「几号水準点を求めて」カテゴリーアーカイブ

愛宕山のビックリ測量遺産


愛宕神社の出世の石段や桜田門外の変の浪士18人の集結地と知られる愛宕山。

愛宕山、出世の石段と桜田烈士を参照

頂上の愛宕神社境内は平地であり、都心で最も眺望が良かったことから、明治の初めから測量地点として利用されてきました。

愛宕山の几号水準点

明治初期に使われていた「几号水準点」がこの石碑に刻まれています。

これは「」の字ではなく、「T」の字です。
明治12年(1879年)の地理局の資料にも、
「安永八年二月ト記シタル碑ノ臺石横面符ヲ彫ル」
とあり、測量結果、標高26,2361メートルと記録されています。

几号水準点って何?を参照

この碑の近くに、現行の測量点「三等三角点愛宕山(標高25.69メートル)」もあります。

そして、几号水準点よりも早い時期に、日本初の測量三角点がここ愛宕山に置かれた記録があります。

日本初の三角点

工部省の測量旗
工部省の測量旗

明治五年(1872年)、工部省は日本で初めての測量三角点を13か所に置いています。
その13か所はというと、

江戸城の富士見櫓、越中島、洲崎弁天、本所一ツ目、本所三ツ目、芝愛宕山、上野下寺町、目白台、白金台町、寺島村、田端村、戸越村、第二台場

ほとんどのものが所在不明になってしまい、現在確認されているのは、江戸城の富士見櫓近くのもの1点だけと云われています。

江戸城富士見櫓
江戸城富士見櫓
日本初の三角点
日本初の三角点

愛宕山にもこのようなチョコレート型の三角点が置かれたことになっています。

目を凝らし、境内の池の中を覗くと、、、
それらしきものがにありますщ(゚Д゚щ)。

池の中に三角点らしきもの

水面の反射で写真がうまく撮れませんでしたが、訪れることがあったら、よく探してみてください(^^*)。
30cm角くらいの人工物が、水の中に確かに見えます。

古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より
古地図:明治9-17年(1876-84年)5千分の1東京図測量原図より

明治初期の地図で三角点マークのあるところが、今は池になっています。

明治四年頃の愛宕山山頂。茶店も確認できます。
明治四年頃の愛宕山山頂。

古写真のちょうどこの辺りが今の池です。灯篭も今のものと同じようです。

江戸時代の文書

文化十一年(1814年)頃、切支丹屋敷についても書いている十方庵の「遊歴雑記」に、愛宕山はこのように記されています。

崖際の茶店に憩ひて眺望すれば、北は幽に浅草川の辺より、南は芝浦の海手まで、更々目に触るものなく(中略)深川洲崎の辺りまで只一望にありて云々

「遊歴雑記」にあるように、愛宕山から深川、洲崎まで見通せたので、本所一ツ目、本所三ツ目、洲崎弁天に最初の三角点を置いたことが理解できます。

愛宕山近くの几号水準点


港区の几号水準点(北部)


愛宕山でお宝測量遺産を見たら、飯倉交差点方面へ。
西久保八幡神社と狸穴坂上の駐日ロシア連邦大使館前に几号水準点を見ることができます。

几号水準点って何?を参照

愛宕山のビックリ測量遺産を参照

狸穴坂上、駐日ロシア連邦大使館前

狸穴坂外苑東通りから狸穴坂へ下るところの駐日ロシア連邦大使館前。
警察官詰所の脇にこんもりとしたセメントの塊があります。
なぜ、これが撤去されないか不思議なのですが。

ロシア大使館前の几号水準点

ロシア大使館前の几号水準点

これは上を向いた几号水準点で、本来、垂直面にあるべきものを移動したと云われています。

西久保八幡神社の鳥居

西久保八幡神社
西久保八幡神社

西久保八幡神社の階段は愛宕山「出世の石段」に比べたら楽ラクです(^^*)。江戸名所図絵にも描かれてる、ひっそりとして落ち着く神社です。

江戸名所図会より西久保八幡宮
江戸名所図会より西久保八幡宮。

西久保八幡神社鳥居

石段を登り、本殿に向かって左側の鳥居柱。灯篭が前に立っていて見つけづらいのですが、確かに几号が刻まれています。

西久保八幡神社鳥居
境内から見る

西久保八幡神社の几号水準点

芝東照宮の鳥居

日比谷通り方面、芝増上寺の大きな敷地の中に芝東照宮があります。

芝東照宮
芝東照宮

芝東照宮の鳥居にもあります。本殿に向かって右側です。

芝東照宮鳥居
芝東照宮鳥居

芝東照宮の几号水準点

赤坂氷川神社の鳥居

一の鳥居ではなく、本殿に近い二の鳥居、向かって左の台座にあります。

赤坂氷川神社一の鳥居
赤坂氷川神社一の鳥居
赤坂氷川神社二の鳥居
赤坂氷川神社二の鳥居

赤坂氷川神社の几号水準点

 

拡大すると几号水準点の正確な位置がわかります。