「荒川区」カテゴリーアーカイブ

落語「道灌」の舞台を行く

八五郎がご隠居の家に遊びに行き、言葉遊びなんぞをしているうちに、一幅の絵が目に止まります。

男が椎茸の親方みたいな帽子をかぶって、虎の皮の股引きはいて突っ立っていて、側で女が何か黄色いものを持ってお辞儀してるけど、これぇ誰なんですっ?

月岡芳年「太田道灌初歌道志図」

太田道灌公だ
なんすか?大きな冬瓜(とうがん)って?
太田道灌公じゃよ、この絵はな、昔の武将で歌詠みとしても知られた太田道灌公が、狩の帰り、山中で村雨(にわか雨)に逢い、あばら家に雨具を借りにきた場面じゃよ
山奥で油屋って儲かるんすかねえ?
(・_・)……油屋じゃあない、あばら家、壊れかけた家のことをあばら家という
ご隠居は続けて説明します。

あばら家から出てきた娘が『お恥ずかしゅうございます』と言って山吹の枝を差し出し引っ込んでしまった
えっ、雨が降ってるのに山吹ってなんだよっ、ハスの葉とか出しゃあいいじゃねえかっ、『お恥ずかしゅうございます』って恥ずかしいに決まってらあな、笑わせんなあってんでぇヽ(`Д´)ノ
と無駄に怒る八五郎。

まあまあ、おまいさんがわからないのも無理はない、道灌公も意味がわからずに戸惑っていると家来の一人がお畏れながら、

七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだになきぞ悲しき


という古歌
(後拾遺和歌集・兼明親王作)をなぞらえ、実をつけない山吹の『実の』と『蓑』を掛け、雨具はないという断りでございましょうと言った、道灌公は『余は歌道に暗い』と嘆き、それ以来、励み、日本一の歌人になったという話じゃよ
へぇ〜、するってえとそいつあ、断りの歌ですかいっ?
まあ、そうじゃな
そんじゃあ、その歌、わかりやすようにひらがなで書いてもらえますか
そうかい、この歌を覚えようというのかい、感心じゃなぁ
いえねぇ、うちに傘借りに来て返さねえ道灌がいるんすよ、しまいには売っちゃったりして
借りたものを売る奴があるかい
あっしも売ったことあるし
(・_・)……

八五郎が家に帰り、雨を待ち「道灌」を待ち、夕方になります。
おっ、いい具合に降ってきやがった、大村雨だねえ、こりゃあ、みんな大あわてだ、犬の道灌、娘の道灌、あっあーあ、あの道灌転んでやがるっ、ビショビショだねえ、まったくぅ
やがて、友達の熊さんが家に飛び込んできます。

おおっ、八つぁん、提灯貸してくれぇ
はっ?やだね、傘貸してくれって言えねえのかよっ
いや、傘は持ってるんだよ、提灯貸してくれねえか
ん〜ん、じゃあ傘貸してくれって言え、そうすりゃあ提灯貸してやっからあ
ん?変だけどまあいいかっ、じゃあ、傘貸してくれっ
待ってましたとばかり八五郎は山吹の枝を差し出し、

お恥ずかしゅうございます
なんだよ、これ?
これ読んでみろ」と道灌の歌を見せます。
ん?なになに、ななへやへ 花は咲けども山伏の 味噌一樽の鍋と釜敷き?、都都逸かいっ?
都都逸じゃねえよ、変な読み方すんなっ、てめえは歌道に暗いなっ
おうっ、角が暗いから提灯借りに来た

都心の道灌

山吹の里を名乗る比定地は数々あれど、このお話は、全くのフィクションです。

山吹の里の碑

江戸名所図会には、その場所が、あたかも実在したかのように、「高田の馬場の北」と書いてあり、今そこには怪しげな「山吹の里」の碑が建っています。

太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)を参照

山吹の里(江戸名所図会より)
山吹の里(江戸名所図会より)クリックで拡大。
古地図:嘉永七年(1854年)牛込市ヶ谷大久保絵図より
古地図:嘉永七年(1854年)牛込市ヶ谷大久保絵図より。その位置に百姓家とあります。

新宿中央公園には山吹の群生に囲まれた「久遠の像」なる銅像が。

新宿中央公園「久遠の像」
新宿中央公園「久遠の像」。新宿区には「山吹」と言う地名もあります。

まあ、伝説なのでどこでも名乗れるわけで(^^*)。

東京では、江戸城の礎を築いたとして、太田道灌の人気は高く、JR日暮里駅東口には「回天一枝」の像。

「回天一枝」の像
「回天一枝」の像。

その昔、都庁のあった有楽町、今の東京国際フォーラムには、彫刻家として名高い朝倉文夫氏制作の狩衣の太田道灌像が、皇居方面、江戸城を見据えています。

朝倉文夫氏制作の太田道灌像。
朝倉文夫氏制作の太田道灌像。
有楽町都庁時代の太田道灌像。
有楽町都庁時代の太田道灌像。

実はこの落語には元ネタがあります。
天保四年(1833年)刊「落噺笑富林(わらうはやし)」という本に、八百屋の亭主が主人公の噺で、

落噺笑富林

七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに 無きぞ悲しき」この歌を聴いて、
「何でも夕立が降ってきて、『雨具を借せ』という者があったら歌を読もう」といふうち、大夕立降りきたり、友達駆け込み「傘でも着る物でも、雨具を借してくれろ」といふゆゑ、八百屋の亭主、白瓜と丸漬けと茄子を並べて、
「丸漬けや茄子白瓜ある中に 今一つだに無きぞ悲しき」
友人「この中に胡瓜がねへの」
亭主「ハイ、胡瓜(かっぱ)はござりませぬ」。

