「台東区」カテゴリーアーカイブ

幕末の乱世を笑い飛ばす落語「蔵前駕籠」の舞台を行く

落語には「永代橋」のように、実際に起きた事件をネタにしたものがあります。
時は慶応四年(1868年)、ご維新の混乱の真っ只中、上野戦争勃発直前です。この頃、頻発した事件を元にしたお噺です。

落語「永代橋」を参照

「上野戦争」を参照

蔵前駕籠

江戸市中から浅草寺や吉原へ粋に行くには、お大尽なら屋形船、猪牙舟を仕立てて山谷堀をのぼります。

山谷堀跡
山谷堀跡。

小金持ちなら浅草見附から江戸市中を出て、駕籠を利用して揺られて行きます。

浅草橋たもとの浅草見附跡。
浅草橋たもとの浅草見附跡。

江戸市中から吉原に行くには蔵前通り(蔵前橋通りではなく、今の江戸通り)から花川戸を抜け、日本堤の土手(今の土手通り)を行くのが近道。

明治二年(1869年)東京全図より浅草見附から吉原。
明治二年(1869年)東京全図より浅草見附から吉原(北が右)。
歌川広重画「新吉原衣紋坂日本堤」
歌川広重画「新吉原衣紋坂日本堤」。吉原大門の見返り柳前の土手を多くの駕籠が行き交っています。
吉原大門交差点。左手に見返り柳
吉原大門交差点。左手に見返り柳。手前が土手通り、奥に衣紋坂。

土手通りには多くの駕籠が行き交い、チップをはずまないとゆっくりと走り、何台もの駕籠に抜かれ、このように……。

おーい、ちいと遅くないかい?
そうですかぁ、旦那ぁ、自慢じゃあねえが、こちとら先行く駕籠には一度も抜かれたこたぁござあせんぜえ

一分金
一分金

エッホ〜イ、お〜い、相棒
なんだぁ
先日のお客は粋なお方だったねえ
ああ、あのお方ねぇ、エッホ〜イ
吉原大門前で降りる時、こんな担ぎっぷりのイイ駕籠に乗ったのは初めてだっと言ってぇ、祝儀を金一分ずつくれたっけなあ、エッホ〜イ

担ぎ手の会話を聞いて、お客さんは「グワァ〜、グワァ〜」と偽イビキをかいて狸寝入り。
大門前に着き、起こされると、

旦那ぁ、着きましたぜぇ
んんっ、着いたかい、しかし先日の駕籠屋は粋だったねえ、お客さんみたいに乗りっぷりのイイ客は初めてだっと言ってぇ降りる時に祝儀を一分ずつくれたっけなぁ
それを聞いた担ぎ手は駕籠を担いだまま
グワァ〜、グワァ〜

そんな平和な光景があったような無かったような。

栄泉画「吉原の雨」
栄泉画「吉原の雨」。

幕末ともなると物騒な話になってまいります。

蔵前通りといえば吉原に遊びにいく大金を持った客が多い。そんなわけで夜な夜な追いはぎが出没します。
十数人もの徒党が駕籠を取り囲み、

我々は由緒あって徳川家にお味方する浪士の一隊、軍用金に事欠いておる、吉原で使う金を我々が清く使ってやろうぞ、そのほうに所望いたす、命が惜しくば身ぐるみ脱いで置いてゆけ!
駕籠担きは逃げ、駕籠とお客さんだけに。
ヒエ〜ッ、命だけはお助けをぉ〜
と着ているもの全部脱ぎフンドシ一丁の姿に。

それでは寒かろう、襦袢だけは勘弁してやる
おありがとうございます〜(p_q、)
自分のものを返してもらって礼を言うのも変ですが……。

という始末に、茅町の「江戸勘」など名のある駕籠屋は、評判にかかわるというので暮れ六ツ(午後6時ごろ)以降の営業を停止してしまいます。

明治二年(1869年)東京全図より茅町。
明治二年(1869年)東京全図より茅町(北が右)。
茅町は今の浅草橋駅前周辺。
茅町は今の浅草橋駅前周辺。

そんなかんなで吉原の方でも閑古鳥が鳴いてしまいます。

とある商家の旦那は、女郎から「会いとうて会いとうて、来てくんなまし」なんてぇ文をもらって「くんなます、ええ、くんなますともぉ」などと有頂天になり、こんなに空いている時に行けばぁ、さぞかしモテるだろうと思っておりまして、暮れ六ツ過ぎに江戸勘を訪れます。

