絵巻、古地図で見る桜田門外の変


三宅坂の小高い丘の憲政記念館(井伊彦根藩邸跡)から桜田門を見ると。この約550メートルの短い距離の間で「桜田門外の変」が起きたと思うと、感慨深いものがあります。

桜田門を臨む
憲政記念館中庭から桜田門を臨む。

東京で一番美しい坂、三宅坂を参照

桜田門外之変図

桜田門外の変図襲撃グループの一人、蓮田市五郎は事件後、傷を負いながらも老中脇坂中務大輔邸に趣意書を持って自訴。

その後、細川越中守邸お預けになっている間に、請われて描いたという絵巻が残っています。

「桜田門外之変図」
「桜田門外之変図」クリックで拡大。

井伊彦根藩邸から桜田門外までの事件を生々しく描いています。

井伊彦根藩邸
井伊彦根藩邸

井伊彦根藩邸

井伊彦根藩邸は今の憲政記念館、国会議事堂前庭の一部を含む広大な一等地に位置していました。

憲政記念館の時計台
憲政記念館の時計台

井伊彦根藩邸の名残り

憲政記念館に入ってすぐ、枯葉のゴミ箱かいな?と思ってしまうものがあります。これは「桜の井」の遺構。

井伊彦根藩邸時代には門前にあり、「柳の井」と並んで名水と呼ばれ、旅人の喉を潤したと云います。

歌川広重「東都名所・外桜田弁慶堀桜の井」
歌川広重「東都名所・外桜田弁慶堀桜の井」
明治5年頃桜の井
明治5年頃の桜の井の遺構。

古写真にも写っていて、道路工事の際、移設されたものだということがわかります。

憲政記念館中庭の石灯籠は?

他にも井伊彦根藩邸時代のものはないかと探すと、、、

憲政記念館の石灯籠

この石灯篭は藩邸時代の遺物なのか(?_?)
年号が入っていないので、千代田区観光協会、憲政記念館に問い合わせると、、、
昭和48年、衆議院議員宿舎で余ったものを移設」と丁寧に教えてくれました。ありがとうございました。
時代ものではなかった囧rz。

井伊彦根藩邸時代のものは「桜の井」の遺構しかないようです。

歌川広重「江都勝景 桜田外の図」
歌川広重「江都勝景 桜田外の図」

安政七年(1860年)三月三日、赤い門を出て、緩やかに下り、桜田門から登城しようとする大老井伊直弼の行列があったのです。

国会前交差点から桜田門を臨む。
国会前交差点から桜田門を臨む。

絵巻、古地図で検証

桜田門外の変の時代背景、経緯は歴史好きの皆さんの方が詳しいと思いますので、残された絵巻、古地図で検証したいと思います。

「桜田門外之変図」(クリックで拡大)。
「桜田門外之変図」(クリックで拡大)。
安政六年(1859年)外桜田絵図
安政六年(1859年)外桜田絵図。三宅坂はさいかちの木が多かったので別名、さいかち坂。地図上にサイカチ河岸と表記されています(クリックで拡大)。

通りに二つの番所(A,B)があり古地図と一致します。
桜田門の対面に二つの門(C,D)があり、古地図の屋敷区分から見ると、松平市正上屋敷の表門と松平安芸守上屋敷の裏門のようです。
絵巻、浮世絵に描かれている通り、井伊彦根藩邸の表門はE地点です。

井伊直弼の行列は、徒士20数名とお付きの従者40名ほど。対する襲撃側は18名。数で見ると井伊側有利ですが、安政七年三月三日、桃の節句(新暦1860年3月24日)は、季節外れの大雪。

刀に柄袋をつけています。
刀に柄袋をつけています。

絵巻でわかるように、井伊側は大名行列の規則でスネを出し、足袋も履かずに裸足。
雨合羽を着、刀には雪除けの柄袋をつけています。身動きが不自由な上、かじかんだ指で刀の柄袋を解くことも難しい状況です。

井伊彦根藩邸に逃げ帰る
井伊彦根藩邸に逃げ帰る者たち。
桜田通り方面に逃げる
桜田通り方面に逃げる者たち。

井伊藩邸に逃げ帰る者、今の桜田通り方面に逃げる者も描かれていますが、柄袋をつけたまま、刀の鞘で応戦した者もいたと云います。

桜田門の門番は門を閉ざし、江戸城への敵の侵入を防ぐのが役目。門外で起きている事件は傍観するだけです。
今でも時々「桜田門」が桜田門を守っています (≧∇≦)。

桜田門が桜田門を守ってる

拳銃を構える男

約三分間の死闘の末、襲撃側が井伊直弼の首級を挙げます。

定説では、拳銃を持っていたのは、リーダーの関鉄之介、直訴状を持ち、籠訴を行った森五六郎の二人。森五六郎が撃った銃弾が井伊直弼に命中したことになっています。

しかし、蓮田市五郎の残した絵巻では、森山繁之介が拳銃を構えています。えっえーっ(*’д’*)!