 
私は焼肉屋でミノを注文し、
みんなに食べられてしまったあとに一言、

ミノひとつだに無きぞ悲しき (T-T)

お後がよろしいようでm(_ _)m

落語の古地図 トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

上野戦争ー残された弾痕(後編)

上野戦争ー残された弾痕(前編)からの続き

慶応四年(1868年)5月15日(新暦7月4日)午前3時、江戸城二重橋前の大下馬に集合した新政府軍は、道案内人を伴い、それぞれの配置へと向かいます。

江戸城大下馬
江戸城大下馬。
上野戦争主力配置図
クリックで拡大。

広小路黒門前軍(地図A)

午前7時、広小路、忍川に架かる三橋を挟んでの激戦が始まります。広小路の松坂屋前(今も昔も松坂屋)に陣取る西郷さん率いる新政府軍と黒門を守る彰義隊は一進一退、最初のうちは彰義隊優勢に進展します。

江戸名所図会より広小路三橋。
江戸名所図会より広小路の黒門前三橋(クリックで拡大)。
上野広小路。正面の緑が上野のお山、右側が松坂屋デパート。
上野広小路。正面の緑が上野のお山、右側が松坂屋デパート。
上野広小路三橋
上野広小路の「三橋」があった辺り。道路が盛り上がっています。

山王台(現・西郷隆盛像のある高台)から繰り出すフランス山砲(小栗上野介関口大砲製作所で製造)の正確無比な砲弾に手を焼きますが、それに対抗して、山王台正面の料理屋「雁鍋」の二階に四斤山砲を抱え上げ、応戦します。

山王台の西郷さん
薩摩軍が砲撃した山王台に建つとは皮肉です。上野のお山の西郷さん。
四斤山砲と幕府が作ったフランス山砲
四斤山砲と江戸幕府が作った青銅製のフランス山砲。

彰義隊vs広小路黒門前軍

やがて「雁鍋」は建物自体崩れ去りますが、装備で勝る新政府軍が黒門を突破。清水堂、屏風坂、車坂方面に突入していきます。

屏風坂、車坂方面はJR上野駅公園口、現在、科学博物館、西洋美術館、東京文化会館が建っています。
西洋美術館:屏風坂、車坂方面は現在、JR上野駅公園口、科学博物館、西洋美術館、東京文化会館が建っています。
JR上野駅公園口
JR上野駅公園口。

団子坂下軍(地図B)

片や、搦手(裏門)の団子坂下軍(地図B、長州兵主力)は折からの長雨で溢れた藍染川を挟んで彰義隊と対峙。

団子坂下軍vs彰義隊
クリックで拡大。

先鋒の長州兵が突撃!がしかし、銃声が聞こえません。長州の援護射撃部隊からも銃声はナシ。長州兵の面々は最新式のスナイドル銃の操作が分からずに孤立し、彰義隊の銃弾の雨あられにさらされます。危うし長州兵!

そこへジャブジャブと川へ飛び込んできたのが旧式の連発銃を持つ佐土原藩兵。佐土原藩は薩摩の支藩であり、歴戦の、維新戦争の強者です。ここはひとまず、前線を佐土原藩兵に任せて長州兵は退却します。

実はこのスナイドル銃、大村益次郎が上野戦争のために購入した最新銃です。がしかし、一丁に付き弾丸が50発しか付いておらずに、益次郎は弾丸が惜しいと言い、試射は一発のみ。
天才は銃の構造から理解するので、試射は一発で十分なのかもしれませんが、凡人には理解できません。益次郎の天才が悪いほうに作用したようです。

