさつ無しだと不審がられます。

几号水準点とは

大手門の几号水準点の位置
大手門の几号水準点の位置

大手門の几号水準点

2015年2月現在、大手門の渡櫓は改修工事中です。東日本大震災のとき、漆喰にヒビが入り、痛々しかったのですが、本来の美しい姿に戻している最中です。
この渡櫓は関東大震災で大破、空襲で全焼するという災難続き。昭和後期になって再建されましたが、またまたまたの災難でした。

一方、入口の高麗門はほぼ江戸時代の様子をとどめてます。
改修工事が終わったら続報でお知らせします。

大手門は皇居東御苑の出入口(大手門、平川門、北桔橋門が出入口)(きたはねばしもん)ですので、開園日は宮内庁HPでチェックするのがいいと思います。

明治の地図をみると、、、

明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より桜田門と大手門
明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より大手門と桜田門

桜田門の几号水準点の位置には6.540メートルと記載がありますが、大手門の青矢印のあって然るべきところには測量点の記載がありません(*’д’*)。

正確な資料は残っていませんが、この地図の原図製作時期が明治9-17年(1876-84年)と長く、大手門の几号測量は原図制作期間中か、その後とも考えられます。少なくとも桜田門よりも新しい几号水準点だとわかります。

【朗報】
2016年、気がついたら、渡櫓の修理が終わっていました。

大手門

大手門の几号水準点の位置(E)
拡大すると正確な位置がわかり、クリックするとリンクがありますのでそちらのページに詳しい情報があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です