「港区」カテゴリーアーカイブ

いだてん・金栗四三「箱根駅伝はじまり物語」

大手町・読売新聞東京本社前には「絆」像と箱根駅伝歴代優勝校のパネル。大正九年・第一回大会の優勝は金栗四三の母校・東京高等師範学校。ここには数々のドラマが秘められています。

絆像

歴代優勝校パネル

読売新聞東京本社
お正月の読売新聞東京本社。

雑談から生まれた箱根駅伝

大正八年(1919年)十月、金栗は、埼玉県鴻巣の小学校の運動会に審判として招かれ講演を行っています。
同じく招かれていたのは、東京高等師範学校の後輩・野口源三郎と明治大学の学生・沢田英一。野口は極東大会に於いて近代十種競技に優勝。沢田は札幌〜東京22日間走破に成功。ともに陸上界のホープです。

汽車帰京の途、汽車の中、三人は夢を語り合います。ご存知、金栗はストックホルム・オリンピック日本代表富士登山競争、下関〜東京間1200キロ走破などなど、日本一のツワモノ。これら三人のツワモノが集まると、スケールの大きな話が飛び出してきます。

国威を内外に示すため、海外で駅伝をやろうというのです。

東京〜満州間というアイデアも出ましたが、アメリカ大陸横断駅伝のほうがインパクトがある!ならば、相当数のメンバーを集めるため、若い逸材を発掘するためにも予選会をやろうという事になります……嘉納治五郎がオリンピック予選会をしたように。
国内予選は、東京〜水戸、東京〜日光などのアイデアが出ますが、持久力を高めるには高地だと金栗は否定的。

Rocky Mountain 1910 (Source by Library of Congress).
Rocky Mountain 1910 (Source by Library of Congress).

アメリカ大陸といえば南北にロッキー山脈がそびえています。箱根の剣を越えるようなものだということで東京〜箱根間がよかろう。いつにするか?鍛錬のためには酷暑か酷寒がよいとの金栗の持論があり、来年の二月がよかろう。三人は意気投合。上野停車場に着くまでに、話はトントン拍子にまとまります。

これが今に続く箱根駅伝の発端となります。

震災前の上野停車場
震災前の上野停車場。

金栗の奔走

金栗は早速、動き出します。東京朝日新聞、東京日日新聞、讀賣新聞など主要な新聞社をまわりますが、アメリカ大陸横断などとは話が大きすぎる、莫大な費用がかかると、どこも相手にしてくれません。予選会だけならと報知新聞が興味を示し、スポンサーとなってくれます。

在京の大学、師範学校、旧制専門学校の代表を集め、計画を発表しますが、時期的に試験と重なるなどの問題もあり、メンバーを揃えるのが難しい学校が大半。参加校は東京高等師範学校、明治、早稲田、慶應義塾の四校にとどまります。

嘉納治五郎金栗は恩師・嘉納治五郎の言葉を思い出します。

黎明の鐘となれ。君の足跡に誰かが続いてゆく……」「何事も最初からうまくゆくことは少ないのだ……

なんとか四校集まったので良し!いつでもポジティブな金栗です。アメリカ大陸横断の夢は早々に頓挫。名称も「四大校対抗駅伝競走」とします。

しかし、これをきっかけに大学間の横の繋がりが生まれ、のちに関東学連(関東学生陸上競技連盟)が出来ることになるので、金栗は確かに黎明の鐘を鳴らしています。

開催日は二月十四、十五日の土日となります。
学生の本分は学業なり」と、土曜日午前中の授業後、午後1時スタート。コースは、有楽町駅前の報知新聞社前ー鶴見ー戸塚ー平塚ー小田原ー箱根関所跡本陣。
これを往路復路1区〜10区・十人でリレーすることとします。

そう、現在のように大手町・読売新聞東京本社前からのスタートではなく、第一回大会は有楽町駅前・報知新聞社前スタート。報知新聞社があったところは現・ビックカメラ、一昔前の有楽町そごうデパートの位置です。

当時の有楽町駅。報知新聞の看板が見えます。
当時の有楽町駅ホーム。駅前に報知新聞の看板が見えます。
古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より
古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より。
ビックカメラ
第一回の箱根駅伝はここがスタートとゴールでした。

往路スタート

大正九年(1920年)二月十四日、午前中の授業を終え、学生たちがぞくぞくと報知新聞社前に集まってきます。

午後1時、金栗は審判長として、スタートの号砲を鳴らします。金栗と報知新聞のスタッフは車に乗り、先回りしてゴールの箱根関所跡本陣に向かいます。このときのルールは各中継点には審判員を置かず、学生たちの良心任せとしています。