長州兵は加賀藩邸、心字池(現・東京大学内の三四郎池)にいる参謀の元へ走り銃の操作を教えてもらいます。長州兵はこの時ほど益次郎の天才を呪ったことはないでしょう。

加賀藩邸、心字池(三四郎池)
加賀藩邸、心字池(三四郎池)。

銃の操作がわかった長州兵の働きは凄まじく、鬼神のように突撃、三崎坂(さんさき坂)を駆け上り谷中天王寺へと迫ります。

藍染川に架かっていた枇杷橋跡から三崎坂を見る。
藍染川に架かっていた枇杷橋跡から三崎坂を見る。

黒門前軍ばかりクローズアップされがちですが、こちらにも多数弾痕が残っています。

三崎坂の永久寺(地図緑矢印)。普段一般公開されていませんが、臼砲と四斤山砲の弾丸が残ります。
三崎坂の永久寺(地図緑矢印)。普段一般公開されていませんが、臼砲(左)と四斤山砲(右)の砲弾が残ります。
谷中の経王寺(地図青矢印)山門には無数の弾痕。
谷中の経王寺山門。
経王寺山門の弾痕
谷中の経王寺(地図青矢印)山門には無数の弾痕。
江戸名所図会より経王寺山門
江戸名所図会より経王寺山門(クリックで拡大)。
三崎坂坂上の長久院山門。これは内側から外側に向かって発射された弾痕。もしかすると彰義隊のものか?
三崎坂坂上の長久院山門(地図赤矢印)。これは内側から外側に向かって発射された弾痕。もしかすると彰義隊のものか?

黒門前の激戦

ついに上野のお山の正面入口である黒門を突破した新政府軍は清水堂などで白兵戦を繰り広げます。

彰義隊奮戦の図。説明板より。
彰義隊奮戦の図。説明板より。
京都の清水の舞台を模した清水堂。
京都の清水の舞台を模した清水観音堂。
清水堂の奉納額
清水観音堂の奉納額(クリックで拡大)。
江戸城富士見櫓
江戸城富士見櫓

午後一時、江戸城富士見櫓で双眼鏡片手の益次郎に黒門突破の報が届きます。「そろそろですな」と益次郎の一言。

やがて、本郷の富山藩邸(現・東京大学付属病院)、水戸藩邸(現・池之端)から砲声が轟きます。

清水堂奉納額の脇の砲弾。右:四斤山砲、左:アームストロング砲。
清水堂奉納額の脇の砲弾。右:四斤山砲、左:アームストロング砲。

清水堂奉納額の砲弾このアームストロング砲弾(左)を見ると旋条痕が残っているので不発弾か、もしくは火薬を入れないで撃ったものです。
四斤山砲砲弾(右)は胴体部分のリベットが旋条に入り、横回転を加える設計です。

アームストロング砲
アームストロング砲

アームストロング砲は飛距離・命中精度・連射性能、その破壊力の凄まじさに、佐賀藩公、鍋島閑叟が「同民族の争いに使ってはならない」と江戸佐賀藩屋敷に封印してあったものです。益次郎も五発以上(計十発)は撃つな、と言い聞かせていたもの。

不忍池
不忍池。写真左から弁天様向こうの白い建物(上野精養軒)の裏に着弾。

最初のうちは、砲弾が不忍池に落下。ここまでは届くまいとタカをくくっていた彰義隊ですが、それは、屏風坂、車坂方面に攻め込んでいた自軍への砲撃を避け、慎重に距離を計っていたためでした。やがて砲弾は寛永寺本坊(現・国立博物館)まで達します。ついに上野のお山は落ち、益次郎が用意していた北東方面に彰義隊は敗走していきます。

燃えている上野のお山を見て江戸っ子たちは泣いたと云います。

寛永寺本坊があった国立美術館。手前の噴水辺りに根本中堂があった。
寛永寺本坊があった国立美術館。手前の噴水は根本中堂があったところ。
彰義隊の本陣があった寒松院跡は今の上野動物園。
彰義隊の本陣があった寒松院跡は今の上野動物園。
焼け野原になってしまった寛永寺。
古写真:焼け野原になってしまった上野寛永寺。
旧寛永寺本坊山門
旧寛永寺本坊山門

焼けずに残った旧寛永寺本坊山門には多くの銃弾痕と飛散した砲弾痕が残ります。

旧寛永寺本坊山門の砲弾痕、銃弾痕
旧寛永寺本坊山門の砲弾痕、銃弾痕。

山王台の彰義隊兵士を荼毘に付した場所には彰義隊の墓(山岡鉄舟揮毫)が、黒門のあった位置には黒門を模した壁泉があります。

上野のお山の彰義隊の墓
上野のお山の彰義隊の墓
黒門を模した壁泉
黒門を模した壁泉。

彰義隊墓石

彰義隊墓石の前にお前立ちのように立つ標石は新政府軍の目をはばかって地中に埋めていたと云うもの。
発掘され供養されています。

オリジナルの黒門は明治四〇年(1907年)、荒川区の円通寺に移築され、数々の弾痕が激戦を今に伝えています。

円通寺の黒門

円通寺黒門の弾痕

円通寺の彰義隊の墓
円通寺の彰義隊の墓。

急速な軍制改革を進める大村益次郎もまた、元長州藩士の反感をかい、明治二年(1869年)暗殺により倒れます。遺言は陸軍病院の必要性を説いたり、四斤山砲をたくさん作って置けという内容で最後まで合理主義を貫いた日本陸軍の祖でした。

最後の将軍、徳川慶喜公は明治の世を生きぬき、大正二年(1913年)没します。
激戦の地であった谷中霊園に夫人とともに眠っています。

徳川慶喜と婦人の墓
徳川慶喜公と婦人の墓

幕末・明治維新トップへ

シェアはご自由にどうぞ。