おおっ、吉原までやってくんなっ
щ(゚Д゚щ)
と言っても浪士の追いはぎが出てたら構わず逃げてくれっ、駕籠賃も祝儀も一分ずつ前払いだっ、取っといてくんな
えっ、えーお客さん!今夜は寒いですしぃ…出そうですしぃ…
どうしても行きゃなきゃあならねえんだ、こっちゃあ、温めてくれる人が待ってるんだよぉ、えへへ(#^.^#)

親方ぁ、どうしますかぁ?
うーん、気に入ったあ!、おのろけまで聞いちまった、そのお客さんは女郎買いの決死隊だよ、さっ、お前たちやっておくれ

おっ、江戸勘の親方、ありがとよっ、おめえさんたちにも準備があるが、こっちにも準備があるんだよっ
と言って支度をするお客の旦那。
支度が済んで、駕籠は天王橋(須賀橋または地獄橋)を過ぎ、榧寺(かや寺)の前まで来ると、案の定、

明治二年(1869年)東京全図より天王橋、榧寺
明治二年(1869年)東京全図より天王橋(須賀橋)、榧寺(正覚寺)(北が右)。確かに榧寺から道が狭くなっており、襲撃には好都合か。
須賀橋交差点
須賀橋交番前交差点。
榧寺(かや寺)
榧寺(かや寺)。

旦那、ぼちぼち出そうですぜ、出ますよ、出たあぁ〜
おうっ、おめえさんたちは構わず逃げてくれっ!
へ、へえ、ヒエ〜ッ
と駕籠を置いて一目散に逃げていきます。駕籠はたちまち浪士たちに囲まれてしまいます。

うふふふ、我々は徳川家にお味方する浪士の一隊、軍用金に事欠いておるのでそのほうに所望いたす、これ、中におるのは武家か町人か⁈、身ぐるみ脱いで置いて……
刀の先で駕籠のすだれをあげると、裸同然、フンドシ姿の旦那が腕組みをして座っております。

(・_・)……うむっ、既に済んだかあ

この商家の旦那は、駕籠の座布団の下に隠しておいた金銭、着物を着、榧寺前から吉原まで歩いて行かなければならないのですが、結局のところ、賊徒と化した旧幕府軍を茶化しただけ……まあ、そんな野暮なことは言いますまい(^^*)。

蔵前橋西詰めにある浅草御蔵跡の碑
蔵前橋西詰めにある浅草御蔵跡の碑。

幕末通ならご存知の通り、浅草、今戸辺りは、新政府に江戸市中から追い出された旧幕府軍の拠点。

浅草本願寺では彰義隊の結成式が行われ、今戸の称福寺には旧幕府軍の野戦病院が置かれ、穢多村は旧幕府軍に資金提供しています。吉原で遊ぶ新政府軍兵士が斬られるなど幕末大いに荒れた地域。

取り締まる側のお上が賊徒に成り下がり、江戸っ子にとっては言いようのない憤りがあったようですm(_ _)m。

浅草本願寺
浅草本願寺(東本願寺)。

幕末・明治維新トップへ

落語の古地図 トップへ

シェアはご自由にどうぞ。

落語「高田の馬場」の舞台を行く

江戸時代、人の多いところと言えば、両国橋、浅草寺の境内、奥山などと申します。今日も浅草寺の境内には、見世物や大道芸人がずらりと並び、にぎやかな人だかりができております。

江戸名所図会より両国橋の火除け地
江戸名所図会より両国橋の広小路。
古地図:嘉永三年(1850年)日本橋北内神田両国浜町絵図より両国橋の広小路
古地図:嘉永三年(1850年)日本橋北内神田両国浜町絵図より両国橋の広小路。
古地図:嘉永六年(1853年)尾張屋刊今戸箕輪浅草絵図より浅草寺
古地図:嘉永六年(1853年)尾張屋刊今戸箕輪浅草絵図より浅草寺(クリックで拡大)。