拳銃を持つ森山繁之介
拳銃を持つ森山繁之介。

一説には水戸藩の武器製造工場「神勢館」で、ペリーがもたらしたリバルバー拳銃「コルト51アーミー」の完コピを造っていたと。

襲撃グループは元水戸藩士。拳銃を手に入れることが出来、5丁用意していたと云います。

命中した銃弾は誰が撃ったのでしょうか?
拳銃を提供したのは誰なのでしょうか?
謎です。

古地図で見る逃走経路

「桜田外の図」部分

襲撃後、それぞれに逃走。見届け役として戦闘に参加せず立ち去る者、老中脇坂中務大輔邸(古地図F)、細川越中守邸(G)に自訴する者など。

その中で、井伊直弼の首級を挙げた元薩摩藩士、有村次左衛門の逃走経路を見てみます。

安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖
安政七年(1860年)大名小路神田橋内内櫻田之圖(クリックで拡大)。

有村次左衛門は重症を負いながらも、井伊直弼の首を持ち、桜田門外(A)から今の日比谷公園方向に進み、日比谷御門(B)を抜け、濠沿い(今の日比谷通り)に、馬場先門(C)、和田倉門(D)が閉門しているのを横目で見、辰ノ口の遠藤但馬守邸の辻番所前(E)で力尽きます。

日比谷公園入口に残る日比谷御門跡
日比谷公園入口に残る日比谷御門跡。
和田倉門
和田倉門。背後のビルとビルの間に辻番所があったようです。

井伊直弼の首は遠藤但馬守邸で預かります。数時間後、井伊彦根藩邸から使者が首を引き取りに来ます。
その時、使者は、「井伊家家臣、加田九郎太の首を受け取りに」と偽っています!щ(゚Д゚щ)。
もうすでに事件の揉み消しが始まっていました。

将軍のお膝元で、大老が襲われ、首をとられるという事件は、今で言えば、国会議事堂前でテロ集団に襲われ、内閣総理大臣が暗殺されるようなものです。
ゴルゴかゴエモンかよっ!ヽ(`Д´)ノ というぐらいのありえない事件でした。

お家取り潰しになってしまう井伊彦根藩にも、権力の失墜を露呈してまう幕府にとっても、この事件は無かった事にしたかったのです。

ゆえに今になっても、井伊直弼の遺骨はどこにあるのか?事件の黒幕は?などという謎が付きまといます。

「天下の大悪人」と水戸藩主、徳川斉昭からも非難された18人の内、明治まで生き残ったのは二人だけ。
その内の一人、海後磋磯之介(かいごさきのすけ)は「菊池剛蔵」と改名、本名を隠し、警視庁・水戸県警察本部に勤務。明治36年(1903年)没します。

海後磋磯之介が残した事件覚書には、文差しに直訴状をつけ、籠訴に走る森五六郎が描かれています。

籠訴する森五六郎
籠訴する森五六郎


東京で一番美しい坂、三宅坂


三宅坂はダイナミック且つ美しい。
江戸城の半蔵門から、多くの藻を帯びた内堀の水と緑を従え、白い漆喰の桜田門へと下っていきます。

桜田濠と桜田門
桜田濠と桜田門

三宅坂

こんなに長く、また、景色に溶け込む坂は、他に類を見ません。

半蔵門

坂最上部の半蔵門を見て振り返ると、そこには真っ直ぐ国道20号、新宿通りが延びています。
半蔵門は江戸城の搦手口(逃走経路)。いざという時は、甲州街道を下り甲府城へとスムーズに逃げやすくなっています。
将軍の避難訓練があったとは聞きませんが。

半蔵門
半蔵門
新宿通り
半蔵門から振り返ると、そこは国道20号線甲州街道、新宿通り。

皇居周回ランの反時計回りという粋なルールから、半蔵門〜桜田門は緩やかな下りとなり、広がる景観にホッと一息つける区間です。

三宅坂

この広大な景観を有する三宅坂は、古くから外国人にも紹介されています。

開国直後の明治三年(1870年)、横浜外国人居留地で発行された新聞「ファー・イースト」でも「三宅坂」は美しい坂として紹介されています。

明治5年頃、ファーイースト掲載写真
明治5年頃(1872年)、ファーイースト掲載写真。

三宅坂と洋風建築

明治も中頃になると、皇居周辺には、大名屋敷に変わって司法省など、政府機関の建物が並びだし、ハイカラ好きの日本人にも「東京で一番美しい坂、近代的で美しい坂」と認知されます。

古写真:半蔵門より霞が関を望む
古写真:半蔵門より霞が関を望む。赤レンガの司法省。
今も坂下にちょっこだけ顔を覗かせます。
ビル街になった今も坂下にちょっこだけ顔を覗かせます。同じ木がだいぶ大きくなっています。

