「中央区」カテゴリーアーカイブ

お江戸のカタストロフィ・落語「永代橋」の舞台を行く

隅田川に架かる永代橋。今の橋は四代目。初代は元禄十一年(1698年)、二代目は文化五年(1808年)に架け替えられ、三代目は明治三十年(1897年)、日本初の鉄橋として架橋されましたが関東大震災で痛み、その北側のお隣に今の橋が大正十五年(1926年)に架けられました。

三代目と四代目の永代橋。
三代目と今の四代目の永代橋。

この噺は初代の橋に起きた実話を元にしたものです。

永代橋

文化四年(1807年)八月十五日に行われるはずだった深川八幡の御祭礼。雨で延びに延びになり、やっと晴れた十九日に執り行われることになります。

渓斎英泉画「東都永代橋の図」。
渓斎英泉画「東都永代橋の図」。
江戸時代、日本橋川脇のこの道の突き当たりに永代橋があったようです。
江戸時代、日本橋川脇のこの道の突き当たりに永代橋があったようです。
右の豊海橋の向こうに永代橋が見えます。
江戸時代の永代橋西詰め。右の豊海橋の向こうに今の永代橋が見えます。

神田大工町に住む武兵衛も物見遊山で散財しようとやって来ますが、永代橋のたもとは押すな押すなの混み合いで、身動きができずにいると、スリに遭ってしまいます。

文化江戸図より永代橋、神田大工町、新川付近。
文化江戸図より永代橋神田大工町新川付近(クリックで拡大)。

一文無しになり、仕方なく帰ろうとすると、新川に住む知り合いの「山口屋」さんにばったり出会います。
この混雑に深川の八幡様に行くのを諦めた山口屋さんに、

うちは近いですから、うなぎでもつまみながらチビチビやりましょうかぁ

と家に招待され、二人で呑んでいると、人の重みで永代橋が落ちたとの知らせがщ(゚Д゚щ)。

外は大変な騒ぎですよ、まあ、今日のところはうちに泊まってきなさいな」と言われ、翌日朝から呑み直し、お小遣いまでもらい、イイ気持ちになって長屋に帰ってまいります。
すると家主の多兵衛が、うおさおと長屋を走りまわっています。

大家さん、どうかしたんですかぁ?
おぉ、武兵衛、おめえ、祭りに行ってたなぁ、まあいい、ちょうど良かった、一緒に来い!
どっ、どこへすかぁ?
おめえ、昼間っからぁ酔ってやがんなあ、だからこんなことになるんだっ
えへぇ〜どうもぉ
笑ってる場やいかっ、今朝なぁ、奉行所からこんな差し紙(通知)がきたんだ
と言ってその差し紙を見せます。そこには、

神田大工町・家主多兵衛支配店・武兵衛
水死に付き 引き取りに参れ

と書いてあります。

えっ(*’д’*)、あっし、死んだんですかい?
あぁ、橋から落っこって死んじまったんだ、お上が引き取りに来いと言うんだ、本人が行けば間違えがねえだろう、行くぞっ
と二人は奉行所へと歩いて行きます。

う〜ん、どうも死んだ気がしねえんですけどねえ
馬鹿やろっ、おめえ、初めての死だろっ、初めての死で人の死んだ心持ちがわかるわけがねえっ、死んだくせに生意気だ!少し後ろを歩けっ!

奉行所に着き、武兵衛が武兵衛の遺体と対面します。

えっ、これがあっしの遺体ですか?、あぁ〜こんな姿になるんだったら先月無理して家賃払わねえで美味しいものでも食っておくんだったなぁあ〜 (p_q、)
馬鹿やろ!まだ四つもたまってるっ
お香典ください
家賃と帳消しだっ
ん〜ん、ちょっとぉ顔が長くないですか?
水に浸かって伸びたんだ
こんなところにホクロあったかなあ?
死ぬ時にホクロの一つや二つできることもある
着物も違いますけどおぉ?
大勢で亡くなったんだっ、落ちてく間に、こっちの着物があっちの着物と入れ替わることだってあるんだっ、さっさと引き取れっ、独り者なんだから自分のことは自分でやれっ
えー、これは重そうだなぁ、じゃあ、こっちの軽そうなのを
馬鹿やろっ、魚買いに来たんじゃねえんだぞっ、ボカッ
と頭を殴られ、言い合いになってしまいます。
この言い合いの仲裁に入った役人が理解します。

武兵衛のスラれた紙入れ(財布)が遺体の懐から出てきたのでスリが代わりに死んでくれたようなものだと判明します。紙入れの中に名札があったので多兵衛のところへ通知が行ったのです。

まだ口論している二人に役人が言います。

武兵衛、そのほう、お前の負けじゃ
へっ?なっなんでですか?
多兵衛(多勢)に武兵衛(無勢)はかなわん

 橋上の機転が大勢の命を救う
文化四年(1807年)八月十九日に起きたこの悲劇、永代橋崩落事故では、その日のうちに198名の水死が確認され、一説には計千人以上が犠牲になったと云います。その後いく日もの間、下流に下駄が流れてきたと云うほど。

それでも犠牲者は少なかった方だろうと云われていますが、それはなぜかというと。

その時、たまたま橋上にいた町奉行所同心、渡辺小左衛門という侍が橋の異変に気付き、欄干につかまりながら刀を抜き、白刃をキラキラと頭上で振り回し「斬るぞぉ斬るぞぉー」と叫んだため、後から押し寄せる群衆は「喧嘩だ!ケンカだぁ!」と後ずさりしたため、橋の崩落箇所(深川側から四・五つ目の橋脚部)からの将棋倒しのような転落が止まったと云います。