2区で明治がトップの東京高師を抜き、独走態勢を築き、東京高師、早稲田、慶應義塾と続きます。平塚、小田原中継所でも順位は変わらず。

さあ、いよいよ小田原からは箱根の山越え。午後1時スタートなのでゴールは闇夜となるのは当然のこと。金栗の後輩・渋谷寿光が小田原中学の教員をしていたので準備は万全。地元青年団の協力を得、峠のコーナーコーナーではかがり火を炊き、中学生、青年団が交代で松明を持って伴走します。選手たちも懐中電灯かチョウチンを持って走るという、街灯のない時代のレース。

要所要所では猟銃の銃声が響きます。
箱根の峠を何度か夜、車で走ったことがある方ならご存知、イノシシやウリボウが飛び出してきます。イノシシが街道を掘り返すこともしばしばあり、ランナーにとってはとても危険。そう、銃声はイノシシ除けなのです。

古写真:大正十二年ごろの箱根関所跡。

宿舎となっている箱根関所跡の本陣にだんだんと銃声が近づいてきます。ひときわ大きな銃声が響き、金栗たちスタッフが本陣前に飛び出してゆくと、雪の降る闇の中から現れたのは、明治大学、あの札幌〜東京22日間走破の沢田栄一です。

大正九年二月十五日付報知新聞。ゴールと同時に花火が上がり宿場の人々が祝福します。明治大学は7時間30分36秒で往路優勝。続いて東京高師、早稲田、慶應義塾が入って来て往路終了。
明治の沢田は、区間賞をとった「初代山の神」東京高師の大浦留市に追い上げられたのを悔しがることしきり。

このことが復路の最後の最後に影響することとなります。

復路、史上最大のドラマが生まれる

翌朝の午前7時、小雪のちらつく中、復路がスタート。最後の慶應義塾がスタートする頃にはすでに積雪6センチに達し、車は立ち往生。審判長・金栗らスタッフは前年に開通した箱根登山鉄道の小涌谷駅へと転げ落ちるように走ります。この時の金栗はランナーよりも早かったなどと地元では笑い話となって伝わっています。雪の勢いがまだゆるい小田原から、待たせておいた報知新聞の車に乗りゴールの有楽町へと向かいます。

6区7区と明治が区間賞をとり独走、誰もが明治の圧勝かと思いました。9区の終了時点では明治が二位の東京高師に11分もの差をつけています。東京高師のアンカー・茂木善作は遠くをゆく明治のアンカー・西岡吉平を追いかけます。

鶴見から品川まで来ると、沿道の校友が「五分差まで縮まった!」と声をかけます。それを聞いた茂木は「やれる」と信じ、俄然と元気が出て猛追します。

絵葉書:大正九年の新橋と芝口通り
絵葉書:大正九年の新橋と芝口通り。
古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より露月町より新橋
古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より露月町より新橋。

芝口の手前、露月町で明治のユニホームが見え、とうとう新橋の橋の上で明治を捉えます。

大正十年頃、新橋から銀座を望む
絵葉書:大正十年頃、新橋から銀座を望む。

明治の西岡も負けじと、尾張町角(現・銀座四丁目交差点)まで肩を並べて並走。

絵葉書:大正九年頃の尾張町角
絵葉書:大正九年頃の尾張町角。
銀座四丁目交差点
銀座四丁目交差点。

帝都・銀座のど真ん中で一騎打ち。白熱のレース展開に街が騒然となります。

新橋から尾張町。

尾張町角を左折したところで茂木がスパート。銀座に集まった観衆は悲鳴と歓声をあげます。

尾張町から有楽町
尾張町から有楽町。

西岡をぶっち切り、数寄屋橋を渡り右折、有楽町ガード下をぬけ、全力疾走。

絵葉書:大正九年頃、数寄屋橋交差点から日本橋方面を望む。
絵葉書:大正九年頃、数寄屋橋交差点から鍛治橋方面を望む。
数寄屋橋交差点
現・数寄屋橋交差点。堀跡は首都高高架となっています。
有楽町ガード
有楽町ガード。

東京高師のアンカー茂木善作のゴール

茂木は両手を高々と上げて会心の笑顔でゴール。25秒後、西岡はくやし涙に濡れながらのゴール。続いて早稲田、慶應義塾が入ります。
雪の舞う中、明暗がくっきりと分かれたレースでした。

初回にして史上最大のドラマが生まれたこのとき。復路スタート時点で首位との差は8分27秒。この差の大逆転は100年近くたった今日でも破られていない記録です。

大正九年二月十六日付報知新聞
大正九年二月十六日付報知新聞。
占春園で記念撮影
本校に戻り、占春園で記念撮影する金栗(前列左から二人目)と優勝旗、東京高師のメンバー。

金栗の母校・東京高等師範学校の優勝で幕を閉じた第一回大会。このランナーたちの中から次のアントワープ・オリンピック代表が生まれてゆくこととなります。

八年ぶりの挑戦へとつづく

走れ「いだてん」トップへ

シェアはご自由にどうぞ。