坂下の司法省(明治28年、1895 年竣工)は復元修理され、今では「法務省赤れんが煉」と呼ばれる国の重要文化財。
内部の一部、法務資料展示室を見学できます。
写真撮影不可ですが、震災にも壊れなかった内部の大理石は立派で美しいものです。

法務省赤れんが煉
法務省赤れんが煉

陸軍参謀本部

井伊彦根藩邸跡には軍のバラックに変わって明治14年(1881年)、陸軍参謀本部が竣工されます。

古写真;明治中頃、陸軍参謀本部
古写真;明治中頃、陸軍参謀本部。
古写真:昭和11年頃、国会議事堂と並んだ陸軍参謀本部。
古写真:昭和11年頃、国会議事堂と並んだ陸軍参謀本部。
陸軍参謀本部のあった位置。今の憲政記念館。
陸軍参謀本部のあった位置。今の憲政記念館。

有栖川宮熾仁親王騎馬像

陸軍参謀本部は昭和20年の空襲で崩壊、軍政とともに姿を消します。本部前の陸軍参謀本部長、有栖川宮熾仁親王騎馬像は戦災を免れ、昭和37年(1962 年)、有栖川宮記念公園に移されます。
銅像といえば、、、

三宅坂交差点近くの三宅坂小公園

最高裁判所前の三宅坂小公園。ここには三体の裸婦像が。

最高裁判所

広告記念像

広告記念像
 広告がわが国に平和産業と産業文化の発展に貢献した事績は極めて大きい。わが社は昭和25年(1950)7月1日その創立50年を自祝し過去半世紀を回顧してこれを記念するに当り、平和を象徴する広告記念像を建設して東京都民に贈り、広告先覚者の芳名を記録してその功労を永久に偲ぶこととした。
 西暦1950年 株式会社 日本電報通信社

井戸端会議、おしゃべりをしていて、広告を表しているとは思いますが、なぜ、ヌードが平和を象徴しているのか?。自由過ぎます。

寺内正毅像戦前ここには、第18代内閣総理大臣、寺内 正毅(てらうち まさたけ)の騎馬像が建っていました。

戦後、三体の裸婦像になるとはビックリの変わり身の早さです。

千鳥ヶ淵公園

かと思えば、近くの千鳥ヶ淵公園には、ソッポを向いた三体の裸の男が、なすがままに鳩の休憩場になっています。
まことに「芸術」とはわからぬものです。

三宅坂小公園の三体の裸婦像の裏には隠れるように、案内板が。

渡辺崋山誕生地

渡辺崋山誕生地
 ここに、三河田原藩の上屋敷が、かつてありました。
 渡辺崋山は、名を定静、通称を登といいます。三河田原藩三宅家の藩士の息子として、寛政五年(1793)に上屋敷内の長屋で生まれました。文人画家として、また蘭学者としても著名な人物です。
 天保三年(1832)に年寄役末席となり海防掛を兼務して以来、小関三英や麹町に塾を開いていた高野長英らと蘭学研究を始め、尚歯会を結成しました。
 天保十年(1839)、いわゆる「蛮社の獄」により捕縛投獄され、同年十二月に在所蟄居を命ぜられ田原に向かうまで、四十年余りをこの地で過ごしました。
 昭和三十年三月
 千代田区教育委員会
 (平成二十年一月補修)

鷹見泉石像歴史好きとしては、こちらをメインにした銅像が欲しかったです。

しかしながら、華山が描いた国宝「鷹見泉石像」の満ちた生気と比べられたら、どんな銅像でも太刀打ちできそうにありません。

三河田原藩三宅家。そうです。やっと出てきた「三宅坂」の名の由来です。

三宅坂の二つの名水

三宅坂交差点近く、掘側にある案内板。
よく見ると土手下、柳の木の下に井戸跡のようなものと、階段があります。

名水・柳の井

柳の井

桜田濠

古写真:桜田濠の柳の井
古写真:中央部に桜田濠の柳の井。

明治初期の古写真には小屋、通路が写っていて、以前は掘の水面近くまで降りることができたようです。

歌川広重「江都勝景 桜田外の図」
歌川広重「江都勝景 桜田外の図」

歌川広重の浮世絵にも描かれています。
よく見ると柳の井の向こうに井戸のつるべが何本も描かれています。これは藩邸前で井伊彦根藩が疲れた旅人に提供していた「桜の井」。

歌川広重「江都勝景 桜田外の図」部分

大老井伊直弼も藩邸の門を出て、この「桜の井」「柳の井」の前を横切り、三宅坂を下る登城ルート、桜田門へと向かいます。

絵巻、古地図で見る桜田門外の変」の項へどうぞ

「桜田外の図」部分