文化四年八月富岡八幡宮祭礼永代橋崩壊の図
文化四年八月富岡八幡宮祭礼永代橋崩壊の図(クリックで拡大)。

架橋されてから百九年目の大事故。
老朽化も甚だしいものがあったようです。

実在した武兵衛

実はこのお噺の「武兵衛」には実在したモデルがいました。

隅田川を船で通りかかり、偶然、この惨劇を見ていた当代一の文人、大田南畝(1749年ー1823年)は、その記録集、当事者へのインタビューなどをまとめた「夢の憂橋」なる著作をものしています。

その本の中で、祭礼に行く途中、二両二分スラれ、スリの水死体から自分の紙入れが出てきたため、自分が水死と奉行所に間違われたという稀有な体験をした人、本郷に住む麹屋武兵衛の話が載っています。
この話を元に落語にし、カタストロフィを笑いで吹き飛ばてしまう。そんな文化が、お江戸にはありました。

落語の古地図 トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

闇坂と二つのお岩稲荷

闇坂(くらやみ坂)。この坂にはこんな謂れがあります。

夜な夜な嫉妬に狂った女がわめきながら走り回る。

こんな謂れがあるのも、そもそも、その坂名とともに近くにお岩稲荷があるからです。

闇坂(くらやみ坂)
闇坂(くらやみ坂)坂上から。
闇坂坂下から。
闇坂坂下から。

闇坂説明柱

闇坂(くらやみざか)
この坂の左右にある松厳寺と永心寺の樹木が繁り、薄暗い坂であったためこう呼ばれたという。(御府内備考)

この坂はお寺とお寺の間にあった薄暗い坂道で、以前は怪談坂、失礼m(_ _)m、階段坂だったのをバリアフリーのため、階段を取り除いたそうです。

二つあるお岩稲荷

闇坂の坂上近くには、四谷於岩稲荷田宮神社と於岩稲荷陽運寺の二つのお岩稲荷があります。どどどっどうして(?_?)?

於岩稲荷田宮神社
於岩稲荷田宮神社。
於岩稲荷陽運寺
於岩稲荷陽運寺。

江戸切絵図を見るとお岩稲荷は今の新左門児童遊園から四谷於岩稲荷田宮神社までの範囲になっています。

古地図:嘉永三年(1849年)万治元年 (1858年)改 尾張屋刊江戸切絵図よりお岩稲荷(青矢印)と闇坂(緑矢印)。クリックで拡大。
左門児童遊園
左門児童遊園。

幕末の切絵図では田宮家は確認できませんが、於岩稲荷陽運寺はお岩さんの夫、田宮伊右衛門の屋敷があったとされる場所です。「お岩さま所縁の井戸」もあります。

お岩さま所縁の井戸
於岩稲荷陽運寺のお岩さま所縁の井戸

実際のお岩さんは田宮家の養子である薄給の夫・伊右衛門をよく助け、奉公に出るなどして家勢を再興させた良妻とされています。怖くはなさそうです。(^▽^) ホッ。

お岩さんのお墓

お岩さんのお墓は豊島区の妙行寺にあります。

豊島区の妙行寺。
豊島区の妙行寺。
四谷怪談お岩さまの寺の碑
四谷怪談お岩さまの寺の碑。
お岩さまの墓。
お岩さまの墓。

お岩さんのお墓というより、田宮家代々の菩提寺です。

東海道四谷怪談

しかしながら、なぜ「海道四谷怪談」という題名なのか?
四谷は東海道ではなく甲州街道とツッコミを入れたくなりますヽ(`Д´)ノ。

作者の鶴屋南北は、十返舎一九の大ヒット作「東海道中膝栗毛」の人気に便乗して、わざわざ東海道と冠をつけたのです(^^*)。

もひとつウンチクを言えば、雑司ヶ谷の高田四谷町が舞台になっているバージョンもあり、神田川も登場します。雑司ヶ谷も東海道ではありません(^^*)。

ももひとつ、四谷も高田四谷町(現・豊島区高田一丁目)も、家康入府当時は四件の家しか無いようなところで「四つ家」とも、四つの谷があったので、とも云われています。

どちらの地名語源も正解のように感じます。
四谷も高田四谷町にも深い谷があり、江戸の郊外でした。

都会に残る鎌倉街道をゆく4 江戸情緒豊かな雑司ヶ谷鬼子母神編を参照

三つ目のお岩稲荷

そうこう調べているうちに、
お岩稲荷がもう一つあるってぇ⁉︎(*’д’*)

新川のお岩稲荷
中央区新川のお岩稲荷。

四谷とは関係のない中央区新川にある於岩稲荷田宮神社。
戦災で焼け、四谷から引っ越したとも、田宮家が戦後、移転したとも云われていますが、真相は?

新川のお岩稲荷

芝居小屋に近いここは歌舞伎俳優初代市川左団次の所有地であったと伝えられています。
「四谷怪談」を演じる役者は、公演前、お岩稲荷にお参りしないと、顔が腫れるなど、不幸が訪れると云う逸話があります。

賽銭箱も明治座の奉納
賽銭箱も明治座の奉納。

そのため、花柳界や歌舞伎関係などの人々がお参りし、賑わっているようです。

都心に三つもあるお岩稲荷、日本人なら誰でも知っている古典的怪談噺「東海道四谷怪談」の人気を物語っているかのようです。

新宿区の名坂トップへ

シェアはご自由にどうぞ。