浅草寺の奥山。その芸人のなかで、居合い抜きを演じたあと、ガマの油の口上を述べている若者と年の頃二十四、五の美しい姉。

浅草寺奥山門(おくさんもん)。
浅草寺奥山門(おくさんもん)。奥山おまいりまち。

がまの油、その効能はなにかといえば、金創切り傷ほか、虫歯で弱るお方はないか

そこへ人を押し分けて、六十過ぎの侍が現れます。

その膏薬、二十年ほど前の古傷にも効くか」と尋ねる老侍。

ちょっと拝見」と若者が傷を見るなり
これは投げ太刀にて受けた傷ですな
さよう、お目が高い
老侍は身の懺悔(ざんげ)だからと語り始めます。

自分は福島藩の家中だが、二十年前、下役・木村惣右衛門の妻女に横恋慕をし、夫の不在をみはからって手ごめにしようとしたところ、立ち帰った夫に見とがめられ、これを抜き打ちに斬り捨てた

なにやら尋常ではない話に人だかりは聞き入ります。

その後、妻女が乳児を抱え、鬼のような形相で「夫の仇!」とかかってくるのを、やはり返り討ちに斬ったが、女の投げた懐剣が背中に刺さり、それがこの傷だ

ガマの油売りの若者は聞き終わると、キッと老侍をにらみ、

して、貴殿のお名前はっ⁈
岩渕伝内
なに!岩渕伝内!、かくゆう我は、なんじのために討たれし木村惣右衛門が一子、惣之助、これなるは姉のあや、いざ尋常に勝負いたせ〜‼︎
親のカタキぃ〜〜
姉がおんなの金切り声で叫びます。
こうなると人だかりは騒然。岩淵伝内は静かに、

なるほど、二十年前のことなので油断し口外したは、拙者の天命逃れざるところ、いかにも仇と名乗り討たれようが、今は主を持つ身、一度立ち返ってお暇を頂戴しなければならないので、明日正巳の刻(午前十時)までお待ち願いたい
よかろう、出会いの場は?
牛込、高田の馬場
よし、相違はないな
二言はござらん
というわけで、仇討ちは延期になります。

この事件は江戸の町に響きわたり、熊さん、八っつあんもご多分にもれずに、

おいおい、浅草で仇討ちがあったんだってぇ?
日延べだよ
えっ(*’д’*)、曽我兄弟でも十八年、それを二年も上回る二十年なのに日延べってぇ、なんだよっ
しょうがねえだろ、仇敵の爺さんが、今日はお遣いなんで、明日、高田の馬場で、ってぇいうんだよ
んじゃあ、あした行ってみるか
おうっ

という具合に、翌日、大勢の人々が高田の馬場へ押し寄せます。

高田の馬場の茶屋

馬場の茶屋では仇討ち見物を見込んで、よしず張りの掛け茶屋がズラリ。そのどれもぎゅうぎゅう詰めの混み合い。

江戸名所図会より高田の馬場
江戸名所図会より高田の馬場(クリックで拡大)。

みな待っていますが、仇討ちは、いっこうに始まらずに、とうとう一刻(二時間)過ぎて、正午の刻に。

古地図:嘉永七年(1854年)牛込市ヶ谷大久保絵図より高田の馬場の茶屋通り
古地図:嘉永七年(1854年)牛込市ヶ谷大久保絵図より高田の馬場の茶屋町通り(クリックで拡大)。
高田の馬場に残る茶屋町通り。
高田の馬場に残る茶屋町通り。
高田の馬場の決闘で名高い堀部安兵衛顕彰碑は、今、水神社境内にあります。
高田の馬場の決闘で名高い堀部安兵衛顕彰碑は、現在、水稲荷神社境内にあります。

また日延べかとざわつきだしたころ、ある掛け茶屋で、昨日の老侍が悠々と酒を飲んでいるのを見つけた者があります。

もし、お侍さん、のんびりしてちゃあ困りますよ。仇討ちはどうなりました?
ははは、今日はなしだ
はぁ(ノ゚⊿゚)ノ?、それじゃあ相手が済みますまい
心配いたすな、あれは拙者のせがれと娘
えっ!なんだってぇ、そんなうそをついたんですっ?
ああやって人を集め、掛け茶屋から上がりの二割をもらって、楽に暮らしておるのだ
(・_・)………

別名「仇討ち屋」という一席でございますm(_ _)m。

落語の古地図 トップへ

シェアはご自由にどうぞ。